クレンジング・メイク落としが不要なファンデーション


素肌を美しく保つためにはノーメイクが一番良い方法という考えの方もいらっしゃるようですが、私たちの身の回りにはお肌のダメージとなる刺激に溢れています。
基本的なスキンケアで保護できる範囲は限られていますので、日中のお肌の保護はメイクによって行う必要があります。

そこで、ファンデーションの役割が重要になってくるのですが、メイク後のクレンジングやメイク落としがお肌に負担となってしまうという問題が出てきます。
素肌を日中のダメージと洗顔時の刺激から守るためには、メイクオフする時のお肌の負担を軽減できる、クレンジングやメイク落としが不要なファンデーションがおすすめです。

クレンジングやメイク落としが不要なファンデーションを選ぶポイント

お肌への負担を考えてクレンジングやメイク落としが不要なファンデーションを使いたいという方に最適の商品はどのようなものでしょうか?

■オイルフリーのファンデーション

化粧ノリを良くしたり、密着力や耐水性を高めたりするために、油性成分を含んでいるファンデーションがあります。
確かに使い心地やメイクの仕上がりは良いのですが、皮膚に付着した油分を落すためにクレンジングが欠かせません。

クレンジング

油性成分は石油が原料となっていますからお肌に刺激があることはもちろん、洗浄力の弱い石けんでは落すことができません。

そこで、油性成分を含んでいないファンデーションがおすすめなのです。
ファンデーションには「オイルフリー」と謳っている商品がありますので、クレンジングやメイク落としを使いたくないという方はこのようなタイプを選んでみましょう。

■オーガニックファンデーション

日本で販売されているオーガニックファンデーションは、一般的には有機栽培された植物成分由来の成分を主体に作られているものが多い傾向があります。
植物由来成分は洗浄力の弱い石けんでも十分に落すことができます。

お肌に負担をかけないことを目的としているファンデーションということで配合成分自体が低刺激なので敏感肌やアトピーの方に人気がありますが、クレンジングやメイク落としを使いたくないという方にも最適と言えます。
種類も豊富で、パウダー、プレスト、リキッド、クリームなど、使いやすい形状から選ぶことが可能です。

■ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは色素や顔料として使われている成分が天然素材の鉱物(ミネラル)のみとなっていますから、お肌に着色料が付着することがありません。
つまり、弱い洗浄力の石けんだけでも十分に落すことができるのです。

石けん

また、基本的には化学的な合成成分が使われていません。
特に、100%ミネラルファンデーションと謳っている商品であれば、マイカ、酸化鉄、酸化亜鉛、酸化チタンといった天然鉱物のみが主成分となっていて、油分、界面活性剤、保存料など、クレンジングを使わないと落ちない成分が入っていないので、石けんだけでメイクオフできます。

ポイントメイクをした時のメイクの落し方

筆者自身は普段からミネラルファンデーションを愛用しているのですが、ナチュラルな仕上がりにワンポイント加えるために、マスカラやアイライナー、アイシャドウなどを使用することがあります。
それに、眉マスカラで眉の形を整えることもあります。

マスカラはウォータープルーフ仕様であったり、アイシャドウは着色料が入っていたりするので、目元用のアイテムは石けんだけではきれいに落すことができません。
でも、ポイントメイクを落すために顔全体をクレンジング剤で洗浄するのはお肌の負担になって困ります。
ですから、ポイントメイクは専用のリムーバー(クレンジング剤)で落すのが良いでしょう。

マスカラ

メイクオフする順番としては、まずは落ちにくいポイントメイクをしっかりと落します。
コットンに専用リムーバーを染み込ませて、マスカラはまつ毛を挟み込んでやさしく拭き取ります。
まつ毛が抜けてしまうのが心配な方は、少し手間はかかりますが、綿棒にリムーバーを染み込ませて、まぶたにコットンを当てた状態でまつ毛を丁寧に拭きながら落していくのが安心だと思います。
今は、マスカラを塗るのと同じようにまつ毛を梳かしながら塗ってコットンで拭き取ると、スルスルと簡単に落とせる商品もあります。

アイシャドウやアイライナーはアイメイクリムーバーを使うのが一般的です。
アイメイクリムーバーを染み込ませたコットンをまぶたにしばらく乗せておくと、着色料の色素が浮いてくるのでこすらずに落すことができます。

