パソコンやスマホのブルーライトから目を守る方法


パソコンやスマートフォン、タブレットなどの液晶画面から発生する「ブルーライト」。
ブルーライトはエネルギーが強いので、長時間見ていると目の筋肉や網膜にダメージを与える可能性が指摘されています。
確かに、パソコンやスマホをいじっていると目が疲れますよね~。

ブルーライト

お仕事でのパソコンの使用やスマホでのコミュニケーションは毎日の生活に欠かせないものですので、ブルーライトによる影響は避けられません。
ですから、ブルーライトから目を保護する必要があるのです。
そこで、簡単にできるブルーライト対策をご紹介します。

ブルーライトとは?

ブルーライトというのは、波長の短い青色光のことです。
太陽光や蛍光灯の光をはじめ、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの液晶モニターのLED照明にも含まれているため、私たちの毎日の生活に非常に身近な存在です。

ブルーライトとは

ブルーライトの特徴は、380~500ナノメートルという短い波長の性質の光であることです。
波長が短いと言われてもなんだかしっくりきませんが、わかりやすく言ってみれば、短い距離の中にギュッとエネルギーが凝縮されているようなイメージです。
つまり、目から入ってくると非常に刺激が強い光なのです。

また、人間の目が感じる光の波長は380~780ナノメートルとされていますが、ブルーライトは最も明るいレベルと言えます。
ですから、パソコンやスマホを見ているとまぶしく感じてしまうことがあるんですね~。

ブルーライトによる悪影響

ブルーライトは紫外線に匹敵するくらい強いエネルギーを持っているのですが、私たちの体に様々な悪影響を及ぼす危険性が指摘されています。
さて、一体どのような悪影響があるのでしょうか?

ブルーライト波長

空気中の水分にぶつかって散乱しやすく、光が明るく見えるので、目がチラついてぼやけて見えるかもしれません。
また、チラつきを補正するために眼がピントを合わせようとするため、疲れ目の原因になります。

ブルーライトを毎日のように浴び続けていると、将来的に白内障や加齢黄斑変性になりやすいと考えられています。

ブルーライトは眠りを誘うメラトニンという脳内物質の分泌を抑制するので、夜間にパソコンやスマートフォンを使用してブルーライトを浴びると、寝つきが悪くなる可能性が指摘されています。
また、自律神経を興奮させるので、無意識のうちにイライラしやすくなるかもしれません。

ブルーライトを受けると体内で何らかの刺激がもたらされ、頭蓋内の血管に炎症反応が起こります。
これが偏頭痛を起こすことにつながります。
頭がズキズキする症状が発作的に起こるようなので、通常の頭痛よりも困っている方が増えています。

ブルーライトを受けると体内で活性酸素が活性化します。
活性酸素は体をサビさせる原因と言われていますが、老化しやすくなったり、お肌にシワができやすくなったりすることにつながります。

ブルーライトから目を守るには?

ブルーライトの悪影響が様々な視点から指摘されていますが、特に目に対する影響が懸念されています。
人間の体にはブルーライトから受けたダメージを修復する能力が備わっていますので、許容範囲内であればそれほど気にしなくても大丈夫ということが科学的根拠と共に証明されているものの、毎日のようにブルーライトを浴びていれば、きっと許容範囲を超えてしまうことは容易に想像できます。
備えあれば憂いなしということで、ブルーライトから目を守る方法についてまとめてみました。

ブルーライトカットメガネは使うべきか?

ブルーライトは角膜や水晶体を通り越して目の奥深くにある網膜まで到達し、強いダメージを受けると失明する可能性があるそうです。
そこで、「ブルーライトカットメガネ」というアイテムが注目を集めています。
「ブルーライトカットメガネ」は眼鏡屋さんや雑貨屋さんで手に入るものですが、本当にブルーライトをカットできるのかどうか、まだ科学的には証明されていません。

しかしながら、使ってみて効果を感じるなら使う意義は大いにあると言えるでしょう。
普段からブルーライトをカットすることは、眼精疲労の対策になりますし、白内障や加齢黄斑変性の予防になります。
目を守るためにはブルーライトカットメガネを活用した方が良さそうですね。

ブルーライトをカットできるアプリを使ってみる

ディスプレイの「色温度調整」やブルーライトカット用のアプリもあるので、メガネを使わなくても対応可能な場合もあるんだそうです。
スマホユーザーに人気のランキング上位のアプリをご紹介してみますね!
すべて無料でダウンロードできますので、気になる方は是非使ってみましょう。

