化粧崩れをさせないためには?原因と防止する方法


朝時間をかけて丁寧にメイクをしても、すぐにファンデーションが浮いてきたり、毛穴落ちしたり、人によっては化粧崩れが気になることがあります。
肌質のせいもありますが、メイク方法が適切でないとか、使っているファンデーションが肌に合っていないとか、様々な原因によってメイクが崩れやすくなっているのかもしれません。

女性ならば誰でも1日中きれいなお肌を維持したいと思っているはずです。
化粧崩れの原因を知って、正しいメイク方法を実践してみましょう。

化粧崩れの原因は?

お昼や夕方になると朝塗ったファンデーションが汚く落ちてくるとか、毛穴が目立ってくるとか、気合を入れてメイクをしても1日中きれいなままでいられないというのが多くの女性の悩みです。
一体どうして化粧崩れは起こるのでしょうか?

ファンデーションが浮いてしまう原因

メイクした時にはきれいなのに、時間が経つにつれてファンデーションがドロドロになって浮いてきてしまうことがあります。

化粧崩れの原因

これは、もともと皮脂の分泌が多いのか、それとも乾燥のせいで余計な皮脂を分泌しているのか、あなた自身の体質や肌質に伴って変化しているので、まずはどちらの理由なのかを見極めてみましょう。

いずれにせよ、皮脂が過剰に分泌されることが原因となって、せっかく皮膚に塗ったファンデーションが皮脂の油分のせいで溶けて流れ落ちてしまうのです。

皮脂が分泌されても素肌をサラサラの状態に整えるために、ファンデーションの前に皮脂を吸収するタイプの化粧下地を使うのが良いでしょう。
また、ファンデーションはパウダーもしくはルースタイプを使うのがおすすめです。
リキッドファンデーションにはどうしても油分が少なからず入っていますから、皮脂と混ざるとドロドロになって崩れ方もひどくなってしまいます。
その点、パウダーファンデーションやルースファンデーションには皮脂分泌の影響を増大させるような油分がほとんど使われていません。

部分的な化粧崩れの原因

全体的には時間が経ってもそれほど化粧崩れしないという人でも、額や鼻、頬、あごなど、部分的にメイクが崩れてしまうことがあります。

【時間が経つとテカリが出てくる】
素肌の状態でも脂っぽさやベタつきを感じられる人の場合に多いのですが、「脂性肌」だと部分的にテカリやすい傾向にあります。
脂性肌の人はいわゆるTゾーン(額)や鼻の皮脂腺が発達しているので、常に皮脂が分泌されやすい状態にあります。
ですから、時間が経ってどんどん皮脂が出てくると、ファンデーションの上にまで皮脂の中に含まれている油分が出てきて、光の反射によってテカらせてしまうということなのです。

ファンデーションは保湿効果のあるものを選ぶと良いでしょう。

部分的な化粧崩れ

『テカリのある肌はサラッとしたファンデーションが良さそう!』と思いがちですが、それは大きな間違いです。
皮脂の分泌が多い人ほど保湿力のあるファンデーションを使った方が、実は皮脂の分泌が抑えられます。

【時間が経つと毛穴が目立つ】
特に鼻や頬は、時間が経つとファンデーションが入り込んでしまったようにポツポツと毛穴が目立ってくることがあります。
これは、毛穴が通常よりも大きく開いているのか、もしくは皮膚が衰えて毛穴がたるんでいるのか、いずれかが原因となっています。

毛穴が目立つ

毛穴の開きは皮脂が多くても乾燥していても起こりますので、「脂性肌」や「乾燥肌」の人に多く見られます。
これは、皮膚の水分と油分のバランスの悪さが原因と考えられます。
一方、毛穴のたるみはそのほとんどは加齢が原因です。
年を取って皮膚を支える筋肉が衰えてくると、毛穴が垂れ下がって帯状に目立ってきてしまうのです。

毛穴が落ち込んでいるとファンデーションが徐々に皮膚の中に入り込んできますので、メイクしてすぐの時よりも余計に毛穴が目立ってきてしまうということなのです。

まずは、ファンデーションを塗る前のスキンケアでひと工夫してみましょう。
洗顔→化粧水→乳液→クリームなどの毎日のスキンケアの後に、「収れん化粧水」をプラスしてからファンデーションを使ってみてください。
収れん化粧水は毛穴の引き締めに効果的です。

