お尻のニキビや黒ずみの原因は?ブツブツを治してキレイにする方法


赤ちゃんの頃はマシュマロのようにふんわりとしているお尻も、年齢を重ねてくると様々なトラブルのせいで変貌してしまうことがあります。
ニキビができたり、黒ずんできたりするせいで、ブツブツした岩のようなお尻になってしまったとお悩みの方も多いことでしょう。

お尻は他のパーツと比べるとそれほど人目に付く部分ではないものの、炎症や色素沈着が悪化してしまうと痕が残りやすいので厄介です。
皮膚の状態の変化に気づきにくい部分ですが、トラブルの原因を知って正しいケア方法を身に付けましょう。

お尻の皮膚について

お尻の皮膚は顔よりも角質層が厚く、座っている時に毛穴が圧迫される時間が長いため皮脂が詰まりやすい部位です。
また、汗をかいた時に下着が密着している時間が長いため、蒸れることで雑菌が繁殖しやすいと言えます。

お尻のブツブツ

そして、手が届きにくいですから、入浴時のシャンプーなどの洗い残しが気になる部分でもあります。
このように、体の他の部位に比べると毎日の生活の中ではケアが難しいように感じます。
つまり、お尻に現れる肌トラブルというのは自分では気が付きにくいのです。

いつの間にかお尻にブツブツや黒ずみができているという人はけっこう多く、それでも恥ずかしくてなかなか人に相談できないし、対処法がよくわからないという理由から何もしないで放っておくケースも少なくありません。
しかし、お尻のトラブルを甘く見てはいけません。
ニキビのような炎症を放置すると重症化したり、繰り返しできたりと、皮膚のブツブツを悪化させてしまう原因となります。
それに、最初はくすんできた程度の皮膚の色がひどい黒ずみになって消えなくなってしまうこともあります。

自分では気がつきにくいお尻のトラブル。
治りづらいお尻のニキビや黒ずみの原因とキレイに治す方法についてまとめてみました。

お尻の皮膚病の種類と原因の見分け方

お尻のニキビやブツブツの原因

お尻にできるニキビのような炎症やブツブツは、その種類や原因が一つではありません。
そこで、症状などから考えられる皮膚病の種類と原因の見分け方についてまとめてみました。

顔にできるニキビと同じメカニズムで、皮脂の分泌が活発になることでお尻にもニキビができてしまうことがあります。
もともとお尻は皮脂の分泌が少ないと言われていますが、下着や洋服、椅子との接触が長時間続く部分ですので、知らず知らずのうちに汗をかいています。
そして、1日中通気性が悪い状態で毎日過ごしていると、蒸れることが原因で毛穴が詰まってニキビが発生してしまうのです。

お尻ニキビの原因

非炎症の白いニキビであれば毛穴の角栓を取り除くことで皮膚の膨らみがなくなりますが、アクネ桿菌が繁殖すると炎症を起こして赤くなったり、痛みを伴ったりします。
ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患の一つですから、できるだけ早く治療する必要があります。

下着やシャンプー、ボディーソープなど、日常生活で皮膚に触れるものが皮膚にアレルギー反応を起こすことで現われる症状です。
いわゆるかぶれと呼ばれる皮膚病で、かゆみを伴う湿疹を自覚できる症状です。
摩擦が起こりやすい繊維から作られている下着や、体を洗う洗浄剤の成分がアレルゲンとなりますので、皮膚に違和感を覚えたらすばやく原因を特定して、できるだけ皮膚への接触を避けるようにしましょう。

お肌の乾燥によって湿疹ができてしまう皮膚の病気です。
一般的に、空気が乾燥する11月~3月に多く発症すると言われています。
また、加齢に伴う皮膚の乾燥が原因である場合もあります。
強いかゆみを伴うので、掻き壊してしまうと皮膚が赤くなる症状が現われます。

お尻の部分の皮膚に傷や湿疹ができて抵抗力が弱まっていると、ヘルペスウイルスという細菌が侵入しやすくなるので注意が必要です。
ヘルペスウイルスに感染すると、発疹や水ぶくれなどの皮膚症状が現れます。

ウィルス

しかも、一度ウイルスに感染している人は再発を繰り返す可能性があります。
一旦症状が落ち着いたとしても、体内に潜むウイルスが再び暴れ出すことがありますので、早い段階できちんとした治療をする必要があります。

肌表面にブツブツができる皮膚疾患のことです。
何らかの原因でお肌のターンオーバーのサイクルに異常が生じて、古い角質が剥がれにくくなって毛穴が詰まることが原因と言われています。
痛みやかゆみなどの自覚症状がないのが特徴的です。

比較的若い女性に多く発症する傾向にあり、皮膚が敏感であったり、肥満であったり、肌質や体質などの遺伝的な要因が大きく関係しているようです。
放っておいても重症化しにくいですし、年齢を重ねると自然と落ち着いてくることがあるので、それほど神経質にならなくても良いタイプと考えても良いでしょう。

お尻の黒ずみの原因

■メラニン色素の沈着

皮膚に存在しているメラニン色素が何らかの原因で沈着することによって黒ずんで見えてくることがあります。
色素沈着の原因と考えられることをいくつか挙げてみたいと思います。

・摩擦や圧迫

ショーツなどの下着の繊維と皮膚が摩擦することによってメラニン色素の生成が促されやすくなります。
下着は毎日身に付けるものですから、知らず知らずのうちにメラニンがたくさん作られて、それが沈着して黒ずんでくることは十分に考えられます。

