汚れ落ちや消臭効果など。洗濯洗剤の選び方と目的別の使い分け


毎日身に付ける衣類や下着、タオルなど、日常生活に欠かせない布製品を洗浄するための洗濯洗剤。
基本的には汚れを落すためのアイテムですが、洗濯洗剤には様々なジャンルがあって、使う目的や使用方法が異なります。
私たちの身近にあるバラエティ豊富な洗濯洗剤の特徴を知って、毎日のお洗濯に有効活用してみましょう!

洗濯洗剤の種類

スーパーなどの日用品売り場では、かなりの面積を占めて非常に豊富な種類の洗濯洗剤が販売されていますよね。
『我が家ではこれがお気に入り!』ということで、それぞれのご家庭では決まった洗濯洗剤を毎日ご使用されているかもしれませんね。
でも、それぞれのご家庭で選んでいる洗濯洗剤は千差万別ですから、他にはどんな種類の製品があるのかちょっと気になりませんか?
そこで、家庭用の洗濯洗剤を形状別に分類してみました。

粉末洗剤

洗濯洗剤の定番として使っている方が圧倒的に多いのが粉末タイプではないでしょうか。
ずっと昔からある形状ですし、やはり洗濯洗剤市場における製品数の割合も断トツでトップを占めています。

粉末洗剤

粉末洗剤はたっぷりと使用できる量が入っている製品が多く、毎日のお洗濯に使うのにはコストパフォーマンスが非常に優れています。
何よりも、食べこぼしや泥汚れ、皮脂や汗など、毎日の生活の中で付着する汚れ全般に対して優れた洗浄力を発揮するところが最大のメリットです。

ご家族の人数が多いとか、汗や泥などの汚れが付きやすい部活動やスポーツに励む環境で過ごすお子さんがいらっしゃるご家庭では、毎日のお洗濯においては洗浄力重視になるものです。
ですから、「汚れがよく落ちる」という点では粉末洗剤を使うのが理想的と言えるかもしれません。

ただし、冬場などの気温が低い状態で使用した時に、すすぎをしても洗剤の粉がよく溶けずに衣類に残っているなんてこともあります。
お湯で溶かしてから使うという方もいらっしゃいますが、ちょっと手間がかかって面倒だな・・・、というデメリットがあるわけです。
粉末洗剤は若干使いにくさがあることを考慮した上で使うのが良さそうですね。

液体洗剤

液体状の洗濯洗剤は水にもよく溶けますし、汚れのひどい部分に直接染み込ませるという方法で使えるというメリットがあります。
また、すすぎ時間や回数を洗濯機の機能で少なく設定しても、洗剤が残らずにきれいに洗い上がります。
水も時間も節約できるという点から、毎日お洗濯をしている主婦の方から高い評価を得ているタイプと言えます。

液体洗剤

あと、洗濯機に投入する時に汚れないというところも魅力の一つと言えます。
粉状の洗剤はスプーンですくう時に手に付くので洗わないといけませんし、撒き散らかすと片付けが面倒です。
一方、液体洗剤はキャップで計量するだけなので手が汚れませんし、万が一周りにこぼれても拭くだけで簡単にきれいになります。
ほんの些細なことではありますが、洗濯機を置いてある場所を清潔に保つことにも大いに役立っていると言えるでしょう。

最近では同じメーカーの洗剤でも粉末と液体の両方を展開している製品があります。
お洗濯は毎日欠かせない作業ということもあって、どうせ使うのだったら取扱いやすい液体洗剤を選ぶという方が少なくないようです。

ただし、粉末洗剤と比較すると液体洗剤はやや洗浄力が弱いというデメリットがあります。
例えば、食事の際にケチャップをこぼしたとか、皮脂の黄ばみがあるとか、色素が染み込んでしまっているような汚れに対する洗浄力にはあまり期待しない方が良さそうです。
ひどい汚れだと落ちにくい傾向にあることを頭に置いておきましょう。
液体洗剤は1日着用して汗をかいた衣類などであれば問題なくきれいになりますから、汚れのタイプを見極めて選んでみましょう。

石けん洗剤

あまり聞き慣れないものですが、石けんタイプの洗濯洗剤というものがあります。
粉末洗剤や液体洗剤が合成洗浄剤から作られているのに対して、石けん洗剤は主に天然成分から作られているという特徴があります。

