「フラクショナルレーザー」を使用出来ない部位や肌質について


美肌効果の高い美容機器として知られている「フラクショナルレーザー」美顔器
私自身も愛用していますが、日々のお肌のお手入れに欠かせないものとなっています。
スキンケア効果をアップするのに役立つアイテムなのですが、使う人によっては肌トラブルのリスクがありますので、注意してもらいたいポイントについてまとめてみました。

「フラクショナルレーザー」を使用できない部位

「フラクショナルレーザー」は顔だけではなく身体にも照射できるレーザーです。
ただし、皮膚の深い部分にまで熱作用を及ぼしますので、神経が皮膚の浅い部分を走行している部位には使用することができません。
まぶたや唇のお手入れは避けましょう。
また、皮膚内部に働きかけるものですので、目の中にレーザーを照射することはできません。

フラクショナルレーザー使用不可

そして、日焼けしている部位や治癒していない皮膚炎のある部位にも使用しない方が良いとされています。
家庭用の「フラクショナルレーザー」美顔器の場合は、レーザーの出力を自分で調整します。
弱い出力ではあまり効果を感じられずに出力をアップしてレーザーを照射することもあるでしょう。
すると、日焼けや炎症部分に痛みを感じたり、使用後の赤みが強く出やすくなったりというリスクが生じます。

「フラクショナルレーザー」を使用できない肌質

あなたの肌質に「フラクショナルレーザー」が適しているかをしっかりと確認してからお手入れを始めてみましょう。
「フラクショナルレーザー」が使用できない肌質は以下の通りです。

ニキビ肌

ちょっとややこしいかもしれませんが、「フラクショナルレーザー」はニキビ痕には効果的ですが、ニキビ肌には向いていないお手入れ方法です。
「フラクショナルレーザー」を行うと、熱作用で皮脂が一時的に多くなりますので、ニキビ肌がより一層悪化してしまう可能性があります。

敏感肌

フラクショナル機器によってレーザーを使用すると、レーザー光線が皮下の深い部分にまで熱エネルギーが伝わります。

敏感肌

もちろん、お肌のお手入れをする際の安全性は保証されている訳ですが、お肌がデリケートな敏感肌にとってはやや刺激が強過ぎる場合があります。
レーザーの熱を刺激と感受してしまった場合には、軽いやけどのような状態になってしまうケースが確認されています。

アレルギー体質

アトピー性皮膚炎や光に対してアレルギーをお持ちの場合は「フラクショナルレーザー」の使用を避けた方が良いと思います。
「フラクショナルレーザー」は一時的に皮膚に穴を作り、細胞の修復を促す仕組みの美容方法です。
皮膚に炎症などの疾患が認められるアトピー肌では、細胞の修復が上手くいかずに症状を悪化させてしまう可能性があります。

アレルギー

また、光に対してアレルギーをお持ちの場合は、「フラクショナルレーザー」の光線自体がアレルギーを引き起こす原因となり兼ねません。

美容クリニックやエステに通っている人

美容クリニックやエステティックサロンに通い、何種類もの美肌ケアを同時に行っている場合があると思います。
色々な美肌ケアの相乗効果が得られるので、美意識が高い人はこのようなケースが比較的多い傾向が見られます。
ただし、「フラクショナルレーザー」は他の種類の美容治療と並行することがおすすめできません。

エステ

他の美容治療で皮膚組織に働きかけている状態で「フラクショナルレーザー」を使ってしまうと、本来は安全であるはずの光線エネルギーが刺激となって皮膚に伝わってしまうリスクがあります。
その結果、美肌効果どころか皮膚トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

肝斑がある肌

濃い肝斑がある肌には「フラクショナルレーザー」は向いていません。
肝斑部分のメラニン色素が活性化して、さらに濃くなってしまうことがあります。

「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」の正しい使い方

フラクショナルレーザーを利用した人気の美顔器「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」。
目元のお手入れに効果的で、小じわやたるみなどを解消することを目的として使い始める方が増えています。

美容クリニックなどでは医師が施術してくれるため、私たち自身にそれほど知識がなくても安全に利用することができます。
でも、家庭用の「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」は、使う人自身が正しい知識を持っていないと安全に美肌ケアをすることができません。
そこで、「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」の正しい使い方についてまとめてみました。

使ってはいけない部位

「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」は美容クリニックレベルの美肌効果を得ることができる目元専用の美顔器ですので、目の周囲ならばどこでも使えると思って購入する方が多いようです。
しかし、使ってはいけない部位があることを知っておきましょう。

まぶたには使用することができませんのでご注意ください。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」は皮膚の奥深くまでレーザーのパワーが及びます。
そこで、まぶたに当ててしまった場合、皮膚だけに留まらず、眼球に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、使用することは避けた方が良いとされています。
まぶたも小じわができてしまう部分なのでお手入れに使いたいところですが、目の安全のためには我慢した方が良さそうですね。

また、トリアの公式サイトでは、「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」は目元以外には使用しないように記載されています。
そもそも、目元専用の美顔器ですので、安全性の検査が目元以外の部分で行われていないというのが理由となっています。

ただし、利用者の口コミなどを見てみると、眉間のシワやほうれい線を取るためのケアに使っている方がいらっしゃいます。
しかも、美肌効果が得られたという結果が出ているケースもあるので、自己責任において目元以外の部分で試してみるもいいかもしれませんね。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」は狭い範囲のお肌のお手入れに特化したアイテムですから、目元に似た悩みを感じやすい眉間や頬にも効果が出やすいと言えるのではないでしょうか。

美肌効果をアップする使い方

「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」は、目元の小じわや目の下のたるみを軽減したい場合に最適なスキンケアとなります。
フラクショナルレーザーによる蒸散効果と熱変性効果を同時に実現した美顔器という特性上、お手入れをする時にひと手間加えると美肌効果がアップします。

ちょっと専門用語がわかりにくいので、まずは蒸散効果と熱変性効果についてお話しします。
蒸散効果というのは皮膚細胞を破壊することです。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」を使うと皮膚に穴が開きますが、これが蒸散効果に当ります。
そして、熱変性効果というのは、衰えた古い皮膚細胞が取り除かれて新しい肌に入れ替わることです。
穴が開いた皮膚が赤みを帯びたり、かさぶたができたりして再生していくのが熱変性効果に当ります。

さて、ここで、「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」の効果をアップするポイントです。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」には、お手入れの時に一緒に使えるコスメが販売されています。

保湿効果の高いヒアルロン酸、コラーゲン、アロエベラ葉エキスなどを配合した「トリア・スキン リペアアイクリーム」というものです。
こってりとした濃厚なテクスチャーの目元専用クリームです。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」でお手入れをした後に使うことで、より相乗的なお肌の入れ替え効果が得られます。

「トリア・スキン リペアアイクリーム」を使ったスキンケア方法は至ってシンプル。
目元をトリートメントした後に塗って、「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」の金属ヘッドを滑らせてお肌に浸透させる感じです。
しっとりした感触になり、乾燥しがちな目元の皮膚に潤いを与えてくれます。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」のお手入れでハリが出ますが、「トリア・スキン リペアアイクリーム」を使うとそのハリをキープできるような感じです。
つまり、トリートメント効果が持続しやすくなるんです。

フラクショナルレーザーは若返りレーザーなどとも呼ばれていますから、年齢が気になり始めた方には魅力的なスキンケア効果を得られると思います。
「トリア・スキンエイジング アイケアレーザー」と「トリア・スキン リペアアイクリーム」のダブルのお手入れで、若返り効果を実感してみましょう!


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!