アンチエイジングとやせ体質になるための基本。自律神経との付き合い方


みなさんは、理由もなくイライラしたり、食欲がなくなったり、時にはめまいや頭痛が起こるなど、病気でもないのに体調が優れないといった経験があるでしょうか?
また、ストレスや緊張、うれしさや怒りによって、心臓がドキドキしたり、血圧が急上昇したり、精神面と身体面の変化を同時に感じるような不思議な感覚を味わったことがあるはずです。
実はこのような現象には「自律神経」というものが深く関わっています。

自律神経とは

自律神経というのは、私たち人間が生きていく上で必要な心身の機能を無意識にコントロールしている神経のことです。

自律神経

呼吸、消化、発汗、体温調節、内分泌機能、循環といった体の機能は意識していないのに自動的にはたらいています。
起きている時も寝ている時も酸素を吸って息をしていますし、食事をすれば胃が消化して腸が栄養を吸収してくれますし、これらのはたらきはすべて自律神経が調節してくれているのです。

自律神経のはたらき

それでは、自律神経のはたらきについて詳しく見ていくことにします。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。

体と心を活発にはたらかせるための神経です。
運動、緊張、興奮、緊張、危機感、恐怖感などの状況に置かれている場面で反応して様々な変化をもたらします。
交感神経がはたらいている状態では、瞳孔を開いたり、血圧を上昇させたり、心臓の鼓動が早くなったり、血管が収縮したりする現象が起こります。

ストレスを受けていると感じる時にはたらき、体を興奮状態にさせる神経ですので、あまりはたらき過ぎるのも良くありません。
必要以上に交感神経がはたらいてしまうと、心身に悪影響を及ぼす様々な症状が現われます。

心身を落ち着かせ、リラックス状態に導いてくれる神経です。
交感神経とは全く逆のはたらきをする神経と考えて良いでしょう。

休息している時、睡眠中、食事中など、体を安静にしてゆったりしている時にはたらきます。
体の機能を回復させるための神経ですので、副交感神経のはたらきが低下すると体調を崩しやすくなります。

交感神経がはたらいている時には副交感神経は休んでおり、その逆に、副交感神経がはたらいている時には交感神経は休んでいます。
私たちが心身の状態を健康に保つためには、どちらか一方が優位になってはダメで、両方がバランス良くはたらく必要があります。

私たちが毎日の生活の中で正常な自律神経のはたらきを保つためには、場面に応じて交感神経と副交感神経を上手に切り替えられることが理想的です。

人間の体は基本的に、睡眠中は副交感神経が優位にはたらき、朝起床すると自動的に交感神経に切り替わるようになっています。
しかし、人によっては交感神経への切り替えがスムーズにできず、だるさが残っていたり、頭がボーっとした状態のままだったりすることがあります。
それでは、交感神経への切り替えがスムーズにできるようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?

睡眠中に休んでいた脳と内臓のはたらきを活発にするのが効果的なのですが、朝食を食べることが重要な役割を果たします。
食べ物を食べると消化された栄養が内臓で吸収されますので、内臓のはたらきが活発になります。
しかも、消化される過程でブドウ糖に変換される時に脳が覚醒します。
つまり、朝食を食べると脳と内臓を同時に活性化できるというメリットがあるということなのです。
一日のエネルギーを生み出すだけではなく、副交感神経から交感神経への切り替えがスムーズにできるようにするために朝食は欠かせないものだということがよくわかりますね。

また、季節の変化に伴って副交感神経と交感神経のバランスは影響を受けます。
春と夏は交感神経が優位になりやすく、秋と冬は副交感神経が優位になりやすいと言われています。
ですから、自律神経の切り替えが上手くいかないと、季節の変わり目に体調を崩しやすくなることがあります。

