ハワイで使用禁止の日焼け止めとは?紫外線吸収剤に注意を。


日本人が大好きな観光地ハワイでは、なんと日焼け止めの使用が一部禁止される予定なのです!
これは、ハワイの美しい海を守るための環境保護対策の一環で、ハワイ州議会の法案レベルで議論されている事案となり2021年から実施される予定となっています。

ハワイ
今後、もしハワイ旅行に行くことになったら、日焼け止めを使う機会があるはずですので、ちょっと不安ですよね。
法律で規制されることになりますので、ハワイの海に入ろうと思った時に、
「ついうっかり使用禁止成分の入っている日焼け止めを使ってしまった・・・。」では済まされません。
かと言って、紫外線対策をしないというのもあり得ませんよね~。

そこで、日焼け止めの使用が禁止されることになった理由や、ハワイで安心して日焼け止めを使うための対策をきちんと考えてみましょう!

ハワイで日焼け止めが使用禁止された理由

ハワイの美しい海の魅力の一つであるサンゴ礁。
ハワイ旅行に行くと、ダイビングでサンゴ礁を見て楽しむというのはもはや定番のレジャーですよね。
そのサンゴ礁に関して、ハワイ州では絶滅の危機にさらされていることが危惧されています。

さて、ここで、『サンゴ礁と日焼け止めに何の関係があるの?』と思ってしまいますよね。
ハワイのビーチの水質調査したところ、サンゴ礁が脱色されてしまうレベルのオキシベンゾンが検出されたというのが日焼け止め禁止の発端となっているようです。
日焼け止めにはオキシベンゾンを含む製品が多いため、海水浴を楽しむ人がオキシベンゾンを塗った体で海に入ってしまうことがサンゴ礁にダメージを与えてしまうことを懸念しているのでしょう。

サンゴ礁

また、オクチノキサート(メトキシケイ皮酸オクチル)という成分もサンゴ礁に悪影響を与えるとして、この成分を含む日焼け止めの使用も禁止となっています。

サンゴ礁の中には藻類が生息していて、これが美しいサンゴ礁の色を保っています。
しかし、日焼け止めに含まれているオキシベンゾンとオクチノキサートという成分のせいで藻類が死んでしまい、サンゴ礁が白化してしまうのではないかとサンゴの研究者たちは議論しています。

そこで、ハワイ州議会で大問題となり、オキシベンゾンとオクチノキサートを含有する日焼け止めの販売と流通を禁止するという内容の法案が可決されるまでに至ったのです。
実際にこの法案が実施されるのは2021年の予定となっていますが、ハワイのギフトショップでは、すでにオキシベンゾンとオクチノキサートを含有する日焼け止めの販売を停止しています。

ハワイで禁止されている日焼け止めの成分

ハワイで禁止されている日焼け止めの成分は、
オキシベンゾン
オクチノキサート
の2つです。
それでは、この2つの成分の特徴を見ていきましょう。

日焼け止めの成分

オキシベンゾンとは?

オキシベンゾンは紫外線を吸収する性質を持っている化学成分・紫外線吸収剤と呼ばれているもので、日焼け止めやファンデーションによく配合されています。
紫外線からお肌を保護する目的で使われる成分ではあるものの、実はお肌にとってリスクの高い成分でもあります。

例えば、日焼け止めに含まれている場合、お肌に塗ったオキシベンゾンと紫外線が化学反応を起こしますが、人によっては光アレルギーの原因となってしまうことがあるようです。

オキシベンゾン

また、女性であれば毎日のメイクでファンデーションを使う人がいらっしゃるはずですが、長期間に渡っての使用は肌へのリスクが高いとされています。

ハワイの法案で禁止されたのは、ハワイの海に棲息しているサンゴや海洋生物の遺伝子を傷つけるほどの影響力を持っているからです。
オキシベンゾンの成分の特徴を調べてわかったことですが、そもそもオキシベンゾン自体があまりお肌には良くないもののようですよね。
ですから、普段からお肌に触れさせないようにするのが良いのかもしれませんね。

オクチノキサートとは?

