ハイドロキノン?レーザー治療?シミ取りにオススメの方法はどれ!?


できてしまったシミを取る方法には何がある?

既存のシミを取り除くためには、美白美容液を使った肌ケアやサプリメントの摂取、レーザー治療などが効果的です。

シミの種類によってはセルフケアが効き目を示さないものもありますので、なんらかの方法でシミを消したいなら、まずはどんなシミが自分で改善できてどんなシミが自分で改善できないのかを見分けなければいけません。

セルフケアで薄くできるシミは

この2つです。

老人性色素斑は紫外線によってできるシミで、炎症性色素沈着は傷跡やニキビ跡がそのままシミと化したもの。
何れにしてもこの2種類はシミの中でも軽度の部類に入るので、美白成分が配合された化粧品や、美肌に良い食べ物およびサプリメントなどで薄くすることが可能です。

スキンケアや食生活の改善では消すのが難しいシミは以下の4つです。

これらのシミは皮膚科でレーザー治療を受けることで徐々に少なくしていくことができます。

ちなみにそばかすは遺伝によるシミで、肝斑(かんぱん)は女性ホルモンが原因の女性特有のシミ、脂漏性角化症は老化によってでき、花弁状色素斑は強い紫外線ダメージよっによって発生します。

どれも濃くて頑固なシミなので一般的にはセルフケアでどうこうできるものではありません。
治療にはある程度のお金をかけて皮膚科でレーザーを照射してもらうのがオススメです。

しかしこれらの頑固なシミも、白い肌へと変えていけるセルフケア美容クリームがあるのをご存知でしょうか?

あらゆるシミに抜群の効果を発揮するそのシミ取りクリームの名前は「ハイドロキノンクリーム」と言います。
ハイドロキノンはシミに悩む女性の強い味方となってくれる代物です。
それではハイドロキノンについて、もう少し詳しくご紹介させていただきますね。

シミ取りクリームの効果は?

シミ取りにはハイドロキノンクリームが効果抜群だと言われています。

ハイドロキノンクリームとは、強い美白成分を持つハイドロキノンが配合された美容クリームのことで、紫外線によるシミや炎症による色素沈着、そばかすや肝斑にも効果を発揮します。

そばかすや肝斑については、通常セルフケアで改善できるシミではないので、ハイドロキノンがいかに高いシミ消し効果を持っているのかは、一目瞭然ですね。

それでは美白成分として名高いハイドロキノンについて、もう少し詳しくみていきましょう。

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンには、シミの原因である黒色メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラノサイト(メラニンを作り出す細胞)そのものを減少させる効果があります。

シミ取りやシミ予防に抜群の効果を発揮することから「肌の漂白剤」と呼ばれるほど美白に有効です。

その効果の高さは、ビタミンCやプラセンタなどが配合された美白コスメの10~100倍の効果があると言われるほど!ハイドロキノンは古くから皮膚科で採用されており、シミ取りに活躍する美白クリームとして有名ですが、効果が高い代わりに副作用などの危険性もはらんでいるため使用には十分な注意が必要です。

ハイドロキノン配合の美容クリームを使うなら特に注意したいのがその濃度。
ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、使用方法を誤ると肌トラブルを招いてしまうことも多いです。
ハイドロキノンの濃度と危険性については以下を参考にしてくださいね。

ハイドロキノンの濃度と危険性

■ハイドロキノン1~3%
刺激が少ないため安全に使用できるのが、1~3%濃度のハイドロキノンクリームです。
低刺激で比較的肌トラブルが発生しにくい分、シミ取りの効果や即効性も低くなってしまいます。
敏感肌の方だと1~3%でも肌に異常をきたす可能性があるため注意が必要です。

■ハイドロキノン4~5%
4~5%濃度は、肌の強い人でも塗布部にピリピリとした刺激を感じることが多いです。
そのため使用前には必ずパッチテストを行なって自分の肌に合うかどうか確かめるようにしてください。
使用中に万が一赤みやかぶれで肌が荒れてしまったら使用を中止して皮膚科で受診しましょう。

