たんぽぽ茶とは?効果や実際に飲んだ口コミも。


たんぽぽ茶の効能や効果は一体どのようなものでしょうか?たんぽぽ茶は妊娠中や産後の女性の味方!と言われていますが、具体的には不妊症や妊娠中、産後、母乳を増やす事にも効果的です。

妊娠中にもコーヒーを飲みたいけれどカフェインが心配で飲めないという妊婦さん、そして母乳育児をしたいけれど母乳の出が良くないというママさんに人気で話題となっています。

筆者は、口コミで人気のたんぽぽ茶ブレンドを飲んでみました!「実際に「たんぽぽ茶」を飲んでみました!」からご覧になって下さいね!

たんぽぽ茶とは?

tanpopo02
別名たんぽぽコーヒーとも言われる「たんぽぽ茶」は、たんぽぽの根や葉等を乾燥させコーヒー豆のように焙煎してから荒挽きの粉状にしたもの。

ちょっと薄いコーヒーのような味わいが楽しめるノンカフェインの飲料で、その歴史も古く、古来からヨーロッパでも愛飲され、さまざまな症状に悩む人々をサポートしてきました。

近年、女性の妊活・不妊に効果があるということで日本でも多くの女性が利用するようになった「たんぽぽ茶」。
また、母乳育児を希望する女性にも、母乳の出が良くなると口コミで広がり、多くの女性にとってなじみ深い存在となりつつあります。

たんぽぽ茶の効果

たんぽぽの根から作られるたんぽぽ茶には様々な効能があることが知られています。

・毛細血管拡張作用
 
たんぽぽ茶を飲むことで毛細血管が広がり、血行が良くなります。
血行が良くなることで女性に多い冷えも解消され、栄養も隅々まで行きわたりやすくなり、新陳代謝が活発になります。
また老廃物の排出もスムーズになることでデトックス作用もプラスされ、むくみや肌荒れの解消にも効果があります。

・利尿作用

血行が良くなれば、体内の老廃物や不要な水分を尿として排出する機能も高まります。
たんぽぽ茶に含まれるカリウムの働きもあり、高い利尿作用が期待できます。
普段からむくみやすい女性にもたんぽぽ茶は効果的です。

・胃腸を活発にさせる

添加物が多く栄養バランスの乱れた食事や乱れた食生活によって疲れた胃腸を活発に動かし、胃もたれや消化不良を改善してくれます。

・肝機能の改善

たんぽぽ茶に含まれる成分タラキサシンには胆汁の分泌を促進する効果があります。加齢やストレス、ウィルスやアルコールによって解毒機能が低下した肝臓の機能をアップ。
またたんぽぽ茶にはC型肝炎の抗ウィルス作用があることもわかっています。

・血糖値上昇抑制効果

たんぽぽ茶に含まれるイヌリンによって、糖質の吸収を遅くし、食後の血糖値上昇を緩やかにし、血糖値を下げてくれます。
また腸内の善玉菌であるビフィズス菌の増殖をサポートするため、腸内環境の改善に役立ち便秘解消の効果も期待できます。

・女性ホルモンの分泌を増やす作用

たんぽぽ茶に含まれる成分が女性ホルモンの一つエストロゲンの量を増やしてくれるという結果が出ています。
この点については以下で詳しくご紹介します。

不妊・妊娠・母乳に効果がある理由

日本でも不妊に悩むご夫婦が増えていることは多くの方がご存知ですね。
一般に不妊というのは、正常な夫婦が2年以内に妊娠しない場合のことを指しますが、お子さんを希望しているのになかなか授からないという状態は非常に辛いものです。
  
その背景には、女性の社会進出も関係していると言われています。
 
過度なストレスや睡眠不足、栄養バランスの乱れなどで、体内の環境が悪くなり、妊娠・出産のために体を整える女性ホルモンも十分に分泌されないため、正常な妊娠が難しくなっている可能性があります。

もちろん、ストレスや過労、多忙等による男性側が不妊の原因と考えられるケースも少なくありません。

そんな中、女性ホルモンの分泌を増やし、バランスを整えてくれるとして注目されているのがたんぽぽ茶です。 
 
その理由として

・たんぽぽ茶に含まれる成分によって卵巣機能が活性化される
・たんぽぽ茶の持つ血行促進効果によって、冷えが改善され子宮内にも栄養が行き届き、妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれる
・生理不順・生理周期を規則正しく整えてくれる
・ビタミンAやビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、リン酸、アスパラギン酸、カリウム、鉄などのビタミン・ミネラルも豊富に含み、不足しがちな栄養素を摂取できる

