2018年のゴールデンウィークはどう過ごす?計画の立て方や限定イベントもご紹介!


今年もいよいよ待ちに待った大型連休「ゴールデンウィーク」がやってきます。
普段はお仕事で忙しいパパやママが連休できるし、学校も連続してお休みになりますので、遠方へのおでかけや家族団らんの時間を作るのにはもってこい。
でも、『さて、どこへ行こう?』『何をして楽しもうか?』と頭を悩ませてしまいますよね~。
そこで、「みなさんが一体どのように計画を立てているのか」とか、2018年だけの限定イベントまでご紹介してみます。
全くノープランという人でもまだまだ間に合います!!
これから計画を立ててゴールデンウィークを思う存分満喫しちゃいましょう!

今年のゴールデンウィークの日程。連休は何日間?

2018年のゴールデンウィークは、4月29日(日)の国民の休日(昭和の日)から始まって、5月1日(月)、2日(火)の平日を挟んで、カレンダー通りのお休みの5月6日(日)まで。
学校や会社によっては4月28日(土)もお休みできるパターンがあるので、最大9連休が可能な日程となっています。

・4月28日(土) 平日
・4月29日(日) 昭和の日
・4月30日(月) 振替休日
・5月1日(火) 平日
・5月2日(水) 平日
・5月3日(木) 憲法記念日
・5月4日(金) みどりの日
・5月5日(土) こどもの日
・5月6日(日) カレンダー通りにお休み
どうせならば、5月1日(火)と5月2日(水)に有給休暇をとって9連休にしたいものですッ!

さて、世間のみなさんは一体どのくらいお休みを取っているのでしょうか?
やはり、お仕事をされている方の場合は、カレンダーのお休み通りに連休を取るケースが多い傾向が見られます。
ですから、4月29日(昭和の日)と4月30日(振替休日)に2連休した後に、飛び石で後半を5月3日~5月6日まで4連休するという方が割合としては多いです。

その一方で、しっかりと最大9連休を取得している方もいらっしゃいます。
会社勤めの方は特に、仕事上、平日に休めないケースも多いので、5月1日と5月2日は有給休暇を取得しにくいと言えますが、運良くお休みが取れた人は非常にラッキーですよね~。
しかしながら、9連休できるのは全体の1割程度。
今年のゴールデンウィークも最大日数の長期休暇をバッチリ取れた人は意外と少ないようです。

人気のおでかけ先はどこ?

「ゴールデンウィーク」の連休はどのように過ごすのがおすすめでしょうか?
家族構成や連休日数によって予定の立て方は大きく変わってくると思いますが、目的別に「人気ランキング」をまとめてみました。

1位 旅行

やはり1番人気は「旅行」。
ゴールデンウィークは数日間まとめてお休みを取りやすいので、旅行を楽しむ方が多いですよね。
普段は遠い地域への旅行の予定は立てにくいものですが、長期間の滞在も無理なく楽しむことがきます。

旅行

旅行は家族や友人がみんなで揃って遠出できるチャンス!
旅行会社では、ゴールデンウィークの特集を組んで「パッケージツアー」や「イベント付き宿泊プラン」などを販売していますので、特別な旅行プランを探してみてはいかがでしょうか?

2位 アウトドア

ゴールデンウィークは気候が暖かくなり、屋外で活動しやすくなりますので、アウトドアは定番人気の過ごし方です。
キャンプ場にテントを張ったり、専用のコテージを利用したりすれば、気軽に野外キャンプを楽しむことができます。

アウトドア

また、最近では、アウトドアの新しいスタイル「グランピング」に挑戦する方も増えています。
「グランピング」というのは、自分でキャンプ道具を揃えたり、テントを張ったりしないキャンプスタイルのことです。
山・川・森・丘といった自然環境の中でホテルレベルのサービスが受けられるので、「贅沢なキャンプ」として話題になり、人気急上昇中です。
キャンプなのにベッドで就寝できたり、本格バーベキューを楽しんだり、バスケットスタイルの朝食が提供されるプランもあります。
普段からキャンプグッズを揃えて定期的にキャンプを楽しんでいる方でなくても、グレードアップした豪華なキャンプを体験できるのはいいですよね~。

