風邪を早く治す方法


風邪を引いたらかかりつけのお医者さんに行くという人が多いかもしれませんが、『なんとかして自力で治したい!』という人もいらっしゃるはずです。
風邪を長引かせずに自分で早く治せる方法があったらいいですよね。
そこで、風邪の症状やタイプに応じた対処方法についてまとめてみました。

そもそも「風邪」って何?

「風邪」というのは、鼻、咽頭、喉頭に細菌やウィルスが感染する病気のことです。
正式名称は「かぜ症候群」。(風邪にも正式名称があるんですね。)
細菌やウィルスに感染した部分が急性の炎症を引き起こすことで、痛みや発熱などの症状が現れます。

・鼻水、鼻づまり
・喉の痛み
・発熱
・頭痛
・咳、痰(たん)
・全身倦怠感
・筋肉痛
・関節痛

風邪の原因

風邪の原因

【ウィルス(風邪の病原菌)】
風邪の原因は80~ 90%がウィルスと言われています。
風邪の原因となるウィルスは、なんと200種類以上も存在しています。

風邪のウィルス

その中でも主な病原菌となるのは、
・アデノウィルス
・エンテロウィルス
・コロナウィルス
・パラインフルエンザウィルス
・ライノウィルス
・RSウィルス

などが有名です。

寒さ、疲れ、栄養低下によって体の免疫力が弱まると風邪を引いてしまうことがあります。
冬になると風邪を引く人が増えますよね?
これは、気温の低下に伴って体温も下がることが原因です。
体温が下がると体温調節中枢が刺激されて発熱することがあります。
また、仕事が忙しかったり、栄養バランスの悪い食事をしていたりすると、免疫力が低下してしまいます。
免疫力が低下すると、体のあちこちに炎症が起こり、頭痛、喉の痛み、鼻水、筋肉痛などの症状が現れます。

風邪を引くメカニズム

空気中や手に付着している細菌やウィルスが、呼吸と一緒に喉や鼻から体内に侵入します。
細菌やウィルスは体内に侵入してからすぐに悪さをするのではなく、5~6日潜伏した後で増殖を始めます。

風邪の引き始めには、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、喉の痛み、咳、痰といった症状が現れます。
これらの症状が現れるのは、細菌やウィルスと戦っている証拠です。

【鼻水・くしゃみ】【咳・痰(たん)】

体外に異物を追い出そうとしている防御反応です。

【喉の痛み・喉の腫れ】【鼻づまり】

粘膜が炎症を起こして、体内に異物が侵入してきたことを体に知らせています。
炎症が起こることで免疫の働きが活発になり、増殖している細菌やウィルスをやっつけていきます。

喉の風邪

細菌やウィルスに感染して風邪を引いた場合、喉がイガイガしたり、扁桃腺が腫れたりする症状が出ることがあります。
これは、喉の咽頭や扁桃に感染した細菌やウィルスが増殖し始めることが原因です。

喉の風邪

細菌やウィルスがどんどん増えて威力を強めると、喉を刺激するので痛みが現れますし、炎症を起こすと腫れが生じます。

喉の痛みや炎症を早く治す方法

「喉の痛みや炎症を早く治したい!」という時には、ドラッグストアやネットで気軽に購入できる市販薬を使ってみるのも一つの手段です。

うがい薬

うがい薬

・主な効果
喉の痛み、喉の炎症、喉の腫れ、喉の不快感を和らげる。

・主な薬効成分
【ポビドンヨード】
・喉を洗浄して殺菌、消毒する
風邪の引き始めに、喉に侵入した細菌やウィルスを増殖させないようにするのに効果的。

【セチルピリジニウム】
・殺菌成分
喉に悪さをする細菌をやっつけてくれます。

【グリチルリチン】
・喉の炎症を鎮める
喉がイガイガする時に効果的。

【アズレンスルホン酸ナトリウム】
・喉の炎症を鎮める
・組織修復効果
喉の炎症や腫れがある時に効果的。

※風邪を引いている時の口の中には驚くほどたくさん細菌がいます。
そこで、いきなりうがい薬を使ってしまうと、喉の方まで細菌が移動してしまいます。
うがいをする時には、まず水で口の中を十分にゆすいでからうがい薬を使うのがポイントです。
「10回くらいガラガラゆすぐ×3セット」を事前に行えば、うがい薬の効力がきちんと発揮されるはずです。

