石鹸で落とせる日焼け止め


皆さんが日焼け止めを選ぶ時の判断基準はどのようなところでしょうか?
・強力に紫外線を防ぐことができる
・できるだけお肌にやさしいこと
・ノンケミカルなものが欲しい
などなど、重視している点は人それぞれ違うはずです。

でも、毎日使うのだったら、お肌に負担をかけないような日焼け止めがあったらいいですよね。
そこで、最近多くの人に選ばれているのが「石鹸で落とせる日焼け止め」なのです。

「石鹸で落とせる日焼け止め」が敏感肌さんに良い理由

敏感肌さんは紫外線に過敏に反応しやすいのはもちろんのこと、日焼け止めを落す際にダメージを受けやすいものです。
お肌がデリケートですから、とにかく何にでも敏感になってしまうんですね・・・。
とは言え、紫外線からお肌を守るためには日焼け止めは必要不可欠です。
ですから、日焼け止めを落す際に受けるダメージを最小限に留めることを意識しなければなりません。

クレンジング不要

一般的な日焼け止めを使用した場合には、必ずクレンジング剤が必要となります。
ここで問題になってくるのが日焼け止めを落す時のお肌への影響。
クレンジングの成分による負担はかなり大きく、敏感肌の人は肌荒れしやすいのです。

一方、「石鹸で落とせる日焼け止め」はクレンジングが不要です。
名前の通り、石鹸だけで洗浄できるので、お肌への負担がかなり軽減されるというメリットがあります。

石鹸で落とせる日焼け止めのデメリット

とにかく落しやすい日焼け止めであればお肌に負担が少ない感じがするので、敏感肌などのお肌が弱い人には魅力的な「石鹸で落とせる日焼け止め」。
ただし、どんなに魅力的であっても欠点は一つくらいあるものです。
そこで、「石鹸で落とせる日焼け止め」のデメリットについてまとめてみました。
強いて挙げるならばといった内容なのですが、「石鹸で落とせる日焼け止め」を選ぶ際に考慮してみてはいかがでしょうか。

石鹸で落せる処方の日焼け止めは、つまり、一般的な日焼け止めに比べると、使用している時に落ちやすい性質があります。
汗をかいたり、水がかかったりする場面で使うと、お肌に塗った日焼け止めが落ちてしまい、紫外線を防ぐ効果が薄れてしまいます。
この問題を解決するためには、日焼け止めが落ちた時にその都度塗り直す必要があるため、若干使いにくさを感じてしまいますね。

あくまでも、一般的な日焼け止めと比較した場合ですが、「石鹸で落とせる日焼け止め」は全体的にUV効果が弱い傾向が見られます。

日焼け止め

これには理由があって、紫外線を防ぐ効果よりも肌負担を軽減することを目的としている商品が多いためです。
もちろん、使う場面に応じた「SPF」「PA」の日焼け止めを選べば問題なく使えます。
「紫外線を強力に防ぎたいという人には物足りないかもしれません」というレベルのデメリットですね。

石鹸で落とせる日焼け止めの注意点

「SPF/PA」の数値が高い日焼け止めやウォータープルーフの日焼け止めは、比較的お肌へ負担がかかりやすいと言えます。

まず、高いSPF値の日焼け止めの問題点についてです。
高いSPF値の日焼け止めは肌の働きを正常に保つ邪魔をするので、お肌が弱い人が日焼け止めを塗り続けることで負担が積み重なっていきます。
毎日使っていれば、肌のバリア機能を低下させるほどのリスクを伴う可能性があるのです。

また、石鹸で落せるとは言っても、ウォータープルーフの日焼け止めは密着力が強いため、洗浄力の弱い石鹸だけではやや不安があります。
海水浴やスポーツを楽しむ際には、水や汗に強いウォータープルーフの日焼け止めを選ぶのは正解です。
でも、それほど紫外線が強くないシーンでも使い続けることは良くありません。
面倒かもしれませんが、生活のシーンによってウォータープルーフの日焼け止めとそうでないものを使い分けるのが理想的です。

石鹸で落とせる日焼け止めの選び方

日焼け止めのUVカット効果の指標となる「SPF」と「PA」。
「SPF」については、高い数値のものほど日焼けするまでの時間を延長することが可能です。
「PA」については、+の数が多いものほど、紫外線に含まれるUVAをカットする効果が高くなっています。

UV効果

さて、ここで、『「SPF」と「PA」はできるだけレベルの高い日焼け止めを選んだ方がいいんでしょ?』と思っている人が多いはずです。
でも、すべての人が高レベルのものを選ぶ必要はないのです。

