乾燥肌の改善方法。顔や体の乾燥の原因と対策。


冬の代表的な肌トラブルといえば、乾燥肌ですね。
気温が下がり、空気も乾燥する冬になると、毎年お肌の乾燥に悩まされるという方は少なくありません。

もともと一年中乾燥肌の方だけでなく、夏は平気なのに冬だけ乾燥肌になるという方も。

乾燥肌になると、肌の潤いやハリが失われ、シミやしわなど一気に肌年齢を上げてしまうなど美容の面のマイナスがあるだけではありません。
乾燥肌

手足やおなかなどのボディも表面が白く粉を拭いたよう状態になり、カサツキやかゆみが発生し、夜しっかり熟睡できなかったり、日中も痒みで集中できないなど様々なトラブルの原因にもなります。

いつまでも美しく健やかな肌をキープしたいとお考えなら、冬の乾燥肌対策は特に念入りに行っておくことが大事。

それでは、冬の乾燥肌の原因と対策についてご紹介しますね。

冬の乾燥肌の原因は?

冬の低い気温によって身体が冷え、全体の血行が悪くなります。
血行不良によって皮膚の細胞にも水分や栄養が十分に行きわたらなくなると、皮脂の分泌も少なくなり、もともと持っている肌のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下した肌は、外部からのダメージをダイレクトに受け、内側の水分や潤いを閉じ込めておくことができなくなり、さらに状態が悪化すると言う悪循環に陥り、深刻な乾燥肌になってしまうのです。

同じ人でも、季節によって分泌される皮脂の量は変化します。
気温の高い夏に比べ、気温の低い冬はそれだけで乾燥肌になりやすい環境。
それなのに皮脂の分泌量の多い夏と同じクレンジングやスキンケアアイテムを使っていませんか?

ただでさえ皮脂の分泌量が低下し、肌の表面がダメージを受けやすい冬の肌にはかなり強い刺激を与えてしまいます。
夏と同じ肌ケアでは、肌を守るために必要な皮脂までごっそりとってしまい、さらに肌は乾燥しやすい状態になってしまうのです。

寒い外から帰ってきたら、温かいお風呂に入って冷えた体の芯から温めたいと思うもの。
温かいお風呂は血行を促進し、肌の状態を回復させるのに効果的と思われがちですが、入り方によっては逆効果になりかねません。
冬の乾燥肌の原因

寒いからといって素早く温まりたいと入浴時の温度設定を高くしすぎると、体の表面を覆う皮脂を溶かし、かえって乾燥しやすい状態を作ってしまいます。

また、表面は熱くなって温まったように感じるかもしれませんが、内臓は冷えたままということも。
入浴後は室内の空気の乾燥も合わさって急速に肌表面の水分が出て行ってしまい、さらに肌の乾燥を進めてしまいます。

寒い冬は、多くの方が運動不足になりやすい時期でもあります。
運動不足は健康に悪いことはよく知られていますが、お肌にも悪影響を及ぼします。

運動をしないことで血行不良になりやすく、血の巡りが悪くなり、リンパも滞りやすくなることで老廃物も体に溜まりやすくなります。
さらに新陳代謝も衰え、肌のターンオーバーも乱れてしまい、水分をたっぷり含んだ瑞々しい新しい肌への生まれ変わりも鈍くなってしまいます。
古い傷ついた肌は外部のダメージを受けやすく、内部の水分を外に逃がしてしまいやすいため、さらに乾燥肌が悪化してしまいます。

燦燦と光が降り注ぐ夏にはしっかり日焼け止めを塗っている方でも、柔らかい日差しの秋や冬には紫外線対策をしないという方は少なくありません。
確かに夏に比べて紫外線量は減少しますが、皆無ではありません。
冬だからと紫外線対策を行っていない無防備な肌に紫外線はあまりに強烈なのです。

空気の乾燥はお肌の大敵。
昔ながらのストーブに水を入れたヤカンをかけて加湿器替わりに使っていれば、冬の部屋の空気もそれほど乾燥しませんが、エアコンで部屋を暖めている方は要注意です。