こちらも紫外線吸収材として日焼け止めや化粧品に広く使われている成分です。
オクチノキサート配合の日焼け止めは、白浮きしない、塗り心地が滑らかといった長所が魅力ですし、皮膚刺激性はほとんどありません。
でも、非常に不安定な物質で、紫外線吸収をした後に皮膚上で化学反応を起こし続けるため、アレルギー症状や光接触皮膚炎、ホルモン異常を起こす可能性があります。
お肌がデリケートな敏感肌の人はアレルギーの原因となることも珍しくはありません。

日焼け止めとして使った時のアレルギー症状としては、かゆみを伴った湿疹が出ます。これは、光アレルギーと呼ばれる症状で、24~48時間という短時間に症状が出るのが特徴的です。

サンゴ礁の生態系を破壊するほどの威力を持っているオクチノキサートは、これまで日焼け止め使用者から海へと流入され続けていたのではないかと考えられています。
その結果がサンゴ礁の白色化であると言われています。
オクチノキサート配合の日焼け止めを禁止することは、美しいサンゴ礁を守るために大きな効果があるのではないでしょうか。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは、簡単に言えば紫外線のエネルギーを吸収させ、自身で化学反応させて熱や赤外線に変え、放出したり使用することで、肌に吸収させないようにするものです。

現在、化粧品に使われる紫外線吸収剤は32種類
【ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
オクチノキサート
オキシベンゾン】など。

吸収剤によって、UV-Aに反応する性質があるもの、UV-Bに反応する性質があるものと別れるため、複数の紫外線吸収剤をブレンドして配合しているものがほとんどです。

これらの成分は紫外線を浴びれば化学反応が起こり、一定の反応を起こすと効果が弱まるため、定期的に塗り直しをする必要があります。

ちなみに当サイトの、紫外線吸収剤についての記事はこちらです。

ハワイでは日焼け止めを使えないの?

ハワイのビーチに行ったら、強い日差し対策として日焼け止めは欠かせない存在ですよね。
でも、今回、特定の成分を含む日焼け止めの使用が禁止されてしまいましたので、どうすれば良いのか考える必要があります。

ハワイの法案では、「オキシベンゾンやオクチノキサートを含有する日焼け止めを、免許を持った医師の処方箋なしで販売したり流通したりするのを禁止する」ということです。

ハワイの日焼け止め法案

ポイントとなるのは、オキシベンゾンやオクチノキサートを含んでいるかどうかという点です。
つまり、日焼け止めの成分に気を付ける必要はありますが、すべての日焼け止めが使えないということではないのです。

地元ハワイでは観光客向けに日焼け止めへの配慮を呼びかけていて、ハワイアン航空ではオキシベンゾンやオクチノキサートを含まない日焼け止めのサンプルを乗客に配り始めているそうです。
ちなみに、配られているのは「Raw Elements USA ECO FORMULA 30+ LOTION TUBE」という商品です。

ハワイで使える日焼け止め

これからどんな日焼け止めを使ったらいいのかわからないという人は、ハワイではこの日焼け止めを使えばまず間違いないでしょう。

そして、一部では、「酸化亜鉛」や「酸化チタン」が配合されたミネラル・ベースの日焼け止めの使用を推奨しているとのこと。
「酸化チタン」と「酸化亜鉛」、この2つの成分は天然由来成分の代表格で、天然の鉱石を削って粉状にした肌色のパウダーです。
もちろん、日焼け止め効果もあり、天然の成分なので環境や肌への影響力も極めて低くなります。

ミネラルファンデーション

ハワイでの使用もOKだと思います。

ただし、「酸化チタン」はUVA長波への効果が見込めません。
ですから、「酸化チタン」のUVカット力不足を補ってくれる「酸化亜鉛」や他の紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めがおすすめです。
日焼け止め有効成分にこだわっているものは高価な原料を使っているので扱いにくいかもしれません。
「酸化チタン」や「酸化亜鉛」も質の良いものはとても高価です。
でも、長い目で見ればお肌の健康を保てるので損はないと言えるのではないでしょうか。

「酸化チタン」と「酸化亜鉛」がメインに配合されていると言えば、日本でもお馴染みのミネラルファンデーションに当てはまるのではないかと思います。
ミネラルファンデーションであれば比較的低価格なので、気軽に購入することができます。
また、最近では飲む日焼け止めも人気ですから、ハワイへの旅行にも役立ちそうですね。

また他にも当サイトでは、「石鹸で落とせる日焼け止め」も紹介しています。

ハワイで使用可能な日焼け止めのおすすめ!