収れん化粧水

そして、鼻の毛穴や頬の帯状に広がる毛穴の目立ちをしっかりとカバーできる化粧下地を使うのもおすすめです。
毛穴引締め成分や保湿成分が入っている下地ですと、時間が経ってもファンデーションが毛穴の中に落ち込みにくくなります。

また、ファンデーションの塗り方にもコツがあります。
パウダーファンデーションを使う人は、毛穴が気になる場所に叩きこむように塗ると毛穴落ちしにくくなります。
リキッドファンデーションを使う人は、パウダーで仕上げると毛穴の目立たないフラットな状態が持続します。

化粧崩れさせないファンデーションの選び方

朝メイクが完璧に仕上がったら、夕方まできれいなままをキープしたいですよね!
1日のメイクの持ちはファンデーション次第です。
崩れにくいのは、リキッド?パウダー?それともその他のタイプのファンデーションでしょうか。
あなたにおすすめのファンデーションを探してみましょう。

リキッドファンデーションは美容成分豊富で保湿力に優れているので、「脂性肌」や「乾燥肌」の皮脂分泌を効果的に抑えて、毛穴の目立ちの予防に適しています。
皮脂吸収力の強力な製品も多いので、テカリや皮脂崩れにも強いと言えます。

リキッドファンデーション

そして、何よりもフィット感が抜群ですので、長時間メイクが崩れにくいというメリットがあります。
また、毛穴や皮膚の色ムラのカバー力を重視していますから、素肌の悩みを補正して肌質を向上させてくれます。

サラッとしたナチュラルな仕上がりになるのが魅力のパウダーファンデーション。
そのつけ心地の軽さ故、吸い付くようにフィットして毛穴や皮膚の凹凸をなめらかさのある肌質に仕上げてくれます。

厚塗り感がなく皮膚の色に近い発色なので、万が一崩れたとしても比較的崩れ方がきれいです。
それに、汗や皮脂のせいで『ちょっとメイクが崩れてきたかも!?』という時に塗り直しのしやすさはダントツです。
とにかく1日中絶対にきれいな仕上がりを保ちたい人にはおすすめです。

液体でも粉でもなく、固形化されたファンデーションです。
コンパクトに入ったパフで塗るタイプのファンデーションとしてみなさんにはお馴染みなのではないでしょうか。

プレストファンデーション

そもそもが粉質のファンデーションを固めたものですので、塗り心地や仕上がりはパウダーファンデーションに近いと思います。
ただし、フィット感に優れていて毛穴を埋め込む効果が高いので、カバー力や化粧崩れに対するスペックはパウダーファンデーションよりもはるかに上です。
崩れてきたと思った時にサッと抑えるだけで化粧したてのようになりますから、皮脂が気になる人のテカリ予防におすすめです。

ファンデーション代わりにもなる適度なカバー力のあるオールインワンクリームです。
リキッドファンデーションほど油分が使われていないので、皮脂が気になる人でも皮脂浮きや毛穴落ちを気にせずに使うことができるというメリットがあります。

乳液、クリーム、美容液、UVケア、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、ルースパウダーなどの機能を併せ持っているBBクリームもありますから、スキンケアや紫外線対策もしっかりとしたいという人にも最適です。

肌色補正に優秀なコンシーラー的な役割をする万能クリームです。
光を味方に付けて自然なツヤを与える効果があり、毛穴やくすみを長時間目立たなくさせてくれます。

CCクリーム

基本的には化粧下地のようにベースメイクに使うアイテムですが、スッピン風メイクに仕上がるのでファンデーション代わりとして使っている人もいらっしゃいます。

酸化亜鉛やマイカなどの天然ミネラル成分から作られているお肌にやさしいファンデーションです。
粒子が非常に小さいため、キメ細かく素肌のような仕上がりが魅力です。
ミネラルファンデーションは皮脂に馴染みやすい性質上、しっかりとフィットして毛穴の目立たないなめらかな仕上がりが持続します。
皮脂の分泌が気になる人ほど化粧崩れに強いと言えるかもしれませんね。

皮膚表面のコーティング効果に優れているので、ヴェールをかけたように肌が透き通ったような美しい質感になる仕上がりがルーセントパウダーの特徴です。
メイクの仕上げに使うことでしっかり皮脂を抑えて、テカリと化粧崩れ知らずの肌に仕上げてくれます。

ルーセントパウダー

皮脂の出やすいTゾーンや鼻の毛穴対策におすすめです。
パウダーファンデーションを超える究極の軽さなので、どのタイプのファンデーションに重ね塗りしても厚塗りにならないところが◎