全国には20ヶ所以上のグランピング施設があり、旅行会社から予約ができます。
つまり、行く気になればどなたでも体験できるんですよ~。
日常生活から離れて普段は行かない地域へ足を運び、自然と触れ合って五感を研ぎ澄ませることで、体も心も開放的になっちゃいましょう。

3位 テーマパーク

やはり外せないのが「テーマパーク」へのおでかけ。
テーマパークはゴールデンウィークじゃなくても人気があって足を運ぶ人が多いわけですが、東の「東京ディズニーリゾート」、西の「ユニバーサルスタジオジャパン」といった、毎年人気の1位、2位を争う大規模テーマパークは、とても1日では遊び尽くせません。
ですから、連休を利用して来園予定を立てる人が多いんですッ!

テーマパーク

私のように地方からおでかけするような場合だと、『せっかく行くんだったら、思いっきり楽しみ尽くしたい!』と思ってしまうもの。
そこで、パーク併設のホテルに宿泊するプラン、もしくは、周辺のホテルに宿泊するプランを立てることで、朝1番で来園したり、帰りの時間を気にすることなく遊べたり、いいことだらけ。
近郊の人や日帰りで遊びに来るのとは違った楽しみ方ができるのがゴールデンウィークならではなんですね~。

4位 参加型・体験型イベント

ゴールデンウィークは、どなたでも気軽に参加・体験できるタイプのイベントが目白押しです。
ファミリーやグループでの参加や、お子さまがよろこぶ体験型イベントを楽しむのも良いのではないでしょうか。
探してみれば楽しそうなイベントが色々ありますよッ!

ゴールデンウィークの後半の5月5日は「こどもの日」ですので、お父さん・お母さんだけじゃなくて、おじいちゃん・おばあちゃんも揃っておでかけするご家庭もあるでしょう。
なんと、「こどもの日」はお子さまが無料になる動物園やレジャースポットがたくさんあります。
また、男の子の健やかな成長と幸せを願う「端午の節句」でもありますので、「こいのぼり」のイベントが全国各地で催されます。

こいのぼり

手づくり体験ができるのが「ワークショップ」。
キャンドルや木製玩具を作れるクラフトイベントは、親子で参加できる工作イベントとして特に人気があります。
他には、インテリア関連のショールームで子供部屋デザインやDIYできる珍しいワークショップもあります。
日常生活にはない「モノづくり」体験は、子どもにとって良い思い出になりそうですね。

芸術家になったような気分を味わえる、陶芸やガラス細工といったアート体験も毎年定番人気です。
世界に一つだけのオリジナル作品を作れるのが魅力で、ゴールデンウィークの記念に体験したいという人が多いようです。

日頃はなかなか体験できない運動イベントを開催しているスポーツ施設があります。
フットサル、テニス、バドミントン、ランニングなど、「身近だけど普段はやったことがないな~。」というスポーツを体験することができます。
プロ野球の選手と一緒にキャッチボールやベースランニングができるイベントなどもあり、野球好きの男の子と一緒に参加するお父さんは「いいところを見せよう!」とはりきっちゃいます。

ゴールデンウィークに人気があるのは、全国の果物・野菜農園で実施される「果物狩り」「野菜狩り」体験です。
特におすすめなのは旬の果物「イチゴ狩り」。

いちご狩り

それぞれの地域のブランドイチゴを自由に摘みとって、食べ放題なんて魅力的ですよね。
お好みで練乳をかけて食べることもできますので、お子さまにも大好評です。

5位 室内アスレチック

全国には250ヶ所以上の「室内アスレチック」があり、ゴールデンウィークのおでかけ先としても人気があります。
「室内アスレチック」というのは、ふわふわのエアー滑り台、トランポリン、カラフルボールのプール、アスレチックジムといった安全な遊具が揃った室内のあそび場のことです。
最近ではボルダリングやクライミングウォールのある最先端の施設も増えてきました。

