歯科助手資格の種類や一覧、おすすめや講座の種類について


歯科助手資格や検定の種類一覧、おすすめの資格についてまとめてみました。

歯医者といえばコンビニの数より多く、全国どこに行っても歯科医院があります。
そして、歯科医院で活躍するのが歯科助手です。

歯科医院で歯科助手は必要不可欠な存在となっています。
受付から患者さんの案内、事務一般だけでなく治療器具の準備など、業務は多岐に渡っています。

そんな歯科助手の資格はたくさんあります。
今から資格取得を考えている方は、
「ユーキャンやニチイ学館、その他にも資格が存在しているのでどこを選んだら正解なのだろう?」
と考えているかもしれません。

そこで、歯科助手の資格や検定の種類一覧を紹介していきます。

歯科助手の資格の選び方

歯科助手に関連する資格は数多くあります。
国家資格はない歯科助手なのですが、民間資格はたくさんあるのです。

そのため、いざ資格を取ろうと思っても、どの資格を取得すればいいか迷ってしまいます。
そこで、歯科助手の資格はどのようにして選べば良いのか、ポイントとなることをいくつかまとめてみました。

歯科助手の協会の種類

歯科助手に関連する資格はたくさんあり、その資格を認定している協会はそれぞれ異なります。
基本的には歯科助手の業務に必要な知識や技能の修得が目的です。

ただし、協会によって取得できる資格の名称や身に付く知識・スキルは違っています。
まずは歯科助手の資格を認定する主な協会についてまとめてみました。

株式会社技能認定振興協会(JSMA)

1969年に医療事務者の技能を認定する試験機関として設立されました。
医療事務従事者の地位確立を目的としており、医療と福祉の分野で技能認定試験を行っています。

【認定している資格】
・歯科 医療事務管理士Ⓡ

技能認定振興協会(JSMA)の資格は、受験資格はありません。
医療事務管理士の称号は特許庁より商標登録が認められており、認知度が高い資格です。

医療福祉教育振興グループ日本歯科助手検定協会

医療系機関に従事する事務職の能力を認定することで、資質の向上と医療現場の効率化を目的にしている協会です。
医療系事務従事者の人材養成に関する知識・技能の標準化を目指しています。

【認定している資格】
・歯科助手検定試験3級
・歯科助手検定試験2級
・歯科助手検定試験1級

日本歯科助手検定協会の資格は、受験資格はとくにありません。

全国医療技能検定協議会(ANMC)

医療従事者の資質を高めることを目的に設立された協議会です。
医療機関に従事する人材の教育の向上や能力について認定しています。

【認定している資格】

・歯科医療事務検定3級
・歯科医療事務検定2級
・歯科医療事務検定1級

全国医療技能検定協議会の資格は、受験資格はとくにありません。

公益社団法人日本歯科医師会

1903年に設立され、2013年に公益財団法人に移行しました。
歯科医師社会を代表する総合団体であり、歯科医学の進歩発展を図っています。

【認定している資格】

・歯科助手資格認定制度乙種第二
・歯科助手資格認定制度乙種第一
・歯科助手資格認定制度甲種

日本歯科医師会の資格は、日本歯科医師会が主催する講習を受講し、修了することで取得することができます。
各都道府県の歯科医師会が講習を実施しています。

特定非営利活動法人 職業技能専門教育機構認定 全国医療福祉教育協会

「時代の求める人材の育成・認定を行うこと」を目的としている協会です。
医療関連や福祉関連のIT化、サービス業として対応できる人材を育成し、その能力を認定しています。

【認定している資格】
・歯科助手専門員

全国医療福祉教育協会の資格は、協会推奨の医療事務関連講座を受講することで取得を目指すことができます。
在宅試験となっているので気軽に資格取得を目指せます。

一般社団法人日本能力開発推進協会

保健・医療・福祉・社会福祉・学術・文化・芸術の分野における実務能力向上を目的としている協会です。
職業能力開発教育として、さまざまな分野の検定試験を行っています。

【認定している資格】
・歯科助手資格

日本能力開発推進協会に認定教育機関のカリキュラムを修了することで、資格の取得を目指すことができます。
試験は在宅受験であり、随時行っているので気軽に資格取得を目指せます。

一般財団法人日本医療教育財団

多様化する医療・介護・福祉分野における、サービスの質の向上や人材の妖精、技能の均質化・平準化を目的として財団です。
医療事務や医療に関する技能認定事業や教育訓練事業などを行っています。

【認定している資格】
・歯科助手技能認定

日本医療教育財団から承認を受けた教育機関で、教育訓練ガイドラインに沿ったカリキュラムを受講することで資格を目指せます。
受講後、修了試験に合格することで資格を得ることができます。

歯科助手の資格は独学か講座か?