スプレー薬

・主な効果
細菌やウィルスの除去・殺菌、消炎作用

・主な薬効成分
【ポビドンヨード】
・喉を洗浄して殺菌、消毒する
うがい薬と同様、スプレーにもよく使われます。
喉に侵入した細菌やウィルスの増殖を抑えるのに効果的。

【セチルピリジニウム】
・増殖した細菌を殺菌する
喉の痛みを和らげ、喉の腫れの治りを早める効果が期待できます。

【アズレンスルホン酸ナトリウム】
・粘膜の荒れや腫れを抑える効果
喉の炎症や痛みがひどい時に使うと効果的。

トローチ・のど飴

・主な効果
喉のイガイガ、痛み、咳を和らげる

・主な薬効成分
【デカリニウム塩化物】
・殺菌作用
風邪の原因となる細菌を殺菌する働きに優れています。
口腔や咽頭に感染した細菌をやっつけて、喉の痛みや腫れを和らげます。

【セチルピリジニウム】
・殺菌、消毒作用
うがい薬成分として有名ですが、のど飴にもよく使われます。
喉の炎症による痛み、喉の荒れ、声枯れなどに幅広く効き目があります。

【塩酸クロルヘキシジン】
・殺菌、消毒作用
細菌を死滅させることで患部の炎症を引かせ、痛みを早く治します。

【アズレンスルホン酸ナトリウム】
・消炎剤
咽頭炎や扁桃炎などに効き目があります。

【テトラサイクリン】
・抗菌作用のある抗生物質
細菌の増殖を抑制したり殺したりする働きがあります。
喉の炎症を緩和する効果が期待できます。

【フラジオマイシン】
・抗菌作用のある抗生物質
細菌の増殖を抑える作用に優れていて、感染した部分の炎症を食い止めます。

喉の炎症が原因で痛みがある場合には、首回りを温めると効果的です。
喉の部分を温めて血液循環を良くしてあげると、炎症を回復させるために必要な栄養が喉の粘膜全体に万遍なく行き渡ります。

首の効果的な温め方

「風邪の時にはネギを首に巻くといい」というのを聞いたことがあります。
実際に調べてみたところ、ネギオールという成分の血行促進効果の働きで喉を温められる効果が確認されています。
本当にやったことがある人は確かに喉の痛みが和らいだそうです。

でも、『さすがにニオイが気になる・・・。』という人は、ネックウォーマーやストールを首に巻くだけでOK。
シンプルな方法ですが、随分喉が温まります。
冬場であれば、「タートルネック+貼るカイロ」という組み合わせも効果的です。

喉の痛みを和らげる目的の「ツボ押し」をご紹介します。
初心者でもチャレンジやすいのは以下の2つのツボです。

・天突(てんとつ)
左右の鎖骨に挟まれたくぼみの部分。
3秒を目安にゆっくり押し込むように、やさしく刺激します。
1日に2回くらい行うと効果的です。

・合谷(ごうこく)
親指と人差し指の間にある骨の付け根部分。(手の甲の側)
「万能のツボ」と呼ばれていて、風邪の時の喉の痛みを取るのにも効果的です。
合谷を刺激すると、脳が感じる痛みを緩和する働きを持つ「エンドルフィン」という物質が大量に分泌されます。
少し痛いと感じるくらいの強さで、「3秒押したら3秒休む」というツボ押しを数回繰り返してみましょう。

熱について

人間の体は健康な状態の時は36度程度の体温を保っています。
いわゆる平熱と呼ばれているものです。

しかし、風邪を引いてしまうと平熱よりも高い体温に上昇します。
これにはちゃんと理由があります。
風邪の病原菌は高い体温では活動が鈍くなるので、病原菌の働きを悪くするために脳から「体温を上げろ」という指令が出されるのです。

