美しい胸元の大敵!「胸ニキビ」の原因と解決方法


胸元の開いたトップスや水着など、ついつい目が行くデコルテ部分。
つるりとした美しい肌は、洋服やアクセサリーが映えるだけでなく、女性らしいしなやかさやセクシーさを醸し出す勝負ポイントでもありますね。

しかし、そこにポツポツと吹き出物が出来ていたら台無し。

胸ニキビ

これは一般的に「胸ニキビ」と呼ばれるもので、思春期の頃合いにできる思春期ニキビと違い、大人になってからできる大人ニキビの一種で、意外と多くの女性が悩まされる肌トラブルでもあります。
でも、ちょっとしたケアで「胸ニキビ」ができないようにすることができるんですよ。

それでは、鎖骨周辺から胸の間にかけてできる「胸ニキビ」がなぜできるのか、そしてその対策方法・解決方法を見ていきましょう。

胸ニキビの原因は?

胸元やデコルテにできる「胸ニキビ」は、顔にできるニキビのもととなる”アクネ菌”だけが原因ではありません。
別の真菌の一種”マラセチア菌”によって炎症が起こることでできる、別名『マラセチア毛包炎』に分類されるものもあります。
これらの菌が毛穴のトラブルを引き起こし、ボツボツと胸元に目立つ「胸ニキビ」を作り出してしまうのです。

胸ニキビの原因

意外と胸は汗をかきやすい場所であると同時に、皮脂の分泌が活発で溜まりやすい場所。
普段、顔や首など汗をかいたらタオルですぐに拭きとる習慣がある方でも、胸元までしっかり拭くことは少ないことでしょう。
洋服を着ていれば人目もあってなかなかぬぐいにくい場所ですし、そもそもその部分に汗をかいていることに気付かず汚れたままにしてしまうことも多々あるものです。

このように、汗をかきやすい時期には「高温多湿」の菌が繁殖しやすい多湿な状態になるデコルテ部分から胸元のゾーンですが、そのほかにも普段の生活にも「胸ニキビ」を発生させてしまいやすくなる習慣があります。

その一つが入浴時。
体を洗う時には手足など汚れが気になる部分に比べてささっと手軽に済ませてしまう場所でもありますし、洗い流したシャンプーやコンディショナーの流し残しが付着しやすい場所でもあります。

また、デコルテ部分を覆う洋服が汗や皮脂で汚れて肌に密着していたり、通気性が悪いとさらに菌を活発に繁殖させてしまうことに。

意外と盲点なのが髪の毛です。
髪の毛は毎日丁寧に洗髪していても空気中のちりやほこりなどの汚れが付着しています。
また、スタイリング剤などをつけた髪が胸元に当たることで、肌を刺激し、汚れを付け、「胸ニキビ」ができやすくなってしまうのです。

そのほかにもストレスや睡眠不足による自律神経の乱れによってターンオーバーが乱れたり、栄養バランスの悪い食事や喫煙、紫外線などの要因も相まって、大人のお肌は「胸ニキビ」ができやすい状態となってしまいます。

胸ニキビを解消するには?

胸ニキビを解消する方法は、原因がわかれば明らかですね。

体を洗う時には、しっかり泡立てたボディソープで胸元も丁寧に洗い流しましょう。
汚れや皮脂をごっそり落としたい!とゴシゴシ洗うのは厳禁です。

胸ニキビの改善

肌のバリア機能を果たすために必要な分までごっそり取り除いてしまうと、肌の防衛機能が働いてさらに過剰に皮脂を分泌するようになって、さらに「胸ニキビ」ができやすい肌環境になってしまいます。
また、肌に必要な常在菌も取り除くことは決してプラスにはなりません。

肌質にあった低刺激のボディソープ等を使い、丁寧に洗い流すこと。
そして、髪の毛を洗った後に体を洗うようにすれば、シャンプーやコンディショナーの洗い残しも防ぐことができますよ。

胸元のスキンケアをしない、あるいは手足と同じボディクリームやローションを使っている方も要改善です。
皮脂の分泌が多い胸元に、オイル分たっぷりのボディクリームはさらにべたつきを加速し、毛穴のつまりを進行させてしまいます。

