男性の妊活でおすすめの食事やサプリメント


妊娠に対する準備というと、やはり女性に頼りがちになってしまっている夫婦が多いと言います。
でも、赤ちゃんを授かりたいと思っているのは女性も男性も同じ気持ちのはずですから、協力して妊活に取り組んでいくのが良いと思います。

男性の妊活

と言っても、『何から始めて、どんなことをすればいいのかわからない・・・。』という男性が多いと思いますので、日常生活の中でできる妊活の方法についてまとめてみました。

妊活中の男性におすすめの食事

妊活中の男性には欠かせない栄養素がありますので、自然妊娠をする上で特に重要になってくるのが毎日の食事です。
日頃の食生活を見直して、妊娠に必要な栄養素をたっぷりと摂取してみましょう。

男性の生殖機能を高める効果がある栄養素が「亜鉛」です。
亜鉛には健康な精子を作る働きがあると言われています。
しかも、精力を高める男性ホルモンのテストステロンの合成にも役立ちますので、妊娠力アップに大きく関わってくる栄養素なのです。

亜鉛を多く含む食品として特におすすめなのは魚介類や貝類です。

亜鉛

中でも亜鉛が豊富なのは、ホヤで6.4mg、カキで2.0mg、カニで5.0mgとなっています。(100g当たりの含有量です。)
カキであれば5個くらいで1日の摂取量を満たすことができますから、一度の食事でちょうど良い量を食べることができそうですね。

あと、豚肉や牛肉は全般的に亜鉛が多く含まれています。
肉そのものはもちろん、コンビーフの缶詰でも十分な量を摂取できますので、毎日の食事のレシピも増えて食べやすいと思います。

女性側の卵子の老化が妊娠しにくい原因の一つとしてしばしば取り上げられることがありますが、実は男性側の精子の老化にも同様のことが言えるのです。
つまり、卵子と精子、両方の質の良さが妊娠しやすさにつながってくるということです。

そこでおすすめなのが「ビタミンE」です。
ビタミンEは抗酸化力に優れている栄養素で、精子の老化を食い止めて質の良い状態を保ってくれる働きがあります。

ビタミンEは植物性の油に特に多く含まれています。

例えば、
・ひまわり油 38.7mg
・サフラワー油 27.1 mg
・とうもろこし油 17.1 mg
・なたね油 15.2 mg

などが挙げられます。(100g当たりの含有量です。)

食事を調理するときには、これらの油を使うと効率良くビタミンEを摂取することができます。

ビタミンE

また、種実類もビタミンEが豊富で、多いものを挙げてみると、アーモンドには31.0 mg、ヘーゼルナッツには17.8 mgが含まれています。(100g当たりの含有量です。)
身近にあるナッツ類ですので、ビタミンEを手軽に摂取することができそうですね。

この他にも、鮭の魚卵である筋子には10.6mg/100gのビタミンEが含まれています。
好き嫌いがあるかもしれませんし、塩漬けして販売されていることが多いのであまりたくさん食べることはおすすめできませんが、適度な間隔を置いて食卓に並べてみるのもいいかもしれませんね。

厚生労働省が推進しているビタミンEの摂取量は、18才から49才の人の男性の場合、1日当たり6.5mgとされています。
摂取量を目安に食事からの摂取を心がけてみましょう。

「アルギニン」は精子の主成分となる栄養素です。
アルギニンは加齢とともに減少すると言われていて、減少するのと比例して精子の数の減少や運動量の低下が見られます。

アルギニンを効率良く体内に吸収させるためには、食品からの摂取が欠かせません。
アルギニンを多く含む食べ物としては、鶏肉、大豆(大豆製品を含む)、米、エビ、カニ、貝類、クルミ、ピーナッツ、チョコレートなどが挙げられます。
毎日の食事の主食やおかずのメインになるような食材が多いので、比較的摂取しやすいのではないかと思います。

精力を維持して、遺伝子のもとになるDNAの合成を助ける働きをする栄養素が「葉酸」です。
葉酸は女性の妊娠力を高める栄養素としても有名ですが、精力減退を防ぎながら精子の質を向上させる効果もあるのです。

