首のぶつぶつ・イボの原因や私が治した方法


気が付くといつのまにか首のあたりにぶつぶつがたくさんできてしまうなんて経験はありませんか。
『なにこれ、吹出物やニキビじゃないし、首イボなのかな!?』と思う人が多いようですが、一体この首イボ・ぶつぶつはなんなのでしょうか。

すぐに自分で治すケア方法を知りたい方は「首イボを自分で治す事が出来る化粧品」をご覧下さい。

首イボ・ぶつぶつのとは?

首にできてしまうぶつぶつ。
一般的には「首イボ」と呼ばれています。

皮膚の腫瘍の一種ですが、良性のもので決して病気ではありません。
ほとんどはウイルス感染によるものではなく、伝染する心配のないものです。

私の首イボ
↑私の首イボの画像です。よく見るタイプの首いぼ。30歳を過ぎたあたりから出始める方が多いですよね。

首イボができてしまった時の対処法

首のぶつぶつは気になるからと言って無理に取ろうとしても簡単に取れるものではありません。

しかも、変にいじると皮膚を傷つけてしまい、そこから細菌が入り込んで炎症を起こす可能性があります。
くれぐれも自分で無理に取ろうとはしないようにしましょう。

中高年以降に目立つことが多いと言われていますが、人によっては20歳代から徐々にできることもあります。
痛みはないのでできてしまってもそのまま放置してしまう人もけっこういるようですが、自然と治ることはほとんどありません。

それどころか、大きくなったり目立つ色に変化したり、そのままにしておいていいことはないのです。
大きくなってしまうと治療も大変ですし、きれいに治りにくくなってしまいます。
私のように首イボ専用クリームやジェルで治す方法か皮膚科を受診すると良いと思います。

首イボと言っても症状や原因に違いがあり、それぞれ治し方も変わってきます。
適切な治療を行うためにも、きちんとした知識を持つことが大切です。

  • 首イボケアクリーム クリアポロン

首や目元のイボ用ジェルの【クリアポロン】。ハトムギ(ヨクイニン)が配合されていますので、イボやブツブツに効果的なんですよ!

【首イボ】クリアポロンを実際に使用してみました、口コミレビュー!

公式サイトはこちらから

首のぶつぶつ・イボの種類・原因と治療法

一言に首イボ・ブツブツと言っても種類はいくつかあります。
首イボの種類や原因・治療法を見て行きましょう。

スキンタッグ/アクロコルドン

中年以降の女性や肥満の人に発生しやすいもので、やわらかくて小さい肌色のぶつぶつです。
原因ははっきりしていませんが、皮膚の老化現象と言われています。

洋服の襟やネックレスなどに引っかかって擦れるので非常に邪魔な存在。
ですが、このタイプの症状は一番治療しやすいのです。

スキンタッグ

「引用元:https://www.momo-skin.com/blog/183.html」

治療方法

・凍結療法
-200℃の超低温液体窒素で専用ピンセットを使って一つずつ摘まんで一気に凍結する治療方法。
およそ2週間でかさぶたに変って自然に消えていきます。

・手術
手術と言ってもハサミやメスで切除するだけ。
手術後に処方される軟膏を塗っていると、切除した部分の傷や赤みも消えて自然ときれいになります。

・レーザー治療
炭酸ガスレーザーで瞬間的に焼き切る治療方法です。

脂漏性角化症(老人性疣贅)

皮膚にできる良性の腫瘍のことで、年を取ると誰に出もできやすくなります。
ですから「年寄りイボ」とも呼ばれています。
紫外線の影響や皮膚の老化が原因と言われています。

はじめは1ミリくらいの小さいもので数も少ないのですが、少しずつ大きくなりますし数も増えていきます。
小さいうちならば治療も簡単できれいに治せるので、できるだけ早めに治療することをおすすめします。

