PMS【月経前症候群】の原因や症状、おすすめの漢方やサプリメント。


PMSとは、「月経前症候群」または「月経前緊張症」と言われ‘Premenstrual Syndrome’の略称です。
月経前3~10日の間決まって現れる、精神的あるいは身体的症状で、月経がはじまるとともに軽減したり消えたりするものをいいます。

PMSとは

ここ十数年で日本でも広く一般的に知られるようになり、ある調査では、女性の9割の方が生理前になるとPMSを発症するという事がわかっています。
pmsでつらい

代表的な症状

さまざまな症状が現れるのが特徴です。
PMSの症状は、人によってさまざまで同じ人でも、月によって現れる症状が違う場合もあり、その種類は200以上とも言われています。

体に現れる症状
腹部膨満感(お腹の張り)・腹痛・便秘・下痢・吐き気・頭痛・乳房の張りや痛み・腰痛・過食・食欲不振・肩こり・むくみ・めまい・肌荒れ・にきび・動悸 など

心に現れる症状
イライラ・落ち込み・不安感・無気力・集中力の低下・疲労・不眠・睡眠過多 など

上記のように、便秘になる人もいれば下痢になる人もいたり、過食気味になる人もいれば、食欲不振に陥る人もいて、現れる症状は人それぞれ多岐にわたります。
これが、PMSの特徴です。

PMSが現れる原因

PMSがどうして起こるのか、はっきりした原因はまだわかっていないとされていますが、考えられる原因をご紹介いたします。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響

排卵~生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって、水分代謝に影響するとむくみの原因に。
それが乳房にたまれば乳房の張りや痛みに。
頭にたまれば頭痛。
体全体としては「重だるい」という症状として現れます。

脳内物質の低下

排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることにより、脳内の「セロトニン」という物質が低下すると、うつ症状や、ネガティブ思考など、気持ちが不安定になりやすくなります。

さらに、生理前はインスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下し、血糖値が上がるため、それを下げるために普段より、多量のインスリンが必要になります。
その為食後から2、3時間後に低血糖を生じやすく「いつもより甘いものが食べたくなる」という症状が出やすくなるのです。

ビタミンやミネラルの欠乏

PMSは人により現れる症状はさまざまですが、PMSがある多くの人が、ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素の欠乏状態にあると言われています。

PMSの症状を重くしてしまう要因

人によって現れる症状がちがうPMSは生活習慣や、性格、食べ物など個人の傾向が大きく関係しているとも言われています。

ストレス

ストレス・就職、転職、結婚、離婚、引っ越しなど急な生活環境の変化・ハードワークによる緊張状態が続く疲労が蓄積されるなどでも、PMSの症状は重くなります。

特に働く女性は、無理が重なったりすると、集中力が低下して仕事のミスが増えたり、攻撃的になったり、逆にひどく落ち込むなど、トラブルが起きやすくなると言われています。

性格・考え方

律儀・真面目・几帳面・完璧主義・負けず嫌い・自分に厳しい・・・
クヨクヨ悩みがち・細かいことを気にしやすい・つらくても我慢してしまう・・・
こんな性格の方は要注意。
PMSの症状が出やすいようです。

食生活・嗜好品

バランスの悪い食事はビタミンやミネラルの不足を招き、症状が強く出やすくなると言われています。
嗜好品
喫煙・お酒・カフェインたっぷりのコーヒー・甘いものなどの嗜好品をよく摂る方も症状が出やすくなります。

自律神経・体力の低下

風邪や病気、疲労などで免疫力が低下していたり、自律神経が乱れて、普段から不調の多い方は症状が重く出やすいようです。

PMSに悩まされているのは20代から40代の方が多いですが、その症状は年代によって異なる傾向にあり、20代の女性は、乳房の張り・下腹部痛・頭痛など体の症状が強く出やすく、30代になると、20代の体の症状に加えて、精神的に不安定・攻撃的になるなど、心の症状が顕著になってくると言われています。

特に30代ではPMSを「30代中期症候群」ともいうほど、PMSの症状に悩んでいる方が多くいます。
30代は、仕事ではキャリアを重ね忙しく、また、子育てでも悩みが多くなる時期。
それらのストレスが、より一層症状を重くしてしまう傾向があるようです。

PMSを軽くするために・セルフケア

PMSを少しでも軽くするためには、生活習慣の改善が必要です。
乱れた生活習慣ではPMSだけでなく免疫力を低下させ、いろいろな体の不調や病気の原因にもつながります。
生活習慣を改善させ、PMSとも上手に付き合っていきたいですね。
それでも、日常生活に支障をきたすような、症状のひどい時は、医療機関へ行き、医師に相談しましょう。