ハイドロキノンの副作用をしっかりと把握しておけば、危険な肌トラブルを未然に防げます。
ハイドロキノンの副作用は以下の3つです。しっかりと覚えておきましょう。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンが肌に合わなかったり劣化した製品を使用したりすると、皮膚が炎症を起こして赤くなってしまいます。
赤みが出ると同時にかゆみも現れるのですが、このかゆみは好転反応と呼ばれるもので美容クリームが効いている証拠です。
使用する際は事前に肌に合うかどうかパッチテストで確かめ、製品の使用期限が過ぎていないかもチェックしてくださいね。

ハイドロキノンにはクリームを塗布した部分に紫外線を浴びるとかえってシミを濃くする作用があります。
そのため、クリームを使用している間はいつもより念入りな紫外線対策が必要です。

ハイドロキノンが配合された化粧品を使用する際は、SPF値が20以上の日焼け止めで紫外線ケアをするようにしましょう。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれているほど刺激の強い美白成分ですから、高濃度のものを長期間使用し続けると、患部が必要以上に白くなって白斑ができてしまうという副作用もあります。

5%以下のもので白斑になる可能性は低いですが、念のため長期間にわたる使用は避けておいて方が無難ですね。

ハイドロキノンクリームはシミのお悩みを解決する力が強い分、取り扱いに十分注意しなければなりません。

正しい使い方を守れば、シミが徐々に消えていく過程にウキウキしながら肌ケアをしていくことができます。

ホンマでっかで話題になったルミナスホワイトって?

ルミナス

ルミナスホワイトとは、4種類の美白成分を含んだ高級無添加枠練り石けんのことです。

「ホンマでっか!?TV」でシミに効く美白コスメとして取り上げられてからSNSで話題になりました。

ルミナスホワイトに含まれている4つの美白成分とはそれぞれ、アルブチン・ハイドロキノン・プラセンタ・クズ根エキスです。

その他にも美肌に効果のある成分が複数含まれているため、ルミナスホワイトを使って洗顔することでお肌のトーンアップやシミ取り、毛穴の黒ずみ改善などなど多くの美容効果が期待できます。

また皮下組織にある隠れたシミにも効果があるので、将来的にお肌の表面に出てくるシミ予備軍も除去することが可能です。
使い方はとっても簡単、ルミナスホワイトを泡だてて洗顔するだけ。

シミやくすみにお悩みの方はぜひルミナスホワイトをチェックしてみてくださいね。

シミを消す薬やサプリメントの種類や口コミは?

シミを消すためには、薬やサプリメントを服用して体の内側からシミケアを施すのも効果的です。

シミを消す医薬品は様々な種類があってどれを選べば良いのか困ってします方も多いと思いますので、シミ取りにオススメの商品を3つ厳選して紹介させていただきます

ロスミンローヤル

ロスミン

ロスミンローヤルは22種類もの有効成分が配合された女性用保険薬です。
22種のうちの13種類は美肌に効果のある美容成分で、残りの9種類は体の調子を整える生薬なので、服用するとシミやそばかすを薄くすると同時に、冷えや肩こりを改善することもできます。

ちなみに含有されている美容成分は、ビタミンCやL-システインなどシミに効果抜群のものばかり。
美容と体調回復を同時にできちゃうロスミンローヤルは、美と健康を両立したい方にオススメです。

普段から何かしらのサプリを継続して飲んでいる私ですが、このロスミンローヤルはただのサプリメントではなく効果効能が認可された医薬品!ということで、とても期待して飲み始めました。

まだ飲み始めて間もないのでシミや小ジワについてはあまり変化はありませんが、体調は以前よりもよくなった感じがします。

美容面だけでなく肩こりや冷え性にも効果あるらしいのでロスミンローヤルを飲んでいれば他のサプリメントは必要ないかな~と思います。
1日3回3錠ずつ計9錠も飲まなければならないので昼間の摂取を忘れやすいのが唯一の難点・・。

