寒い時期につらい足の冷え。メカニズムと原因を徹底解明


寒い季節になると足が冷えてしまってなかなか眠れない、感覚がないほど冷たくなって毎年しもやけになってしまう・・・と足の冷えに悩まされる人は少なくありませんね。

足の冷え

もしかしたら、それは手足や足先だけが冷たくなる「末端冷え性」かも。
「末端冷え性」は毎日のちょっとしたエクササイズや注意で改善することができますよ。

それでは足の冷えのメカニズムと治す方法を見ていきましょう。

ちなみに、今回ご説明する上で
・「足」は「くるぶしから先の部分」
・「脚」は「全体」

という意味でご紹介するのでご注意ください。

末端冷え性のメカニズム

◆足は二の次?

足の冷えは、足だけの問題ではありません。

人間が生きていくうえで確実に守らなければならないのは内臓や脳です。
とりまく環境が寒くなり、体が危機にさらされるとまず真っ先にこれらの場所を守ろうと血液が多く送られ、あたためようと働きます。
つまり、足は内臓や脳の次に回されるため、寒くなると送られる血液量が自然と減ってしまいます。

このように寒い時期には誰でも冷え性になりやすいのです。

◆筋力不足がさらに冷えを促進

ですが、しっかりと送られた血液を循環させることができれば通常は足が冷えることはありません。
なぜ足が冷えてしまうかというと、ふくらはぎや足そのものの筋力不足が原因です。

足は心臓から最も離れた位置にありますね。
心臓から動脈を通って送り出された血液が脚まで巡り、足までたどり着きます。
そして、歩行等の足の筋肉を動かすことでポンプの作用をして重力に逆らって静脈を通って心臓まで戻されます。

ですが、普段からあまり歩かないという方はふくらはぎをはじめとした脚の筋肉が衰えていますし、足の筋肉も硬い靴や靴下の重ね履きで動かしにくくなることで血行が悪くなる上に筋肉が退化してしまいます。

このように脚の筋肉(ふくらはぎ・足)が衰えていると、しっかりとポンプの働きをすることができず、冷えやむくみをもたらしてしまいます。

◆毛細血管が退化

また、それだけではありません。

足の冷えの原因

足が冷えるからと何枚も靴下を重ね履きしたり、カイロやホットカーペットなどで外から温めることを繰り返していると、足の毛細血管がどんどん細くなり退化してしまいます。

面白いもので、人間の体は使わない機能や器官は「必要ない」と判断してしっかり働かなくなってしまうようになっています。
足の毛細血管も同様に「自分で冷やさなくても、外から温めてくれるなら頑張らなくてもいいや!」とどんどん細くなり、さらに冷えを促進してしまうのです。

間違った冷え性対策を改善

◆重ね履きし過ぎ&きつい靴
冬になると何枚も靴下を重ね履きしていたり、足をがっちりホールドされている固い靴やブーツなどを履いて寒さからガードするのは間違い。
足が自由に動かせないとさらに足の筋肉が凝り、血行も悪くなり、足の筋力も低下してしまいます。

足の指でピアノを弾ける方もいらっしゃるように、足の指も手の指くらい器用に動かすことは不可能ではありません。
そこまで出来なくても、普段から足の指を意識しておくことで、足の指やそこにつながる足の甲・足裏の筋肉も鍛えることができます。
筋肉が付けばポンプ作用も十分機能しますし、毛細血管もしっかり隅々まで張り巡らされ、足先から自分の力で十分温めることができるようになります。

足の冷えの改善

仕事などの都合で靴を選べない、おしゃれのために履きたい靴があるという方は、自宅に居る間などだけでも良いので重ね履きをしないで足の指などが自由に動かせるようにしておきましょう。

◆他力で温めすぎ
ホットカーペットやカイロなどを足に当てておくとじんわりあたたまって気持ちが良いですね。
ですが、外から温められることに慣れてしまう体は、上記でもご紹介した通り、怠け癖がついて自分で温めようとする機能が衰えてきてしまいます。