セルフケア・からだ編

体への症状が多い方は、適度な運動と、きちんと休息を取ることが効果的です。
PMSの症状が出ているときは、気持ちが落ち込んだり体に不調が出て、運動をしたくないと感じる事もあると思うのですが、もちろん無理のない範囲で、少し体を動かしてあげると、気分が楽になったり、体内の循環も良くなって、PMSが軽減されることもあります。

○ストレッチ
ストレスや緊張で体が硬くなっていたり、むくみや肩こり、頭痛の改善にもストレッチは効果的です。
ゆっくりとした動きで、筋肉を伸ばしてほぐすと、体内の循環が改善される為、それらの症状が楽になることがあります。
軽い運動

○散歩など、軽い有酸素運動
外に出て歩くだけでも視覚的にも刺激になり、気分転換になります。
歩きやすい靴で近所をウォーキングをするだけでも、代謝が上がり、スッキリ感も感じられるでしょう。
また、ウォーキングではセロトニンが分泌されるため、症状の改善につながると言われています。

○深呼吸
何をするのもしんどいという時には、深呼吸だけでもしてみましょう。
深い呼吸もまた、体内の循環をあげる手伝いをしてくれますので、頭や視界がすっきりするなどの効果を感じる事ができます。

セルフケア・こころ編

こころに症状が多く出ているときは、このPMSも、「ホルモンがしっかり働いてくれている証拠だ」と考えてみましょう。
全てを完璧にこなそうとせず、しんどければ、肩の力を抜いて、すこしラクをしたっていいのです。

仕事中は、意識的に気持ちのリフレッシュを心掛け、家では、リラックスして好きな事をして過ごしましょう。
睡眠不足は大敵です。
しっかり休息を取り、ストレスを溜め込まず、なるべく気楽に過ごせるようにしましょう。
周りの人に理解してもらえるよう、伝えておくのもいいですね。

セルフケア・食事編

食生活の乱れも、症状の悪化につながります。
不足しがちなビタミンやミネラルの補給をし、なるべくバランスの良い食事をこころがけましょう。
ビタミンB6を多く摂ると、緩和に役立つとされています。
多く含む食べ物は、豚肉・大豆・小麦胚芽・玄米・いわし・かつお・さばなどです。

塩分や刺激物を控えると、むくみや肌荒れの改善につながります。

アルコール、塩分、カフェイン(コーヒー・紅茶・日本茶・チョコレートなど)はイライラ・むくみ・緊張などを高める原因になります。
添加物、砂糖、漂白した小麦粉とその加工品(パン・ケーキ・パスタ)なども症状を重くすると言われています。
なるべく控える方がよいでしょう。

頼れるサプリやお薬を知っておこう

PMSがひどい時には、生活習慣や食生活の改善とともに、サプリやお薬の力を借りるのも、ひとつの手段です。

PMSの症状を緩和してくれる専門の治療薬や、症状にピンポイントに働きかける医薬品まで、いろんな種類のものがあります。
pmsに効く薬やサプリメント
ただし、医師の診察と処方箋が必要なものや、薬剤師の指導が必要なものも多いため、基本的には医師や薬剤師に相談して、購入・服用するようにしましょう。
体質によっても効果に差が出ることも覚えておいてください。

○プレフェミン

PMSの治療薬としては、西洋ハーブのチェストベリーという成分が薬としての有効性・安全性が認められ、PMS治療薬「プレフェミン」として日本で初めて新ゼリア新薬より発売されています。
薬剤師の指導が必要な薬に分類されていますが、薬局・薬店・ドラッグストアにて買うことができます。

チェストベリーはチェストツリーの果実で、ヨーロッパでは伝統的に婦人科の疾患に使われてきたハーブです。
副作用は少ないですが、吐き気などの消化器症状、発疹などの皮膚症状が出ることがありますので、服用後体調の異変を感じることがあれば、服用を中止して医療機関を受診してください。

○低用量ピル

低用量ピルは避妊のための薬ですが、PMSにも効果があります。
婦人科でのPMS治療は、重い場合はまず、低用量ピルがすすめられます。
効果があればPMSの症状が次の生理までに治まります。
使用できない場合や、飲み始めの副作用もありますので、まずは医師の診察を受けましょう。

