かかとのがさがさを綺麗にする方法


かかとが固くなってがさがさになっていることってよくありますよね。
がさがさの正体は角質!
こまめにお手入れしないと誰でも角質が溜まって、気が付けば、もはや岩のようなガチガチの状態になってしまうことも。

フットケアサロンにわざわざ行ってお手入れする余裕もないし・・・。
そんな人でも簡単にできる「かかとケア」についてご紹介してみたいと思います。

かかとのがさがさが出来る原因

かかとのがさがさが出来る原因は多様なので、思い込みによる間違ったケアによってトラブルを悪化させてしまうケースが少なくありません。
正しくケアをするために自分のかかとの現状を把握して、がさがさの原因を見極めてみましょう。

かかとのがさがさが出来る原因はいくつか考えられますが、一番の原因は乾燥と言われています。
かかとはセラミドや保湿因子が皮膚の内部から逃げやすく、非常に乾燥しやすい部分です。

がさがさかかと

乾燥して保湿力が低下し、細胞内に水分が十分に保たれなくなることで、かかとが硬くなったり、荒れやすくなったりします。

かかとが硬くなってしまう原因の一つに、皮膚が硬化してしまう「角化症」というものがあります。
皮膚の表面は新しい角質が一定のサイクルで形成されながら柔らかい状態を保っています。
本来、角質が古くなってくると自然と剥がれるものなのですが、スムーズに新しい角質と入れ替わらない人もいらっしゃいます。
役目を終えた古い角質は硬くなった老廃物として蓄積されるため、剥がれないとかかとが次第に分厚くなってしまうのです。
これが「角化症」のメカニズムです。
新陳代謝が低下してくると角化症は起こりやすいので、加齢に伴ってかかとが硬くなってくるケースが非常に多いです。
角化症を放っておくと古い角質は繰り返し溜まっていきますので、がさがさはひどくなる一方です。
場合によってはひび割れて、痛みを伴うこともあります。

靴下を履かずに素足で靴を履いたり、かかとの部分が固い靴を履いたりしていると、知らず知らずのうちにかかとはダメージを受けています。

かかとがさがさ

毎日長時間歩くような方は特にかかとにかかる負担が大きいでしょう。
外的なダメージから守ろうとすると、皮膚は角質を分厚くしてしまいます。
だから、がさがさの感触のかかとになってしまうのです。

ケアしてもなかなか良くならないかかとのガサガサは水虫かもしれません。
かかとは「角質増殖型水虫」という種類の水虫になりやすいと言われています。
足の指にできた水虫から経由してかかとに白癬菌が感染することが原因と考えるのが一般的です。
足の指にできるようなジュクジュクした症状ではなく、皮膚ががさがさしてくるのが特徴的です。
角質増殖型水虫は空気が乾燥している冬場に悪化しやすく、かかとのがさつきが目立つようになり、時には痛みを伴うこともあります。

水虫は感染症なので、原因菌を取り除かないことにはかかとのがさがさは簡単には治りません。
それに、足の広範囲に広がったり、他の人に感染させたりする可能性があります。
水虫が疑われる場合は、早めに皮膚科を受診して、正しい方法で治療をすることが大切です。

人間の体は疲れやストレスを感じると、体調リズムを整える体内ホルモンのバランスが乱れます。
体内ホルモンのバランスの乱れは、皮膚の新陳代謝やバリア機能の低下を引き起こします。
ストレスや疲労はかかととは関連性がないように思われますが、かかとも例外ではありません。
かかと部分の皮膚の新陳代謝やバリア機能が低下した結果、皮膚が分厚くなり、がさがさになることもあります。

かかとを綺麗にする方法

硬くなっているかかとには古い角質が溜まっているので、定期的にヤスリで角質を落とすのが効果的です。
かかと用のヤスリを使って、入浴後の皮膚が柔らかくなった状態で軽くこすっていきます。

かかとやすり

通常はヤスリを繰り返していくことで古く硬くなった角質が減り、次第にかかとが柔らかくなってくるはずです。
かかとのがさがさが軽度であれば、このようなケアで十分に対応できます。

足の裏には皮脂腺が無いため、顔の皮膚のように皮脂が分泌されません。
でも、その代わりに角質由来の脂質(セラミド)は皮膚の肌同様に存在します。
乾燥が気になるかかとであれば、セラミドの働きを良くするための保湿ケアが有効です。

角質除去

乾燥によるがさがさかかとに一番効果的なのはビタミンEや尿素などの成分です。
これらを配合している保湿化粧品をかかとに塗って、十分に保湿してあげましょう。

がさがさかかとを予防するには、素足で過ごすことを避けるのが有効です。

靴下

素足は乾燥を招きやすいので、靴下を履くのが良いと思います。
かかとを保湿できる靴下も販売されていますから、そのような商品を日常的に着用するのがおすすめです。

かかとにとって靴の選択は重要なポイントとなります。
人間は足の裏で全体重を支えていますので、相当な圧力が加っています。

足の裏やかかとに最適となるのは、
・足のサイズにピッタリ合っていること
・底が柔らかくてクッション性があること

などの条件が揃っている靴です。

男性は革靴、女性であればハイヒールを履く方が多いと思いますが、底が固くて薄い靴は足裏の健康を損なう原因となります。
できることならば、スニーカーのような適度なクッション性のある靴を履くのがかかとの健康を保つのには良いと言えます。

かかとを綺麗にするアイテム

かかとを綺麗にするためには、角質自体を柔らかくすることと保湿が重要なポイントです。
手軽に使えるアイテムでお手入れをすることで、かかとは見違えるように綺麗になりますよ!

かかとに角質が溜まっている方には、「かかとやすり」をして角質を削るケアがおすすめです。

•ガラス製のやすり
•ステンレス製のやすり
•プラスティック製のやすり
•電動リムーバー

など、角質を削り取って除去できるアイテムはたくさんあります。

入浴して角質にある程度水分を含ませ、ふやけて柔らかくしてからかかとやすりで削ります。
そうすると、硬くなった角質を無理なくきれいに削ることができます。

角質除去やすり

がさがさの状態がひどい時は週に一度くらいの頻度で行っていると、次第に硬さが軽減していきます。
かかとに柔らかさが戻ってきたら、2週間に一度に、月に一度というように削る頻度を徐々に減らしていきます。

かかとをマッサージするだけで角質がボロボロと剥がれてくる「ピーリングジェル」もお手入れに使えるアイテムだと思います。
やすりがけが面倒という人は即効性があるピーリングジェルを使ってみるのも良いかもしれないですね。

角質を溶かして自然に剥がしてくれるのが「フットパック」。

フットパック

フットパックに数十分足を浸して洗い流すと、日常生活を普通に送っている間に、歩くなどの動作によって数日後には角質が除去されてツルツルになります。
やすりなどを使って皮膚を傷つけてしまうのが心配な方にはおすすめのかかとケアアイテムです。

乾燥によって硬くなってしまったかかとの角質を柔らかくしてくれるのが「かかと柔軟クリーム」です。
特に尿素配合のクリームがおすすめ。
乾燥を防ぎながら潤いを与えてくれるので、面倒なかかとのケアが簡単にできます。

かかとの角質ケアに特化した入浴剤というものがあります。
使い方は簡単で、お風呂に入浴剤を入れて浸かるだけでOK。

角質除去入浴剤

入浴剤に配合されている酵素が不要な角質を溶かして、保湿成分がしっとりとした状態に保ってくれます。
お風呂に入るだけで角質除去と保湿が同時にできるので、毎日のかかとのお手入れとしては理想的なアイテムと言えるのではないでしょうか。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!