糖化肌・体の糖化とは?体の内側からの老いに注意!


糖化とは肌のハリが減り弾力性が失われ、シワやシミが増える事を一般的に言います。
細かいメカニズムは以下をお読みいただくと分かると思うのですが、私達女性が「糖化」「糖化肌」と言うと、体の内側からの老いや肌の老いを指していいます。

私もそうですが肌の内側からの老い「肌の糖化」を気にしている女性は少ないようです。

今回は「肌の糖化」についてご紹介しますね。

肌の糖化

糖化とは?

体が焦げる老化現象ともいわれる「肌の糖化」は、その名のとおり、たんぱく質と結びついた糖「糖化たんぱく質」が作られ、体内に蓄積していく現象です。

本来なら体内に取り込まれた糖はエネルギーとして全て消費されれば良いのですが、使い切ることができなかった糖分がたんぱく質のコラーゲンやエラスチンと結びついて「糖化生成物(AGEs)」を作り出してしまうのです。
 
この「糖化生成物(AGEs)」がやっかいなのは、一度作られると分解されないでずっと体内に蓄積してしまうという点です。
 
たとえば砂糖と水を煮詰めて作るカラメルをイメージすると想像しやすいでしょう。
一度できてしまったカラメルはもう砂糖に戻ることはありませんね。
そしてサラサラだった砂糖ではなく、ドロドロ・カチカチになってしまいます。

これと同じ状態が肌の内部で起こるのが「肌の糖化」なのです。

肌が糖化するとどうなる?

肌が糖化することでもたらされる影響は以下の通りです。

・肌がたるみ、弾力性が低下する
上記でご紹介したカラメルのイメージのとおり、肌にあるたんぱく質のコラーゲンがグルコースという糖と結びついて「糖化たんぱく質」に変化してしまうと、肌のハリをなくし、たるみを引きおこすようになります。

・肌がくすむ
「糖化たんぱく質」は褐色をしており、体内に蓄積されることで肌が透明感を失い、くすんでしまう

・シミやしわができやすくなる
糖化によってターンオーバーが乱れ低下してしまうため、肌にシミやができやすくなり、肌が乾燥しごわごわしてしまう

・髪がパサつく
同じくたんぱく質でできている髪にも潤いやツヤがなくなり、パサついてしまう

糖化とは?

これだけでも十分恐ろしいのですが、実は糖化によってもたらされる悪い影響は美容面だけではありません。

血管が糖化すれば動脈硬化を引き起こすだけでなく、白内障や骨粗鬆症やアルツハイマー型認知症など様々な深刻な病気の原因にもなることもわかっています。

肌の糖化を防ぐには?

肌の糖化の予防には、「食事」「運動」「睡眠」がキーワード。

「食事」

スイーツ好きや甘いものを毎日食べる人は要注意。

糖化を防ぐには甘いものは控える

消費できなかった糖質がたんぱく質と結びついて糖化たんぱく質が作られるので、余分な糖質を取り込まないようにすることが大事です。
 
そのために効果的なのが、低GI値の食べ物を積極的に食べるようにすること。
食後の血糖値の上昇がゆるやかな低GI値の食べ物というと、玄米、五穀米、そば、いんげん、レタス、大根、アボカド、チーズ、ヨーグルト、バナナ、グレープフルーツ、リンゴなどです。

甘いものが好きでついつい食べてしまう方お菓子よりも低GI値の果物を食べるようにすると、ビタミンやミネラル、食物繊維も同時に取れて一石二鳥ですね。
アルコールも糖化を進めるので、ストレスを感じない程度に控えるようにしましょう。

また食べるときの順番も替えるのが効果的。

食事のときには大好きな肉や炭水化物から手を付けるのではなく、まずは野菜や海草類など食物繊維の豊富なものから食べて血糖値が急激に上がらないようにするなどの工夫をするよう心がけましょう。また食事中に水分もたっぷり摂ることもおすすめです。