葉酸を多く含む食品としては、枝豆、アスパラガス、ケール、ブロッコリー、そら豆、ほうれん草、春菊、とうもろこし、にんにくの芽などが挙げられます。

葉酸

茹でてそのまま食べられるものや、サラダにしてドレッシングをかけてシンプルにいただける野菜類が多いので、毎日の食事からの摂取も難しくなさそうですね。

あと、肉類では牛、豚、鶏のレバーに多く含まれています。
レバーは3切れ程度食べれば十分な葉酸が摂取できますので、少量で効率良く妊娠に必要な栄養を補給できる食材と言えます。
男性であればレバーが好きな方が多いと思いますので、食卓の1品として加えてみましょう。

妊娠力を高めるサプリメント

毎日の食事をメインとして妊娠力を高めてくれる栄養素を摂取するのが望ましいですが、不足分はサプリメントで補うのが理想的です。
妊娠力を高めるのに効果的な成分には色々な種類がありますが、妊活中の男性に摂ってもらいたいサプリメントでおすすめのものについてご紹介したいと思います。

マカ

マカは精子の数や運動量を増加させ、男性側の生殖機能を大幅に向上させる働きを持つ成分です。
マカサプリメントを男性が摂取した場合の効果としては、

・正常なホルモン代謝
・精子形成の維持
・精子の形や質の向上

などが挙げられます。

また、精力増強や滋養強壮にも効きますので、子作りに励んでいる男性にも有効です。

マカサプリ

マカサプリメントはペルー産の製品が一般的ですが、最近では国産のものも増えてきています。
実際のところ、成分表示を比較してみると、国産のマカサプリメントの方がマカの含有量が多い傾向が見られました。
できることならば、国産のものを選んだ方が妊娠力を高めるのには効果的かもしれませんね。

マカは体にやさしくて副作用の少ない成分ですが、一度にたくさん飲んだからと言って効果が急激な変化がもたらされるわけではありませんから、やはり過剰摂取は避けましょう。
1日の摂取量の目安としては2~5gがおすすめです。

アルギニン

アルギニンは不妊や精力の問題でお悩みの男性におすすめの成分です。

アルギニンサプリメントを男性が摂取した場合の効果としては、

・精力増強
・勃起不全(ED)の緩和
・体力や血流量アップ

などが挙げられます。
アルギニンは栄養ドリンクにもよく入っているので、高いエネルギーを生み出して妊娠力アップに役立ってくれそうですよね。

妊娠力アップ

また、精子量の増加や精子の運動率の向上にも一役買ってくれます。
不妊症に悩むご夫婦の中には、精子欠乏症や乏精子症、精子無力症などで、男性側の精子の量や運動率に問題があるケースも少なくありません。
しかし、アルギニンを摂取することで症状が改善されて、見事妊娠につながったという嬉しい効果が出ています。

シトルリン

シトルリンは血流の流れをスムーズにすることによって、男性機能の改善作用が期待されている成分です。
シトルリンサプリメントを男性が摂取した場合の効果としては、精子の発育促進が挙げられます。

シトルリンサプリ

シトルリンサプリメントを摂取すると血行が良くなってホルモンが行き渡りやすくなり、元気な精子が作られやすくなるそうです。

受精卵が子宮に着床するまでには、元気な卵子と精子が必要不可欠です。
妊活を意識している男性には是非摂取してもらいたいものですね。

最近人気のある商品の中には、シトルリン入りの青汁もあります。
もちろん、通常の錠剤などのタイプもおすすめですが、いかにもサプリメントというのが苦手な方は飲み物として摂取すると毎日続けやすいかもしれませんね。

亜鉛

男性の妊活に一番効くのが亜鉛と言われているくらいに妊娠力アップに有効な成分です。
亜鉛は精巣で精子を作るためには欠かせない重要な成分ですが、食品からだけではなくてサプリメントから摂取しても同様の効果を得ることができます。