美肌と健康を維持するために有効な成分がバランスよく配合されているので、これからも期待して飲み続けていきたいです。

ホワイピュア

ホワイピュア

ホワイピュアの特徴は、シミ予防に効くビタミンCとビタミンE、シミ取りに効くビタミンB2とビタミンB6が他のサプリメントや第三類医薬品に比べて多く配合されているところです。

ビタミンCとビタミンEはシミの元となるメラニンの生成と色素沈着を抑え、ビタミンB2とビタミンB6は新陳代謝を活発にしてメラニンを排出しやすくしてくれます。
「シミに特化して肌ケアしたい!」そんなあなたには、ホワイピュアがぴったりです。

ホワイピュアを飲みようになってから、美白用ファンデがいらなくなりました。

私には紫外線でできたシミがあったので毎日濃いめのファンデを使って隠していたんです。
しかしメイクから時間が経つとお化粧が崩れてシミが丸見えに・・。

でもホワイピュアを飲むようになってから1ヶ月が経つと、すっぴん肌でも外出できるほどシミが改善されて肌が綺麗になりました。

ミルセリンホワイト

ミルセリン

ミルセリンホワイトはシミやそばかすによる色素沈着の改善に加えて、ニキビや湿疹などにも効き目のあるビタミンC主薬製剤です。

美白成分の代表格であるビタミンCが主成分なのでシミにはもちろんニキビなどの肌荒れにもよく効きます。
シミケアしながら肌荒れも治したい。そんな願望を叶えてくれるのがミルセリンホワイトです。

ミルセリンホワイトを飲むようになってから、ニキビができにくくなったような気がします。

前は肌の調子が体調によってコロコロ変わっていて対応が大変だったんですが、だんだんと落ち着いてきて肌荒れが起こりにくくキレイな肌になってきているのを実感しています。

シミやそばかすはすぐに効果出るものではないので、こういったサプリメントを長期間飲み続けて少しずつ改善していくのが大切だなと思いました!

シミ取りのサプリメントには、体調の回復を兼ねたものやニキビにも効果を示すものなど様々な種類があります。目的に合わせて自分にぴったりのサプリメントを選びたいですね。

皮膚科や病院にて行うシミ取り治療の種類

美容皮膚科で行うシミ治療には大きく分けて以下5つの方法があります。

シミの種類によって適した治療方法は変わるので、それぞれの治療法がどのようなシミの改善に効果があるのかまとめておきますね。

シミ取りレーザー

シミ取りレーザーは、シミやそばかすに即効性のある治療方法です。
肌にレーザーを照射してメラニン色素を破壊することでシミを除去します。
紫外線が原因の老人性色素斑や傷跡が原因の炎症性色素沈着に加え、そばかすや肝斑もシミ取りレーザーで除去することが可能です。

炭酸ガスレーザー

脂漏性角化症の治療に使われるのが炭酸ガスレーザーです。
いぼ状に盛り上がったシミを炭酸ガスレーザーで切り離します。

液体窒素

マイナス196度の液体窒素でシミを凍らせて除去する治療方法です。
液体窒素によるシミ取りも、脂漏性角化症に効果があります。

内服薬

内服薬による治療では、シナールやトランサミンなどの薬を服用することでシミを改善していきます。
シナールには高濃度のビタミンCが配合されていて、紫外線やニキビ跡によって発生したシミを薄くする効果があります。
トランサミンは、女性ホルモンの影響によってできる肝斑の改善に有効な薬です。

外服薬

皮膚科でシミの治療に処方されている主な外用薬は、先述したハイドロキノンとトレチノインの2つ。
トレチノインはターンオーバーを平常時の2倍程度まで早めることができる薬です。
服用するとメラニン色素が排出されやすくなってシミを徐々に薄くしてくれます。

まとめ

ハイドロキノンクリームを使ったセルフケアやシミ取りレーザーによる治療など、効果のあるシミ消し方法には副作用がつきまとうものです。

しかしデメリットをしっかりと把握して正しいシミ対策を行えば、黒くて老いた印象を与える頑固なシミでもきれいな白いお肌へと改善していくことができます。

自分に合った方法を見つけて、毎日のシミケアを楽しみながら行なっていきましょう!




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!