美肌・妊娠・更年期に深く関わっている女性ホルモンのしくみ


女性の場合、生理のサイクル、もしくは加齢の影響によって、気分が落ち込んだり、お肌の調子が悪くなったりすることがあります。
また、普段生活している中で特に意識はしていませんが、女性らしいプロポーションを作ったり、妊娠しやすい体の状態に整えたり、女性ならではの体の変化が起こっています。
これには、「女性ホルモン」が深く関わっています。

女性ホルモンは一生の間に減ったり増えたりを繰り返しながら分泌されており、分泌量のバランスが良いか悪いかによって心身に様々な影響を与えます。
そんな女性ホルモンの仕組みや働きについて詳しく調べてみました。

女性ホルモンとは

女性ホルモンというのは、脳から出される指令によって分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる2種類の体内物質のことです。

女性ホルモンしくみ

この2つの女性ホルモンは子宮内の卵巣から常に分泌されていますが、およそ1ヶ月のサイクルでそれぞれの分泌量が変化しながらバランスを保っています。
このバランスが保たれていることで、体調や精神状態を正常にコントロールできているのです。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンは月経リズムに合わせて一定の周期で分泌量が変化します。
2種類の女性ホルモンの分泌量の変化とともに、その働きを詳しく見ていきましょう。

エストロゲン
通常、健康な女性の場合は、妊娠しやすい子宮の状態に整えるための「排卵期」の直前に最もエストロゲンの分泌量が増えます。
わかりやすく言うと、生理の終わり頃から徐々に分泌量が増えて、排卵が起こる頃に最大量になると考えると良いでしょう。

エストロゲンは子宮の内膜を厚くする働きを持っていて、受精卵が子宮に来た時にしっかり着床する場所を作って妊娠しやすい環境に整えてくれます。

エストロゲン

また、胸やお尻をふっくらさせ、女性特有の丸みを帯びたプロポーションを作る役割も果たします。
その他、自律神経や脳の働きを整える、骨の形成、血行促進といった重要な役割も果たしています。

このように、エストロゲンは心身の健康を保ち、妊娠を準備するためには欠かせないホルモンであることがよくわかります。

プロゲステロン
プロゲステロンは「黄体期」と呼ばれる、排卵後から次の生理が始まるまでの期間にかけて分泌量が増えていきます。
特に排卵後は最も分泌量が多いと考えられています。
プロゲステロンは妊娠や育児に適した体づくりに深く関わっているホルモンです。

プロゲステロン

プロゲステロンは受精卵が着床しやすいように子宮内膜をやわらかい状態に保つ働きを持っています。
また、妊娠が成立すると、体温を高い状態に保ち、妊娠を継続させるのに十分な栄養が子宮内膜に行き渡る様にように働きかけてくれます。
さらに、出産後、赤ちゃんを育てるための母乳が出るように乳腺を発達させる働きもあります。

本来は生理前に分泌量がだんだん減ってきて、妊娠が成立しないと生理が起こって不要になった子宮内膜を体外に排出するという仕組みになっています。
ただし、妊娠が成立した場合には分泌量が増えている状態が続きます。
これは、先ほども述べたように、妊娠を維持し、出産後の育児ための体を作る準備をしていると考えて良いでしょう。

女性ホルモンのバランスが狂うとどうなるの?

まず、女性ホルモンをコントロールする司令塔となっているのが脳の視床下部と下垂体という部分です。
視床下部と下垂体から性腺刺激ホルモンという物質を分泌するように指令が出されると、子宮の卵巣の働きが活発になります。
そして、このような過程を経て2種類の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が卵巣から分泌されるのです。
性腺刺激ホルモンが分泌されないと卵巣が上手く働かず、女性ホルモンも分泌されません。
つまり、女性ホルモンを分泌するために、(視床下部→下垂体→卵巣)というように連携して働いているということなのです。

通常、健康な体の状態であれば自然に女性ホルモンがバランス良く分泌されますが、脳や子宮のどこかに異常があると女性ホルモンの分泌のバランスが狂ってしまいます。

女性ホルモンバランス

女性ホルモンの分泌のバランスが保たれていることで、体温、自律神経、免疫、食欲、睡眠などの体の働きがきちんと調整できるようになっています。
ですから、何らかの原因によって女性ホルモンの分泌のバランスが狂ってしまうと、体調不良や精神面に障害が起こる可能性があるのです。

嫌なことや辛いことが重なってストレスを強く感じると、女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳が影響を受けます。

女性ホルモンの分泌

また、過労も肉体的なストレスになりますので、同様に脳が影響を受けます。
その結果として卵巣の動きが低下し、女性ホルモンの分泌に異常を来します。

急激に体重が減ったり、栄養失調の状態になったりすると、女性ホルモンを分泌するように脳から指令が出なくなります。
これは、女性ホルモンの分泌よりも生命の危機から体を守ることを優先するためです。