が挙げられます。

 
たんぽぽ茶を飲むことで、女性側が赤ちゃんを迎えやすい身体作りが出来、しかもノンカフェインで安心という点から、不妊・妊活・授乳にたんぽぽ茶が良いのです。
実際、タンポポエキスを使用した不妊治療の方の妊娠率が20%も増加したというデータもありますよ。

妊婦

飲み方

見た目はコーヒー、味は香ばしさを感じられる濃い麦茶や薄いコーヒーにたとえられることが多いたんぽぽ茶。

様々なメーカーからいろんなたんぽぽ茶が発売され、たんぽぽだけでなく、大豆やビタミン・ミネラルを付加したものなど様々なものがあります。

ほとんどのタイプが、手軽に飲めるティーバッグタイプのものが多く、規定量のお湯に浸してお好みの濃さにして飲みます。
お湯で淹れたほうがたんぽぽ茶の有効成分が抽出されるため、水出しよりもお湯を使う方が良いでしょう。
ホットでもアイスでも美味しいのですが、体を冷やさないためにもあまり冷やし過ぎはオススメできません。

濃い麦茶・薄いコーヒーのような味であるたんぽぽ茶の味に飽きてきたり、飲みなれることができない場合は、アレンジして飲むのもオススメ。

牛乳や豆乳をプラスしてラテ風に

濃い目にたんぽぽ茶の味を出して、牛乳や豆乳で割ってラテにするとまろやかで飲みやすくなります。
牛乳のカルシウムや豆乳の大豆イソフラボンなどの栄養もプラスとなってさらに相乗効果が得られます。

はちみつをプラス

ホットのたんぽぽ茶にお好みの量のはちみつやメープルシロップを掛けると、たんぽぽ茶の香ばしさに優しい味わいが加わって、リラックスできる飲み物に変身。
寝る前など穏やかになりたいときにオススメです。

アイスたんぽぽ茶+レモン果汁+砂糖

濃い目に味を出したたんぽぽ茶に氷とレモン果汁と砂糖(お好みの甘さに調節)すると、夏向けのさっぱりたんぽぽ茶に。
美味しすぎて飲み過ぎに注意!

ジャムをプラスしてロシアンティー風

お好みのジャムをホットのたんぽぽ茶に合わせると、いろんなおいしさを楽しむことができます。
糖分が高めなので気を付けましょう。

たんぽぽ茶

 
毎日、アレンジしてたんぽぽ茶を楽しく飲むと、さらに精神的な面にもプラスに作用し、リラックス効果を高めてくれます。
たんぽぽ茶の効能と併せて、女性の体を内側から変えていってくれますよ。

実際に飲んでみました!

健康や美容におすすめのお茶を専門に扱っているティーライフというメーカーの「たんぽぽ茶ブレンド」という商品を購入して飲んでみました。

たんぽぽ茶

体調が優れない日が続いていて、カフェイン入りの飲み物がおいしいと感じられなかった時に、ちょうどノンカフェインのお茶を探していて見つけた商品です。

早速、いつも飲んでいたコーヒーや紅茶の代わりに毎日飲んでいますが、思いのほかおいしかったので感想をレビューしてみます。

ティーライフさんの「たんぽぽ茶ブレンド」は、妊娠に向けて体づくりをしている方や、赤ちゃんが生まれてから授乳中の方に必要な栄養がたっぷりと含まれている健康茶です。

15日分と30日分の2種類があります。
せっかくですので両方の商品を購入しました。

ティーライフたんぽぽ茶

もちろん中身は同じものですが、気軽に試せるのが15日分で、効果が出るのを実感できるのが30日分といった感じです。

■容量
・15日分:5個入り×3袋
・30日分:30個入り×1袋

■価格
・15日分:1,179円(税込)
・30日分:2,062円(税込)
※送料は日本全国一律300円(税込)が必要です。

たんぽぽ茶ブレンドはティーポットや急須で入れるタイプなので、紅茶とかのティーバッグのようなひもが付いていません。

たんぽぽ茶のティーバッグ

不織布の質の良いティーバッグの中に
・たんぽぽの根っこ
・醗酵ギンネム
・焙煎した黒豆
の3つの素材が入っています。

飲み方は簡単で、普通のティーバッグと同じようにお湯を注ぎます。
私が飲む時には、500CC用のティーポットにたんぽぽ茶を入れて、電気ポットで沸騰させた熱湯を淹れて抽出しています。

抽出したたんぽぽ茶

3分経つとちょうど良い濃さになるので、ポットからティーバッグを取り出します。
色を見ると濃い感じがするかもしれませんが、飲んでみるとちょうど良い味になってるんですよ。