脂漏性角化症

「引用元:https://cocoro-hihuka.com/sebo-kera.html」

治療方法

・凍結療法
-200℃の超低温液体窒素で一気に凍結する治療方法。
およそ2週間でかさぶたに変って自然に消えていきます。

・レーザー治療
炭酸ガスレーザーを患部に照射して除去する治療方法です。

・電気焼灼治療
電気メスを使用して切除する治療方法です。
2週間くらいで傷痕はきれいになります。

・手術
大きいサイズのものはメスを使って切除します。
手術の痕は2週間くらいで消え、傷痕も残りません。

軟性繊維腫

大きさとしては1センチくらいにもなり、肌と同じ色か薄い茶色をしています。
高齢者、肥満の人、妊娠中の女性、糖尿病の人などにできやすいと言われています。

原因ははっきりしていませんが、皮膚と衣類などとの摩擦が影響しているという説が有力です。
その他、妊娠中のホルモンの変化や、糖尿病の人の血糖値が下がりにくさが影響しているという説もあります。

軟性繊維腫

「引用元:https://www.tenjin-keiseigeka.jp/sinryo01/benign-tumor/benign-tumor07.html」

治療方法

・手術
患部が大きいので局所麻酔を使い、根元をメスで切り取った後で傷を縫い合わせます。

・炭酸ガスレーザー
局所麻酔を使い、炭酸ガスレーザーを患部に照射して根元から焼き切ります。
削る深さを調節できるので、大きくなってしまったイボを根本的に治したい人に適しています。

角質粒

30代を過ぎた頃から気になり始める人が多いのがこちらの症状。
メラニン色素が主成分と言われていて、放置しておくと紫外線に反応して、少しずつ大きくなったり色が濃くなったりすることが多いようです。

角質粒

「引用元:https://www.vegdining.biz/akuro_dekorute.html」

治療方法

・ピーリング
皮膚科でケミカルピーリングを受けて治療することができます。
また、自分でピーリング剤を使って角質粒を除去できる場合もあります。

ピーリングは肌のターンオーバーを正常にする効果もありますので、皮膚科でも推奨されている方法です。

首イボは見た目が悪いのは非常に気になりますが、痛みやかゆみを伴わないので、日常生活に支障はありません。
ですから、なんとなく皮膚科に行くことをためらっている人は多いようです。

ためらう女性
では、そのまま放置していてもいいのかというと、そうではありません。

首にできてしまうぶつぶつは脂肪や皮膚の繊維が姿を変えたものですので、きちんとケアをしてあげればきれいな状態に戻ります。

全部のケースに当てはまるということではありませんが、自分で治せる可能性もあります。
首にできたぶつぶつが小さくて数もまだ少ないという人は、これからご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか?

首イボを自分で治す事が出来る化粧品

私自身も自分で首イボを治すジェル・クリームを購入して治しています。
ここでは実際に効果があったクリームをご紹介します。

クリアポロン

クリアポロンは首イボ・デコルテ・脇の下・目の周りのイボ専用クリームです。

クリアポロン容器

■内容量:60g(約1ヶ月分)

■価格
定期購入:初回1,800円(税抜き)

■送料
定期購入:無料

180日間返金保証付き

ジャータイプの容器に入っています。
たっぷり1ヶ月使える60g入りなので、私の場合は少し多目に塗っています。

ジェル

実際のクリームはこんな感じです。白色のジェルタイプというのでしょうか?
クリームよりはこってりしていません。

塗り心地

実際に塗ってみると、結構さらっとしています。見た目よりも伸びもよくお肌に浸透する感じが実感出来ます。
馴染みが良いとでも言うのでしょうか?
首イボに効果はもちろんあると私は思うのですが、それ以外にもお肌の滑らかさがものすごく増し、首のしわまで綺麗になってきました。
変な言い方ですが、首のしわに悩んでいる方もこのジェルでしわが綺麗になるんじゃないかな?と思います。

首イボがなくなった

1ヶ月間塗った結果です。私の首イボはかなり取れてなくなりつつあります。
見た目も綺麗になるのですが、お肌が柔らかくなり、若い頃の首の手触りと似た状態になりました。
思わずさわさわしてしまいます。

もう少し詳しいレビューはこちらです!

クリアポロンを実際に使用してみました、口コミレビュー!

