生活全般

賞味期限ってどうやって決めるの?消費期限との違いは?

投稿日:

スーパーで夕食の献立に必要なお肉や魚を買ったり、コンビニでお昼に食べるお弁当やパンを買ったり、私たちは毎日どこかで食品を購入しています。
食品を購入する際には皆さん必ず、パッケージに表示されている賞味期限や消費期限をチェックしているのではないでしょうか?

賞味期限

私自身、食品を買う時には、賞味期限や消費期限を見ながら、期限内であるかどうかを確認するのはもちろんですが、できるだけ製造日が新しい商品を選んでいます。
賞味期限や消費期限は、食材の新鮮さやいつまで美味しく食べられるのかということの基準として何となく把握しているんです。
でも、どんな違いがあるのかと聞かれたら明確に答えられません。

これから梅雨に入るので、食品の衛生管理には特に気を付けなければなりませんよね。
賞味期限や消費期限は衛生管理の重要なポイントとなります。
そこで、賞味期限や消費期限についてきちんと知りたいと思います。

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限=消費期限と捉えている人が多く、違いがあまり浸透していないような気がします。
でも、実際のところ、賞味期限と消費期限には違いがあります。
私の住んいる地域の福祉保健局に問い合わせてみたところ、以下のような返答をしてもらいました。

賞味期限とは?

定められた方法により保存した場合において、期待される全ての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。

ちょっと難しいので、わかりやすく解釈すると、
「決められた期間内であれば品質の安全性が確かで、美味しく食べられますよ」ということです。
賞味期限を過ぎてもすぐ食べられないということではありません。

賞味期限とは

消費期限とは?

定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいう。

こちらも難しいので、わかりやすく解釈すると、
「決められた期限を過ぎると鮮度が失われて安全でなくなる可能性があるので、食べない方がいいですよ」
ということです。

賞味期限と消費期限、どちらが表示されているの?

スーパーなどで販売されている食品に対しては、一つの商品に賞味期限と消費期限の両方が表示される事はありません。

賞味期限は品質の劣化が比較的緩やかな食品に表示されているものです。
例えば、

・スナック菓子
・即席めん類
・缶詰
・牛乳
・乳製品

などに使われます。

一方、消費期限は品質が急速に劣化する食品(おおむね5日以内)に表示されています。

消費期限

例えば、
・弁当
・調理パン
・惣菜
・生菓子類
・食肉
・生めん類

などに使われます。

賞味期限と消費期限は誰が決めているのか?

賞味期限と消費期限は、『一体誰が決めているんだろう・・・?』ということが気になりますよね。
私の考えでは、スーパーやコンビニなどの商品は賞味期限と消費期限が全国的に統一されていて、ご近所のケーキ屋さんやパン屋さんなどは個人的に設定しているんじゃないのかな?と思っています。
正解はどうでしょうか?

賞味期限や消費期限は、その商品の生産者や製造業者が各自、各会社で独自に決められるものです。
つまり、法律的な制約は一切ありません。
でも、いい加減に決めているという訳ではなくて、きちんと根拠を持って決定されています。

食品検査

賞味期限や消費期限を決める時には検査を行います。
国や自治体が検査方法のガイドラインを定めていて、
・微生物試験
・理化学試験
・官能試験

などを行い、科学的、合理的な根拠に基づいて客観的に期限を設定しているのです。

賞味期限や消費期限を決める基準はあるの?

同じ食品でも加工者や販売者が違う場合、それぞれの考えや基準で賞味期限や消費期限が設定されます。
肉や魚にしても、ケーキにしても、画一的に決められているものではありません。
つまり、賞味期限や消費期限を決める基準は明確ではありません。

ケーキ屋さんを例に挙げて説明してみます。
あるケーキ屋さんでショートケーキを買ったら、その当日が消費期限だったけど、別のケーキ屋さんでは翌日が消費期限だったというケースがあります。
これはどちらが正しいということではありません。
両者共にきちんと検査を行った上で消費期限を設定していると思うので、「万が一、期間内に食中毒などの事故があった場合はきちんと責任を取りますよ」という意思表示は明確になっているはずです。
ケーキを買うとだいたい「当日中にお召し上がり下さい」という表示があるので、新鮮なうちに食べるのが良さそうですね。

