「マヌカハニー」の健康効果


皆さんは、「マヌカハニー」をご存じでしょうか。
健康にいいと話題になっていますが、一般的な蜂蜜とは何が違うのか、どのような効果があるのかをご紹介したいと思います。

マヌカハニーとは

そもそも「マヌカ」とは、ニュージーランドに自生するフトモモ科の木の名前です。
マヌカは「ティーツリー」とも呼ばれ、アロマの材料としても用いられています。
ニュージーランドの先住民・マウリ族は、マヌカの木の殺菌作用を利用し、葉や根などを外傷の治療薬として用いていたと伝えられています。

マヌカハニーの花

マヌカの木の健康効果は、昔から注目されていたことが分かります。
このマヌカの木に咲く花からとれる蜂蜜が、「マヌカハニー」と呼ばれています。
一年の内でマヌカハニーを採取できるのは、マヌカの花が咲く4週間のみなので、とても貴重な蜂蜜なのです。

マヌカハニーの特徴

アカシアやレンゲの蜂蜜と比べて、どろどろとした生キャラメルのような食感がマヌカハニーの特徴です。
食品メチルグリオキサールと過酸化水素が両方含まれる唯一の蜂蜜で、高い殺菌作用を誇ります。
他の蜂蜜と比べるとかなり濃厚で、なかには薬っぽく感じるものもあります。

マヌカハニー特徴

マヌカハニーの効果

マヌカハニーは高い殺菌作用を誇り、健康に効果があると言われています。
どのような効果があるか、解説していきます。

ピロリ菌は、慢性胃炎や胃潰瘍の原因となる菌で、日本人の50パーセント以上がピロリ菌保持者だと言われています。
ピロリ菌を除菌せずに放っておくと、胃がんの危険性も高まります。
一般的に、蜂蜜には強い殺菌効果があると言われていますが、マヌカハニーには独自の殺菌成分であるメチルグリオキサール(MGO)が含まれており、より強い殺菌効果があります。
MGOの濃度が高いほど、殺菌効果も高まります。
マヌカハニーは、ピロリ菌や大腸菌など、様々な腸内細菌を殺菌してくれます。
その一方で、乳酸菌をはじめとする善玉菌の活動を活発化させる効果もあるので、腸内環境の改善に役立ちます。

一般的に、蜂蜜には高い殺菌作用があり、ビタミンも豊富に含まれていることから、蜂蜜は風邪予防に適していると言われています。
風邪をひいてしまった時、生姜はちみつを飲むという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一般的な蜂蜜と同様に、マヌカハニーにも風邪予防の効果が期待できます。

マヌカハニー効果

マヌカハニーには炎症を和らげる効果があるので、喉の痛みや鼻づまりに対しても効果が期待できます。
さらに、シンガポールの研究では、マヌカハニーがインフルエンザに対しても効果があることが分かりました。生姜湯や白湯と一緒にマヌカハニーを飲むことで、風邪の治癒・予防が期待できます。

蜂蜜と言うと、虫歯の原因になりそうだと考える方も多いかと思います。
しかし、マヌカハニーは、虫歯や口臭の予防にも効果があると言われています。
マヌカハニーの主成分は、フルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)という単糖類なのですが、実はこれらの糖は虫歯の原因にはなりにくい糖類なのです。

さらに、マヌカハニーには高い殺菌作用があるので、虫歯や口臭の予防に効果があると言われています。
マヌカハニーは虫歯の原因となるミュータンス菌の殺菌に効果的であり、歯周病や歯肉炎の予防になったという研究データもあります。
マヌカハニーを用いたオーラルケアについては、後段の「マヌカハニーの選び方・使い方」の中でご紹介したいと思います。

昔は、創傷や切り傷ができたときは、乾燥させて治すのが主流でした。
現在ではいわゆる「湿潤療法」が提唱され、傷口をなるべく乾燥させないようにする治療法が一般的です。
マヌカハニーには殺菌作用があるため、湿った状態の傷口にマヌカハニーを塗り、絆創膏を貼るという方法は、怪我の治癒に効果的です。
マヌカハニーの殺菌作用は効果が高いので、雑菌の繁殖も抑えることができます。

マヌカハニーの選び方・使い方

マヌカハニーには様々な種類があるため、どの製品をしようするか自分で選ぶ必要があります。
また、マヌカハニーにはいろいろな使用方法があります。
マヌカハニーの選び方・使い方を解説していきたいと思います。

選び方

マヌカハニーの効用を示す基準には様々なものがありますが、中でも信頼性が高いのが「UMF規格」です。
UMF規格は、マヌカハニー研究の第一人者であるピーター・モーラン博士が生み出した規格です。
そもそもUMFは“Unique Manuka Factor”の略称で、マヌカハニーだけに含まれる特別な抗菌成分のことを指しています。
UMFの数値は、10+、15+、20+、25+の4段階に分けられており、数値が高くなるほど高い殺菌作用があります。

もうひとつポピュラーな指標としては、「MGO規格」があります。
MGOはメチルグリオキサールの略称で、マヌカハニーに含まれる殺菌成分のことです。
「MGO100+」と表記されている場合は、マヌカハニー1kgに対してMGOが100mg含まれているということを示しています。
実際に販売されているマヌカハニーの中では、「MGO1100+」が最大だそうです。

※UMF基準の場合は「UMF10+」以上、MGO基準の場合は「MGO100+」以上のものを選ぶのがおすすめです。
殺菌成分が少ないと健康効果は期待できなくなってしまうため、
なるべく数値の高いものを選びましょう。
「UMF25+」、「MGO500+」のものが手に入ればもっと理想的です。
これらの値が高くなると値段も比例して高くなるので、いろいろな商品を比較して、自分にあったものを選んでみてください。

効果的な食べ方

マヌカハニーは、一日に3~4回、食前一時間の間に食べると、健康に効果があると言われています。
食べる量は、5mlから15mlが適量です。
腸内環境の改善を目的として摂取する場合には、15mlほどが適量です。
前述の通りマヌカハニーには口内環境の改善にも効果があるので、食べた後すぐに口をすすぐのはやめましょう。

マヌカハニー食べ方

スプーンから直接食べることが理想ではありますが、どろどろとした食感が苦手という方は、ヨーグルトにいれて食べる方法をおすすめします。
ホットミルクや生姜湯にいれて飲むと、喉にも健康効果が期待できます。

マヌカハニーを使ったオーラルケア

マヌカハニーには、虫歯の原因であるミュータンス菌を殺菌する効果があると言われています。
マヌカハニー5mlを歯に塗布し、1分間置いた後吐き出して、その後30分間口をすすがないようにする、というケア方法があります。
また、マヌカハニー入りの歯磨き粉なども販売されているので、そのような製品を使うこともオーラルケアに役立ちます。

手湿疹を治す

毎日水仕事をしていると、肌荒れなど手湿疹になってしまうことは多いと思います。
その場合、幹部に直接マヌカハニーを塗りこむことで、治癒することができます。
べたつきが気になる場合には、ガーゼや絆創膏で抑えると気にならなくなります。
手湿疹のみならず、さまざまな外傷にも効果があるので、試してみてください。

いままで見てきたように、マヌカハニーには様々な効用があります。
また、上に書いた効果だけではなく、がん予防やコレステロールにも効果があるのではないかと言われ、研究もますます進んでいます。
まだマヌカハニーを使ったことがないという方は、ぜひ一度試してみてください。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!