歯科助手の資格取得は、独学でも目指すことができます。

しかし、基礎から知識や技能を身に付けるためには、認定スクールや通信講座を利用するのがおすすめです。
専門性が高い歯科助手の資格の中には、協会指定の講座やコースを受講しないと受験できないものもあります。
取得したい資格が決まったら、まずは受講義務がある講座やコースの有無を調べましょう。
認定スクールで受講すれば、講師によって基礎から実務レベルの指導までしてもらえます。

通信講座について

通信講座のメリットは自分のペースで学習することができます。
テキストで勉強し、添削サポートで指導してもらうことができるのです。

取得したい歯科助手の資格によって、資格取得の方法も変わってきます。
どの認定スクールや通信講座を選ぶことで、どの資格を取得できるかが変わってくるのです。

そのため、認定スクールや通信講座の資料を取り寄せて調べてみてください。
そこで、スクールに通うなら立地や時間などを考えて、通信講座ならば自分に学習をする時間は取れるのか?自宅で学習する事が可能かどうか?自分で時間配分がちゃんとできるのか?
等を検討してみましょう。

歯科助手の資格の種類・一覧

歯科助手に関する資格は何種類かありますので、まずは自分がどの資格を取得したいのかを探してみましょう。
認知度の高い歯科助手の資格をピックアップしてみましたので参考にしてみてください。

歯科 医療事務管理士Ⓡ

特許庁から商標登録が認められており、認知度が高い資格です。
医療保険制度や診療報酬の仕組みを修得し、医療事務に必要なスキルを有することを証明します。

医療事務管理士Ⓡ歯科
認定している協会 株式会社技能認定振興協会(JSMA)
資格取得費用の相場 5万円前後
取得期間の目安 4ヶ月~5ヶ月
検定の範囲 診療報酬明細書を作成するために必要な知識
法規(医療保険制度・後期高齢者医療制度・公費負担医療制度等についての知識)
医学一般(各臓器の組織・構造・生理機能・傷病の種類等についての知識)
保険請求事務(診療報酬点数の算定方法・診療報酬明細書の作成・医療用語等についての知識)
【対象の通信講座】 ・ユーキャン 歯科助手講座
費用:45,000円
取得期間の目安:5カ月
学習内容:診療報酬点数の仕組み、診療請求業務の基本

・ソラスト 医療事務講座 歯科
費用:45,000円
取得期間の目安:4ヶ月
学習内容:医療機関の概要、医療保険のしくみ、その他の関連制度、歯の知識
点数計算の基本、歯冠修復、傷病による治療と算定法
欠損補綴、修理、再装着、未来院請求

歯科助手検定試験1級・2級・3級

歯科医療の基本的な知識や診療方法の把握などについて身に付けることができる資格です。
1級~3級まであり、級に応じてレベルが違います。
3級は歯科助手の基本であり、2級・1級とレベルが上がっていく資格です。

歯科助手検定試験1級・2級・3級
認定している協会 医療福祉教育振興グループ日本歯科助手検定協会
資格取得費用の相場 1万円前後
取得期間の目安 3ヶ月~6ヶ月
検定の範囲 歯科診療補助、歯科診療概論、歯科臨床概論、口腔衛生、解剖・生理学、薬学、栄養

歯科医療事務検定1級・2級・3級

歯科医療事務の業務に必要な知識やスキルを身に付けることができる資格です。
歯科医師や歯科衛生士のサポート業務に必要な専門知識も修得できます。

歯科医療事務検定1級・2級・3級
認定している協会 全国医療技能検定協議会(ANMC)
資格取得費用の相場 1万円前後
取得期間の目安 3ヶ月~6ヶ月
検定の範囲 受付業務、カルテ管理業務、会計業務(治療費の計算)診療報酬明細書(レセプト)の作成・点検業務

歯科助手資格認定制度甲種・乙種第一・乙種第二

日本医師会によって認定されている歯科助手の資格です。
講習を受けることで取得できる資格ですが、都道府県歯科医師会によって講習は異なります。

歯科助手資格認定制度甲種・乙種第一・乙種第二
認定している協会 公益社団法人日本歯科医師会
資格取得費用の相場 地域によって異なる
取得期間の目安 講習時間も地域によって異なる
検定の範囲 歯科助手の心得、関連法規、歯科用語、歯科基礎概論、歯科臨床概説、消毒法、歯牙形態、
診療用器械、材料の取扱方、歯科保健指導、清掃保全、社会保険関係事務、事務関係事項、
X線フィルムの整理、実習、医療保全、産業廃棄物、情報処理

歯科助手専門員

歯科助手に求められる業務一般を身に付けることができる資格です。
業務だけでなく、マナー接遇まで学ぶことができます。

歯科助手専門員
認定している協会 全国医療福祉教育協会
資格取得費用の相場 4万円前後
取得期間の目安 4ヶ月
検定の範囲 対象の通信講座を受講し、修了することで資格取得できる
【対象の通信講座】 ・ヒューマンアカデミー 歯科助手講座
費用:39,000円
取得期間の目安:4ヶ月
学習内容:デンタルアシスタントとは、歯の知識、歯牙疾患、歯周疾患(歯ぐきの治療)