ポイントメイク

目元専用のリムーバーは成分を浮かせて落とすのでこする必要はないですし、使い方が正しければお肌を傷付けてしまうことはありません。
ただし、洗浄力が強いので刺激に弱い肌質の方は注意が必要です。

ポイントメイクがしっかりと落ちたら、あとはファンデーションを石けんで落します。
ポイントメイクを先に落すことで、あとで顔全体を石けんで洗った時にファンデーションと一緒に目元のメイク汚れもしっかりと洗い流すことができるというメリットがあります。

華やかさが全くないのは物足りなく感じてしまうものですから、ファンデーションは石けんで落せるものを使ってナチュラルに仕上げつつ、目元はバッチリというメイクにするのがおすすめです。
ポイントメイク専用のメイク落としを上手に利用して、毎日のお肌の負担を軽減してみましょう。

お肌にやさしいメイクと正しい洗顔

お肌がデリケートだと、『ファンデーションを使わない方が良さそうだし、トラブルも減るんじゃないかな?』と思ってしまいがちです。
でも、素肌の状態だと紫外線や外気、乾燥やホコリなどに晒されているんです。
ですから、しっかりとお肌を守るためには「お肌にやさしくて保護する役割をしてくれるメイク」が欠かせません。

ちょっとの刺激でもすぐに肌が荒れてしまう敏感肌や、かさつきがちで炎症を繰り返しやすい乾燥肌の場合、「低刺激」「高保湿」がキーワードになります。
化粧品に含まれている成分が刺激のないものであれば、お肌が過敏に反応することもないので安心してメイクをすることができます。
また、保湿成分がたっぷりと含まれていると、メイク中もお肌を乾燥から守って、炎症になることを未然に防ぐことにつながってきます。

ファンデーション選び方

そして、ニキビ肌の場合、化粧品に含まれる余計な油分がアクネ菌の栄養になってしまいますので、できるだけオイルフリーのファンデーションを選ぶのが良いでしょう。
脂っぽい肌の方も化粧品の油分がトラブルを起こしやすくしますので、ファンデーションはさっぱり系の油分を含まないものを使うのがおすすめです。

お肌を守る重要な役割を果たすのは、ベースメイクに使用するファンデーションです。
肌質を考慮しながら配合されている成分や性質を見極めて、毎日のメイクでお肌を保護するファンデーションを選んでみましょう。

洗顔というのは、皮膚の余分な皮脂を取り除くために行うものです。
寝ている間に分泌されている皮脂を朝の洗顔で取り除き、寝る前には日中分泌された皮脂を取り除くといのが洗顔の基本と言えます。

一方、クレンジングというのはメイク製品に含まれている油分による汚れを取り除くために行うものです。
クレンジング剤には油分を遊離させてくれる役割がありますので、しっかりとフィットしたメイクを取り除くためにはクレンジングが欠かせません。

クレンジング剤はあくまでもお肌からメイクの油分を引き離すことを目的としていますので、水で濯いだだけではメイク汚れとクレンジング剤がお肌に残ります。
ですから、クレンジングのあとから必ず洗顔をする必要があります。
いわゆるダブル洗顔と呼ばれているものですね。
毎日のようにダブル洗顔をしていると、クレンジング剤の刺激とクレンジングと洗顔によってお肌を濯ぐことによる刺激が重なるので、お肌がかなりのダメージを受けることになります。
そこで、人によってはお肌が乾燥しやすくなったり、シワやたるみが増えたりすることがあります。

ファンデーション

一方、油分の入っていないメイク用品であれば、石けんによる洗顔だけでOKという場合もあります。
私も毎日使っているミネラルファンデーションであれば石けん落すことができますので、普段通りの洗顔でメイクオフすることが可能です。
以前はダブル洗顔が必要なファンデーションを使っていましたが、肌荒れがひどくてメイクするのがつらいほどになった時がありました。
そんな時にお肌のことを考えてミネラルファンデーションに変えたのですが、石けんだけでメイクオフできるようになってからお肌の調子が格段に良くなりました。
お肌のかさつきも改善されましたし、肌が荒れる心配もなくなりました。
クレンジングがいかにお肌にダメージを与えるものであったのかがよくわかりましたので、できることであれば洗顔のみで落せるメイクをみなさんにもおすすめしたいです。