自律神経の乱れ

一年を通して特に注意が必要なのは秋です。
中でも、気温や日照時間が急激に変化しやすい9月頃は要注意。
涼しくなって過ごしやすい時期なので問題なさそうなのですが、実は副交感神経と交感神経のバランスが最も乱れやすいのです。
なんだか疲れやすい、風邪を引いてしまう、イライラ、鬱っぽいなど、心身共に不調の引き金になり兼ねません。
そこで、季節の変わり目におすすめの自律神経の整え方をご紹介してみたいと思います。

自律神経が乱れると体温調節が上手くできなくなり、体温が下がると共に免疫力が低下します。
それに、夏の間に冷房のせいで血行不良による冷えや、夏場は冷たい物ばかりを食べていて胃腸が冷えを起こして弱っている可能性があります。
そこで、意識的に体を温めることを心がけてみましょう。

最も効果的なのは、就寝前にぬるめのお風呂に浸かってじっくりと温まることです。
ポイントとなるのは“ぬるめのお風呂”ということ。
37℃~40℃くらいのお湯だと、体がストレスを感じることなく副交感神経を優位にでき、弱っている状態から回復しやすくなるのです。

自律神経整え方

また、マッサージもおすすめです。
急激に温度差が生じる季節を迎えると、筋肉が凝り固まって血流やリンパの流れが悪くなります。
そこで、マッサージによって筋肉の凝りをほぐしてあげると、体温調節機能が向上し、低下している体温を正常に保ちやすくなります。
マッサージすると気持ち良く感じるのは副交感神経を優位になっている証拠です。
先ほど挙げたぬるめのお風呂に入浴中のマッサージもおすすめ。
相乗効果が期待できますので、秋の自律神経の調節のために実践してみてはいかがでしょうか。

アンチエイジングに効果的な自律神経の整え方

自律神経が乱れていると老化が促進すると言われています。
いつまでも若々しく過ごすためには、自律神経をしっかりと整えていくことが重要です。

人間の体の司令塔となっている脳は、睡眠によって自律神経を整えることができます。
そこで、規則正しい時間に就寝することが大切になってきます。
午前零時までに就寝して8時間の睡眠を取り、朝起床するのが理想的です。

アンチエイジング

深い眠りに入ると脳が回復し、朝起きた時に副交感神経から交感神経にスムーズに切り替わります。
スッキリした気分で朝を迎えることができていれば、脳が回復している証拠です。
質の良い睡眠は脳の機能を回復させ、健康な状態を保つのには欠かせません。
規則正しい睡眠を心がけている方は、認知症のリスクも低いと言われています。

お肌のアンチエイジングというとスキンケアによるお手入れが基本となりますが、自律神経を整えることも美肌を保つのに効果的です。

老化に負けない美肌を保つためには、食べ物によって自律神経を整えるのが有効です。
自律神経を整える食べ物は、発酵食品や食物繊維が豊富な食べ物です。

年を取ってくると筋力の低下により腸のはたらきが悪くなったり、新陳代謝の低下によってお肌のターンオーバーが乱れたりしてきます。
腸内に溜まった老廃物が肌荒れを起こしたり、お肌に溜まった古い角質がシミやくすみを発生させたり、老け顔を作り出す原因となります。
そこで、ヨーグルトや納豆などのお肌に良い発酵食品の摂取を心がけてみましょう。
発酵食品には酵素が多く含まれており、腸内環境を正常に保ち、新陳代謝や免疫力を向上させる働きがあります。

また、食物繊維が多い食べ物を食べると副交感神経が優位になると言われています。
これは、消化に時間がかかる食物繊維が腸の動きを活発にし、食事の際にリラックスできる効果を高めることにつながります。
食事の際のリラックス効果は栄養の吸収を促進し、お肌の状態も良くしてくれます。
自分の好みの食べ物を食べた時にも副交感神経が優位になりますが、スイーツやジャンクフードなどでは栄養バランスが悪く、余分な糖分や脂肪分がお肌の老化を促進することになり兼ねません。
ですから、できるだけ体に負担のかからない食物繊維たっぷりの食べ物を食べることをおすすめしたいのです。
例えば、玄米や雑穀米、海藻、きのこ類、根菜類などの食材がアンチエイジングには効果的です。