石けん洗剤は汚れを落すための界面活性剤として天然由来の油脂を使っていて、化学的な添加物が配合されていない製品が多いです。

石けん洗剤

わかりやすく言ってしまえば、

・洗濯した後の生活排水がきれいなので環境にやさしい
・成分が低刺激なのでデリケートなお肌に方にも安心

などのメリットが挙げられます。

石けんというと固形のものをイメージする方が多いかもしれませんが、石けんタイプの洗濯洗剤には固形だけではなくて粉末や液体もあります。
市販されている石けん洗剤を見てみると、合成洗浄剤から作られている粉末洗剤や液体洗剤と見分けがつけにくいかもしれませんね。
でも、「無添加洗剤」とか「洗濯石けん」などのように石けん洗濯であることを区別できるキーワードが製品に記載されていますので、そちらを目安に探してみましょう。
もちろん、パッケージに記載されている成分表示を見ても判断できます。
固形の石けん洗剤は使い方にコツが要りますので、はじめて使うのであれば最も水に溶けやすい液体のものがおすすめです。

石けん洗剤はふんわりとした洗い上がりが特徴的ですし、お肌のトラブルが減るなどのメリットがあります。
赤ちゃんの肌着や敏感肌の方が着用する衣類、直接肌に触れるタオルやハンカチなど、刺激を減らしたいものを洗濯するのには最適の洗剤と言えるのではないでしょうか。

ジェル洗剤

特殊なフィルムの中に洗浄液が入っているジェル洗剤というものがあります。
ジェルタイプの洗濯洗剤は第三の洗剤などと呼ばれていますが、ここ最近で登場した“新世代の洗剤”というイメージが強いですよね。
新しい物にすぐに飛びつく私も、発売された当初は真っ先に買って使ってみたものです。

ジェル洗剤

ジェル洗剤は半透明の丸っこいボール状でプ二プ二としたゼリーのような感触が特徴的です。
直接手で触っても汚れませんし、うっかり落としても洗剤がこぼれる心配もありません。
たった1粒を洗濯機の中にポンッと放り込むだけなので、計量する必要がない、粉が飛び散らない、洗濯液でベタベタしないという点から使いやすさはNo.1と言えるでしょう。

ジェル洗剤の洗浄力は粉末洗剤と液体洗剤の良いところを組み合わせた感じです。
あくまでも実際に私が使ってみた感想ですが、食べこぼしや泥などのひどい汚れは粉末洗剤並みに落ちますし、汗や臭いなどのその日の汚れは液体洗剤と同等のレベルできれいになると思います。

ただし、皮脂などの黄ばみを洗浄する力が弱い気がします。
黄ばんだ部分に直接塗ることができないということもありますし、皮脂汚れに対する洗浄力も弱いのでしょう。
洗浄力を考慮すると、汚れの種類を選んで使う必要がありそうですね。

あと、ジェル洗剤の耐熱温度は約35℃と言われていて、夏場や暖房の付いている場所などではフィルムから中の洗浄剤が溶け出てきてしまうことがあります。
また、塗れた手で触るとくっつきますし、蒸気のある場所で保管していると洗剤同士がくっついてしまうことがあります。

洗濯洗剤の使い分け

そして、1回にジェル洗剤を1粒必ず使う必要があるので、少量の洗濯には向いていません。
毎日たくさんお洗濯するものがある時には便利ですが、Tシャツや靴下を数枚だけ洗いたいという時に使うのはもったいない気がします。
粉末や液体の様にその都度計量できないことの不便さもあるわけです。
やはり、どんなに使いやすくてもデメリットが少なからずあるのが残念ですね。

最新技術を駆使した洗濯洗剤ならではの利便性と使用上の注意をよく知って毎日のお洗濯に役立ててみましょう。

洗濯洗剤の選び方

洗濯洗剤を選ぶ基準となる効果別に分類してみます。

そもそも洗濯洗剤を使う目的は汚れた部分を洗浄することですから、洗濯洗剤には様々な洗浄成分が配合されています。

洗浄効果

洗浄成分には何種類もあるのですが、必ず使われているのが界面活性剤です。
界面活性剤は繊維と汚れの間に入り込んで、洗濯機の中の水に溶けやすくするはたらきを持っています。
スーパーやドラッグストアでよく見かける洗濯洗剤のほとんどには界面活性剤が必ず使用されています。

ちなみに、毎日のお洗濯に役立つ界面活性剤をご紹介してみたいと思います。
洗濯洗剤のパッケージの成分表示を見て、

・ラウリルベンゼンスルホン酸Na
・ラウレス硫酸Na

が配合されていることを確認してみましょう。
これらは、少量でどのような汚れに対しても安定して高い洗浄性を発揮するという性質を持っているので、「毎日のお洗濯に十分な洗浄力がある」ということが明確です。