クレンジング・メイク落としが不要なファンデーションのおすすめ

肌トラブルが心配であれば、毎日のメイクにはクレンジング・メイク落としが不要なファンデーションがおすすめです。
そこで、石けんだけで落ちるファンデーションを厳選してご紹介したいと思います。

エトヴォス/マットスムースミネラルファンデーション

■ミネラルファンデーションスターターキットM(マット)

マットスムースミネラルファンデーション

■セット内容
・ミネラルファンデーション(約2週間分)
・化粧下地パウダー(約2週間分)
・フェイスカブキブラシ
・化粧下地パウダーサンプル(エンリッチシルキープライマー)

【スキンケアサンプル】(約7日分)
・洗顔石けん 5g
・化粧水 20mL
・美容液 10mL
・アルガンオイル 3mL

■価格:1,800円
■送料:無料

お肌の専門家が作った石けんで落せるミネラルファンデーションのトライアルセットです。
エトヴォスのミネラルファンデーションは、お肌に必要な水分と油分を残しつつメイクオフできるところが最大の魅力。
しかも、天然ミネラル100%なのに高保湿なので、敏感肌や乾燥肌の強い味方になります。

ファンデーションの他、スキンケア効果のある化粧下地や、毎日のスキンケアとして使える充実の基礎化粧品まで揃います。
メイク前のスキンケアもエトヴォスのアイテムで完璧にすることで、お肌のコンディションの変化を実感できるはずです。
お肌がデリケートになっていてメイクするのが不安な方は、トータルスキンケアで肌質改善に挑戦してみましょう。

レイチェルワイン

■ミネラルメイクアップ トライアルセット

マットスムースミネラルファンデーション

■セット内容
・ミネラルファンデーション2色 0.5g×2
・アクセントフェースパウダー 0.3g
・ソフトフィットブラシカブキ 

■価格:1,980円
■送料:無料

アルコール、界面活性剤、防腐剤を一切使用していないので、クレンジング不要で石けんだけでメイクオフできるミネラルファンデーションのトライアルセットです。
天然ミネラルのみから作られているレイチェルワインのミネラルファンデーションは、なんと言っても塗り心地の軽さがお肌に負担を与えません。
しかも、カバー力、皮脂吸着力、UV機能にも優れていますので、化粧崩れ知らずのきれいな仕上がりで、紫外線対策もバッチリです。
カラーは自分で好みの2色を選ぶことができますので、肌の色にしっくりくるものを探し安いと思います。

レイチェルワインは敏感肌と乾燥肌のためのスキンケア発想のメイクコスメということを重視していますので、お肌にストレスのかからないメイクを楽しむことができます。

また、ファンデーションの上から重ねることで皮脂吸収力をアップして化粧崩れしにくくできる仕上げパウダーも試すことができます。
ファンデーションにプラスして使えばサラサラの仕上がりを長時間維持できます。
さらに、上質なカブキブラシの使い心地も抜群ですから、メイクアップコスメのお試しセットとしても大変満足できる内容になっています。

ナチュラグラッセ

■ファンデーショントルテ

ナチュラグラッセ

■内容量:9g
■価格:4,536円(税込)
■送料:440円

トリートメント効果のあるパウダーファンデーションです。
植物性オイルと植物エキスが主成分となっていますので、メイクオフは石けんだけでOK。
洗顔時のお肌の負担が少ないファンデーションと言えます。
油分が含まれておらず、塗り心地も非常に軽いので、ナチュラルな使い心地のファンデーションをお探しの方には最適だと思います。

また、天然ミネラルや天然保湿成分が高配合されているので、お肌のしっとり感を味わうことができます。
毛穴の目立ちにくいマットな仕上がりが続きます。
あと、くすみにも強いので、お肌の透明感を求めている方にもおすすめです。

エトヴォス/ミネラルリキッドファンデーション

ミネラルリキッドファンデーション

■内容量:30g
■価格:4,536円(税込)
■送料:450円

お肌のバリア機能を高める効果のあるミネラルファンデーションです。
シリコン、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、タルク、ナノ粒子、合成香料を使用していませんので、クレンジング不要で石けんで落すことができます。
リキッドファンデーションならではのオールインワンメイクができるので、化粧下地なしでノリが良く、長持ちする仕上がりなのも◎