公式サイトはこちらから

艶つや習慣

塗るだけで首元のブツブツを治したい方におすすめの「艶つや習慣」を実際に使ってみました。
角質除去と皮膚をなめらかにするスキンケアが同時にできるオールインワンジェルなのですが、使い心地も効果もバッチリでした。

艶つや習慣

■艶つや習慣
■内容量:120g(約1ヶ月分)

■価格
通常購入:3,693円(税込)
定期購入:初回2,052円(税込)

■送料
通常購入:630円
定期購入:無料

「艶つや習慣」は全身の皮膚をなめらかにするためのスキンケアジェルとして使える万能コスメです。

艶つや習慣パッケージ

約1ヶ月分使えるたっぷりの量が入っていてコスパも良いです◎

鮮やかなオレンジ色なのでちょっとビックリしますが、クチナシ色素という天然素材の出す色なので、お肌にも問題なく使うことができます。

艶つや習慣のジェル

首のブツブツ対策の成分「あんずエキス」と「ハトムギエキス」がたっぷり入っています。
その他にも、プラセンタエキス・アロエベラ・ヒアルロン酸・コラーゲンなどのスキンケア成分も贅沢に配合されています。
美容成分たっぷりのオールインワンジェルなので、毎日のスキンケアコスメとしても十分な美肌効果が期待できます。

トロリとしていますが、指に絡み付くくらいにけっこうハードな固さです。

艶つや習慣テクスチャー

このくらいの固さだと首に塗る時にも使いやすいですよ。

さっそく首元に塗ってみました。

艶つや習慣塗り心地

私はイボというよりもざらつきが気になっているので、これがブツブツにならないように早めにケアをしてみようかな~と思って「艶つや習慣」を使ってみることにしたんです。

「艶つや習慣」を塗るとすぐに皮膚がなめらかになります。(ピンクの丸で囲っている部分)

艶つや習慣効果

塗っていない部分と比較してみるとよくわかりますが、皮膚のシワやざらつきが目立たなくなるんです。
ベタベタしない使い心地も大満足です。

即効性もあるのですが、使い始めてから2週間を過ぎた頃から明らかにお肌がツルツルになってきました。
私はもともと肌がガサガサしているというのではなくて、年齢と伴に角質が取れにくくなってきた感じで、特に首元はざらつきがひどくなってきていました。
半年前くらいからそのままにしておいたのですが、「艶つや習慣」を使い始めて数週間でこれだけの効果が出て驚いています。
早めに「艶つや習慣」でケアすることが美しい首元を保つことにつながると実感できました。

ブツブツやイボは角質が硬くなって成長したものですから、続けてケアをしていけばきっと自分で治すことができると思います。
「艶つや習慣」は角質を柔軟にして除去してくれる効果が高いので、ブツブツやイボ対策に役立ててみましょう。

もう少し詳しいレビューはこちらです!

【首イボ】艶つや習慣を実際に使用してみました、口コミレビュー!

公式サイトはこちらから

「シルキースワン」で治す

朝と夜のスキンケアで首元のブツブツを自分でしっかりとケアすることができる「シルキースワン」を実際に使ってみました。

シルキースワンの箱

かわいらしいBoxに入って商品が届きました。

さっそく開封してみると、丸いケースが2個とパンフレットなどが入っています。

シルキースワン中身

私はまずは1ヶ月じっくりと試してみようと思ったので、15日分×2個入りの通常購入で注文してみました。

■シルキースワン
■内容量:15日分×2個

■価格
通常購入:9,800円(税抜き)
定期購入:初回1,480円(税抜き)
※2回目以降5,400円(税抜き)