例えば、自転車で近くのスーパーに買い物に行ったり、ガーデニングの際に日差しを浴びたりする程度の日常使いであれば、「SPF20~30」、「PA+~++」で十分な効果を得ることができます。

強力に紫外線をシャットアウトできる高レベルの「SPF」と「PA」の日焼け止めは、あくまでも長時間紫外線を浴びたり、紫外線の強い季節に使ったりすることを目的としています。
ですから、使うシーンによっては「そこまで高いUV機能はいらない!」ということ。
敏感肌の人にとっては余計な負担になってしまう可能性があり、むしろ、UV機能はほどほどのレベルのものを選ぶことが望ましいと言えるのです。

紫外線をシャットアウトするために「紫外線吸収剤」という成分が入っている日焼け止めがあります。
「紫外線吸収剤」は、お肌の表面で紫外線を熱エネルギーに変えるという仕組みで紫外線の侵入を防ぐので、全身の紫外線対策として広範囲のUVケアに役立ちます。
ただし、紫外線を熱に変える時に皮膚表面に与える負荷がかなり大きくなりますので、お肌の弱い人の肌を荒らしてしまうリスクがあります。
乾燥したり、炎症を起こしたり、トラブルが出る可能性は否定できません。
あと、化学物質から作られることも気になります。

敏感肌の日焼け止め

そこで、敏感肌の人にうってつけなのが、「紫外線散乱剤」を使用している日焼け止めです。
「紫外線散乱剤」は、それ自体が紫外線を跳ね返すので、紫外線を防ぐ時にかかる肌への負担が少ないところが魅力です。
しかも、「紫外線散乱剤」には天然成分が使われることが多いので、この点もお肌が弱い人には大きなメリットとなります。

「石鹸で落とせる日焼け止め」おすすめ一覧

「石鹸で落せる日焼け止め」は機能性やSPFなどに違いがあるので、実に様々な種類の商品が販売されています。
その中でも、人気の高い日焼け止めをピックアップしてみました。

ノンケミカル・オーガニックのもの

紫外線対策はしっかりとしたいけれども、お肌へのやさしさにもこだわりたい!
そんな人におすすめの「ノンケミカル・オーガニック」の日焼け止めをご紹介します。

ニーズルヤードレメディーズ 「ナチュラルUVプロテクション」

ニーズルヤードレメディーズ

鉱物由来の紫外線散乱剤と紫外線カット効果のある植物オイルでUVケアできる「天然100%素材の日焼け止め」です。
UVAとUVBを同時に広範囲で反射させてカットするので、お肌に負担がないのに紫外線対策はバッチリ!
さらに、和漢ハーブエキスが紫外線を浴びた瞬間のダメージをすばやくケアするので、日焼けしやすい日本人のお肌にもおすすめです。
汗ばむ季節でもサラッとした使い心地が◎
もちろん石鹸だけで落としても安心。

■内容量:40mL
■価格:3,780円(税込)
■UV効果:SPF30/PA+++
■日焼け止め成分
・酸化亜鉛(鉱物由来の紫外線散乱剤のみ)
・カランジャオイル、モンゴンオイル(紫外線カット効果のある植物オイル)

■分類
オーガニック日焼け止め

エトヴォス 「ミネラルUVセラム」

エトヴォス

人間の皮膚に近い保湿成分が盛りだくさんの美容液効果があり、スキンケア感覚でUVケアができる「ノンケミカル日焼け止め」です。
乾燥肌の人にも高評価されていて、『1日お肌が中潤う!』と、使い心地の良さも人気の秘密となっています。
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:30g
■価格:3,200円(税別)
■UV効果:SPF35/PA+++
■日焼け止め成分
酸化チタン
■分類
ノンケミカル日焼け止め

WELEDA(ヴェレダ) 「エーデルワイスUVプロテクト」

ヴェレダ

植物エキスがこれでもかというくらいに使われている、オーガニックコスメメーカーならではの「自然派の日焼け止め」です。
紫外線からお肌を守るのはもちろんのこと、ダメージや乾燥に負けないトリートメントケアまで担ってくれます。
また、化粧下地としても機能して、白くなりにくいので、メイク前のUVケアやボディケアにも使いやすさは抜群。
ノンケミカルなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:50mL
■価格:2,484円(税込)
■UV効果:SPF33/ PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン(紫外線散乱剤)
■分類
オーガニック日焼け止め