化粧崩れさせないベースメイク

毛穴や小じわが気になる人は、皮膚の凹凸を補正する効果の高い化粧下地を使ってみましょう。
このような下地でベースを整えると、ファンデーションがなめらかに伸びてしっかりと皮膚にフィットします。
時間が経っても毛穴の目立ちやファンデーションのヨレを防ぐことができます。

ベースメイク

また、汗や皮脂に強く、長時間皮脂をコントロールできる化粧下地を使ってみましょう。
テカリのないファンデーションの仕上がりを持続させますので、脂性肌や汗ばむ夏場の強い味方となってくれます。

ファンデーションの成分は化粧崩れと関係ある?

ファンデーションには、肌の色を作る顔料、肌の色をコントロールする成分、テクスチャーを滑らかにする成分、お肌を守る美容成分、ツヤを与える成分など、種類や数の違いはありますが、含まれている基本的な成分の構造はだいたいどれも似ています。

ただ、汗や皮脂に強いファンデーションには特徴的な成分が使われています。
それは「シリコン」「合成樹脂」「ポリマー剤」などです。

ファンデーションの成分

ウォータープルーフと言えば聞いたことがある人が多いと思いますが、汗や皮脂のせいで化粧崩れするのを防ぐ目的で、先ほど挙げたような化学合成成分が使われているのです。

通常は、
ファンデーションの油分+皮脂の油分(もしくは汗の水分)=ドロドロに崩れる
といった感じですが、シリコンなどの化学合成成分は皮脂の油分や汗の水分に全く影響を受けないので、肌に均一に乗ったままきれいな状態をキープできるのです。
汗をかいたり、皮脂が気になってきたりしたら、余分な油分と水分を軽く拭き取ってあげれば元通りのサラッとしたメイクがいつまでも続くのですから、夏場や皮脂が気になる人には大変ありがたい存在ですよね。

ただし、一般的なファンデーションの成分に比べると格段に落ちにくいので、それなりに洗浄力の強いもので顔を洗わないとなかなか落ちないところが難点です。
化学合成成分自体が肌の刺激になるものではないのですが、毎日の洗顔の刺激のせいで乾燥や肌荒れが起きないとも限りません。
化粧崩れしにくい方を取るのか、肌に刺激を与えない方を取るのか、悩ましいところですよね・・・。

化粧崩れ予防

あと、美容オイルや植物由来の保湿成分を配合して、粉質特有の乾燥を和らげられる仕上がりのパウダーファンデーションやプレストファンデーションが増えています。
時間が経ってもパサついたり、シワが目立ったりしにくい仕上がりなので、これまでは皮膚がかさつきがちでパウダーファンデーションやプレストファンデーションを嫌煙していた人にも使いやすくなっていると言えます。

また、化粧崩れしやすい成分についても目を向けてみます。
液体のファンデーションでも粉質のファンデーションでも、使用感を高めて形状保持するために鉱物油が含まれていることがあります。
鉱物油入りのファンデーションはフィット感があって伸びが良いので、メイクのノリが良くて仕上がりがきれいです。

でも、鉱物油の成分は皮脂と馴染みにくい性質がありますので、皮脂が多い人だとすぐに崩れてくるというデメリットがあります。
それと、鉱物油は石油を精製して作られたものですので、使い方によっては油やけしてくすみが目立ちやすくなることがあります。
皮脂と混ざった鉱物油が酸化して変色したり、紫外線と反応して変色したり、肌の色のトーンを暗くくすませる原因にもなってしまうのです。

しかし、油分を一切取り除いたファンデーションはやはり使いにくく、仕上がりの満足度に欠けますので、鉱物油ではない油分を配合しているファンデーションを探してみましょう。

天然オイル

自然界には植物由来のオイルが存在しており、天然オイルとしてファンデーションに配合されている製品があります。
例えば、ホホバオイル、マルラオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、スクワランオイル、ツバキ油など、多種多様なものが挙げられます。
これらは、皮脂との相性が良く、保湿力にも優れていますので、鉱物油ほどではないものの、それなりのフィット感があって密着力を与えてくれます。
しかも、適度な撥水性がありますので、多少の汗や皮脂では崩れにくいと言えます。
皮脂のせいでドロドロに化粧崩れしたくなかったら、鉱物油フリーで天然オイル配合のファンデーションを使ってみましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!