効能としては
・月経困難症の軽減
・過多月経の経血量の減少
・月経不順の改善
・PMSなどの改善
などがあります。

○抗鬱剤や精神安定剤

PMSのなかでも精神的な症状が重く、うつ傾向にある場合には抗鬱剤や精神安定剤が処方されます。
選択的セロトニン再取り込阻害薬(SSRI)やベンソジアゼピン系薬剤などが使用されます。

○プラセンタ

PMSなど女性ホルモンに関わる悩みには、試してみたい成分です。
プラセンタは、月経時の腹痛を抑えたり、経血の量を正常にしてくれる効果が期待できます。

○チェストベリー

西洋ニンジンボクと呼ばれるハーブです。
サプリメントではチェストツリーかチェストベリーと表示されています。
サプリメントやハーブティーとして入手することができ、イライラや倦怠感などのPMS特有の症状に効果が期待できます。

○月見草オイル

月見草油のサプリメントなどに含まれているγ-リノレン酸はPMSの症状を和らげる効果や、生理前の大人ニキビなど肌に対しても有効です。

○大豆イソフラボン

女性ホルモンのバランスを整える作用を持ちPMSの症状の緩和に効果的です。

○セントジョーンズワート

ヨーロッパでは医薬品として扱われるハーブです。
イライラや鬱のような症状に、気持ちを静める効果があります。

○テアニン

お茶に含まれるテアニンにも、イライラを抑える効果があります。
お茶には微量しか含まれていませんので、サプリメントで摂取するとよいでしょう。
また、就寝前に飲むことで、リラックスして眠りにはいることができます。

○ビタミンB6

さきほど、食べ物のところでも紹介しましたが、ビタミンB6は、落ち込みや鬱のような症状に効果があります。
ビタミンB1やビタミンB12などの他のビタミンB群も一緒に摂れるサプリを選ぶとよいでしょう。

○ヘム鉄

フィリチン鉄という、貯蔵血が不足すると、慢性的な貧血になり、PMSの症状も重く出やすくなると言われています。
フィリチン鉄の不足は血液検査で分かりますが、サプリメントで補うには量が少ないので、不足の場合は病院で処方される鉄剤か、注射剤を打ってもらうようにします。
不足が少しの場合はヘム鉄のサプリメントを飲むと補えます。

ここで、ひとつサプリメントの紹介です。
●ルナリズム
ルナリズム
PMS改善に効果が期待できる「チェストベリー」をはじめとした9種類のハーブ、「月見草オイル」「亜麻仁油」を1粒に配合し、さらに女性の元気と美容に働きかける栄養素「ビタミンB群」「イソフラボン」「カルシウム」「マグネシウム」などを配合した栄養機能食品です。

漢方の考え方には、体の中の「気・血・水」のバランスをみる。というものがあり、「気・血・水」のバランスがどう崩れているかによって、処方される漢方薬が変わってきます。
pmsに効く漢方
特徴として、症状だけを見るのではなく、体全体の状態をみて証をたてるため、PMSのような多彩な症状をひとつの漢方薬で改善できることもあります。

○桃核承気湯(とうがくじょうきとう)

比較的体力があり、便秘、のぼせ、肩こり、月経不順などがある場合に。血の巡りが悪くなり起こる症状に効果的。

○桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

体力は中等度、月経痛、頭痛、のぼせ、めまい、肩こりのある場合に。

○当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力がなく、頭重感、めまい、冷え、肩こりがある場合に。体を温め改善します。

○抑肝散(よくかんさん)

イライラし攻撃的、不眠、不安やのぼせのある場合に。

○加味逍遥散(かみしょうようさん)

イライラ、不安感、ストレスを緩和させる効果があり、精神的な症状が気になる場合に。

漢方薬は、薬局やドラッグストアで気軽に手に入るものもありますが、自分の体力の程度に合わせて同じ症状でも違う処方になる場合もありますので、薬剤師に相談するか、漢方専門の薬局などで聞いて、より自分に合ったものを選ぶ方が効果が期待できるでしょう。

まとめ

毎月の生理のたびに現れるPMSは女性にとっては大きな悩みのひとつです。
まずは、自分の生活習慣を見直し、食生活や運動、睡眠などで調整することが第一ですが、それでも追い付かない時には、サプリメントやお薬の力をかりるのもひとつの手段です。

自分の症状や体質に合う、頼れるサプリやお薬を見つけておくだけでも、気持ち的に楽になれるかもしれませんね。
PMSと上手につきあって、少しでも改善し、毎日を快適にすごしたいものですね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!