なぜ日焼けでシミが出来てしまうのか?対処法と予防法について


女性の肌の悩みのひとつが日焼けによるシミです。

紫外線

油断をしているとすぐに日焼けしてしまい、シミになってしまいます。

そこで、日焼けによるとシミが出来てしまったときの対処法や日焼けでシミができる原因、日焼けによるシミを予防する方法について紹介していきたいと思います。

日焼けでシミが出来た時の対処法

まずは、日焼けによってシミが出来てしまった時の対処法を紹介していきます。

日焼けによるシミが出来たらどんな対処法するべきなのかを学んでいきましょう。

そして、対処法を実践して日焼けによるシミの悩みを解決しましょう。

皮膚科で飲み薬

日焼けによるシミの対処法として、皮膚科の処方により飲み薬を使用する方法があります。

サプリメント

シミを治すために皮膚科や美容クリニックを訪れると、診断・カウンセリングをして治療法を決めます。
治療方法のひとつが飲み薬による内服療法なのです。

日焼けによるシミの飲み薬としては「トラネキサム酸」「シナール」などを使用します。
基本的には、美白効果のある飲み薬を服用するのが対処法なのです。

しかし、飲み薬による効果はすぐに現れるわけではないのが注意点です。

飲み薬による効果が現れるのは、数か月かかることもあります。
効き方にも個人差があるのが特徴であり、気長に効果を待つことになるのです。

皮膚科でレーザー治療

日焼けによるシミの対処法としてはレーザー治療が有名です。

皮膚科や美容クリニックにてレーザー治療を行うことができます。
レーザー治療は専用の機械でシミにレーザーを当てて、シミを薄くしていくのです。

シミのできた深さにより、治療期間はまちまちとなっています。
1回のレーザー治療で済むシミから、何度もレーザー治療をする必要があるシミまであるのです。

レーザー治療の費用については、場所や大きさにより異なります。
ただし、一般的には1回1~2万円ほどが相場となっています。

レーザー治療と聞くと痛いイメージがありますが、強い痛みはないので安心してください。
また、治療後すぐに日焼けするとシミが再発しやすいので注意してください。

化粧品や美容液の使用

化粧品や美容液を使用することも日焼けによるシミの対処法のひとつです。

なかでも美白効果の高い化粧品や美容液を使用するのがおすすめです。

美白効果の高い化粧品や美容液は、シミの原因となるメラニンを抑制してくれます。
そのため、それ以上シミになることを防いでくれるのです。

メラニンを抑制してターンオーバーを繰り返すことでシミを消すことができます。
化粧品や美容液による対処法は気軽に行うことができるのがポイントです。

また、皮膚科や美容クリニックでは塗り薬を処方されることがあります。
この塗り薬もメラニンを抑制したり、ターンオーバーを活性化したりする効果があります。

ビタミン剤の摂取

日焼けによるシミの対処法としてビタミン剤を摂取する方法があります。

ビタミンは肌の機能を正常化する働きがあり、ターンオーバーを活性化させてくれます。
ターンオーバーを活性化させることで、シミを消すことにつながるのです。
そのため、ビタミン剤の摂取も有効なシミの対処法となっています。

また、ビタミンC誘導体も日焼けによるシミの対処法として効果的です。

ビタミンC誘導体の効果には、メラニンの抑制があります。
そのため、シミの悪化を食い止めることができるのです。

ビタミンC誘導体が配合されているクリームやパックを使用することで、日焼けによるシミの対処法とすることができます。

日焼けをするとなぜシミが出来るのか?

そもそも、なぜ日焼けをするとシミが出来てしまうのか疑問があると思います。

日焼けとシミの関係を知っておくことで、対策も変わってくるでしょう。

そこで、日焼けをするとなぜシミが出来るのかを紹介していきたいと思います。

日焼けとシミの関係

日焼けの原因は紫外線を浴びたことによるものです。
そして、紫外線は日焼けだけでなく、シミの原因にもなっているのです。

紫外線を浴びることにより、細胞を守ろうとしてメラニン色素が多く生成されます。
このメラニン色素が沈着することによって、シミとなってしまうのです。

通常、メラニン色素はターンオーバーにより肌の表面に出てきて排出されます。
そのため、日焼けをしても色素沈着にならずにシミはできません。

しかし、大量の紫外線によりメラニン色素が排出されずに蓄積されると、色素沈着によりシミとなってしまうのです。

紫外線対策とターンオーバーの重要性

このことから、日焼けによるシミは紫外線とターンオーバーがポイントになります。

紫外線対策をして、メラニンを抑制することができればシミ予防になるのです。

また、メラニンが生成されてもターンオーバーが正常なら排出されるので問題ありません。
そのため、紫外線とターンオーバーが日焼けによるシミにおいて重要なのです。

日焼けでシミを作らせない予防法

日焼けによるシミの原因がわかったら、具体的な予防方法が気になると思います。

シミを治療する前に、シミを作らせないことが一番です。

そこで、日焼けによるシミの具体的な予防方法を紹介していきます。

紫外線カットで予防

日焼けによるシミを作らせない予防方法としては紫外線防止が効果的です。

紫外線対策をすることで、メラニンが生成されずシミになる心配もありません。
具体的には、日焼け止めクリームを使用したり、UVカット効果のあるアイテムを使用したりするのが予防方法となります。

日焼け止めクリームは紫外線対策の王道ですが、確実に効果があります。

2・3時間ごとに日焼け止めクリームを塗り直して効果を持続させて、紫外線対策をしてください。

また、UVカットの化粧品や衣類などを使用することも予防方法のひとつです。
紫外線対策を怠らないことが、日焼けによるシミの予防方法となります。

スキンケアをしっかりと

スキンケアを怠らないことも日焼けによるシミの予防方法です。

どれほど紫外線対策をしても、外出すればある程度の日焼けを避けるのは不可能です。
そこで、日焼けをしてもスキンケアをすることでシミの予防をすることができます。

日焼け後は肌が乾燥をしています。

そのため、化粧水を使用して保湿することがおすすめです。

化粧水

また、炎症が落ち着いたら美白効果の高い化粧品を使用することで予防ができます。
メラニンの抑制する成分が入っている化粧品を使用して、シミになることを予防してください。

ターンオーバーの活性化

日焼けをしてメラニンが生成されても、ターンオーバーが活性化されていればシミはできにくいです。
そのため、日ごろからターンオーバーの活性化を心がけておくことで、日焼けによるシミの予防になります。

ターンオーバーの活性化に効果的なのは十分な睡眠です。

睡眠中は、肌の新陳代謝が活発になります。
そのため、ターンオーバーの活性化につながるのです。

また、普段からビタミンやリコピンなどのシミに効果的な栄養素を摂取することも予防になります。
日ごろの生活からターンオーバーを活性化させることで、日焼けによるシミの予防方法にもなるのです。

まとめ

日焼けによるシミは紫外線とターンオーバーが重要なポイントになります。

そのため、紫外線対策をすることでシミの予防になるのです。
また、ターンオーバーの活性化をすることも予防につながります。

もし、日焼けによるシミができた場合の対処法は複数あります。
飲み薬やレーザー治療、ビタミン剤の摂取などいろいろです。
まずは、自分に合っている対処法を実践することがおすすめです。
日焼けによるシミはできないことが一番です。
紫外線対策と日ごろのターンオーバーの活性化で予防して、日焼けによるシミができないように心がけるのがおすすめです。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!