また、界面活性剤の他にも、洗浄成分としてアルカリ剤や酵素が入っている洗濯洗剤もあります。
これらは汚れを繊維から引き離して取れやするする働きをしてくれる成分です。
製品によって配合バランスが違ってくるものの「汚れを落す」ためには欠かせないものですので、界面活性剤と一緒に使われていることが多いです。
私が使っている洗濯洗剤は酵素の配合量が多く、「酵素の力で汚れ落ちアップ」などと謳われています。
洗浄成分にはそれぞれ得意な汚れがあるみたいなので、色々な製品を使い比べてみるのもいいかもしれませんね。

汗をかくと約2時間もすると雑菌の繁殖が始まって、周りに気づかれてしまうくらいにプンプンとニオッてきます。
1日着用した衣類となれば相当の雑菌が繁殖していますので、通常の洗浄成分だけでは完全に落すとができません。
あと、汗の成分であるアンモニアがニオイを発生させていることもあります。

消臭効果

また、脇の下の臭いや加齢臭が衣類に付いてしまって困っている方も少なくありません。
これは、体臭成分のノネナールやケラチンが繊維にしっかりと入り込んでしまっていることが原因です。
つまり、汚れが落ちてもニオイの原因を除去できないと、洗濯をしても嫌なニオイが残ったままということなのです。

そこで、洗濯洗剤の中には、汗や体臭などの気になるニオイを消臭する効果に特化している製品があります。
まず、汗のニオイを取るためには抗菌・殺菌効果のある洗剤がおすすめです。
汗によって繁殖した雑菌を殺菌してくれる成分が入っているので、衣類に染み込んだ嫌なニオイの原因をしっかりと取り除くことができます。
また、汗のアンモニ臭は脱臭効果に優れた洗剤を選ぶのが良いでしょう。

そして、独特の加齢臭を取るためには酵素入りの洗剤がおすすめです。
年齢を重ねた世代の方の体からはケラチンが多く含まれた皮脂が分泌されますが、これを狙って除去してくれるのが酵素なのです。
衣類に限らず、タオルや枕カバー、シーツなどに加齢臭が一度付いてしまうとなかなか取れないものですので、酵素入り洗剤でこまめに洗うように心がけてみましょう。

あと、消臭効果とは少し違ってきますが、体臭を上手にカバーできるフレグランス洗剤やデオドラント洗剤などの種類も販売されています。
これらは、汗の成分と反応すると香水のような香りを発生したり、防臭成分が体臭を吸収して衣類に付着しないようにしたり、嫌なニオイ自体を発生させないことに重点を置いています。
汗をかいてもいいニオイが漂って、衣類からも体臭がしなくなるなど、臭いを消すことでは解消できなかった効果を得ることができます。
今まで気にしていた嫌なニオイが消えていい香りが1日中続くのですから、悩みの種だった毎日のお洗濯がなんだか楽しくなりそうですよね!

私自身はそれほど汗や体臭で悩むほどではありませんが、フレグランス洗剤は好んで使っています。
フローラル系や柑橘系などのスイートなものや、アロマ系やハーブ系など種類がたくさんあって、まるで香水のような心地良い香りが衣類から漂うと、1日中幸せな気分で過ごすことができるんですよ~。
好きな香りを楽しむことができるところができるところも魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

肌着やタオル、素材がやわらかい衣類などは、どうせならばゴワゴワしているよりもフワフワの触り心地の方が良いですよね。
そこで、ふっくらとした感触に仕上げたい時に便利なのが柔軟効果のある洗剤です。
一般的には柔軟剤と呼ばれているものです。
柔軟剤には陽イオン界面活性剤という成分が入っていて、お洗濯をすると繊維表面の摩擦抵抗が小さくなって滑りが良くなるという仕組みになっています。

柔軟効果

普通の洗剤で汚れを落して、最後のすすぎの工程で投入するというのが正しい使い方です。
最初入れてしまうと、普通の洗剤の洗浄効果が十分に発揮されなかったり、やわらかく仕上がらなかったりしますので、入れるタイミングには気を付けましょう。
最近では柔軟剤成分入りの洗剤も販売されていて、普通にお洗濯するだけで柔軟効果を得られる製品もあります。
手間をかけずに仕上がりを良くしたいのであれば、こちらのタイプを選ぶと良いでしょう。
お洗濯の時に必ずしも必要ということではありませんが、着心地や肌触りにこだわる方は利用してみましょう。

頑固なシミ汚れや皮脂の黄ばみなどをきれいにしたい時には、漂白効果のある洗濯洗剤(漂白剤)を使います。
何日も経った沈着汚れの場合は、汚れた部分に直接染み込ませたり、漂白剤を溶かした水で浸け置きしたりすると汚れが分解されてきれいになります。
もちろん、通常の洗剤と同じように洗濯機に入れてお洗濯しても漂白効果を得ることができます。
漂白剤には塩素系と酸素系の2種類があります。