肥満になると過剰な脂肪組織が男性ホルモンを女性ホルモンのエストロゲンに変えてしまうという現象が起こります。

肥満

通常は生理周期に合わせて増えたり減ったりを繰り返すわけですが、肥満だとエストロゲンに晒されている状態が常に続いているような状態に陥ります。

年を取って更年期に差し掛かると卵巣の機能が低下するので、脳からの指令を受けても卵巣からエストロゲンを十分に分泌できなくなります。
エストロゲンは自律神経や脳の働きをコントロールしていますので、心身に様々な異常が表れます。

女性ホルモンが減ると起こる体の変化

女性の体内でも男性ホルモンは生成されているのですが、普段は適度な量を保っています。
しかし、女性ホルモンが減ると男性ホルモンが増えるという現象が起こります。
男性ホルモンが増えてくるとどうなるのかというと、皮脂が増えたり、体毛が濃くなったりします。
ニキビや吹き出物ができやすくなり、女性なのにヒゲが生えてくるなんていうこともあります。

女性ホルモンが減る

また、生理不順や排卵障害が起こり不妊につながることもありますので、妊娠を考えている方は特に注意が必要です。

あと、更年期以降はエストロゲンの分泌量が急激に減少する傾向が見られ、骨粗しょう症や動脈硬化などの病気にかかりやすくなります。
さらに、頭痛、動悸、肩こり、ほてり、発汗、イライラ、うつなど、いわゆる「更年期障害」と呼ばれる症状が出てくるのは、エストロゲンが減少することの影響と考えられています。

女性ホルモンは増えすぎても良くない!?

エストロゲンが増えすぎると無排卵になり、不妊につながる生殖機能の低下が起こることがあります。
また、子宮筋腫、乳腺症、子宮内膜症、乳がん、卵巣がん、子宮体がんのリスクを高めると考えられています。
エストロゲンは肥満症の方や出産経験がない方に分泌が過剰な傾向が見られます。
生理があっても無排卵であるケースもありますし、大きな病気につながるリスクを軽減するためにも、不安な方は一度婦人科でエストロゲンの値を調べてみてはいかがでしょうか。

女性ホルモンとお肌の関係

女性ホルモンは“女性らしさ”の象徴とも言えるものですが、お肌のコンディションにも関係しています。
女性ホルモンの「エストロゲン」はお肌のコラーゲンやエラスチンの合成を促進して、ハリを保つ働きを持っています。
生理が終わってから排卵まではエストロゲンがたくさん分泌されますので、この期間はお肌のコンディションが安定しています。

一方、もうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン」は皮脂の分泌を促進する働きがあります。
排卵から次の生理まではプロゲステロンがたくさん分泌されますので、皮脂の分泌が過剰になりやすい期間と言えます。
ですから、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起きやすいと言えるでしょう。

女性ホルモン周期

エストロゲンとプロゲステロンはおよそ1ヶ月のサイクルで増えたり減ったりするものですので、それに伴ってお肌の変化を感じられるはずです。
比較的お肌の調子が良いエストロゲンの分泌が多い時には美肌になれるチャンスです!
ちょうど生理が終わってからが目安となりますので、スキンケアやエステなどでお肌に磨きをかけてみるのもいいかもしれませんね。

女性ホルモンのバランスを安定させるためには?

女性ホルモンのバランスを安定させるために普段の生活の中でできることがあります。
無理をしないで毎日続けることができそうなことから、まずは始めてみてはいかがでしょうか。

・大豆イソフラボン
更年期に入って足りなくなる女性ホルモン(エストロゲン)を補給するのに適している栄養素です。
豆腐や納豆、豆乳といった大豆製品全般に含まれています。

・ビタミンB6
エストロゲンの代謝に欠かせない栄養素です。
肥満症の方や出産経験がない方でエストロゲンの値が高い方におすすめです。
マグロ、鮭、サンマ、イワシ、バナナなどに多く含まれています。

・ビタミンE
血行を促進して女性ホルモンの分泌をバランス良く保ってくれる栄養素です。
アーモンドやナッツ類から摂取するのがおすすめです。

女性ホルモンの分泌は脳からの指令と自律神経の安定によってバランスが取れるものです。
適度な運動をするとリフレッシュできるので、乱れた自律神経や脳の働きが正常に戻りやすくなり、卵巣からのホルモン分泌を正常に保ちやすくなると言われています。

女性ホルモンの安定

また、子宮を守っている骨盤のストレッチも効果的です。
仰向けになって膝を立て、左右に揺らすだけの簡単ストレッチでOK。
卵巣の働きが良くなり、分泌される女性ホルモンを安定させる効果が期待できます。

直接女性ホルモンの分泌をコントロールするのではありませんが、ホルモンバランスが悪くなっている原因を取り除いて、結果的にホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できるのが漢方薬です。

漢方の考えでは、血の巡りの悪さや体の冷え、ストレスなどに大きく影響を受け、女性ホルモンの分泌が狂ってしまうとされています。
そこで、血を巡らせ、冷えやストレスを緩和することで女性ホルモンの分泌を整えていこうというのが漢方薬の役割なのです。

