目のまわり・まぶたにできるプツプツ・ブツブツ・イボの原因や改善法


ある日、メイクしているときに目のまわりやまぶたや目の下に小さなぷつぷつ・イボができていてびっくり!
という経験がある方もいることでしょう。

また何かまぶたに違和感があると思ったらどんどん大きくなってきて、目立つようになってきたという方は要注意。

目のぶつぶつ

もしかしてニキビ?イボ?それとも悪い病気?とぐるぐるといろんな不安が頭をよぎるでしょうが、まずは落ち着いて。

そのイボ・ぶつぶつは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」「汗管腫(かんかんしゅ)」「眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)」かもしれません。

あまり名前自体は知られてはいませんが、女性にはそれほど珍しい症状ではないのです。
それでは「稗粒腫」と「汗管腫」、「眼瞼黄色腫」についてご紹介しますね。

目のまわりやまぶたできるイボ・プツプツの種類

「稗粒腫」(はいりゅうしゅ)ってなに?

「稗粒腫」とは皮膚の下で角質がかたまった良性の出来物です。
直径1~2mm以内の袋の中には角質が入っていて、白色の小さな粒のような形状をしているのが特徴で比較的若い女性に多くみられる症状です。

「稗粒腫」の原因は、にきびや吹き出物等で毛穴が傷んだ後、治る過程で毛穴がふさがってしまい、そこにどんどん角質が溜まって盛り上がってできると言われています。
その原因はまだはっきりとは解明されておらず、体質によるものといわれています。

「稗粒腫」は自己ケアできる?治療法は?

「稗粒腫」は目のまわりにできていたとしても、ニキビや吹き出物とは異なり、炎症を起こすことがないので悪化したり、健康を損なったり、別の病気をひきおこしたりすることはないのでご安心ください。
かといって放置するには、目につきすぎる場所にあるぷつぷつなので、なんとかしたいもの。

「稗粒腫」は新陳代謝が活発な赤ちゃんなら自然と取れることもあるようですが、大人になると自然治癒は難しいと言われています。

それなら、小さいものだし、要は皮膚の下に詰まった古い角質をとればよいのだから自分で取り除いてしまおう!とハリやピンセットで強引にとってしまおうとする方もいらっしゃいますが、出来れば避けた方が無難。

というのも、「稗粒腫」ができるのは皮膚のうすい目のまわり。
取り除いたあとにばい菌が入り化膿してしまったり、色素沈着してシミになるなど別の肌トラブルを引き起こすリスクがあるからです。
さらに、目のまわりでハリやピンセットを使っているときに誤って目に刺してしまうかもしれないので非常に危険ですのでやめましょう。

「稗粒腫」は美容クリニック等の専門機関での切除がオススメです。
皮膚を注射針の先などで小さく切開し、中に詰まっている角質を押し出したり取り除く方法や、炭酸ガスレーザーで切除する方法が主に行われています。
残念ながら良性の腫瘍のため、保険的適応外となります。

また、いぼ等の治療に役立つ「ヨクイニン」が「稗粒腫」にも効くと言われているのでお試しください。

  • 艶つや習慣効果
    艶つや習慣の口コミ・レビュー

↑こちらは口コミでも評判が良い、【艶つや習慣】という目の周りの脂肪や首のイボを取るジェルクリームです。
『毎日塗っていたらすぐにブツブツがなくなった・・・!』との感想がいくつか寄せられています。

艶つや習慣を実際に使用してみました、口コミレビュー!

公式サイトはこちらから

○「稗粒腫」の予防法は?
原因が判明しているわけではないので、確実な予防法はありません。
ですが、角質を貯めないようにすることで大きくすることを防ぐことはできます。

目のぶつぶつ予防
普段から、目のまわりにニキビや吹き出物が出来ないように心がけ、古い角質が溜まらないように清潔にしておくこと。

また乾燥は皮脂の過剰な分泌を促すので、保湿をしっかりすることも予防に役立ちます。
メイクもほどほどにし、メイクオフをしっかりするのも大事です。

また目のまわりを良く触ることも「稗粒腫」を増やす原因になると言われています。
汚れた手で触ったり摩擦によって肌が傷つくとばい菌が入りやすくなってしまうため、「稗粒腫」がある方は、ふだんからあまり目のまわりを触らないように心がけることも予防になります。

「汗管腫」(かんかんしゅ)ってなに?

目の下にぶつぶつとできる「汗管腫」は、汗を出す管である汗管が増殖してできたもので皮膚と同じ色か褐色をした小型で扁平に隆起した発疹です。
サイズは直径1~5mm程度で、思春期以降に女性に多くみられる症状です。

悪性のものではないので、放置していても問題はありませんが、年齢とともに次第に数が増加して形も大きくなるので注意が必要です。
といってもサイズは最大で5mm程度にとどまります。

「汗管腫」は自己ケアできる?治療法は?

「汗管腫」も遺伝的傾向も指摘されていますが、なぜ発生するのかの原因はわかっていません。

良性で害はないものといっても、目のまわりに目立つ比較的大きなぷつぷつがあるとメイクやスキンケアのたびに気になりますし、見た目もあまりよくないのでどうにかしたいと思うのは当然のことです。
ですが、「汗管腫」も「稗粒腫」と同様の理由で、自己ケアは厳禁です。

「汗管腫」を取り除くには、専門機関で病変部を熱で壊す炭酸ガスレーザーを使った治療法があります。
盛り上がった箇所にレーザーをあてて行うのですが、治療後どのような痕が残るかわからないので一度に全部を行うことはできない上に、保険適用外なのでコストもかかります。

しかし、「汗管腫」にもヨクイニンは効果があると言われているので、お悩みの方はお試ししてみると良いでしょう。

○「稗粒腫」の予防法は?
原因がわからない以上、予防法も確立されていないのが現状です。

「眼瞼黄色腫」(がんけんおうしょくしゅ)ってなに?

