輪郭がぼやけてきたらスグにやりたいフェイスラインをすっきりさせる方法


輪郭がぼやけてきた?
なんとなくフェイスラインがすっきりしない、横顔を見たら顔と首の境目がはっきりしなくなっていた、など加齢とともにぼやけてきた輪郭を気にしている女性は少なくありません。

わたしは関係ないと思っている方も、自撮りで横顔を一度撮影してみてください。
自分のイメージしているラインよりも輪郭がぼやけていたらそれは危険なサイン。

輪郭のぼやけ

輪郭がぼやけると顔が大きく見えるだけでなく、年を取って見えるなど様々な悪影響があります。

きれいなフェイスラインを手に入れるために、輪郭がぼやける原因とすっきりさせる方法を見ていきましょう。

なぜ輪郭がぼやけるの?

原因は「たるみ」と「むくみ」

体重が増えたわけではない、特に生活習慣や食事を変えたわけでもない。それなのに顔の輪郭がぼやけてしまう原因として考えられる大きな要因は加齢による「たるみ」と「むくみ」です。

年齢を重ねるとともに顔の皮膚の潤いやハリがなくなり、顔の筋力も衰えることで重力に従ってどんどん下へ下へと皮膚や肉が下がって、フェイスラインがぼやけてしまいます。

さらに、運動不足や体の筋力不足によってリンパの流れが滞り、老廃物や水分が溜まり、ぼやけた輪郭にしてしまうのです。
また、現代人にはこのように知らず知らずのうちに顔の輪郭をぼやけさせる「たるみ」と「むくみ」をさらに進めてしまう悪い習慣があります。

姿勢の悪さ

まず1つが姿勢の悪さです。

パソコンやスマホ、ゲーム機など日常的に長時間使っていると、下を向くことが多くなり、猫背になっています。
そこから体のバランスを取るために首が前に突き出る姿勢になることで、血行が悪くなり、肩こりなどの症状も表れ、さらにリンパの流れも悪くなってむくみやすくなっています。

また、無表情でいることも多く、表情筋の筋力低下を招き、さらにたるみやすくなっています。

食事の変化

食事の変化も無関係ではありません。

欧米化が進んだ現代の食事は、あまり噛まなくても食べられる柔らかいものが多いため、顎の筋肉や骨が十分に発達せず、顎が細く狭い人が増えていることはよく知られていますね。

顎が発達しないことで歯がきれいにならぶスペースが無くなり歯並びが悪くなり、固い物が食べ辛くなります。
また、顎の筋力がないことでさらに柔らかいものを好んで食べるようになるなど、普段の食事で顎が正常に成長し、鍛えられる機会が減っています。

それでも、若いうちは顔の筋力や肌のハリ等によってフェイスラインをくっきりさせることができますが、年齢を重ねていくうちに顔の下半分がたるみやすくなってしまうのです。

輪郭がぼやける原因

このように、現代人はむくみやたるみを引き起こしやすい状態にあるため、さらに顔の輪郭がぼやけやすくなっています。

見た目にも好ましくない輪郭のぼやけは放置しておけば悪化するしかありません。
しかし、毎日のちょっとしたトレーニング等で簡単に改善することができるため、気付いたときに即行動することがぼやけ解消の第一歩です。

顔や首の筋力アップで輪郭すっきり

顔の輪郭がすっきりしないと、顔が大きく見えてしまう上に、老けて見られることも。

顔の輪郭のぼやけを解消するには、顔や首の筋力アップが欠かせません。
それでは顔の輪郭をすっきりさせるために鍛えたい筋肉別に筋力アップ方法をご紹介します。

下唇の下にある筋肉のオトガイ筋が衰えると顎のラインがぼやけてしまいます。

オトガイ筋を鍛えるには、

・真上を向いて首を伸ばし、下唇を上に突き出すイメージで口をすぼめて5秒キープ。
・顔をゆっくり戻します。

これを気が付いたときに1回3セットを行うようにしましょう。

顔を上に向けることで首の筋も伸びてすっきりします。

広頸筋は首の前部分にある筋肉です。広頸筋が衰えると首のしわも増えるのでエイジングサインが見える前に行うと良いでしょう。

・背筋を伸ばし、ゆっくりと顔を地面と水平になるように上に向けます。
・顎を上に突き出すようにして筋肉に負荷を掛けながら、5秒キープします。
・ゆっくり元に戻します。