漢方

特に婦人科系のお悩みに効く漢方薬をご紹介してみます。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血行促進効果があり、月経不順や経困難症、不妊、貧血などの改善薬として使用すると良いとされています。
体に不調の症状が出やすい虚弱体質の方に合う漢方薬です。
PMS(月経前症候群)の症状にも効きますので、生理前のイライラや肌荒れに悩まされている方にはおすすめです。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)

更年期に伴う女性ホルモンの乱れを改善するのに適している漢方薬です。
血行障害を改善することで、月経困難、貧血、抑うつなどの改善薬として使用すると良いとされています。
自律神経を整える効果もありますので、生理前、更年期、出産といった女性ホルモンの変動による精神不安を緩和するのにも最適です。

・温経湯(うんけいとう)

女性ホルモンの分泌が低下しているときは促進し、過剰な場合は抑える働きがある漢方薬です。
月経不順、月経困難、おりものの異常、更年期障害などの改善薬として使用すると良いとされています。
血流を促進して体を温める効果もあり、冷えを改善しながら生理痛を緩和するのにも役立ちます。

このように、漢方薬は女性特有のお悩みをケアするのにピッタリのアイテムであることがよくわかります。
漢方薬は一般的な薬とは違って、植物の実や種子、根っこなどを乾燥させた自然の素材ですから、体にも負担がかからないところが魅力です。
漢方薬は病院で処方してもらうことができますし、専門店や薬局で購入することも可能です。

処方

医師から診療して漢方薬を処方してもらえば、安心且つ、保険が効くので負担が少なくなるというメリットがあります。
自分で購入すれば、気軽に漢方を試すことができるところが魅力です。
ただし、自分の体質と症状に合ったものを見極めないと大きな効果を得にくいので、慎重に選ぶ必要があります。

心を癒すアロマテラピーには、実は女性ホルモンのバランスを安定させる効果が期待されています。
アロマの中ではクラリセージやスクラレオールが代表的です。
香りを嗅ぐことで女性ホルモンの分泌バランスを整えると言われていて、植物由来の女性ホルモンとしてもよく知られています。

アロマテラピー

アロマテラピーは鎮静効果もありますので、生理前のイライラや更年期の症状にも効き目があります。
生理周期や年齢によるお悩みがある方は、毎日の生活に取り入れてみると良いでしょう。

生活習慣や体質、年齢のせいで必要な女性ホルモンが分泌されなくなったり、バランスが狂ってしまったりすると、生理痛や月経不順、イライラといった様々な症状が表れます。
そこで、月経トラブルや更年期特有の症状への対策としてサプリメントを摂取する方が増えています。

サプリメント

毎日飲むだけで、体内で女性ホルモンに似た働きをしたり、ホルモンバランスを整えたりする効果が期待できると言います。
ドラッグストアや通販で購入できるおすすめのサプリメントについてまとめてみましたので、女性の健康を守ってくれる最新の対策として役立ててみましょう。

・プラセンタ
血行促進や新陳代謝を高める働きがあり、女性ホルモンの分泌を正常に保つ効果が期待できます。
月経不順・更年期障害・冷えなどの改善が期待できます。
6ヶ月以上の服用でお肌にハリが出たり、くすみが取れたりしている方もいらっしゃいますので、アンチエイジングや美白ケアにも最適なサプリメントと言われています。

・マカ
ホルモンバランスを正常化する働きを持つハーブです。
マカを摂取することでエストロゲンが作用して、生理痛、更年期障害、不妊症の改善が期待できます。
妊活サプリメントとして人気がありますが、エストロゲンが急激に減ってくる更年期以降の心身の健康維持のためにも役立ちます。

・プエラリア
女性ホルモンに似た働きを持つ植物性エストロゲンと植物性イソフラボンの含有量が非常に多いマメ科の植物です。
女性ホルモンを増やす効果や自律神経を整える効果があると言われていて、月経不順、生理痛、更年期障害の改善が期待できます。
また、女性らしさを保つ働きもあり、バストアップやお肌のハリ・ツヤが良くなるなどの美肌にも有効です。

・レッドクローバー
女性ホルモンのエストロゲン作用を持つイソフラボンが豊富に含まれているハーブの一種です。

サプリメント効果

ホルモンバランスを調節し、生理前のイライラや肌荒れ予防、更年期症状の緩和といった効果が期待できます。
最近ではバストアップのサプリメントとしても有名です。

・ブラックコホシュ
女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするハーブの一種です。
月経不順やPMS (月経前症候群)、更年期障害の改善に効果があります。
骨密度を保つ働きもありますので、骨粗しょう症の予防にも効果的です。

・エクオール
女性ホルモンに似た働きをする成分です。
ホルモン治療に匹敵するほど強力な効果があると言われていて、更年期障害や PMS(月経前症候群)の緩和が期待できます。
カルシウムの体内吸収を高める作用もありますので、骨粗しょう症予防にも有効です。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!