風邪の発熱

熱が出た時にすぐに解熱剤を飲んで体温を下げようとする人が多いかもしれませんが、風邪の病原菌を早く追い出すためにはあまり望ましくないと言えます。
ただし、自然に体温調節をしながら解熱する方法があるので、ご紹介してみたいと思います。

熱が出た時には、しっかりと着込んで布団に入って睡眠を取るのが一番有効です。
手足を温めるのも良いことなので、湯たんぽや電気あんかなどの暖房器具を使うのも◎
暖かくして睡眠を取ることで汗をかきますが、この時には風邪の病原菌の増殖を抑えることができ、熱が下がりやすくなります。

体温が上がって熱が出ているのに、体がゾクゾクと寒気を感じることがありますよね?
体がゾクゾクするのは免疫力が低下していることを知らせているサインです。
寒気を早く治すためには入浴がおすすめです。
風邪を引いた時にはお風呂に入ってはいけないものだと思っている人がいるかもしれませんが、正しい入浴は寒気を取り除いてくれます。

【入浴のポイント】
・お風呂の温度は41℃
・入浴時間は20分

ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることで体に負担をかけずに体温を上げることができ、体温上昇によって免疫力がアップして寒気が治りやすくなります。

風邪の時の熱は本来、解熱剤によって無理に下げる必要はありません。
でも、高熱が出たり、熱が長引いたりすると、ぐったりして風邪が治りにくくなることがあります。
そこで、高熱(38度以上が目安)が出た場合には、解熱用の座薬を使うと効き目が早くて確かな効果が期待できます。
ただし、座薬は市販されていませんから病院で処方してもらう必要があります。

鼻水について

風邪の初期症状で現れやすい「鼻水」。
原因や対処方法についてまとめてみました。

鼻水が出る原因

空気中に風邪の病原菌となる細菌やウィルスが浮遊していると、呼吸と一緒に鼻から侵入してこようとします。

風邪鼻水

この時に、鼻の粘膜が異物の侵入を防ごうとして、鼻水を出して排出しようとするのです。
言ってみれば、鼻水は天然の洗浄剤のような役割を持っているのです。

鼻水の対処方法

鼻水は風邪を引いた時の防御反応として大切な働きをするものなのですが、ずっと止まらないと鼻をかむのがうっとうしいですよね。
そこで、長引く鼻水の上手な対処方法をご紹介してみたいと思います。

鼻水が出る原因は鼻の中に侵入した細菌やウィルスです。
そこで、すぐにでも鼻水を止めたい時におすすめなのが「鼻うがい」。
鼻の中を生理食塩水で洗浄することで、細菌やウィルスをすばやく排出することができます。
自分で生理食塩水を作って鼻うがいするのも良いですし、ドラッグストアなどに行けば「洗浄器具+専用洗浄液」の市販品が販売されていますよ。

鼻水対処方法

市販のメンソール配合軟膏薬を鼻の下に塗ると鼻水が止まりやすくなるそうです。
風邪の鼻症状に効く民間療法として有名なので、つらい鼻水に試してみてはいかがでしょうか。

「薬なし」で風邪を早く治す

お医者さんに行くと処方される風邪薬ですが、風邪を治すものではないって皆さんは知っていましたか?
これはどういうことかと言うと、一般的に風邪薬と呼ばれているものは、「風邪の諸症状を和らげる成分」の入っているお薬なのです。
つまり、風邪を引いている間のつらさをごまかすようなもので、根本的に治療できるものではないのです。

風邪薬なし

薬を飲まなくても自然と体が治癒に向かったらいいですよね。
そこで、「薬なし」で風邪を早く治癒させることはできないものかと調査してみました。

リンパマッサージ

風邪のウィルスをやっつけるためには、体に備わっている自然治癒力を最大限まで引き出すことがポイント。
体に余計な負担を加えないように自然治癒力を発揮させるのに効果的なのが「リンパマッサージ」。
風邪を引いた時にでも簡単にできるセルフリンパマッサージをご紹介してみます。