お尻の黒ずみ

また、お尻を強く圧迫することも原因として挙げられます。
1日中椅子に腰かけていたり、きついズボンを履いていたりすると、お尻に過度に圧力がかかり、長時間圧迫された部分にメラニンが沈着して皮膚が黒ずんでくると考えられます。

・炎症によるもの

炎症が生じた場合にもメラニン色素の生成が促されやすくなります。
通常は炎症が治まると新陳代謝によって自然と消えるものです。
しかし、ひどい炎症になってしまうと沈着したまま消えずに黒ずみとして残ってしまうことがあります。


・ターンオーバーの異常

お尻の皮膚も顔と同じように日々ターンオーバーが行われています。
ターンオーバーのサイクルが正常に保たれているとどんどん新しい細胞に生まれ変わって、きれいな状態の皮膚を維持できます。

しかし、ターンオーバーはホルモンバランスと密接な関係があり、不規則な生活習慣やストレス、女性であれば妊娠や出産などがホルモンバランスを乱し、ターンオーバーが崩れて色素沈着を起こすことがあるのです。

■角質が厚くなる
古い角質や汚れがいつまでも残っていると皮膚のターンオーバーが正常に行われず、角質がどんどん厚くなってきます。
一定の角質の厚さが保たれていることで皮膚のなめらかさや白さが調節されていますので、角質が厚くなることでごわつきやくすみを感じやすくなります。
放っておくと手におえないブツブツや黒ずみに発展する可能性がりますので、たかが角質と軽く考えてしまうのは禁物です。

きれいなお尻を取り戻すためのケア方法

お尻は蒸れやすくて垢が溜まりやすいので、湿気や老廃物を好む雑菌の繁殖に好条件の場所と言えます。
お尻は手が届きにくくて洗いにくいかもしれませんが、意識的に洗浄して清潔な状態を保ちましょう。

お尻の洗浄

石けんやボディーソープで洗うだけで皮膚の垢の90%近くを除去できると言われています。
1日過ごした体に付着した汗や皮脂をきれいに取り除いて、雑菌の繁殖のもとを作らないようにしておくことが大切です。

お尻に直接触れる下着や、皮膚を圧迫する原因となる椅子などの素材に気を配ってみましょう。
今はナイロンやポリエステルなどの合成繊維でできた下着が主流ですが、天然素材の下着はお肌にやさしいのでおすすめです。
何と言っても、通気性と吸湿性に優れていて摩擦の少ないコットンの下着は、お尻にも負担がかからないのではないでしょうか。

また、固い椅子よりもやわらかい椅子の方がお尻を圧迫しないと思います。
長時間座りっぱなしの人にはクッションの使用もおすすめです。
クッションにはお尻にかかる圧力を分散させてくれる効果がありますので、少しはお尻への圧迫感が減るかもしれません。
そして、お仕事をされている方は、可能であれば勤務上差支えない程度に椅子から離れる時間を多く取るようにするといいと思います。

お尻のブツブツやごわつきが気になる場合は、ピーリング効果のある化粧品を使用したスキンケアが有効です。
ピーリングというのは古い皮膚を取って新しい皮膚を作り出すことを目的としているスキンケアですので、何もケアしないでいて凸凹になっていた皮膚をツルツルする良いきっかけになるのです。
お尻専用のピーリング化粧品がいくつか販売されていますので、そちらを使用すると効果的だと思います。

お尻のピーリング

あと、ピーリングは黒ずみを治すためにも効果があります。
色素沈着が表皮レベルで止まっている場合には、黒ずんで見える部分を美白するようにきれいにすることが可能です。

ただし、表皮よりも深い部分で色素沈着がある場合は、ホームケアで行うピーリングだけでは思ったような効果が出ないかもしれません。
ですが、皮膚科や美容クリニックなどで行っているケミカルピーリング治療であれば、皮膚のくすみを目立たなくさせることは可能です。
ひどい黒ずみを少しでも軽くしたいということであれば、効果の高いピーリング治療を受けてみるのもいいと思います。

お尻にブツブツが生じる原因は皮膚の乾燥と関係性があります。
乾燥しやすい肌質の方が炎症の発生率が高く、ダメージを受けたあとにブツブツができやすいと考えられています。
ですから、お尻のブツブツを予防するためには、徹底した保湿ケアをすることが大切です。

お尻の保湿ケア

自分で見ることができないお尻はいつの間にか乾燥が進行しているケースが多いと言えます。
そこで、毎日行う保湿ケアが重要なポイントになってきます。
ボディークリームでも良いのですが、デリケートになっているお尻専用で使える保湿化粧品の方がブツブツ改善には効果的だと思います。

また、ひじやひざのようなかさつく部分がくすんだり、黒ずんで見えたりすることがありますが、これと同様に、お尻もかさつきがひどくなると皮膚の色が変化してきます。
これは、古い角質が溜まって生じる角質肥厚が原因で肌の色をくすませているのです。

そこで、黒ずみ改善に効果的なのは、硬くなった皮膚を柔らかくする成分の入っている保湿化粧品です。
お尻の皮膚の柔軟性が保たれているとターンオーバーのサイクルが正常で、古い角質が溜まりにくい状態をキープできます。
ですから、角質肥厚になって皮膚の色がくすんでくるのを予防できるということなのです。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

気になる言葉でサイト内を検索!

記事カテゴリー

Google+始めました!