■送料
通常購入:全国一律600円/メール便300円
定期購入:無料

15日ずつ使えるようにケースが2個に分かれているので、1回に使う量がわかりやすいです。

シルキースワンのケース

あと、朝と夜にスキンケアする時にふたを開けたり閉めたりするので、約2週間で1つ目を使い切って、後半は新しいものを使えるというところは衛生的でいいと思います。

「シルキースワン」はジェルタイプです。

シルキースワンのテクスチャー

見た目はクリームみたいですが、プルプルしたジェル状になっています。

指ですくってみると非常になめらかなテクスチャーで、トロリとした感触です。

シルキースワンのなめらかさ

1回に使う量を指先にとっても垂れてくるようなことがないので、首に塗る時にも使いやすいですよ。

手首に塗って塗り心地を確かめてみました。

シルキースワン使い心地

ジェルタイプならではの伸びの良さが特徴的で、皮膚への馴染みはとても良いです。
伸ばす時もスーッと滑るように浸透するので、首元にも塗りやすいと思います。

さて、実際に首にも塗ってみました。

シルキースワン効果

伸びが良いジェルですのであまりたくさん塗らなくても大丈夫です。
適量は指の第一関節くらいまでの量で十分だと思います。

ジェルタイプなので皮膚に馴染むとサラサラになって、ベタベタする感じが残ることはありません。

シルキースワン効き目

でも、しっかりとした保湿感は残って、ざらつきがちな私のお肌でももちもちした感触になりました。

イボや皮膚のブツブツのケアには欠かせないハトムギ由来の成分を2種類も配合しているところが「シルキースワン」のポイントになっています。
北海道産の厳選した素材から抽出した「ヨクイニンエキス」と「ハトムギ種子エキス」が入っていますので、良質で効き目の高いスキンケアができます。
成分が安心して使えるものですし、サラッとしたなめらかな塗り心地というところに魅力を感じています。

あと、ブツブツやイボの対策だけではなくて、皮膚トラブルやハリのケアがしっかりとできる化粧品なんです。
ハリや潤いを与えてくれる(プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・杏仁油・スクワラン)とか、トラブルの時にすばやく対処してくれる(ビタミンC・カンゾウ根エキス・ドクダミエキス)とか、とにかく豪華な美容成分がたっぷり入っています。

まだ、やっと1個目を使い終わったところですが、お肌が随分となめらかになってきたような気がしています。
首元はトラブルやシワが目立ちやすい部分ですので、「シルキースワン」でエイジングケアもちゃんと気を付けていきたいと思っています。

もう少し詳しいレビューはこちらです!

  • シルキースワンパッケージ
    首ブツブツ対策・シルキースワンの口コミ・レビュー

シルキースワンを実際に使用してみました、口コミレビュー!

公式サイトはこちらから

首のブツブツをハトムギ化粧水で治す

世の中にはイボに効き目があると言われている化粧品があります。
特に、ハトムギ系化粧品が注目を集めています。

ハトムギの中の「ヨクイニン」という成分が首のぶつぶつに効くらしいんです。
一番有名なのは、一時期爆発的にヒットした「ハトムギ化粧水」。

大容量サイズでバシャバシャ使えてコスパがいいので、今でも人気があってロングセラー状態が続いています。

こちらの商品以外にもヨクイニン入りのコスメはけっこうたくさんあります。
ドラッグストアや通販で気軽に購入できますから、毎日スキンケアしつつ、首イボ対策に役立てるのもいいでしょう。

イボやぶつぶつは塗るだけで治るの?

治療クリーム

塗るだけで首のぶつぶつに効果があると言われているのは、上記で紹介しているような市販のイボ治療クリームを使った治療方法です。

こちらも、化粧品同様に首のぶつぶつに効き目を発揮してくれる「ヨクイニン」配合のものがおすすめ。
クリープタイプの塗り薬が人気で、指に取って直接気になる部分に塗るだけなのでケアも簡単です。

首イボ治療クリームには肌を柔軟にしたり保湿したりする効果があるので、少しずつ肌が滑らかになってイボが早く治りやすいと言われています。
ヨクイニンが入った軟膏クリームを使って首のぶつぶつを除去するような治療方法は、実は皮膚科でも一般的に行われているものなんですよ。

市販の治療クリームの場合は医薬品ではないため即効性があるということではありませんが、徐々に効き目は出てきます。
ポイントは毎日続けられるかということ。
自宅でのイボケアは根気よく続けることが大事なのです。