雑穀

その他、体を温めてくれる食べ物も自律神経を整えるのに有効です。
特に、生姜、ねぎ、とうがらし、かぼちゃ、豆類などの食材がおすすめです。
これらを食べることで血行促進され、加齢によって冷えに傾いていた体の代謝がアップします。
もちろん、お肌の新陳代謝も高まり、肌細胞をどんどん新しいものに生まれ変わらせてくれると言われています。

衰える運動機能、筋肉や骨密度などに影響を与えているのも自律神経で、加齢による体の不調とも密接に関わっています。
加齢とともに脳内の血流が減少すると、脳内のホルモンバランスが崩れてしまいます。
その結果どうなるかというと、運動機能をコントロールしている筋肉に上手く指令が出せなくなったり、骨密度を保つホルモンの分泌が減ったりします。
平らな道でつまずいたり、体の節々に痛みが起こったり、若い時にはなかった体の症状はありませんか?
もしかしたら、年を取ったせいで自律神経の切り替えが上手くいかなくなっているかもしれません。

それでは、どうすれば良いのでしょうか?
最も効果的なのは軽い運動です。
軽い運動を行うと交感神経が優位になり、心臓から全身に血液を送り出され、脳への血流がアップし、自律神経が整ってくるのです。
心臓や脳を活動の状態にすることができれば良いので、激しい運動をする必要はありません。
ウォーキングなど無理なく続けられる運動を、毎日30分程度を目安に取り入れてみることをおすすめします。

ダイエットに効く自律神経の整え方

自律神経を上手に整えることで、無理な食事制限や激しい運動をしなくてもやせやすい体を手に入れることができるかもしれません。

太りやすいのは交感神経のせい!?

本来、交感神経は体の活動を活発にしてくれるので、よくはたらくほどやせやすいような気がしますよね?
でも、交感神経が優位な状態が続いて自律神経のバランスが乱れると、食事をした時にエネルギーに変えるための代謝が上手く行われず、脂肪として体内に溜め込みやすくなってしまいます。
ですから、食事をした後にはすみやかに副交感神経へと切り替えるのがダイエットに効果的です。

そこで、誰でも簡単にできる自律神経を利用したダイエットトレーニングをご紹介してみたいと思います。
背筋をピンと伸ばし、つま先立ちをして、その状態からかかとを下して一気に脱力します。
目いっぱい背伸びをして、ダラーンと体全体の力を抜くようなイメージです。
このような動作を8回くらい繰り返すことで、食後に交感神経から副交感神経に上手く切り替わり、無駄な脂肪が体に溜まらず、エネルギーとして使われやすくなります。
エネルギーを効率良く消費できるように、消化と吸収が促進しはじめる食後約30分程度に行うのが良いでしょう。

代謝アップには交感神経を優位にしよう!

運動を取り入れてダイエットに挑戦したいという方は、交感神経を優位にするのが効果的です。
そこで、運動前にやると代謝がアップする簡単なストレッチをご紹介してみます。

ダイエット

両手の手首を交差してひじを伸ばし、耳を挟むように頭の上まで腕を上げます。
そして、背筋をピンと伸ばし、わき腹を意識しながら上半身を回転させます。
特に回数は決まっていませんが、体がポカポカと温まってくるのを感じられるくらいまで繰り返すのがベストです。
だいたい、3分くらい続けるとちょうど良いと思います。
このようなストレッチを行うことによって全身の血流が促進して代謝がアップするので、運動した時の消費エネルギーが増えてやせやすくなると考えられています。

自律神経が乱れている方は基礎代謝が低下する傾向が見られますので、やせにくい体質になっているかもしれません。
ストレッチ程度でも毎日続けていると、徐々に自律神経が整ってきて代謝がアップします。
自律神経を整えて、太る原因を改善していきましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!