HANA オーガニック 「ウェアルーUV」

HANA オーガニック

オーガニック植物でUVケアする「ノンケミカルの日焼け止め」です。
植物由来の美容液成分が、紫外線をシャットアウトしながら、お肌の常在菌のバランスを保ってくれるところが独特。
「日焼けさせないこと」と「お肌のコンディションを整えること」を同時に叶えてくれます。
石鹸だけで落とせて、毎日使っても低刺激なので、頻繁に肌荒れを繰り返しがちで、お肌の抵抗力に自信がない人におすすめです。

■内容量:30mL
■価格:4,000円(税別)
■UV効果:SPF30/PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン、酸化亜鉛(紫外線散乱剤)
■分類
オーガニック日焼け止め

ママバター 「UVケアクリーム」

ママバター

人気のシアバター配合、「天然保湿成分入りの日焼け止め」です。
UV対策とスキンケアの一挙両得のお手入れが可能で、紫外線をブロックしながら高保湿ケアできるスグレモノです。
お肌のかさつきが気になる人に選ばれていて、『日焼け止めなのにお肌がしっとりになる!』と、大変好評です。
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:45g
■価格:1,200円(税別)
■UV効果:SPF25/PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン、酸化亜鉛
■分類
ノンケミカル日焼け止め

サードロック 「ノンケミカル日焼け止め」

サードロック

オーガニックコスメブランド発、「保湿成分ベースの日焼け止め」です。
紫外線に含まれるUVA波を強力にブロックすることに特化していて、将来できるシミとシワのリスクを大幅に減らすことができます。
植物やハーブのオイルがたっぷり入っていて、ちょっとだけベトつくので、化粧水で薄めると伸びが良くなるというのが愛用者の使い方のコツなのだそうです。
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:100mL
■価格:4,104円(税込)
■UV効果:SPF 35+/PA+++
■日焼け止め成分
酸化亜鉛
■分類
オーガニック化粧品(日焼け止め)

シンピュルテ 「パーフェクトUVミルクプロテクション」

シンピュルテ

100%天然由来成分の「オーガニックUVミルク」です。
オーガニックで最高指数の紫外線防止効果が魅力で、『低刺激だけどしっかりとUVケアをしたい!』という人人気があります。
長時間の外出の際の紫外線対策にはもってこいです。
美肌に効く植物やフルーツのエキスが入っていて、スキンケア効果までもたらしてくれるのは贅沢です!
顔、デコルテ、体、どこにでも塗れる使いやすさも◎
石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:30mL
■価格:4,104円(税込)
■UV効果
SPF50+/PA++++
■日焼け止め成分
酸化亜鉛
■分類
日焼け止め機能付き乳液

SPF50

UVケア機能が最大レベルの「SPF50」の日焼け止めはこちら!

オンリーミネラル 「ミネラルプラスUVミルク」

オンリーミネラル

美容液、乳液、化粧下地、日焼け止めの効果が詰まった「多機能日焼け止め」です。
強力な日差しをカットできる最高レベルのUV効果が最大の強み。
『絶対にシミを作りたくない!』という人におすすめです。
また、ミネラルと植物由来の美容液成分を配合しているので、日焼けにより乾燥しがちなお肌の水分量を保ってくれるところも◎
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:28mL
■価格:2,800円(税別)
■UV効果:SPF50+/PA++++
■日焼け止め成分
酸化チタン、酸化亜鉛
■分類
日焼け止め機能付き乳液

オルビス 「サンスクリーン(R)ジェル」

オルビス

汗や水に強いウォータープルーフ仕様の「UVカット力最高基準の日焼け止め」です。
強烈な紫外線に含まれるUVAとUVBをしっかりとブロックして、日焼けやシミを防ぎます。
サラッとした使い心地のローションタイプで、透明感のある仕上がりが魅力。
日焼け止め特有のベタつきや白浮きが苦手な人におすすめです。
紫外線吸収剤フリー、オイルフリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:40mL
■価格:1,615円(税込)
■UV効果:SPF50+/PA++++
■日焼け止め成分
酸化亜鉛
■分類
UVケア化粧品(サンスクリーン剤)

SPF30~40

適度なUVカット効果が期待できる「SPF30~40」の日焼け止めをご紹介します。
日中でも普段使いであれば十分に機能します。

メデルナチュラル 「UVミルクリラックスアロマ」

メデルナチュラル

乳液タイプの「無添加処方の日焼け止め」です。
国産米セラミドで保湿ケアしながら紫外線を防ぐという発想が話題となり、『植物由来のやさしい日焼け止め効果が毎日のお肌のお手入れピッタリ!』と、愛用者が続々と増えています。
オレンジやラベンダーなどのアロマな香りにも癒されます。
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:30mL
■価格:1,296円(税込)
■UV効果:SPF40/PA+++
■日焼け止め成分
酸化チタン
■分類
無添加化粧品(日焼け止め)