ヨクイニンを飲むだけで治す

首のぶつぶつに効果があると言われている「ヨクイニン」の働きを体の内側から発揮させる方法もあります。
それは、ヨクイニンが入ったサプリメントや漢方薬を飲むだけというシンプルなもの。

肌トラブルを鎮める効果があるので、約1ヶ月~2ヶ月くらいで首のぶつぶつが改善すると言われています。

ハトムギ茶あと、ハトムギそのものを摂取するのもいいかもしれませんね。

ハトムギ茶だったら毎日ゴクゴク飲めますし、一番体にも負担がかからない方法ではないかと思います。

ハトムギは聞いたことがある人も多いはずですが、その成分であるヨクイニンがどうやら首のぶつぶつに効き目があるようですね。

まだあまり聞き慣れないものですが、スキンケア化粧品や治療薬にはけっこう使われています。
首のブツブツ・イボを早く治してしまいたいと思ったら、クリームやハトムギの摂取等で気長に治してみましょう!

ブツブツができてしまう原因とメカニズム

首にできるブツブツは首イボとも呼ばれ、皮膚の内側の脂肪が様々な原因によって外側に盛り上がってくる症状のことを指します。
直接の原因ははっきりと解明されていませんが、いくつかの理由が挙げられます。
まず、首の皮膚は非常にデリケートですので、摩擦が刺激となってイボを発生させてしまうと考えられています。

首イボ

その他、紫外線によるダメージや外部からのウイルス感染によってできる良性の腫瘍であるケースも少なくありません。
また、元々は健康な皮膚が老化によって老廃物が蓄積しやすくなり、放っておくとポツポツと盛り上がった小さな膨らみが進行して大きなイボになってしまうことがあります。

首イボは若い人では20代で発生し、30代になると急に目立ってくることから、加齢と共に増えてくる特徴があるようです。
若い頃は無かったはずのザラザラ・ぶつぶつとした皮膚の盛り上がりが気になる方は、常日頃からお肌のお手入れに注意をしておかなければなりません。

首イボができないようにする対策

老化によって皮膚の代謝が悪くなると、回復されずに蓄積した皮膚のダメージがイボとして発生することがあります。
そこで、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーを高めることで、首イボができにくいお肌の状態に整える効果が期待できます。

具体的には、規則正しい食生活や運動習慣を心がけることを第一として、ストレスや睡眠不足などを避けることも大切です。
普段の生活習慣は皮膚の代謝に大きく関わってきますので、老化による首イボの予防には規則正しい生活習慣を送ることは欠かせないことなのです。

皮膚に摩擦が起こるとダメージを受けた部分が細胞内の脂肪を盛り上げて、ぶつぶつとしたイボを作ってしまうことがあります。

首イボ対策

皮膚が乾燥しがちで衣類とこすれたり、できてしまった首イボを触ったりすることで、イボは増えたり大きくなったりします。
首元はできるだけ衣類との摩擦をさけ、イボができたら触らないように心がけましょう。

首イボは皮膚の老化や乾燥が招いてしまうこともあります。
年を取ると皮膚の栄養や保湿成分が減ってくるため、若い頃に比べるとかさつきやすく、ダメージを受けた時の回復力が低下してきます。

日常的なスキンケアとしては、保湿力の高いクリームやジェルなどでしっかりと首元の皮膚を潤わせてあげることが大切です。
また、皮膚の栄養となる美容成分を含んだスキンケア化粧品でのお手入れも効果的です。
首元専用のスキンケア化粧品も販売されていますから、首イボの予防や症状の緩和のために毎日のお手入れを見直してみましょう。

通常、首イボは良性の腫瘍ですので、発生しても炎症を起こすようなことはありません。
ただし、ついつい気になって触っているうちに出血したり、炎症を起こしたりすることも少なくありません。
もし万が一、首イボの部分を傷付けてしまった場合には、放っておくと感染症を引き起こしてしまうリスクが高くなりますので、きちんと消毒を行って傷口を適切に塞ぐようにしましょう。

痛みがあるの?