エトヴォスのリキッドは保湿成分にこだわっています。
「セラミド2・3・6Ⅱ)」「天然保湿因子」「アミノ酸誘導体」「シロキクラゲ多糖体」「リピジュア」といったスキンケア化粧品さながらの高保湿成分がたっぷりと含まれているので、メイク中に水分保持力の高い状態が続きます。
これは、メイク中のお肌の疲れを感じさせず、メイクオフした後も乾燥しにくくしてくれる効果をもたらしてくれます。
さらに、アルガンオイルやマカデミアナッツ油がお肌のハリ感をアップさせてくれます。
もっちりした感触の肌作りにはピッタリのファンデーションと言えます。

実際にクレンジングが不要なのか石けんで落としてみました

クレンジング不要といっても、やはり本当にファンデーションが残らないのか不安な方も多いと思います。
そこで、私が普段から愛用しているエトヴォスのミネラルファンデーションを使って、石けんだけで落とせるのかどうか試してみました。

エトヴォスのパウダータイプのミネラルファンデーション「マットスムースミネラルファンデーション」を使います。

マットスムースミネラルファンデーション

エトヴォスのミネラルファンデーションは、敏感肌や乾燥肌のためのお肌にやさしい成分だけで作られたファンデーションです。

エトヴォスのパウダーミネラルファンデーション

主成分はミネラルのみで、防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などを含んでいませんから、石けんだけで落とすことができます。

エトヴォスのミネラルファンデーション

手に塗ってみるとわりと密着力がありますが、非常に付け心地は軽いです。

エトヴォス塗り心地

パウダーファンデーションなので洗浄力の弱い石けんだけで落とせそうですが、実際にメイクオフして試してみます。

洗浄する石けんもエトヴォスの製品を使います。

エトヴォス石けん

保湿成分がギュッと凝縮された濃密泡ができる石けんで、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とせるのにお肌にやさしい石けんです。
もちろん、エトヴォスのミネラルファンデーションのメイクオフにも使うことができます。
洗い上がりがつっぱらないし、お肌にやさしいメイクの後の保湿ケアがバッチリできるので気に入っています。

ちなみに、エトヴォスはスキンケア化粧品もバランスの良い成分配合で美肌にいいということなので、トライアルセットを購入しました。

エトヴォストライアルセット

今回は、その中に入っている石けんを使いました。

さて、さっそく石けんを泡立ててファンデーションを落してみます。

メイクオフ

モコモコの泡が立つので軽くクルクルと皮膚に馴染ませながら洗浄すれば、楽々ファンデーションを落すことができました。
お肌にファンデーションは残っていませんよね!

ちなみに、エトヴォスの化粧水を使って、メイクオフした後に本当にお肌にファンデーションが残っていないのかも確認してみます。

エトヴォス化粧水

こちらもトライアルセットに入っていた化粧水ですが、普段は洗顔の後の保湿ケアに使っています。

化粧水とコットン

コットンに化粧水を染み込ませて、ファンデーションを落した部分を拭き取ってみました。

拭き取り

拭き取る前と拭き取った後を比較してみても、コットンに全然色が付いていないのがわかると思います。

拭き取り確認

エトヴォスのミネラルファンデーションには、お肌に残りやすい油分や着色料などが入っていませんから、洗浄力の弱い石けんだけでもしっかりと落とすことができることが確認できました。

エトヴォスのファンデーションだとメイクした後も通常の洗顔だけでいいので、クレンジングをしていた時よりも格段にお肌のコンディションが良くなりました。
クレンジングでお肌が荒れたり、乾燥したりしている方は、すぐにでも洗顔を見直す必要があります。
エトヴォスのミネラルファンデーションをはじめ、石けんだけで落とすことができるファンデーションを探してみることをおすすめします。

ちなみに、今ならエトヴォスのミネラルファンデーションのトライアルセットを購入すると、もれなく基礎化粧品のサンプルセットがもらえます。
メイクオフに使える石けんをはじめ、化粧水、美容液、アルガンオイルなどの豪華な内容となっています。
クレンジング不要のファンデーションをお探しの方は、お肌にやさしいスキンケアアイテムも一緒に試せるチャンスですので、まずはエトヴォスからはじめてみてはいかがでしょうか。
超乾燥肌の私もお肌の変化を実感できていますので、エトヴォスはファンデーションも基礎化粧品もかなり優秀だと思います。
『今度こそお肌をきれいにしたい!』という方にはおすすめです。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!