どんな味かを例えるならば麦茶といった感じで、スッキリしていて飲みやすいです。
でも、麦茶よりもコクがあってしっかりとした味わいなので、そこが“たんぽぽ茶ならでは”といった感じです。

あと、口に入れた瞬間に黒豆の焙煎した香ばしさ広がります。
私は普段、緑茶を飲む時にも香ばしさの強いほうじ茶を選んでいるので、黒豆の出す香ばしい風味がとっても気に入りました。
黒豆のほのかな甘みもあるので、お子さんにも飲みやすいかもしれませんね。

たんぽぽや黒豆はヘルシー系のお茶によく使われているので、聞いたことがあってなんとなく体に良いことを知っていた成分ですが、醗酵ギンネムというのは初めて耳にする成分だったので調べてみました。

醗酵ギンネムの原料は沖縄のサンゴ礁に生える植物です。
海の中で育つ植物なんですよ。
その植物を発酵させて茶葉にしたものをたんぽぽ茶の成分としてブレンドしています。
お茶の味には全く影響していないので、ギンネム自体に味はないと思います。
栄養成分だけが抽出されているのではないでしょうか。

醗酵ギンネムは非常に栄養価の高い植物です。
カルシウムや鉄といった栄養成分をたっぷり含有していて、骨や血液を良い状態に保ったり、出産後の女性の場合だと母乳の質を良くしてくれたりする効果があります。

たんぽぽの根っこにも、ビタミンB・ビタミン・Cミネラル・鉄といった栄養がたっぷり含まれていて、血行促進や母乳の出を良くする効果があります。
栄養豊富な成分の相乗効果が期待できそうですよね。

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドのもっと詳しい口コミは「ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の口コミ・レビュー」より見る事が出来ますので、参考にして下さいね。

「たんぽぽ茶ブレンド」はノンカフェインなので、妊活中の方、妊婦さん、授乳中の方が安心して飲めるお茶です。
おっぱいの出を良くしたり、母乳の質を良くしたりする効果があるので、これからママになる、もしくはママになった方に最適なんですよ!

あとは、前にも述べましたが、私自身は体調が悪い時にはカフェインがダメになるので、いつも飲んでいるコーヒーや紅茶が飲めなくなります。
でも、たんぽぽ茶はカフェインゼロですので、調子が悪いなって時に飲んでもおいしく飲むことができます。
コーヒーなどを飲むと起こる頭痛やだるさがなくて、たんぽぽ茶を飲んでいると体がポカポカして軽くなった感じがしました。
私のように体質的に不安定な方におすすめだと思います。

そして、もともとカフェインの入った飲み物が苦手な方にも飲みやすいと思います。
カフェインは脳や身体を覚醒させしてくれるものですが、刺激成分でもありますので、どうしても体に合わない方がいらっしゃると思います。
体に合っていれば元気になれますが、苦手な方はかえって調子が悪くなってしまうことがあります。

でも、たんぽぽ茶であれば、健康な体づくりに欠かせない栄養素がやさしく働いて、体も心も元気にしてくれます。
おいしくて自然な効き目が最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

 

自分で作れる?たんぽぽ茶

いろんな市販品のたんぽぽ茶が販売されていますが、たんぽぽを原料とするたんぽぽ茶はもちろん自分で作ることもできます。

春先のもっとも根に栄養がある時期のたんぽぽの根を採取し、丁寧に土を落とし、2~3㎝程度に切ってから半月程度天日干しして乾燥させます。
しっかりと乾燥させたたんぽぽの根を、油をひかずにフライパンで弱火でしっかりと煎り、香ばしく仕上げます。
たんぽぽの根をミキサーやブレンダーで粗く砕けば完成です。

不妊にお悩みの方は、エストロゲンを活発にしてくれる成分を多く含むたんぽぽの葉も同様に乾燥させて使うとさらに効果的ですよ。

デメリットはある?

 
優秀なハーブであるたんぽぽ茶は高い利尿作用があるため、トイレが近くなるというデメリットがあります。
ですが、これは体内に溜まっていた毒素や老廃物を積極的に排出するよう働き掛けてくれた結果なので、喜ぶべき症状ですね。
ただ仕事中にトイレが近いと困るという方は、飲むタイミングを調節するようにしましょう。
 
たんぽぽ茶の効果

以上、女性のさまざまな悩みを改善してくれるすばらしいたんぽぽ茶についてご紹介しました。
お子さんをお望みの方、母乳育児をお考えの方は、いつもの飲み物をたんぽぽ茶に変えてみませんか?
無理なく体内の環境を変えることができますよ。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!