「室内アスレチック」は、小さなお子さまが走り回ったり、ジャンプしたり、思いっきり体を動かせるところが魅力的。
雨の日でも影響を受けずに遊べますし、お子さまが遊んでいる様子を近くで見守れるので、親御さんにも評判が良いんですよ~。
商業施設内に併設されているケースもありますので、グルメや買い物ついで楽しんでみるのもおすすめです。

6位 サービスエリア・パーキングエリア

以前は、トイレ休憩や食事、長時間の運転に備えて仮眠を取る場所であった「サービスエリア」や「パーキングエリア」。
現在では、テーマパークや遊園地を併設しているところがあり、もはやゴールデンウィークの目的地としても人気です。

予約サイトを利用して賢く計画を立てよう!

おでかけの当日になって「計画通りにいかない・・・。」、なんてことにならないように、交通手段や宿泊は予約しておくのが鉄則です。
そこで、便利なのが予約サイトです。
国内・海外旅行のホテルや航空券の予約はサイトからでOK。

旅行会社

ゴールデンウィークにおすすめのパッケージツアーは、旅行会社によっては1月下旬頃から販売されています。
目ぼしいツアーはあらかじめチェックしておきましょう。
みなさんがよく利用している大手旅行会社の一覧にまとめてみました。

楽天トラベル

・国内、海外の人気ツアーがネットから楽々予約できる。
・「往復航空券+人気ホテル」セットを格安価格で申し込める。
・国内宿泊予約とレンタルカーの組み合わせ予約が可能。
・宿泊料金の割引クーポン「RaCoupon(ラ・クーポン)」を使えば、全国のホテルや旅館をお得に利用できるところが魅力。

「楽天トラベル」公式サイト
https://travel.rakuten.co.jp/

JTB

・ゴールデンウィーク特集のプラン有り。
・ホームページの予約件数を基にしたランキングを参考にプランが立てられる。
・レンタルカー付き旅行有り。
・高速料金50%OFFになるプラン有り。
・一人旅や女子旅におすすめの特典付き海外旅行ツアーが人気。

jtb旅行会社

「JTB」公式サイト
http://www.jtb.co.jp/

クラブツーリズム

・ゴールデンウィーク特集のプラン有り。
・日帰りバスツアー、クルーズ旅行(船旅)、おひとり様限定の旅など、独自のプランから選べる。
・最上級Sランクの評価の高いホテルや旅館を探せる。
・温泉ツアーや食べ放題ツアーなど、女性におすすめのプランが豊富。
・登山や写真撮影など、趣味を堪能できるプランがある。

「クラブツーリズム」公式サイト
https://www.club-t.com/?link_id=hN

H.I.S

・ゴールデンウィーク特集のプラン有り。
・ハワイ、グアム、韓国、台湾、ヨーロッパ、アメリカなど人気のエリアも格安。
・空席照会カレンダーから一目で検索可能でき、オンライン予約は24時間予約可能。
・飛行機、鉄道、バス、各種のツアーが豊富。

「H.I.S」公式サイト
https://www.his-j.com/Default.aspx

his旅行会社

近畿日本ツーリスト

・まだ間に合う「ゴールデンウィークに泊まれる宿」特集プラン有り。
・ファミリー、カップル、グループ、おひとり様、に合わせた豊富なプランから選べる。
・東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどのテーマパークへ、新幹線やホテル宿泊がセットになったプランはゴールデンウィークにピッタリ。
・レジャーチケットやスポーツ体験ができるプランはお子様と一緒に楽しみたい方におすすめ。
・スイートルームや露店風呂付き客室が選べるプランは、めったにないプライベートな時間を満喫したい女性グループに人気。