ビューティフルスキン 「ノンUVミルク」

ビューティフルスキン

皮膚科専門医が開発した「メディカル処方の日焼け止め」です。
アレルギー反応や刺激の出やすい成分を使っていないので、敏感肌やデリケートなお肌のUVケアに最適。
さらに、白浮きしにくい、塗りムラがない、汗に強いという使い心地の良さもプラスされて、『一度使ったら手放せない!』と、人気急上昇中です。
界面活性剤フリー、紫外線吸収剤フリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:30mL
■価格:3,220円(税込)
■UV効果:SPF30/PA+++
■日焼け止め成分
酸化亜鉛、酸化チタン
■分類
ドクターズコスメ(乳液状日焼け止め)

トゥヴェール 「マイルドUVミルク」

トゥヴェール

お肌への負担の少なさを重視している「無添加日焼け止め乳液」です。
乾燥肌や敏感肌の方からの評価が高く、『1日中お肌がストレスを感じないので、毎日気軽に使える!』といった口コミが多数寄せられています。
強力なUVケアはできませんが、通勤やお買い物程度の紫外線対策には十分に機能します。
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸で落とすことができます。

■内容量:50mL
■価格:2,756円(税込)
■UV効果:SPF30/PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン
■分類
無添加化粧品(日焼け止め乳液)

SPF~30

日焼け止め成分が低刺激であることを重視するのであれば、「SPF~30」の日焼け止めがおすすめです。
『お肌にできるだけ負担をかけたくない!』という人に選ばれています。

ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク

紫外線防御力はやや控えめながらも、弱酸性で抗炎症成分が使われているので、お肌が荒れやすい敏感肌の人に人気の日焼け止めです。
金属アレルギーに配慮されていますし、お肌の潤いを保てる処方なのも使いやすさのポイントとなっています。
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸で簡単に落とすことができます。

■内容量:40g
■価格:オープン価格
(通販サイトだと1,000円程度で買えます。)
■UV効果:SPF25/PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン
■分類
敏感肌用日焼け止め

「石鹸で落とせる日焼け止め」とは?

日焼け止めというと、クレンジングを使わないとちゃんと落ちないというイメージが強いので、「石鹸だけで落ちる」と言われてもなんだかしっくりきません。

石鹸の泡

でも、実際には石鹸だけでもきちんと洗浄できて、お肌に負担が少ないものがあります。
そこで、「石鹸で落とせる日焼け止め」の特徴についてまとめてみました。

「石鹸で落とせる」日焼け止めの成分」

石鹸で落ちる日焼け止めの成分にはどのようなものがあるのか調べてみました。

いわゆる「ミネラル成分」と呼ばれているものです。
UVAとUVBをカットする効果があるため、シミやシワを作らないことを目的とした紫外線対策に有効です。
鉱物という自然素材の力で紫外線を反射させることができるので、敏感肌用の日焼け止めによく使われています。

石鹸で落ちる日焼け止め

(ラズベリーシードオイル、カランジャオイル、モンゴンオイル、キャロットシードオイル、ウィートジャームオイルなど)
オーガニック系の日焼け止めによく使われています。
SPFが20~50程度あり、十分な紫外線カット効果が期待できます。
植物由来のものや果物の種が原料となっているので、低刺激で負担のかからないUVケアができます。

植物由来のヒルアロン酸、シアバター、ホホバオイルといった保湿作用に優れた美容エキスをベースにしている日焼け止めは、紫外線を防ぎつつもお肌の潤いを保つことができます。

紫外線を浴びた時には少なからずダメージを受けますので、すばやくダメージを回復させてくれる成分が入っているものがあります。
アロエエキスやカモミールエキス などが代表的ですが、これらは天然植物由来の成分ですので石鹸で落すことができます。
スキンケア化粧品にも使われているような贅沢な美容エキスが入っている日焼け止めならば、美肌を保ちたい人には使いやすいのではないでしょうか。

石鹸で落せる日焼け止め「HANAオーガニック ウェアルーUV」の成分

さて、ここで、「石鹸で落せる日焼け止め」の中でも特に皆さんにも知っておいてもらいたい商品をご紹介したいと思います。
私の毎日の紫外線対策に欠かせないのが、HANAオーガニックから販売されている日焼け止め「ウェアルーUV」です。
これから使ってみたいと思っている方のために、詳しいことが書かれているパンフレットから成分についてご紹介してみたいと思います。