歯科助手資格

歯科助手として正しい知識と接遇知識を持って、歯科医師をサポートする技術・知識を持つことを証明する資格です。
認定講座を受講することで受験資格を得ることができ、随時在宅受験ができます。

歯科助手資格
認定している協会 一般社団法人日本能力開発推進協会
資格取得費用の相場 5万円前後
取得期間の目安 3ヶ月
検定の範囲 歯科助手業務の概論、医療保険制度概論、患者受診から治療の基礎知識、歯科診療報酬請求事務の実技
【対象の通信講座】 キャリアカレッジジャパン 歯科助手講座
費用:通常価格46,000円、ネット受講申込割引36,000円
取得期間の目安:3カ月
学習内容:医療保険制度、点数の取り方(カルテ・レセプト)基礎
点数の取り方(カルテ・レセプト)実践

歯科助手技能認定

歯科助手業務の従事者として必要な知識と技能レベルを評価・認定している資格です。
認定教育機関の修了試験に合格することで、認定される資格となっています。

歯科助手技能認定
認定している協会 一般財団法人日本医療教育財団
資格取得費用の相場 2万円前後
取得期間の目安 2ヶ月
検定の範囲 医療保険制度、高齢者医療制度、公費負担医療制度、介護保険制度
医事法規一般、医事業務、医学一般、薬学一般、診療録、診療報酬算定の基礎
診療介助に関わる専門知識
【対象の通信講座】 ニチイ 歯科助手講座
費用:14,000円
取得期間の目安:2ヶ月
学習内容:歯科医院の仕事の流れ、歯科器械・器具の基礎知識、歯科材料の基礎知識、
診療室管理、動作の基礎知識、歯科診療の流れと介助、
望まれる歯科助手となるために

資格は持っていなくても大丈夫だけど、あった方が有利

歯科助手の仕事は、資格や実務経験がなくても働くことは可能です。

実際に、歯科助手の求人の中には「未経験歓迎」「無資格でも大丈夫」と記載されている求人もあります。

しかし、就職・転職のときに資格を持っていることで有利になります。
やはり、資格を持っている人と持っていない人では採用する側の印象が異なるのです。
しかも、資格を持っていることは業務に関する知識・技能を有していることの証明になります。

採用する側としては、少しでも業務に関してわかっており、専門知識を有している人材の方が欲しいのです。
そのため、歯科助手を目指している人は、歯科助手の資格を取得することが近道となるのです。

歯科助手に向いている人はどんな人?

歯科助手に向いている人はコミュニケーション能力がある人です。
歯科医院に来院する患者さんと接する機会が多くあるのが歯科助手です。

受付や治療のサポートなどで患者さんと接した際に、コミュニケーション能力が問われます。
また、歯科医院は少人数の職場になっていることが多いです。
人間関係や信頼関係は重要で、コミュニケーション能力が高い人材が求められます。

また、向上心があるというのも向いている人の要素のひとつです。
歯科助手は歯科医師のサポートをする仕事でもあります。

歯科医療に必要な器械の名称や専門用語を覚える必要があります。
しかも、歯科治療も日々進歩しており、その都度勉強も必要なのです。
そのため、向上心がある人材が歯科助手にも求められているのです。

歯科助手の将来性について

歯科助手を目指している人にとって心配なのが将来性だと思います。
歯科助手の将来性としては、高い需要が見込めるので心配ありません。

今まで歯科医院のイメージは虫歯治療のための通院が多かったです。
しかし、近年ではホワイトニングやインプラント治療が人気となっています。

つまり、虫歯でない人でも歯科医院へ来院する人が増えているのです。
そのため今後も歯科医院の需要は高く、歯科助手もまた需要があるでしょう。

また、高齢化社会になっているのも歯科医院の需要を高める要因のひとつです。
高齢者になると口の中の健康が衰えてきます。

その結果、歯科医院に来院する患者も増えるのです。
そのため、高齢化社会が進むにつれて歯科医院・歯科助手の需要も高まります。
歯科助手の需要は今後も高まる可能性が高く、将来性がある仕事なのです。

歯科助手資格のまとめ

歯科助手の資格は持っていても持っていなくても仕事は開始出来ます。
ただ、「資格を取得してまで働こうと思っている方」なんだという、医院にとってはアピールも出来ますし、実際に資格試験で学習した内容は実践でも役に立ちますし、慌てる事は少なくなります。

資格の種類は多種多様ありますが、大手通信講座での受講なら間違いはないと思いますし、どの講座でも基礎知識は学べます。
通うタイプのスクール講座が良いのか、通信講座が良いのか、受講期間や費用などを参考にしてみて下さいね!




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!