首にできているぶつぶつは非感染的なもので、炎症などを起こしているわけではありませんので、通常は痛みを伴うことはありません。
ただし、たくさんできたり、大きくなってきたりすると、擦れて痛みが出てくることもあります。
衣類やアクセサリーによって傷つけてしまことで痛みを感じてしまうこともあるでしょう。

首イボ痛み

また、市販の治療薬で治そうとして、首の皮膚が赤くなったとか、腫れあがったなどの報告もあります。
このようなケースは治療薬の成分に皮膚が負けてしまって炎症を起こし、痛みを感じてしまうことがあります。

その他、病院での治療によって痛みを感じてしまうということは、首イボを治すにあたってどうしても避けられないことのようです。
もちろん、安全性に問題はありませんが、首イボの除去のための外科的な手術には、麻酔する際の痛みや切除の際の痛みを伴うのは当然のことです。
清潔で綺麗に首イボを治すのには病院での治療が最適ですが、あまりたくさん増えないうちに治療を進めるのが少ない痛みで抑えるのに有効と言えるでしょう。

首イボに効く有効成分は?

食べ物や治療薬、スキンケア化粧品などの成分の中には、特に首イボに効く有効成分があります。
このような成分を体の内側からも外側からも積極的に摂取することによって、首イボの緩和に効果的と言われています。

・ヨクイニン
ヨクイニンはハトムギに含まれている成分で、首イボを治すための飲み薬や塗り薬に配合されていることが多いです。
ハトムギ自体を食べたりお茶として飲んだり、皮膚に直接塗っても首イボを緩和する効果が期待できると言われています。

ハトムギ

皮膚の保湿、炎症の緩和、皮膚再生の促進といった万能効果を持っていますので、デリケートな首元のお肌のケアには最適の成分と言えるのではないでしょうか。
ウイルス性のイボなどの治療の際にヨクイニンを処方されることもあり、イボの改善に効果が大きい成分ということがよくわかります。

・杏仁オイル
杏の種から抽出される天然オイルで、皮膚の保湿や代謝促進に有効な成分です。
人間の皮脂に非常に近い成分構成なので、デリケートな首元の毎日のスキンケアにはおすすめ。
美容オイルとして皮膚に直接塗ってスキンケアをすることで乾燥や摩擦を防ぎ、しかも、お肌を柔らかくしてくれる効果もあるため、首イボの発生を効果的に予防することにつながります。

また、すでにイボができてしまっていても皮膚の代謝促進効果が期待できるため、数を減らしたり小さくしたりするのにも役立つはずです。
首イボを増やさないためにも毎日のスキンケアに取り入れたい成分です。

・プラセンタ
美肌に欠かせない美容成分として広く知られるようになってきたプラセンタ。
保湿効果や保護作用に優れた成分ですので、乾燥やダメージを防ぎながら首イボを治していくことが可能と言われています。

プラセンタ

皮脂の働きをサポートする効果もあり、多くの栄養成分が豊富に含まれていますので、老化に伴って増えてくる首イボ予防に最適の成分と言えるでしょう。

・ドクダミエキス
厚生労働省が認めるほどの殺菌・除菌作用があり、皮膚の炎症を鎮めてくれる漢方薬としても有名な成分です。
外用でも内服でも使うことができ、首イボの菌の繁殖を抑制することで症状を緩和する効果が認められています。

まとめ

加齢と共に出来る首のブツブツ。この記事の筆者である私も35歳くらいから出来てきました。
その時は自分で治す事が出来るジェルなんて販売していなかった気がします。
ちなみに首だけでなく、脇の下・脇腹にも出来ますよね(私も少し出てきました)
脇の下のイボ・ぶつぶつが増えてきた。この原因や治し方」の記事もご覧になって下さい。

また、目の周りやまぶた、目の下に出来るブツブツについても書きました。
目のまわりにできるプツプツ・ブツブツ・イボの原因や改善法」も参考にして下さい。
共通して言える事は、ハトムギ・ヨクイニンが効果的という事です。
ただ痛みがあったり、とても大きくなったりしてきた場合はすぐに医師に相談してみる事を勧めます。
気になるイボが綺麗になると良いですね!




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!