では、ハワイで使用可能な日焼け止めをいくつかピックアップしていきたいと思います。
もちろん、使用禁止の成分は含まれていませんし、石鹸で落とせる日焼け止めですのでお肌に優しいですよ。

キスフォービーチ/リゾートUVケア

デリケートなお肌を守るオーガニックの日焼け止めです。
ハワイアン海洋深層水と100%天然植物主成分の美容液ベースの美肌UVケア。
汗や水に強いウォータプルーフタイプで、赤ちゃんや敏感肌の方でも使用出来ます。
・ククイナッツ油・マカデミアナッツ油・ホホバ種子油・キャンデリラロウ・アルガニアスピノサ核油等のオーガニック成分が原料となっています。

UVカット値:SPF30・PA+++
価格:2,800円(税抜) 送料無料

ウェリナキスフォービーチ

オーガニックの日焼け止め キスフォービーチ

WELEDA(ヴェレダ) 「エーデルワイスUVプロテクト」

ヴェレダ

植物エキスがこれでもかというくらいに使われている、オーガニックコスメメーカーならではの「自然派の日焼け止め」です。

紫外線からお肌を守るのはもちろんのこと、ダメージや乾燥に負けないトリートメントケアまで担ってくれます。

また、化粧下地としても機能して、白くなりにくいので、メイク前のUVケアやボディケアにも使いやすさは抜群。
ノンケミカルなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:50mL
■価格:2,484円(税込)
■UV効果:SPF33/ PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン(紫外線散乱剤)
■分類
オーガニック日焼け止め

ママバター 「UVケアクリーム」

ママバター

人気のシアバター配合、「天然保湿成分入りの日焼け止め」です。
UV対策とスキンケアの一挙両得のお手入れが可能で、紫外線をブロックしながら高保湿ケアできるスグレモノです。
お肌のかさつきが気になる人に選ばれていて、『日焼け止めなのにお肌がしっとりになる!』と、大変好評です。
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:45g
■価格:1,200円(税別)
■UV効果:SPF25/PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン、酸化亜鉛
■分類
ノンケミカル日焼け止め

  • ママバターUVケアクリーム
    ママバターUVケアクリームの口コミレビュー

当サイトのママバターUVケアクリームの口コミレビュー記事

ママバター UVケアクリーム

ママバター 日焼け止め

エトヴォス 「ミネラルUVボディミルク」

ミネラルで徹底的にUVケアする日焼け止めです。
リキッドタイプならではのみずみずしさが、敏感肌やお子さんにもストレスのない塗り心地です。
保湿ケア、肌のキメ、エイジング対策がまとめてできるところもポイント。
虫が嫌うレモングラスやラベンダーの香りで虫除け効果があり、アウトドアにも万能に使うことができます。

UVカット値:SPF50+・PA++++
価格:3,000円(税別)30日間返品保証付き
容量:50ml

ミネラルUVボディミルク

ETVOSミネラルUVボディミルク

オンリーミネラル 「ミネラルプラスUVミルク」

オンリーミネラル

美容液、乳液、化粧下地、日焼け止めの効果が詰まった「多機能日焼け止め」です。
強力な日差しをカットできる最高レベルのUV効果が最大の強み。
『絶対にシミを作りたくない!』という人におすすめです。
また、ミネラルと植物由来の美容液成分を配合しているので、日焼けにより乾燥しがちなお肌の水分量を保ってくれるところも◎
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:28mL
■価格:2,800円(税別)
■UV効果:SPF50+/PA++++
■日焼け止め成分
酸化チタン、酸化亜鉛
■分類
日焼け止め機能付き乳液

ミネラルプラスUVミルク

ホワイティシモ 「UVブロック ミルキーフルイド」

お肌の角層までUVケアする日焼け止めクリームです。
紫外線吸収剤不使用なのに、紫外線に含まれるUVAとUVBを強力にダブルブロック。
2歳以上のお子さんから使えるくらい低刺激ですし、
クレンジングしなくても落せるのでお肌に負担かかかりません。

UVカット値:SPF30・PA+++
価格:3,780円(税込)