中年以降の方にみられる症状で、上下の瞼の内側部にできる黄色のぼこぼことした隆起です。
ぼこぼこしたものは脂質を多量に取り込んだ泡沫細胞が真皮内に浸潤したものです。

「眼瞼黄色腫」は高脂血症の方に多くみられますが、そうでない方にも表れることがあるので確実な原因はわかっておりません。
ですが、コレステロール値が低い方は発症する方が少ないため、コレステロール値には気を配ったほうが良いでしょう。

「眼瞼黄色腫」の治療法は?

原因にコレステロール値が関係していると考えられているため、薬や食生活の改善等で出来てしまった「眼瞼黄色腫」をそれ以上大きくさせずに済むことができるケースもあります。
なにもしないで放置しておくと、さらにでこぼこが広がり、どんどん大きくなるので注意が必要です。

本人の希望により、炭酸ガスレーザー等で切除することもできますが、再発率が40%といわれ、確実に根本から治療するのは難しいようです。
また薄いまぶたなので、レーザーを当てることであとが残ることもあるので、早めに治療をするのが良いでしょう。
ただし、炭酸ガスレーザーは保険適用外となります。

目のぶつぶつは病気のサイン
また、以前に研究で「眼瞼黄色腫」は虚血性心疾患や心筋梗塞あるいは死亡の予測因子になることが報告されています。

このように「眼瞼黄色腫」は体からのなんらかのサイン・危険信号かもしれません。
最初に「眼瞼黄色腫」ができた時に、症状の悪化を防ぐためだけでなく、体の中での異変を見逃さないよう、早めに循環器内科等専門機関に相談し、早期検査・早期治療を行うことをおすすめします。

高脂血症等の原因がわかった場合、投薬を行うことで徐々に減少していくこともあります。

まぶたのイボ対策ジェルを使いました!

毎日のスキンケアを普通に続けながら目元のブツブツ対策ができるという「艶つや習慣」を実際に試してみました。

艶つや習慣

「艶つや習慣」は、目元の角質ケアと(化粧水・乳液・美容液・保湿)を兼ね備えたスキンケアが同時にできるオールインワンジェルです。

■艶つや習慣
■内容量:120g(約1ヶ月分)

■価格
通常購入:3,693円(税込)
定期購入:初回2,052円(税込)

■送料
通常購入:630円
定期購入:無料

「艶つや習慣」はプルプルのゼリー状で、鮮やかなオレンジ色をしています。

目元の角質ケア用ジェル

ポツポツをなめらかにしてくれる成分として「あんずエキス」と「ハトムギエキス」が配合されています。
この2つの成分は硬くなった角質にも効き目があることで有名です。
しかも、お肌にやさしい天然成分なので、デリケートな目元のケアにもおすすめなんですよ。

ジェル自体はプルプルした感触で、指ですくうとひんやりと感じます。

艶つや習慣テクスチャー

テクスチャーが固いわけではありませんが、けっこうしっかりと指に絡んできます。

もっちりした感触だけどプルンとしていて触り心地はとっても良いです。

艶つや習慣の感触

ドロドロと垂れてこないので使いやすさが抜群なのもいいですね。

手首に塗ってみました。

艶つや習慣塗り心地

ジェルというとすぐにサラサラになるイメージがありますが、どちらかというとしっとりした感じに仕上がります。

上まぶたから目尻の辺りにも塗ってみました。

艶つや習慣で目元ケア

いつも使っている化粧品と一緒に使ってもOKということなのですが、効き目を早く実感できるような気がして、目元の部分だけしばらくは「艶つや習慣」だけを使いました。

目の下(下まぶた)の辺りも同様のケアを続けました。

艶つや習慣効果

皮膚の弱い目元に使ってもかゆくなったり、ピリピリしたりといったトラブルもありません。

私自身、イボというほど目立つブツブツはないものの、デコボコしたふくらみが増えてきて気になっていたので「艶つや習慣」でどのくらいきれいになるのか楽しみでした。
ちょうど3週間くらい使っていますが、目元の皮膚がとにかくなめらかになってきているのを実感しています。
『あんずとハトムギってこんなにお肌をきれいにしてくれんだな~。』と驚いています。

「艶つや習慣」は硬くなっている角質にもちゃんと効き目があって、目尻にプツッと一つあったふくらみがいつの間にか消えてしまいました。
特に難しいケアをしているわけでもなく、いつものスキンケア化粧品を「艶つや習慣」に変えるだけでいいので、目元のツルツル感を取り戻したいという方にはピッタリのコスメだと思います。

艶つや習慣を実際に使用してみました、口コミレビュー!

公式サイトはこちらから

まとめ

目のまわりにできるぷつぷつは、スキンケアやメイクのたびに気になるだけでなく、人の目も気になるので非常に厄介ですね。
「稗粒腫」や「汗管腫」のように良性のもので害はないと言ってもやはり目のまわりにあれば困るし、「眼瞼黄色腫」のように身体からの危険信号である可能性もあるので、目のまわりにできるぶつぶつを軽視するのはやめましょう。

もし目のまわりにぶつぶつができたら、上記を疑い、早めの対処を行うようにしてください。

また、『病院に行かずとも自分で治したい!』と思う方には、目の周りのブツブツ用のクリームがいくつかありますので、こちらも塗ってみると効果があると言われています。
やはりヨクイニンが配合されています。

ちなみに、首のブツブツに悩んでいる人も結構多いのですが、そちらもヨクイニン(ハトムギ)配合のクリームが効果的なんですよ!
当サイトの首のブツブツ・いぼの記事はこちら




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!