できれば顔と同じスキンケアアイテムがベスト。
お顔のお手入れをした後、手に残ったもので良いのでそのまま首からデコルテ、胸元までお手入れするようにしましょう。

お肌に直接触れる洋服にも配慮が必要です。
常に清潔な衣類を着用するようにしましょう。
ナイロンなどの化学繊維よりも、綿素材などの自然の素材のものを選ぶのがおすすめ。

また、衣類用洗剤や柔軟剤も自分の肌に合わないものは肌トラブルのもととなるので、色々試して肌に刺激を感じないものを選ぶようにするとさらに効果的です。

汗はこまめに拭くようにしましょう。
汗をよくかく季節は、メイク直しをするときなどについでに胸元も清潔なタオル等で汗をぬぐって汚れたままにしないように。
制汗剤を使っている場合は、入浴する時にはさらに念入りに洗うようにしましょう。

うっかり見過ごしがちな首や胸元にも、しっかり紫外線は当たっています。
顔や手と同様に、首やデコルテ部分にもUVケアを行いましょう。
紫外線の中でも、95%を占めるUVAは、曇りの日や室内にいても通過して肌まで到達するおそろしいものです。

赤みや炎症を引き起こすUVBと異なり、UVAは当たっていることに気付きにくいので要注意。
光老化をすすめるUVAが肌に当たると繊維芽細胞に損傷を与えて、シミやシワやたるみを引き起こし、ターンオーバーを乱すなど肌に深刻なトラブルを与えます。

曇りの日でも、室内にいる日でも、紫外線対策は胸元までしっかり行うようにしましょう。

お肌の大敵である睡眠不足や、栄養不足や栄養バランスが乱れている食事をとっている方は早急に生活習慣や食事を改善しましょう。
とくに、粘膜や皮膚を健康に保つビタミンA、皮脂の過剰分泌を抑えて皮脂の再生を促す働きがあるビタミンB1・B2、皮膚の健康を維持するビタミンB6、お肌の新陳代謝を活発にするビタミンE、言わずと知れた美肌成分であるビタミンCなどを積極的に取り入れるようにすると、「胸ニキビ」を間接的に防ぐことができますよ。

ストレスは、想像以上に心身ともに負荷をかけるものです。
しかし、現代社会でストレス無しに暮らすのは不可能。

が、ストレスを感じた場合にすぐに発散する、気にしないように思考方法を変えるなど上手にストレスに潰されずに付き合っていく方法はたくさんあります。
自分に合ったストレス発散方法を見つけ、ストレスを感じたなと思ったらその都度解消し、ストレスを溜めこまないようにしていきましょう。

胸ニキビができてしまったら

「胸ニキビ」ができる原因と対策方法がわかったら、あとは実践するだけです。
何度も繰り返して「胸ニキビ」ができて困っていると言う方は、普段の生活等を振り返り、ひとつずつ改善していくようにしましょう。

胸ニキビの対処

すでにできてしまった「胸ニキビ」が、白ニキビや黒ニキビなど比較的初期の段階の場合は、上記の対策をとることで悪化を防ぎ、次第にできにくくなるようになっていくはずです。

さらに、次の段階である赤ニキビ(炎症している)、黄ニキビ(化膿して膿ができる)の状態になった場合は、絶対に自分でつぶしてはいけません。
胸元は色素の沈着しやすい部分でもあるので、状態が悪化してしまったらすみやかな皮膚科の受診がおすすめです。

受診しても飲み薬や抗真菌剤やステロイド剤などの対症療法しかできませんが、ニキビ跡ができるのを防ぐためにも専門の科に相談するのが良いでしょう。
皮膚科のなかにはニキビ外来があるところもありますよ。

まとめ

体にできるニキビとしては、背中ニキビに次いで悩む方が多い「胸ニキビ」。
原因は「大人ニキビ」と基本的に同じなので、普段から清潔にし、規則正しい生活やバランスの取れた食事などが不可欠です。

せっかくおしゃれにしていても、胸元が「胸ニキビ」でブツブツしていたら台無しになってしまいます。
しかし、「胸ニキビ」は恐れるに足らず!
普段の配慮だけでも発生を抑えることができますし、出来てしまったとしても早い段階で対処できれば跡が残ることもありません。
美しい胸元を手に入れるなら、ぜひ上記の方法をお試しください。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!