亜鉛サプリメントを男性が摂取した場合の効果としては、

・精子量の増加
・精子の運動率の向上
・精子の質の向上

などが挙げられます。
他の成分でも似たような効果があるのですが、精液の成分として含まれている割合が最も多いのが亜鉛ということから、妊娠には欠かせない成分と考えられています。

実際の研究でも、亜鉛の摂取量が不足している男性では精子の数が減少しやすい傾向にあるというデータがあります。
しかも、性欲減退にも影響を及ぼすと言われていますので、亜鉛不足は妊活中の男性には大問題なのです。
若い方だけに限らず、高齢で精子の運動率や精力が衰えている男性にもおすすめです。

レスベラトロール

レスベラトロールは精子の活動を活発にする働きを持っている成分です。
レスベラトロールサプリメントを男性が摂取した場合の効果としては、精子の老化予防が挙げられます。

男性妊活サプリ

残念ながら加齢に伴って精子も老化するので本来の働きを維持することができません。
つまり、年を取ってくるほど精子の働きが鈍くなるので、妊娠力も低下してしまいます。

そこで、サプリメントから不足なくレスベラトロールをすることで精子の老化を防いで、元気なままの状態を維持していこうということなのです。
妊活中の生活にレスベラトロールを取り入れて、精子に良い影響を与えていきましょう。

葉酸

葉酸というと妊婦さんの栄養サポートになる成分というイメージが強いですが、実は男性にも効き目があります。

葉酸サプリメントを男性が摂取した場合の効果としては、

・精子の数の増加
・精子の運動率の向上
・精子の質の向上
・精子の染色体異常の軽減(奇形の予防)

などが挙げられます。

高齢になると精子の数や運動率の低下だけではなくて、奇形の子どもができてしまうリスクが高くなることが問題になってきます。
しかも、葉酸の摂取量が不十分でない男性では、精子の染色体異常の確率が高いと言われています。
妊娠時のリスクに備えるためには、男性側が積極的に葉酸を十分に摂取する必要がありそうですね。

また、女性に比べると男性の方は葉酸の効果が表れるまでに時間がかかると言われています。
これは、男性側の精子が形成されまでに約3ヶ月の時間が必要であるということが理由となっています。
ですから、妊娠を希望するのであれば早めに飲み始めるのがベストということです。
葉酸はじっくりと飲み続けていくことが大切な成分なんですね。

妊活中は何種類ものサプリメントを飲んでもいいの?

赤ちゃんを授かりたいと望んでいる方に必要な栄養成分は一つだけではありません。
男性は女性に比べると食事で工夫するのを苦手だと考える人が多いですから、妊娠力をアップさせようと何種類かのサプリメントを活用しているのです。

男性妊活

でも、一つ一つの成分を別々のサプリメントから摂取するのも悪くないのですが、飲み合わせの悪いものだと十分な効果を得られなかったり、副作用が出たりしてしまう可能性がないとも言い切れません。
正しい知識を持たないで継続的に飲んでいると、成分の過剰摂取にもつながります。
それに、3つも4つもの製品を何ヶ月も続けて飲もうとなると、コストがそれなりにかかってしまいます。
ですから、妊活中の男性が選ぶサプリメントは複数の成分が同時摂取できるものが良いとされています。

不妊治療を行っているクリニックの医師の話を参考にした成分の組み合わせを例に挙げてみると、マカと葉酸のコンビは精子量の増加や精子の運動率の向上を目的としている男性におすすめということです。
マカと葉酸の相乗効果によって男性側の生殖機能が大幅に向上して、受精や着床がスムーズになると考えられているようです。

もちろん、妊娠力アップに効果的な成分の組み合わせはこれ以外にもあります。
探してみるといくつもの成分が含有されているオールインワンタイプのサプリメントはけっこう見つかるものです。
ほとんどの場合、成分の組み合わせがもたらす効果について詳しく説明があると思いますので、妊娠しやすい身体づくりのために成分をじっくりと吟味して選んでみましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!