Twilight

Twilight

色温度、濃度、暗度から自由にフィルター調節して、ブルーライトをカットできるアプリです。
プレビューを見ながら自分に合った明るさに調節できるので、使いやすさは抜群。
寝る前に自動的に起動してくれる機能もあって便利だし、『これを使うだけで目の疲れ具合が変わるッ!』と評判も上々です。

BlueNight

BlueNight

ブルーライトと明るさを軽減してくれるアプリです。
パソコンやスマホの画面にフィルターを被せることでブルーライトを大幅にカットでき、明るさも必要最低限にできるので、目の負担を減らすことにつながります。
フィルターの設定はタイマー機能を使うと自動でオン・オフできます。
ブルーライトの眩しさを感じなくするだけではなく、バッテリー消費まで節約できるメリットもありますよ。

カーテン

カーテン

画面上でスイッチをオンにするだけで、色合いや明るさ抑えるフィルターを設定できるアプリです。
日中、夜中、屋外等の状況に応じて色味や濃さを切り替えることができ、ブルーライトの削減が自由自在です。
毎日画面を見ていて目が疲れる方におすすめです。

パソコンは「ディスプレイの色」を変更してみる

パソコンは画面をキレイに見せるために、メーカー側でディスプレイの色が初期設定されていますが、これがブルーライトの強さの度合いを大きく左右します。
ディスプレイの色は5000K、6500K、9300Kの3種類あるのが一般的で、初期設定を6500Kや9300Kに設定しているケースがほとんどですが、ブルーライトの強さを抑えるのであれば5000K以下に設定するのがおすすめです。
パソコンのコントロールパネルから簡単に変更できますので、購入した初期の状態のままご使用中の方は変更してみましょう。

私たちの生活とブルーライト

ブルーライトと言うと、真っ先に思い浮かぶのがパソコンやスマホなどのデジタルデバイスですが、LED照明にも含まれていることを知っている方は少ないと思います。
寿命が長持ちして何年も使えると人気のLED電球は皆さんにも身近なアイテムだと思いますが、LED電球の白色光に使用されているのが、ブルーライトを含む青色LEDなのです。

電球

とは言え、LED電球は非常に便利なものですので、何とか生活の中で活用したいものですよね。
そこで、何か良い方法はないかと探してみたところ、「白色のLED照明を選ばない」という答えに辿り着きました。
LED照明をできるだけ白色にしないことで、明るさを最小限にすることができ、目に対する負担も大幅に減らすことができます。
LED電球の中には色温度の低い電球色のLEDを使っているものがあり、このタイプのものは比較的パワーが弱くて、目にもやさしい使い心地になっています。

ブルーライトと網膜

ブルーライトが最も影響を与えるのは目の網膜という部分です。
網膜がブルーライトを長期間浴び続けると、網膜細胞内で活性酸素が生じるのですが、その酸化ストレスが網膜に大きなダメージを与えることが明らかになっています。
また、網膜細胞は青色を感知するために光受容タンパク質を蓄積する性質を持っているため、ブルーライトを浴び続けた網膜はそのうち異常を来すようになると言います。

目の網膜

パソコンやスマホを使用していても、その時にすぐに目に負担を感じることは少ないものですが、将来的に長い目で見ると、目の疾患を患ってしまう程の危険性を秘めています。
LED照明などにもブルーライトは含まれていますが、こちらも目の網膜に負担をかけています。
まさか、照明器具によって目が危険にさらされているとは思いもしませんでした。
ブルーライトの悪影響が出てくるのは何十年後になるかもしれませんから、今のうちに意識的にブルーライトを避ける注意があると言えるでしょう。

ブルーライトは紫外線と同じくらいお肌に悪い

ブルーライトの肌への浸透率は紫外線のUV-Aとほぼ同じくらいあるそうです。
紫外線を浴びると、「酸化タンパク」や「活性酸素」と呼ばれる物質が発生し、皮膚を錆びさせると言われていますが、シミやシワなどの皮膚の老化に大きく関わってきます。
ブルーライトも同様ですので、お肌の老化にとって大敵と言えます。

ブルーライトでお肌が老化するなんて思いもよらないものですよね。
毎日の紫外線対策は一生懸命にやっている方は多いと思いますが、お肌のためにブルーライト対策も始めてみましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!