ご家庭で衣類などに使う漂白剤の定番は酸素系の製品です。
酸素系漂白剤というのは、主成分である過炭酸ナトリウムが繊維の奥までこびりついた汚れを分解することで白い色を取り戻してくれるという仕組みのアイテムです。
汚れを狙って洗浄できますので、衣類の色落ちなどを心配しなくても使えるというメリットがあります。

漂白効果

酸素系漂白剤には粉末と液体の両方のタイプがあります。
粉末タイプだと使う前にお湯で溶かす必要がありますし、直接汚れに染み込ませにくいということもあって、どちらかと言えば液体漂白剤の方が使いやすいと思います。
それに、弱アルカリ性の洗濯洗剤と一緒に使うと汚れ落ちがアップしますので、水に溶けやすい液体漂白剤の方が普通のお洗濯の時にまとめて漂白するのには効果的だと思います。

どうしても白くしたい色の付いていない衣類や布製品を漂白するのには塩素系漂白剤が向いています。
塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは漂白力が非常に強く、酸素系漂白剤では落ちない汚れも落とすことができます。

一般的には衣類の漂白に使うことはありませんが、白物で綿・麻・ポリエステル・アクリルなどの素材であれば衣類の漂白も可能です。
また、殺菌効果にも優れていますので、お掃除や食事の際に使う雑巾やふきんを清潔に保つのにも役立ちます。

天然素材の綿以外に、アクリル、ポリエステル、アクリル、ナイロンなどの化学繊維素材の衣類であっても、取り扱い絵表示に「手洗いできるマーク」が表示されていれば、手洗いもしくは洗濯ネットに入れてご家庭の洗濯機で洗うことが可能です。

おしゃれ着洗い

そこでお洗濯の時に是非使ってもらいたいのが「おしゃれ着洗い」専用の洗濯洗剤です。

おしゃれ着洗いを使うと、手洗いでも皮脂汚れや汗のニオイまでスッキリ落とすことができます。
洗濯機を使うのであればドライコースで洗濯するのがおすすめで、通常のお洗濯よりも弱い水流でもしっかりと洗浄効果を得ることができます。
しかも、フリルやプリーツなどの装飾が崩れにくく、デリケートな衣類が伸びたり縮んだり、大切なお洋服が型崩れする心配もなくなります。

最近の洗濯洗剤は、お気に入りのお洋服を自宅で洗いたい方向けのおしゃれ着洗い製品のクオリティーが非常に高いです。
自宅で洗える衣類であれば、質の良いおしゃれ着洗いを見極めて一つ用意しておくと便利です。
普段からよく着用するお気に入りのお洋服を頻繁にクリーニングに出さなくても良いのでコスパも◎ですね!

洗濯洗剤を使い分けるポイント

まず、汚れ落ちに関しては、軽い汚れは液体洗剤で十分に落ちますし、しつこい汚れには液体洗剤よりも洗浄力の強い粉末洗剤を分けて使うのが効果的です。
しつこいシミ汚れや黄ばみがある場合には粉末洗剤と漂白剤を併用するのが有効です。

洗剤の選び方

また、洗浄効果、消臭効果、抗菌効果、除菌効果など、機能性を第一に考える方が多いと思います。
汚れ落ちやニオイ消し、雑菌を減らすなどの目的によって洗剤を変えるのが最も合理的です。

その他、大切なお洋服やデリケートな製品はおしゃれ着洗い用の洗剤を使うのが良いでしょう。
おしゃれ着用の洗剤は洗浄力よりも生地に与えるダメージを抑えることを重視していますので、素材に応じて使い分けてみましょう。

あと、お洗濯の理想の条件として香りや肌触りも大切な要素ですよね。
最近では、洗うだけじゃないプラスαのフレグランス効果や柔軟効果付きの洗濯洗剤の人気があります。

お洗濯の基本は、汚れのタイプ、素材や色に応じて洗濯洗剤を正しく使い分けることです。
そして、汚れが着いたらその都度しっかりと汚れを落とすことが衣類を長持ちさせるコツと言えます。
洗濯洗剤は使う人のニーズに合わせて細分化された製品が所狭しと販売されていますので、『どれを選んだらいいのか迷ってなかなか決められない・・・。』という感じなのではないでしょうか。
でも、用途によって適している洗濯洗剤はある程度決まってきますので、洗濯洗剤の性質を理解して使い分けてみましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!