足が寒いからすぐに温かくなる器具を使って外から熱を与えるのはなるべく避け、自分で足裏マッサージをして血行を促進するようにしたり、歩いて足を刺激するなどの方法で、可能な限り自分の力で足を温めるようにしましょう。

今すぐ始めたい冷え性対策

ポンプの作用をする足の筋肉を付けるためにおすすめの簡単エクササイズをご紹介します。

冷え性対策

まずは「ゴルフボールを使ったエクササイズ」です。
やり方はとっても簡単。
お風呂上りなど体が温まり血行が良くなっているときに、ゴルフボールの上に足裏をのせてごろごろさせるだけ。

固い靴でぎゅっと締め付けられ凝っていた筋肉がほぐれるだけでなく、足裏にあるツボも適度に刺激し、さらに血行を良くすることができます。
仕事中やテレビを見ながらでもできるので、ぜひすぐにチャレンジ!
冷たいゴルフボールでは足がびっくりしてしまうので事前に温めておくとさらに効果もアップ。

また、「タオルを使ったエクササイズ」もオススメ。
床の上にタオルを敷き、足をのせて足指を使ってぎゅっぎゅっとタオルを掴みます。
足指の筋肉を鍛えることができる上に、足の裏の筋肉も使うので、続けることで確実に足の筋力アップに役立ちます。
最初はちょっと疲れますが、慣れてくると足の指をバラバラに動かすなどステップアップさせていきましょう。

上記のエクササイズをした後は、軽くマッサージしておくと足の疲れを残しません。

足だけでなくふくらはぎ等の脚の筋肉も鍛えるとさらに効果アップ

ふくらはぎの筋肉を鍛えるには「かかとの上げ下げエクササイズ」が効果的です。
まず、足を肩幅くらいに開いて姿勢よく立ちましょう。
それから、両足のかかとの上げ下げを20回1セットで行うだけです。
これなら仕事の空き時間、移動中、家事の最中でも気が付いたときにできるのでぜひ今すぐ始めてみましょう。

ほかにもエレベーターやエスカレーターを使わず階段を使う、近所の買い物は車を使わず歩いていくなど、常に歩くように心がけることも重要です。

寒い時期にはやはり温かい食べ物で体の中から温めることも大事なことです。
ですが同時に、ドロドロ血液は血行をさらに悪くしてしまうため、血液をサラサラにする料理を摂ることも冷え性改善には重要です。

血液をサラサラにしてくれる食べ物として、赤血球や血小板に作用して血液サラサラにしてくれるDHAやEPAを豊富に含むイワシ、アジ、サバ、サンマ、カツオ、ブリなどの青魚、血栓を溶かすナットウキナーゼを含む納豆、コレステロールや血糖値を下げるβグルカンを含むきのこ類、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な野菜、カテキンなどが豊富な緑茶や麦茶等を積極的に食べるようにしましょう。

血行促進のためにマッサージをするのもおすすめです。
足の裏を親指を使ってぐっぐっと押すのも良いのですが、足の指をつまんでぐにぐにとマッサ―ジするのも効果的。

冷え性改善マッサージ

さらに、足から上に向かってリンパを流すように揉み上げていくと、老廃物の排出にも役立ってむくみ防止にもききます。
テレビを見ながら足を持って足首をぐるぐる回すのも、滞った血行をスムーズに流し、筋肉のストレッチにもなっていいですよ。

まとめ

寒い時期になると足の冷えのために毎日が憂鬱という方は、ぜひ上記の方法をお試ししてみてくださいね。

足の過保護すぎる保温を止め、筋力を鍛え、体を冷やさずサラサラの血液にする食事など冷え知らずの体作りができれば、何枚も重ね履きしたり、あたためなくても自力で足先まで温かくできるはずです。

今から始めれば今年の冬には十分間に合います。
ぜひ今すぐ始めてみてはいかがでしょうか。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!