「近畿日本ツーリスト」公式サイト
http://www.knt.co.jp/

日本旅行

・ゴールデンウィークの1番人気は「沖縄やハワイ」へのリゾート旅行。特集プランが充実しています。
・JR日帰り旅行プランはまだ行き先が決まっていない人にもお手軽で人気。
・長期休暇を取れる人には国内人気のテーマパーク旅行がおすすめ。

「日本旅行」公式サイト
http://www.nta.co.jp/

航空券を予約する

ゴールデンウィークの連休の初日と最終日は特に混雑する傾向にありますので、飛行機で移動する場合は早めに航空券を購入するがおすすめです。
国内線の予約は原則2ヶ月前から可能で、航空会社各社では早割などのお得なプランもあります。
そこで、パソコンやスマートフォンから簡単、お得に航空券を予約できるアプリやサイトをご紹介します。

アプリ

App Storeからダウンロードできるアプリです。
国内すべての航空会社をまとめて比較検索しながら、目的地に合わせた航空券を見つけることができます。
さらに、海外航空券を購入するとホテルが最大70%OFFのセット割もあります。

国内旅行に利用する飛行機料金を航空会社ごとに一括で比較しながら、目的地に合わせた航空券を見つけることができるサイトです。
格安航空券をお得に見つけられますし、オンラインで24時間いつでも予約可能です。
全日空(ANA)、日本航空(JAL)、スカイマーク(skymark)、LCC各社(ピーチ航空、バニラエア、ジェットスター、春秋航空日本などの格安航空券の最安値と時刻表を一括で比較できますので、ゴールデンウィークのおでかけにもきっと役立つはずですよ!

国内ホテル予約

ゴールデンウィークは間もなくですが、宿泊するホテルはお決まりでしょうか。
一般的には宿泊予定日の2~6ヶ月前から予約できるので、『もう予約でいっぱいなのでは・・・?』と諦めてしまいがちですよね?
そこで、ホテル予約におすすめなのが「トラベルサイト」。
トラベルサイトを使うと、これからでもまだ間に合うホテルは意外と見つかります。
電話予約するよりもはるかに簡単に予約できるので利用してみましょう。

日本国内・海外問わず、世界中の人気ホテルを旅行会社200社以上から検索できる宿泊予約アプリです。
価格の上限を指定できるので予算に見合ったホテル探しができますし、旅行サイトを元にした信頼度の高い評価指数を参考に絞り込めるところが魅力です。

旅行予定のエリアとチェックイン・アウトの日程と人数を入れるだけで、宿泊プランをピックアップしてくれる宿泊予約アプリです。
実際に使ってみましたが、価格帯だけでなく、設備の有無、ホテルのランク別、チェックイン可能な時間帯など、絞込み機能の選択肢が細かくて良いと思います。
また、予約確認書はスマホで提示できるので、旅行先での宿泊手続も楽々できますね。

宿泊料金、残室数、割引率などが表示され、選びやすいと人気の宿泊予約アプリです。
ちょっと覗いてみましたが、一つ一つのホテルに対してかなり詳細な情報が掲載されているんですよ~。
また、旅行のスケジュールがこのアプリ内で一括管理できるところが便利と好評です。
デザイン的にも見やすくて◎

旅行のプロが厳選した日本国内の一流ホテルに特化した宿泊予約アプリです。
宿泊先、日程、人数を指定するだけのシンプル検索なので、どなたでも簡単に予約できます。
写真を左右にスライドすれば、部屋の内装や周辺の景色まで色々な様子を見ることができ、使い勝手も良さそうですね。
ゴールデンウィークに『奮発して豪華なホテルに泊まりたい!』という人は活用してみましょう。
コンシェルジュデスクに相談もできますよ~。

情報誌

最大9連休となるゴールデンウィークに向けて、書店には様々な情報誌が並んでいます。
「ゴールデンウィークおでかけ特集」などの見出しが目に飛び込んできて、ついつい中身を覗いてしまいます。
新施設やイベントを中心におでかけ情報が紹介されているので、『ゴールデンウィークに行き先が決まらない・・。』という方は利用してはいかがでしょうか。
また、地方版の情報誌では、地元ならではのおでかけスポットやご当地グルメを満喫できるイベントが紹介されています。

全国のおすすめおでかけスポット

2018年の話題スポットや今年しか体験できないおすすめイベントを紹介します!