また抗糖化があると知られている食品として、甜茶やカモミールティー、セイヨウサンザシ、ドクダミ、ブドウの葉、グァバなどがあります。こういった食品もぜひ取り入れましょう。

抗糖化のお茶

「運動」

摂取した糖質をしっかり使い切るように、定期的に運動をすることも肌の糖化予防に効果的。

普段、忙しいというのを言い訳にせず、通勤で一駅分歩く、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、歩くときには早歩きにする、朝に早起きをして家のまわりを軽くウォーキングするなど自分にできることを日常生活に取り入れるだけでも、血糖値の上昇を抑え、糖化を防ぐのに役立ちます。

入浴もシャワーだけで済まさず、しっかりお風呂に使って半身浴をしたりマッサージをすることもおすすめですよ。

「睡眠」

忙しいとついつい短くなってしまいがちな「睡眠」。
見たいテレビがある、なんとなく眠れないからといつまでも起きていないで、少しでも睡眠時間を長く確保するように努めましょう。

とある研究では、6時間以上睡眠を取れている人の皮膚に沈着しているAGEの量は、6時間以下の睡眠の人に比べて少なかったという結果が発表されています。
これは、新陳代謝が活発になる睡眠が糖化防止に有効であるということ。
 
また別の研究では、睡眠不足によって、血糖値を下げるインスリンの効きが鈍くなり血糖値が下がりにくくなる、満腹感を感じるレシチンの濃度が下がってしまうために過食になってしまうなどの結果も出ています。

普段から睡眠不足気味の方は、健康のため美容のため、糖化を防ぐために睡眠時間を多く取るように心がけましょう。

サプリメントも上手に活用

糖化を抑えるために食事の内容や食べ方などの改善だけでなく、サプリメントを取り入れるのも効果的です。 
その方法として、「糖の吸収を穏やかにする成分の摂取」「糖化の反応を抑える成分の摂取」の二つのアプローチがあります。

糖の吸収を穏やかにする成分

難消化性デキストリン、当地エキス、サラシア、クエン酸、αリポ酸など

糖化の反応を抑える成分

アンセリン・桜の花エキスなど

まだあまり種類はありませんが、上手に取り入れることで糖化を予防するのもおすすめです。

紫外線も要注意!

肌の内側から老化を促進させる肌の糖化ですが、紫外線によってさらに糖化を進めてしまうので、一年中紫外線対策は欠かさないようにしましょう。

紫外線が怖いのは糖化を促進させるだけでなく、コラーゲンやエラスチンなどの潤いやハリをもたらす成分を劣化・変性させることにもあります。

紫外線は、曇りの日や雨の日でも地上に降り注いでいるので、まさに年中無休の紫外線対策は必須です。

そのために日焼け止めはとても有効。

ただ、紫外線が怖いばかりに日常使いでSPF50 PA+++など効果の高すぎるものを使うのはNG

成分の紫外線吸収剤によって肌がダメージを受け、傷めることになりかねません。
日焼け止めを選ぶときには、紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤を使ったものを選ぶと安心ですし、日常使いなら低SPF・PAで大丈夫ですよ。

また、汗や皮脂によって一度塗った日焼け止めも取れてしまうので、朝塗ったとしても定期的に塗り直すようにすることも忘れないようにしましょう。

日焼けにも注意

そのほか、帽子やサングラス、手袋やUV加工してある洋服なども活用すると良いですね。

以上、肌の糖化と予防法についてご紹介しました。

肌の酸化や乾燥を気にする方は多いけれど、内側からの老化である「糖化」も気を付けないと、知らない間にお肌がくすみ、深刻な病気を引き寄せている危険性があります。

糖化によって作られた「糖化生成物(AGEs)」は一度出来てしまうと分解されないで蓄積されてしまうため、これ以上作らせないよう心がけることが大事。

普段からの食事や生活習慣の改善から糖化を予防することができるので、まずは自分にできることから始めてみませんか?


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!