HANAオーガニックの日焼け止め

「ウェアルーUV」はオーガニックコスメならではの特徴的な植物由来の美容エキスが使われています。

ウェアルーUV成分

とにかく美容成分が豊富に配合されているところが魅力で、日焼け止めなのに抜群のスキンケア効果があります。
乾燥肌の私でも1日中お肌がしっとりする感触が心地良くて、もう何年も手放せない状態になっています。

全成分はこちらになります。

ウェアルーUV成分表

オーガニックコスメに欠かせない保湿成分「ダマスクバラ花水」と、人間の皮脂に近い「スクワラン」がメインに使われているので、乾燥肌にも皮脂過剰の脂っぽい肌質にも相性が良いんですよ。

他にも、紫外線ダメージからお肌を守ってくれる成分もたくさん入っています。
コメヌカ、ハトムギ、ホホバ、ツバキ油、ビターオレンジ精油、ラベンダー精油、シャクヤク根エキスなどなど、植物やハーブ、精油から抽出したダメージケアに効く成分が盛りだくさんです。

そして、肝心の日焼け止め成分はこちらです。

ミネラル成分

天然鉱物由来のミネラル成分「酸化亜鉛」と「酸化チタン」が使われていて、この2つが紫外線を防ぐ役割をしてくれます。
紫外線に含まれるUVAとUVBを両方ブロックできるので、日焼けをしたくない人にも、将来できるシミやシワを予防したい人にもピッタリのUVケア効果があります。

「ウェアルーUV」は紫外線吸収剤や化学的な成分を使用していませんので、もちろん石鹸だけで落とすことが可能です。
毎日石鹸だけで洗浄していますが、日焼け止めの成分がお肌に残っているような感じは全くありません。
敏感肌の私でも肌荒れが起こっていませんから、成分が低刺激で落しやすいということは確かなようです。
『日焼け止めは成分にこだわって選びたい!』という方も十分に満足できる日焼け止めではないかと思います。

「石鹸で落ちない」日焼け止めの成分

通常はクレンジングが必要で、石鹸だけでは落すことができない日焼け止めの成分があります。

・紫外線吸収剤
・シリコン
・合成ポリマー

上記の成分は皮膜力が強く、クレンジング剤の洗浄成分でしっかりと浮かせないと落とすことができません。

本当に日焼け止めは石鹸で落ちる?

皆さんは普段どのような石鹸をお使いでしょうか?
固形の石鹸やハンドソープのような液体の石鹸、泡で出てくるタイプの石鹸など、様々な種類がありますよね。
日焼け止めは顔に使うものですから、洗顔石鹸も含まれますね。
ここで気になってくるのが、「どのタイプの石鹸でも日焼け止めを落すことができるのか?」という点です。

石鹸洗浄

実は、どの種類の石鹸も洗浄のメカニズムは同じなのです。
石鹸を使うと、「汚れに吸い付く」→「汚れを引き離す」→「汚れを分散する」といった感じに洗浄していきます。
つまり、どの種類の石鹸でも「石鹸で落ちる日焼け止め」と謳われているものであれば洗浄できるということになります。

ただし、石鹸に含まれる主成分や洗浄剤に違いがあるため、お肌への刺激性に差が出てきます。
どういうことかと言うと、石鹸の原料である油脂にナトリウムやカリウムを反応させて作られたシンプルなもの(固形石鹸や液体石鹸)は、比較的洗浄力が穏やかです。
お肌にやさしい感じです。
一方、合成界面活性剤がたくさん含まれている石鹸(泡石鹸や洗顔石鹸)は、汚れがよく落ちますが、やや負担が大きいと言えます。

石鹸を選ぶ時には、日焼け止めの成分と相性の良い洗浄成分の入っていることがポイントとなります。

石鹸

最近ではお肌に低刺激な弱酸性の石鹸が登場して人気がありますが、日焼け止めをしっかりと落とすことを目的としている場合にはアルカリ性の石鹸を選ぶのが良いでしょう。
弱酸性の石鹸では落せないということではありませんが、アルカリ性の石鹸の方がよりきちんと落とすことができると言えます。

「石鹸で落せる」と謳われている日焼け止めであっても、正しく洗浄しなければ肌トラブルの原因となります。
顔に塗った日焼け止めを落す際には洗顔石鹸を使うのが良いでしょう。
たっぷりと泡立てて顔全体を包み込み、やさしく馴染ませるように落していきましょう。
こすり洗いをしなくても十分に洗浄できますので、ゴシゴシ洗う必要はありません。

また、体に塗った日焼け止めを落す際には、普段使っている体を洗う石鹸やボディソープで問題ありません。
泡立てネットなどを使うと泡立ちが良いですし、洗浄成分で浮いた日焼け止めをしっかりと絡め取って落とすことができると思います。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!