鈴鹿サーキットの新アトラクション「DUEL GP」

「DUEL GP」は、鈴鹿サーキット国際レーシングコースと同じ形状のコースを舞台にして、2台のレーシングカートが勝敗を競い合う世界初のドライビングアトラクションです。
搭乗者が自分でハンドルを操作できるので、コースを駆け抜けるスピード感やスピンのスリルを楽しむことができます。
また、ゆうえんち「モートピア」が隣接しているので、観覧者やジェットコースターなどでも遊べます。

サーキット

MIDTOWN OPEN THE PARK 2018

東京ミッドタウンでは、ゴールデンウィークの期間を中心に様々なイベントが催されます。
芝生広場では「ミッドパークヨガ」が開催され、緑に囲まれながら無料でヨガ体験できます。
プラザB1メトロアベニューでは「ストリートミュージアム」が開催され、2017年度アートコンペ受賞作家6名の作品を鑑賞することができます。

ミッドタウン・ガーデンでは、5月4日(祝)・5日(祝)に、「アートこいのぼりをつくろう」を開催します。
約80体の「アートこいのぼり」が登場し、「こいのぼりくぐり」が楽しめます。
参加当日に整理券をもらう必要がありますが、予約不要、無料で参加できますので、まだ予定を立てていない人にもおすすめのイベントではないでしょうか。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

宇宙を楽しむことができるエンターテインメントミュージアムです。
9つのエリアで模型やプロジェクションマッピングを見ることができます。
特に一番人気は4K超の高解像度映像で宇宙を映し出す「シアター宙(ソラ)」。
足元のシアターを上から覗き込むと、まるで宇宙を浮遊しているかのような臨場感を体感できます。
おみやげにピッタリのオリジナルグッズを販売するミュージアムストアもあり、ゴールデンウィークの思い出作りにもってこいです。

宇宙

大阪府民の森 ほしだ園地

105万平方メートル(東京ドーム約22個分)の広大な敷地を誇る森林公園です。
国内最大級の吊り橋を渡る空中散歩を楽しむことができます。
ハイキングコースもあり、自然のきれいな空気を吸いながらウォーキングするのもいいのではないでしょうか。
また、クライミングウォールが設置されているのも人気の理由の一つで、低い壁の初心者ゾーンがあるので誰でも気軽にクライミングを体験できます。

ほしだ園地

東京ディズニーリゾート「35周年アニバーサリー」

東京ディズニーリゾートは35周年を迎え、ゴールデンウィークには限定イベントや新パレードといった見どころがたくさんあります。
「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」の2つのパークでは、35周年のアニバーサリーイヤーを記念した期間限定の新しいパレードが見られるし、新グッズや新メニューの販売が始まっています。
特に、リニューアルオープンする「イッツ・ア・スモールワールド」や35周年限定パレードは注目を集めています。
人気アトラクションはオープン後に混雑必至なので、ファストパスを使うのが行列回避のコツですよッ!

ディズニーランド

帰省・自宅でゆっくり過ごすのも◎

ゴールデンウィークの大型連休はどこも混雑していますので、実家に帰省したり、自宅でゆっくり過ごしたりする人は意外と多くいらっしゃいます。
むしろ、連休だからこそ、忙しい毎日では味わえないのんびりした過ごし方もいいのかもしれませんね。
お子さんたちとたくさんコミュニケーションをとったり、おじいちゃんやおばあちゃんにお孫さんの元気な姿を見せてあげたりしてみてはいかがでしょうか。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!