また、弁当類は必要に応じて時間まで表示することが望まれているそうです。
コンビニでお弁当を買ってみたら、「消費期限 ○月○日 ○時」というように、ちゃんと時間まで表示されていました。

賞味期限や消費期限の設定は、食品の情報を正確に把握しているメーカーや販売者に任せているというのが実際のところです。
購入する消費者側の判断も大切だと思いますので、できるだけ新鮮な状態で美味しくいただくように心がけるのが正解と言えるでしょう。

賞味期限表示を偽って販売することは違法になるのか?

スーパーなどで販売されている加工食品のほとんどには賞味期限表示があります。
賞味期限の日付を過ぎたからといって直ちに食べられなくなるわけではありませんが、販売店側では賞味期限を厳守することを重要視しています。
消費者側としても安全に食品を食べられるかどうかの目安となりますので、賞味期限は正しく表示されているのが望ましいですよね。

しかし、残念ながら、賞味期限を過ぎてしまった売れ残り商品の日付表示を故意に改ざんしたり、まだ期限内のものであるかのように装って食品を販売したりといったケースが後を絶ちません。
それでは、賞味期限表示を偽って販売することは違法になるのでしょうか?

食品衛生法

食品衛生法第20条には、
・食品、添加物、器具又は容器包装に関しては、公衆衛生に危害を及ぼすおそれがある虚偽の又は誇大な表示又は広告をしてはならない。
とあります。
これと照らし合わせてみると、賞味期限表示を偽って販売することは法律に抵触します。
つまり、違法です。

また、賞味期限の表示が義務付けられているのは、食中毒の予防という意味合いもありますので、改ざんする事は許されない行為です。
賞味期限表示を偽って販売すれば、食品が変質して食べた人の健康を害する恐れがあることは明らかです。
特に抵抗力の低い乳幼児、高齢者、病中、病後の方に対しては極めて危険な行為であり、明らかに法律違反になります。

そして、賞味期限自体を表示していないという驚きのケースもあります。
賞味期限を表示しないで食品を販売した場合、食品衛生法第18条により、
・2年以下の懲役、若しくは200万円以下の罰金、又はこれの併科
に処せられてしまうそうです。
故意ではなく、ついうっかり賞味期限を表示し忘れたなんて場合でも、もちろん違法になりますので、処罰の対象となってしまいます。
さらに、営業停止などの罰則もあります。

私たち国民の健康を守るための法律が「食品衛生法」ですから、販売者も消費者の立場になってきちんと賞味期限を表示してもらいたいものです。

食品偽装を見抜く「食品偽装Gメン」

食品偽装が発覚するのは氷山の一角で、根深い問題を抱えています。
そこで、農林水産省は「食品偽装Gメン」を設置し、食品偽装の抜本的な改善のために働きかけています。

「食品表示Gメン」というのは、不適正な食品表示の調査や指導などを行うため、農林水産本省、地方農政局および地方農政事務所の表示・規格課などに配置している職員の通称です。
わかりやすく言ってみれば、食品偽装を見抜くプロです。
食品表示Gメンは、なんと、全国に約2,000人もいて、全国の主要なホテル、レストラン、百貨店を日常的に巡回しながら様々な調査をしています。

食品偽装が発覚するのは、主に会社の内部告発や消費者からの通報です。
連絡を受けると立ち入り検査を行い、表示が法律に違反していないかどうかをチェックし、違反している場合は、製造、流通業者、生産者に対して訂正するよう指示、指導を行います。

また、消費者や食品を扱う事業者に対して食品衛生に関する講習や、食中毒が発生した場合の検便、食べ物や施設の調査なども担っていて、幅広く活躍しているんですよ。

No tags for this post.

-生活全般

Copyright© キレイになりたい! , 2018 All Rights Reserved.