敏感肌 化粧水の選び方。乾燥肌向け・ピリピリしない低刺激タイプ


敏感肌向けの化粧水を探している方向けに、自身も敏感肌である筆者が使用した事のある化粧水を紹介していきます。
今は低刺激・肌に優しい「敏感肌用」の化粧品がたくさん販売されていますが、その中でもご自分のお肌に合った成分を選ぶ事が出来て、敏感肌が少しでもよくなると良いですね!
ぜひ、色々と試してみて下さい。

敏感肌とは

敏感肌さんの化粧水
髪の毛や衣服が触れるなど、少しの刺激で発赤・かゆみ・湿疹・染みる・ピリピリなどの症状が出やすい肌のことを、総称で「敏感肌」と言います。

肌を外敵刺激から守る働きであるバリア機能を担っている、「細胞間脂質」という物質が少ないことが主な原因です。
また、アレルギー体質の人も敏感肌になりやすい傾向にあります。

そして、本当の敏感肌はその性質が生まれつきある方の事を言います。
生まれつきの敏感肌の方は、アトピーなどの皮膚疾患を併発している場合があるなど、その症状は人それぞれ異なるため皮膚科を受診し、自分に合ったケアを相談されるのが良いでしょう。

後天的な敏感肌

肌の乾燥が敏感肌を招く

生まれつきではなく、気づいたら敏感肌になっていたと言う後天的な敏感肌(筆者もそうです)は、生活習慣の乱れや、過剰なケアなどご自身で招いている可能性があります。

ポイントは、『乾燥肌が原因でそこから敏感肌に移行する場合が多い』と言う点です。
乾燥肌になると角質層は厚みを増して不安定になり、肌のバリア機能は低下します。

そうすると肌はダメージを受けやすくなり、クレンジングや洗顔など普段のケアも刺激になる悪循環が始まってしまうのです。
特に肌の乾燥を招きやすい、気温や湿度が下がる冬場に起こりやすいのが特徴です。

後天的な敏感肌の要因

・紫外線
・過剰なスキンケア
・保湿不足
・洗顔のし過ぎ

等による外からの刺激によって肌のバリア機能が低下した場合

・アレルギー
・生理前
・ストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ

等による、内側からの要因で肌の生成のバランスが崩れた場合
などが挙げられます。

まずは自分の普段のケア、クレンジング・洗顔・ピーリングなどをやりすぎていないか見直してみましょう。

お肌を回復させようと、良かれと思ってしているケアも、今の肌の状態には「過剰」になっている場合もあります。
そして普段の生活習慣を見直し、食生活や睡眠の状態を改善しましょう。

敏感肌のケアは保湿がカギになる

まずは自分のお肌の状態を知る

敏感な状態にある肌はバランスを崩し、水分が不足している状態にあることが多いため、まずは保湿ケアが必要不可欠となります。

しかし、何らかの原因により肌のバランスが大きく崩れている場合には、どんなケアも刺激になってしまうことがあるため、まずは、自分のお肌の状態を確認しましょう。

例えば、お水やぬるま湯だけで、やさしく洗っても染みや刺激を強く感じてしまう場合には、全てのケアを一度ストップする方がいいでしょう。

どんなにやさしいと言われている化粧品も、水よりは刺激がありますので、
一度ストップし様子を見るか皮膚科を受診し相談してみる方が良いでしょう。

敏感肌の化粧水選びのポイント

敏感になってしまっている肌は、何が刺激になるかは人それぞれです。
誰かには合うものでも、自分に合うかはわかりませんので、とにかく「試してみる」のが一番です。
ポイントは、「刺激がないかどうか」です。

初めて使う化粧水はいきなり顔につけるのではなく、

腕の内側→あごの裏側

の順番で、少しずつ顔に近い皮膚で確認してみるのが安全です。
赤みや腫れ、刺激を感じなければ第一関門突破ですね。

そこから、少しずつ顔につけてみて顔の皮膚でも刺激にならないか確認していきましょう。

また、コットンでのパッティングは、どんなにやわらかいコットンでも刺激になってしまう可能性があります。
肌の表面を傷つけないようになるべく手でつけましょう。

つける時もこすったり、たたいたりせず、手のひら全体でやさしく包み込むように押さえます。
『ハンドプッシュ』と呼びます。

目元や口元などの皮膚の薄い部分は、指の腹などで特にやさしくつけましょう。

アレルギーをお持ちの方は、特に特定の成分に反応してしまうケースがあります。

その成分も人それぞれ異なりますので注意が必要です。
もし、アレルギーが疑われる場合は、症状が軽くても専門医に相談しましょう。

成分表示を確認しましょう

成分表示を確認すれば、低刺激のものを選びやすいです。
化粧水には必ず成分表示がありますので、刺激成分をチェックしましょう。
「パラペン」・「エタノール」等です。

また、自分の肌に合わない成分をご存知の方、アレルギーをお持ちの方は忘れずに確認しておきましょう。

◎ アルコール、着色料、香料などは刺激になることが多いですので、なるべく避けます。

ノンアルコール、界面活性剤不使用、ノンパラベン、弱酸性、アレルギーテスト済みなどと書かれている敏感肌用の化粧水を選ぶようにします。

ただ、そう書かれてあれば必ずしも大丈夫という事はありませんので、使う時は慎重に試してからにしましょう。

◎ 肌のバリア機能を高める「セラミド」の入ったものもオススメです。

敏感になりやすい方は、日ごろからセラミド入りの化粧品でバリア機能を補強しておくと予防になるでしょう。
抗炎症成分であるアロエ、カモミール、甘草、茶葉エキスなどは、赤みがひきやすい成分です。