乾燥肌の原因

エアコンには空気の乾燥を防ぎ、加湿する機能はついていません。
ただでさえ乾燥している冬の空気がさらに乾燥し、室内はカラカラの状態に。
そうなると必然的にお肌の水分も奪われ、気が付かないうちに乾燥肌がどんどん進行していってしまいます。

おすすめの乾燥肌対策

冬の乾燥肌を引き起こす原因がわかれば対策も自ずとわかりますね。

・血行不良の改善

冬の寒さは、体を冷やし、運動不足を招き、血行不良を引き起こして肌の乾燥を悪化させてしまうことは上記でご紹介しました。
そんな血行不良を改善するために行いたいのが以下の対策です。

まず、冬の服装は、手首、足首、首、おなか、腰の5つの場所を冷やさないようにしましょう。
この場所を温めるだけでも、体の中(内臓)を冷やさず、血行促進に効果的です。
洋服はこの5か所を温めることができるものを選ぶことが大事です。

また入浴は熱すぎる温度設定を控えるのも効果的。
冬は熱いお風呂につかりたいと思っても40度程度にしておきましょう。

ちょっとぬるいと感じても、ゆっくり浸かることが大事。この温度なら肌表面の皮脂が溶け出さず、肌バリアの機能を維持しながら、じんわり血行が良くなり、内臓もしっかり温めることができます。

良い香りの保湿成分がたっぷり入った入浴剤もお忘れなく。
入浴の前に温かい飲み物を飲んでおくとさらに効果的ですよ。

乾燥肌対策
そして冬も運動をすることを心がけましょう。
といっても激しい運動をする必要はありません。

お風呂上がりのストレッチ、軽いエクササイズ、マッサージ等で十分です。
体がすでに温まっているのでさらに効率的に血行促進できる上に、程よい疲れはその後の良質な睡眠にもつながります。

・冬には冬のスキンケア

皮脂分泌や汗の多い夏にさっぱりしたタイプのスキンケアをしている方は、冬は皮脂分泌量の減少に合わせてしっとりタイプのスキンケアに替えましょう。

またメイクも肌へのダメージが少ない低刺激なものに変え、メイクオフに使うクレンジングもマイルドなものに変えるなど、冬と夏では使うスキンケア・メイクアイテムを使い分けるようにしましょう。

さらに、肌のかゆみが気になる部分には、保湿効果の高いセラミド、体内の水分を角質層に取り込んで角質の固い部分を除去する尿素剤、保湿と血行促進の働きをもつヘパリン類似物質などの成分が入った製品の併用をおすすめします。

・紫外線対策

紫外線は冬でも当然地球に降り注いでいます。

乾燥肌の紫外線対策
紫外線の中には、カーテンを閉めていても通り抜けて室内にまで入り込むUVAはお肌の内部を破壊し、乾燥させてしまうため、冬でもしっかり紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めはもちろん、温かいからといって窓の近くにずっといるとまさにUVAの餌食。
UVカット機能のあるカーテンに替えたり、UVカットフィルムを窓に貼るなどの対策も有効です。

・加湿を心がける

エアコン等の暖房器具で空気が乾燥してしまう場所には、加湿器を設置することをおすすめします。
常に湿度計をチェックし、室内の空気が乾燥しないように配慮しましょう。

職場の事情などで加湿器の設置が難しい場合は、自然気化式の加湿器や鉢植え、お湯を入れたコップをデスクに置くだけでもO.Kです。
またスプレー式のミストタイプの加湿器で気になる部分を保湿するのもおすすめですし、マスクをすれば顔の乾燥を防ぐことができます。

・ビタミンの摂取

お肌の外側からの対策だけでなく、内側からの乾燥肌対策も効果的。
新陳代謝を高めるビタミンE、保湿効果のあるビタミンA、コラーゲンを形成するビタミンCなどのビタミンもサプリメント等を利用して積極的に摂取するようにしてください。

まとめ

以上、冬の乾燥肌の原因と対策をご紹介しました。

冬のカサつき痒い乾燥肌は神経をすり減らす大きな要素となります。また、シミやシワ、たるみやくすみなど美容面においても大きな問題を引き起こすので要注意です。

寒くなってきたなと思う前に、ぜひ上記の対策を行い、今年の冬こそは乾燥に悩まされない健やかな肌を手に入れてくださいね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!