界面活性剤配合の化粧品は肌に危険なのでしょうか?


世の中には多種多様な化粧品に含まれる成分が存在していますが、私たちはスキンケア化粧品を選ぶ時にあまりにも神経質になっているような気がします。

化粧品によく使われている「界面活性剤」についても、いかにも肌に悪いようなイメージで扱われることが多いですが、危険なものとそうでないものがあるらしいのです。
スキンケア化粧品の効果をしっかりと得るためにも、界面活性剤について正しく理解する必要があります。

界面活性剤が肌に悪いと思われやすい理由

肌に良くないというネガティブなイメージの定着した界面活性剤ですが、ちゃんと意味があって使われているのであって、全部が危険だということではありません。
それでも、なぜだか悪い成分だと思われやすいのには理由があります。

界面活性剤

まず、言葉のイメージからして、化学的な要素を含んでいて肌に悪影響を及ぼしそうな感じがします。
界面活性剤は、実際には化学的に作られたものだけではなくて自然界にも存在しているのですが、どうしても言葉の持つイメージが独り歩きしてしまうのでしょう。

また、界面活性剤は、食器洗剤や洗濯洗剤をはじめ、クレンジングなどに含まれているので、強い洗浄力を持つ成分と認識している人が多いようです。
肌が弱い人だと、洗剤やクレンジングで肌が荒れたり、かゆくなったりすることがあるため、肌に良くない成分だと感じてしまうのでしょう。

そもそも、「界面活性剤」とはどんな成分なの?

界面活性剤というのは、私たちが生活していく上で欠かせない成分ですので、誤解している部分については誤りを正す必要があります。

まず、界面活性剤という名前の持つ意味から、どのような成分なのかということをまとめてみました。
「界面」というのは物質と物質の境目のことを意味しています。
そして、「活性(剤)」というのは、性質を変化させることを意味しています。

つまり、界面活性剤というのは、物質と物質の境目の性質を変化させる成分ということになります。

界面活性剤の性質

そして、私たちの生活の中でも日用品として使っているものにも含まれていますから、具体的に私たちの身の回りに存在する界面活性剤の働きについてまとめてみました。

例えば、食器用洗剤や洗濯洗剤に入っている界面活性剤であれば、食器や衣類と汚れの境目を変化させて洗浄しやすくする働きをします。

その他にも、シャンプーやクレンジング、洗顔石けんに入っている界面活性剤であれば、皮膚と皮脂やメイクの境目を変化させて洗浄しやすくする働きをします。

おおまかに言えば、本来は相反する性質を持っている物質同士の境目を上手く馴染ませて、汚れを取り去ることがその役割として考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

私たちは、洗剤やクレンジングを直接肌に触れさせて使っています。
ここで問題になってくるのが、汚れに馴染むだけではなくて、皮脂に馴染んだ洗浄成分が皮膚に浸透してしまうことです。

界面活性剤の影響

界面活性剤が作用して洗浄成分が皮膚に浸透しやすくしているということですので、それが原因となって肌荒れやかゆみを感じてしまうケースがあるので、お肌が弱い人には厄介な成分と言えるのです。

ただし、化粧品に限っては、界面活性剤の持つ役割が少し変わってきます。
ですから、肌が弱くても必ずしも肌荒れになりやすいということではありません。

直接肌につける化粧品に配合されている界面活性剤は全て悪ではない

化粧品に使われている界面活性剤は、乳液やクリームが分離しないように安定させたり、美容成分を肌に浸透しやすくすしたり、スキンケアにメリットとなるような働きをします。

化粧品の界面活性剤

そして、現在では、化粧品に配合されている界面活性剤はほとんど毒性がないということが確認されています。
ですから、直接肌に使っても悪影響が出るということは考えにくいのです。

それでも、「界面活性剤不使用」ということをあえて謳っている化粧品がありますが、これにも理由があります。
界面活性剤が皮脂と馴染むことで皮膚から水分が逃げやすくなるということがあるそうです。
と言うことで、界面活性剤入りの化粧品でスキンケアをするとお肌がつっぱったり、かさつきを感じやすくなったりする可能性が否定できないのです。

スキンケア化粧品としては、界面活性剤入りのものは乾燥肌との相性が良くないと言えますので、『界面活性剤を使っていませんよ。』と大々的にアピールしている商品があるのでしょう。

界面活性剤不使用

化粧品に使われている界面活性剤は安全性については問題ないけれども、肌質によってはちょっとした使いにくさがあるかもしれないということなのですね。

界面活性剤は、本来は化粧品を使いやすくしてくれるものであって、それほど怖がる必要のない成分です。
メイククレンジングやヘアケア製品には注意が必要ですが、毎日のスキンケアに使う化粧水やクリームなどの基礎化粧品であれば、界面活性剤が入っていても安心して使って大丈夫だと思います。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!