リンパマッサージ

経路(けいらく)リンパマッサージ

風邪を引いている時には体が冷えに傾いており、冷えによって自然治癒力が衰えます。
そこで、冷えを改善するリンパ節を気持ち良いと感じる力加減で「揉む、さする」などの基本動作でマッサージしていきます。

・足の裏

足の裏全体を万遍なくもみほぐします。

・ふくらはぎ

足首から膝の裏にかけて、両手で包み込むようもみほぐしながらさすり上げていきます。

・鎖骨

鎖骨のくぼみに沿って、肩から鎖骨の中心に向かってやさしくさすります。

免疫力(抗菌・抗ウィルス)を回復する

風邪を引いて低下した免疫力を回復するのに一番大事なのがしっかり睡眠を取ることです。
夏場でもエアコンは控えめに27度くらいに設定して、薄い掛け布団を掛けて寝ると質の良い睡眠を取ることができます。
冬場は暖房によって室内が乾燥しがちですので、湿度を維持した環境で睡眠を取りましょう。

足湯をして体全体を温めることで白血球の活動が活発なり、細菌やウィルスに対抗するパワーがアップします。

足湯

人間の体は体温が1℃上がると、なんと免疫力が5倍にまで跳ね上がるそうです。
風邪を引いてしまうと免疫力が低下しますから、細菌やウィルスをやっつけるためにも足湯は効果が期待できますね。

風邪を引いた時におすすめの「食べ物」・「食材」

風邪の時は食欲が落ちるものですが、栄養を摂らないと体力も免疫力も回復できません。

風邪の時の食べ物

風邪を引いた時にはたくさん食事を食べる必要はありませんので、治癒力を高める食べ物や食材を上手に活用してみましょう。

風邪に効く栄養素

栄養素の中でも「たんぱく質」は、風邪ウィルスに対抗する作用に優れています。
たんぱく質は免疫が働くのに必要な酵素を持っていますので、風邪を引いてウィルスと戦わなければならない時に必要不可欠なのです。

通常は1日当たり100mgの摂取が望ましいと言われていますが、風邪を引いた時には5,000mg以上摂取するのが理想的です。

ちなみに、「ビタミンC」は体内に貯蔵しておくことが可能な栄養素です。
体内に十分な量を貯蔵しておくと、風邪を引いた時にビタミンCがフルに働いてくれます。
ビタミンCは生命維持に必要な分だけ毎日消費されていますので、サプリメントをなどで普段から効率良く摂取しておくことをおすすめします。

風邪を引いた時に摂取したい食べ物

【たんぱく質を含む食品】
卵、豆腐、鶏ササミ、ツナ缶(ノンオイル) など

たまご

【はちみつ】
・喉の炎症を抑制する効果

【生姜】
・喉の痛みを鎮める効果
・体を温め血行促進して免疫力を高めます。

【大根】
・消炎作用
・喉の腫れを和らげてくれます。

【ねぎ】
・揮発性の成分が炎症を抑えてくれます。

【にんにく】
・「天然の抗生物質」と呼ばれるほどの効力を持っています。

【ハーブ】
エキナセア、ゴールデンシール など

【プロバイオティクス(乳酸菌)】
プロバイオティクス(乳酸菌)は、風邪ウィルスを攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあります。
風邪を引いた時に特におすすめなのが「KW乳酸菌」。
「KW乳酸菌」は、ヨーグルトやサプリメントから摂取することができます。

食事のポイント

・消化の良いものを食べる
風邪を引いている時には胃や腸の働きが悪くなりますので、消化の良い食事が基本となります。
消化作用にかけるエネルギーを体の回復に回すと、それだけ風邪の治りも良くなります。

おかゆ

風邪の時の定番と言えば「おかゆ」。
たまごや生姜を入れたおかゆは、体調が優れない時にも胃に負担をかけずに食べられる栄養満点のレシピです。

・体を温めるものを食べる
体を温めるような食べ物を食べると免疫力がアップして風邪の治りが早くなります。

・糖分の多い食事を避ける
糖分の過剰摂取は風邪ウィルスの活動を助長させるので、できるだけ糖分控えめの食事を心がけましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!