真上を向いたとき、舌を思いっきり上に突き出すとさらに効果的です。
広頸筋が鍛えられるとデコルテラインもすっきり見えるようになります。

首の横にある首筋の筋肉である胸鎖乳突筋の筋力アップも効果的です。

輪郭のぼやけ解消

・背筋を伸ばし、息を吐きながら真横をゆっくり向きます。
・真横を向いたら5秒キープ。
・ゆっくり真正面を向いたら、次は反対方向を見るようにします。
・真横を向いたら再び5秒キープします。

このとき肩を上げたり、体が顔の方向に向かないように気を付けましょう。
胸鎖乳突筋を動かすと、この筋肉の近くにあるリンパにも刺激を与え、リンパの流れを良くすることもできるので一石二鳥です。

普段から顔の筋肉を動かすように心がけましょう。
人としゃべったり、笑ったり、食事を食べるときには咀嚼回数を多くすることも効果的です。

その他にも、「あ・い・う・え・お」と母音を表情豊かに発声するトレーニングもおすすめです。

・目を見開き頬の筋肉を意識しながらの「あ」
・目を細め思い切り唇を横に開く「い」
・唇を突き出し口をすぼめる「う」
・口を四角く広げるイメージで大きく開く「え」
・目を見開き、頬の筋肉を動かしながらの「お」

をテレビを見ながら、入浴しながら等の「ながら」で良いので、毎日繰り返すようにしましょう。

顔や首のマッサージ・ツボで輪郭すっきり

輪郭をぼやけさせるもう一つの原因である「むくみ」解消にはリンパマッサージが効果的です。

リンパマッサージ

まずフェイスラインをすっきりさせるために、顔のリンパマッサージから始めましょう。
顔と手を清潔にし、顔の中心から外側に向かって優しくマッサージします。

最初に耳の前にある「耳下腺リンパ節」に老廃物を集めるように目のまわりのリンパマッサージをしたら、そこからフェイスライン→首筋(頸リンパ本幹)→鎖骨(静脈角)に流すようにしましょう。

鎖骨のまわりはリンパが集まる場所(静脈角)なので、鎖骨をマッサージしてほぐすこともむくみ解消に役立ちます。
親指以外の4本の指の腹を鎖骨のくぼみに沿って当て、軽くマッサージするように押していくだけです。

これを行うことで、顔や首に溜まっていた老廃物や余分な水分もすっきり静脈に押し流すことができ、顔の輪郭や首筋もすっきりするはずです。

すっきりさせるツボ押し

リンパマッサージとともに取り入れたいのが、すっきりさせるツボの上廉泉(かみれんせん)と頬車(きょうしゃ)です。

あごの真下のへこんだ部分にあるツボ「上廉泉」をスタート位置にし、あごのえら部分から1センチほど内側に入ったくぼみの部分にある「頬車」にかけてゆっくり押していきます。

手を軽く握り、親指と人差し指の側面を使って顎をはさみ、息を吐きながら痛くない程度に押していきましょう。

生活習慣も改善

筋力アップやマッサージ等を行うだけでもかなり顔の輪郭のぼやけを解消することができますが、それだけでは効果は不十分です。

生活習慣の改善

日常的に猫背になっている方は、背筋をピンと伸ばし、胸を張り、姿勢よく過ごすように心がけてください。
また、食事のときには固いものを食べるようにし、ゆっくり食べ、よく噛むようにすることも欠かせません。

そのほかにも、女性に多い冷え性もむくみやたるみを引き起こす大きな原因となるので注意が必要です。
体が冷えてしまうと、血流が悪くなり、リンパの流れも悪くなって老廃物が体に蓄積され、新陳代謝も低下するなど様々なトラブルを引き起こす原因にもなります。
血行をスムーズにし、リンパも滞りなく流れるように、からだが冷えないように心がけてください。

また、睡眠不足や栄養バランスの乱れた食事も、体の老化を進め、顔の輪郭がぼやけやすくなってしまうため、しっかりと日常生活の改善も取り組むようにしましょう。

まとめ

顔と首のラインがぼやけてきた、フェイスラインが緩んだ、なんとなく顔が大きくなってしもぶくれになってきた、という場合は、上記のような原因によって顔のたるみやむくみが進行している可能性が高い状態です。

輪郭がスッキリ
幸いなことに、顔の輪郭がぼやけてしまっても、気が付いた時にすぐに対策をとることで比較的簡単に状態を改善することが可能です。

今回ご紹介したストレッチやツボ押しなどとても簡単にできることばかりなので、顔の輪郭がぼやけてきたなと感じたらすぐに取り組んでみてください。

毎日のちょっとした対策と生活の改善で、すっきりキレイなフェイスラインを手に入れましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!