トランス脂肪酸とは?含まれる食品や摂取する事の害について。


近に潜む恐ろしい危険!トランス脂肪酸のリスクと回避方法

最近、注目を浴びているキーワードの一つといえば「トランス脂肪酸」ですね。

アメリカ食品医薬品局(FDA)が2018年6月までに「トランス脂肪酸」を「安全と認められない」として食品添加物から全廃する方針を決定したと発表して以来、日本でも「トランス脂肪酸」に関する意識が高まっています。

なぜここまで「トランス脂肪酸」が危険視されるのか、その摂取によるリスクと避ける方法をご紹介します。

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸が及ぼす害について

肥満
水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物のトランス脂肪酸が健康に及ぼす害については以前から指摘されていました。

それを受けてアメリカは、いちはやく商品へのトランス脂肪酸の表示義務化などを行っていましたが、今回はさらに進めて全面的に使わないよう決定したのです。

なぜそこまでアメリカがトランス脂肪酸の徹底的な排除を決めたのか?
それはアメリカの国民病ともいわれる肥満に大きく関係しています。

血中の中性脂肪を増やすトランス脂肪酸によって肥満になりやすくなり、高血圧や糖尿病を引き起こします。

さらに、自然界にはもともと存在しないトランス脂肪酸が体内に多量に取り込まれると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ血液をドロドロにし、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高めると言われています。

アメリカでは今回の規制で「冠動脈疾患を減らし、毎年数千の致命的な心臓発作を防ぐことが期待される」としていることからも、トランス脂肪酸が人体に及ぼす悪影響の大きさがわかりますね。

トランス脂肪酸の恐ろしさはそれだけではありません。
子宮内膜症や不妊症など婦人科系疾患、がん、アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそく・アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、認知症のリスク要因になるとも考えられています。

さらに、あまり知られていませんが、ジャンクフードに含まれる多量のトランス脂肪酸の摂取によって、イライラやうつ傾向に悩まされる人も増えていると言われています。

うつっぽい女性

日本の対応は?

これだけハイリスクなトランス脂肪酸について、アメリカだけでなくデンマークやスイス、オーストリア、カナダ、シンガポールなどもトランス脂肪酸の含有量規制を行っています。
ですが、韓国や台湾、中国や香港でもトランス脂肪酸の表示義務があるのに、未だに日本ではトランス脂肪酸の表示すらありません。

その理由として、欧米人に比べて日本人はトランス脂肪酸の摂取量が少なく、トランス脂肪酸の害を抑えるオレイン酸の摂取量が多いから、としています。

2008年に行われた農林水産省の調査によると、日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は総エネルギー摂取量の約0.5%となっています。
WHO(国連世界保健機関)やFAO(国連食糧農業機関)の合同専門家協議会報告書の提唱ではエネルギー比でトランス脂肪酸の摂取は1%未満となっていることを考えても確かに低いことが言えます。

ですが、上記の調査からすでに何年も経ちますし、さらに食の欧米化が進む日本で同じことが言えるのかどうかは疑問が残りますね。

 
「狂った脂肪」「食べるプラスチック」とまで言われるマーガリンを始め、人体に悪影響を及ぼすトランス脂肪酸を、知らない間に、どれだけ摂取しているかも知らずに日本では食べているという現状は恐ろしいですね。

まずはトランス脂肪酸の含有量の表示を義務化させ、消費者自身が選択できる環境を作ることが今後期待されます。

トランス脂肪酸が含まれる食品

トランス脂肪酸を含む食品は日常生活に溢れています。

トランス脂肪酸を最も含む食品

マーガリンが最大で13%
普段食べているお菓子
パン
インスタント食品
冷凍食品
カレーやシチューのルー
コーヒーフレッシュ
マヨネーズ

などにもトランス脂肪酸は含まれています。

上記でご紹介した通り、日本ではトランス脂肪酸の表示義務がないため、一見してはわかりません。

ですが、材料名を見て危険のあるものを避けることはできます。

そのポイントとして、

・材料表示に「マーガリン」「ショートニング」「ファットスプレッド」が入っているものを避ける
・「植物油」「植物性油脂」「植物油脂」「加工油脂」と記載されているものを避ける
・ファストフードやファミリーレストランの利用を控える
・洋菓子よりは和菓子にする

などが挙げられます。
 
そして自宅での調理にも注意が必要です。
ハンバーガー
まず、トランス脂肪酸が多く含まれる使用した揚げ油などを何度も使わない、トランス脂肪酸をふくまない油を調理に使うなどの方法もおすすめです。

具体的には、「オレイン酸」や「リノレン酸」を多く含むエキストラバージンオリーブオイルやキャノーラ油(なたね油)、ピーナッツ油などの使用が安心です。

ただし上記の方法だけで全てのトランス脂肪酸をカットするのは事実上不可能です。
さらに、お子さんがいるご家庭では、おやつや揚げ物などがリクエストされることも多いので、さらに心労も絶えないことでしょう。

ですが、過敏に神経質になってストレスを感じるのは別の意味で逆効果。
たまに食べる分には問題ありませんので、「ある程度は仕方ない」と受け入れることも大事です。
普段から食品の成分のチェックや食生活の見直しをするだけでも、トランス脂肪酸の摂取をかなり低減させることができるので大丈夫ですよ。

食べ物だけじゃない?気を付けたいトランス脂肪酸を含む製品

オイル
トランス脂肪酸というとマーガリンをはじめとした食品のイメージが強いものですが、実は女性に欠かせない化粧品や石鹸、マッサージオイルなどにも含まれていることもあるのです。

油を使った化粧品やマッサージオイルは肌から吸収されるため、直接口にいれないとしても大丈夫とは言い切れません。
とくにスキンケアやメイクを毎日行う女性にとっては、要注意。
きれいになるためにしていることが逆に健康を阻害しているかもしれません。
 
成分に油が配合されている製品を選ぶときには、信頼できる製造メーカーのものを選ぶようにすることも大事ですよ。 

日本でも少しずつ変化が?

知れば知るほど人体に与える害について恐ろしくなるトランス脂肪酸。
それなのに規制すらないという現状がさらに怖いですね。

外食に関しては、ファストフードやファミレスの多くは今も調理油の変更はしていません。
マクドナルドは、規制がされているアメリカ国内で使う油はトランス脂肪酸が含まれないものに変更していますが、規制のない日本で使用する油はいまだに変更していません。

ですが、最近ではトランス脂肪酸の危険性への認知度が高まった結果、ミスタードーナツやセブンイレブンなど企業によっては自主的にトランス脂肪酸の使用を停止・低減する方針に転換しているところも徐々にですが増えています。

こういった方針転換をする企業を支持することでも、さらにトランス脂肪酸排除の動きが日本でも増えると良いですね。

以上、トランス脂肪酸のリスクと避ける方法をご紹介しました。

自分や家族の体を守り管理できるのは自分です。
安いから、簡単だから、便利だからというだけで商品や食事を選ぶことで、知らない間に大量のトランス脂肪酸を取り込んでいる可能性は否めません。

トランス脂肪酸によるリスクを防ぐには、日ごろから食べ物等に対する意識を高め、自分自身で取捨選択することが大事ですよ。
 


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!