◎ オーガニックコスメや自然派コスメはやさしいイメージがありますが、天然成分にも刺激が強いものもあります。

無添加=低刺激と言うわけではありませんので気を付けましょう。

肌が敏感な時は、オーガニックや天然成分のものを選んだ方がいいと思いがちですが、
天然かどうかよりも、配合がシンプルな化粧水を選ぶのがポイントだと言えるでしょう。

オススメ敏感肌用化粧水の紹介

ここで、おすすめの敏感肌用の化粧品を少しご紹介します。
それぞれトライアルキットなどもありますので、まずはお試しからスタートしてあなたに合うものを見つけてください。

ディセンシア saeru

美白ケアが効きにくいと言われる敏感肌の為に開発されたホワイトニングスキンケアシリーズ「サエル」。
紫外線や乾燥によるダメージをブロックし、透明感のある肌へと導きます。

10日間のトライアルで肌の変化を実感していただけるはずです。
ホワイトニングローションクリアリスト 14ml
ホワイトニングエッセンスクリアリスト 8ml
ホワイトニングクリームクリアリスト 9g
+ホワイトCCクリームクリアリスト1回分
¥1480(税込)

ディセンシアサエル


NOV ノブ

NOVの中でもとても敏感なお肌にもやさしい、低刺激性化粧品の「ノブⅡシリーズ」。
配合する成分を厳選し、精製度の高い原料による処方でさまざまな刺激からお肌を守ります。

5点、約1週間分のトライアルセット。
クレンジングクリーム 15g
ウォッシングクリーム 15g
フェイスローション  20ml(医薬部外品)
モイスチュアクリーム 6g(医薬部外品)
モイスチュアバーム 0.5g×2個
¥1620(税込)

ノブの低刺激性


ロート製薬 ハダラボes

「毎回ではないけれど。時々化粧水が肌に染みる」「自分は敏感肌化も、と感じている」
こんな方に使っていただきたいスキンケアシリーズ。

全アイテム弱酸性・低刺激性・アレルギーテスト済み・スティンギングテスト済み。
不安定でデリケートな肌を健やかに保ちます。

2週間分のトライアルセット
洗顔(泡タイプ)80ml
化粧水 30ml
乳液 30ml
メイク落とし(リキッドタイプ) 30ml

ハダラボ


オラクル

70種類以上の植物成分から作られたスキンケア。
肌が持つしなやかさを活かしながら、美しさを引き出します。

新鮮なつくりたてをお届けします。

7品目1週間のトライアルセット
メイクアップ・リムーバーミルク 20ml
エッセンシャル・クレンザー25g
クラリファイング・トナー 25ml
パワー・モイスチャー 5ml
クリーム・ルネサンス 3ml
クリアブライト 10g
アイ・フォーミュラ 3ml
¥1600(+税)

オラクル


ヒフミド

人の肌にあるセラミドと全く同じ構造を持つ「天然型セラミド(保湿成分)」を配合したシリーズ。
直接補うことで肌老化につながる乾燥から守り、肌の基礎力を高めます。

5品約1週間分のトライアルセット
クレンジングミルク 10ml
ソープ 16g
エッセンスローション 20ml
エッセンスクリーム 4g
UVプロテクトベース 5g
+レース柄スパパック(非売品)
¥980(税込)

ヒフミド


もしも肌に異常が起こったら

トライアルセットなどでお試しをして、自分に合う化粧品が見つかったら製品を購入して使ってみられると思いますが、「昨日までは大丈夫だったのに」という感じで、急に肌にトラブルが起こってしまうこともあるかもしれません。

もし異常が出た場合は、すぐに洗い流し使用を中断。
様子をみるようにしましょう。

化粧品で無理は禁物です。症状を悪化させる恐れもありますので、ひどい場合は医師の診察を受けて下さい。

新しく化粧品を使用する時は、肌トラブルが起こりやすいと言われる生理前を避け、生理後の調子の良い時に切り替えましょう。


敏感肌 化粧水のまとめ

敏感肌さんは、まず自分に合った化粧品を探すのが大変ですね。
肌が敏感な時期も、心配しすぎないようにできるだけリラックスを心掛けて下さい。

心配しすぎると神経が興奮してしまい、お肌が化粧品に過剰反応してしまうことがあります。
慎重に肌への負担のない、自分に合ったものを気長に探して、保湿ケアを中心に行い乾燥肌を改善し少しずつ理想の肌を目指しましょう。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!