ホワイティシモ

ホワイティシモ byPOLA

POLAホワイティシモ

エトヴォス 「ミネラルUVセラム」

エトヴォス

人間の皮膚に近い保湿成分が盛りだくさんの美容液効果があり、スキンケア感覚でUVケアができる「ノンケミカル日焼け止め」です。
乾燥肌の人にも高評価されていて、『1日お肌が中潤う!』と、使い心地の良さも人気の秘密となっています。
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:30g
■価格:3,200円(税別)
■UV効果:SPF35/PA+++
■日焼け止め成分
酸化チタン
■分類
ノンケミカル日焼け止め

ETVOSミネラルUVセラム

トゥヴェール 「マイルドUVミルク」

トゥヴェール

お肌への負担の少なさを重視している「無添加日焼け止め乳液」です。
乾燥肌や敏感肌の方からの評価が高く、『1日中お肌がストレスを感じないので、毎日気軽に使える!』といった口コミが多数寄せられています。
強力なUVケアはできませんが、通勤やお買い物程度の紫外線対策には十分に機能します。
紫外線吸収剤フリーなので、石鹸で落とすことができます。

■内容量:50mL
■価格:2,756円(税込)
■UV効果:SPF30/PA++
■日焼け止め成分
酸化チタン
■分類
無添加化粧品(日焼け止め乳液)

アロベビー

6ヶ月の赤ちゃんから使用出来ます!
アルコール、合成ポリマー、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤、すべてフリー
の無添加でオーガニックの赤ちゃん専用日焼け止めです。
敏感肌に悩む大人のメイク前の化粧下地として使うのもOK。
100%オーガニック成分でできているのでお湯だけで洗い流せてベタつかず、お肌にストレスを感じさせません。

UVカット値:SPF15
価格:2400円(税抜き)送料無料/30日間返金保証

アロベビー

アロベビー「ALOBABY」UVクリーム

アロベビー 日焼け止め

HANAオーガニック:ウェアルーUV

オーガニック植物エキス由来の美容液をベースに、皮脂に近いバランスで紫外線カット成分を配合したお肌に優しい日焼け止めです。
紫外線吸収剤、タール色素、合成ポリマー、合成の保存料、合成香料などの石油由来成分、ナノ化原料を使用していないので、敏感なお肌にも低刺激。
乳液のようなサラッとした使い心地も◎

point1現在、HANAオーガニックの基礎化粧品トライアルセット(1480円:送料無料)に、
この日焼け止めが2色入っています!

普通に日焼け止めだけの購入すると4320円ですが、トライアルセットは1480円で格安なので、まずはこちらを試してみてはいかがでしょうか?

トライアルセットの内容
【洗顔・化粧水・美容乳液・日焼け止め2色、イエロー系&ピンク系【SPF30 PA++】
  • トライアルセットのアイテム
    HANAオーガニックトライアルセットの口コミ・レビュー

HANAオーガニックトライアルセットの口コミ・レビュー記事はこちら

日焼け止めが2色入った、HANAオーガニックトライアルセット

HANAオーガニックトライアル

シンピュルテ 「パーフェクトUVミルクプロテクション」

シンピュルテ

100%天然由来成分の「オーガニックUVミルク」です。
オーガニックで最高指数の紫外線防止効果が魅力で、『低刺激だけどしっかりとUVケアをしたい!』という人人気があります。
長時間の外出の際の紫外線対策にはもってこいです。
美肌に効く植物やフルーツのエキスが入っていて、スキンケア効果までもたらしてくれるのは贅沢です!
顔、デコルテ、体、どこにでも塗れる使いやすさも◎
石鹸だけで落とすことができます。

■内容量:30mL
■価格:4,104円(税込)
■UV効果
SPF50+/PA++++
■日焼け止め成分
酸化亜鉛
■分類
日焼け止め機能付き乳液

まとめ

今回可決された日焼け止めに関する法案は、2021年1月1日に発効されるということなので、それ以降のオキシベンゾンやオクチノキサートを含んでいる日焼け止めの使用は違法となってしまうはずです。

知らなかったじゃ済まされない問題であることは間違いありませんので、ハワイに行った際には日焼け止めの成分や使い方に十分注意するようにしてくださいね!
また、現在は上記で紹介したようなお肌に優しいけど紫外線から守るタイプの日焼け止めはたくさん販売されていますので、SPFの表示を参考にしながら選んでみましょう♪




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!