脂性肌に思えて実はカサカサ!インナードライ肌の原因や症状・改善法。


肌にツヤがあって、化粧ノリもいい美肌。でも、触れてみると肌には弾力がなく、ツヤは皮脂のテカリだったりしませんか? 美容業界では、そんな肌のことを、「インナードライ肌」と呼んでいます。

インナードライ肌とは?

保水ケアその言葉の通り、肌の内側が乾燥している肌のこと。そのため、体は水分蒸発を防ごうと皮脂を過剰に分泌します。

だから肌表面は皮脂のテカリで、一見ツヤのある健康的な肌に見えるのです。

顔の上で、ドライとオイリーが混合しているため一見見分けるのが難しいのですが、実はほとんどの女性がインナードライ肌だと言われています。

【最近ニキビが出やすい】【肌を触るとゴワゴワする】【透明感がなくなった】
そう思った時に美肌に戻すのはとっても大変。インナードライかな? 

と思ったら、今すぐ下記のケアを始めましょう。

放っておくとどういう症状が出るの?

肌質に合わない間違ったお手入れを続けることになるため、肌トラブルを多く引き起こします。

【インナードライ肌によくある肌トラブルや症状】

・ニキビや吹き出物ができやすくなる
・毛穴が黒ずむ
・毛穴がぱっくり開く
・シミが増える
・ターンオーバーが乱れ、肌がごわつく
・深いシワやちりめんシワが増える
・メイクノリがいつも悪い
・肌がいつも揺らいでいる

インナードライを放置すると、老けて見られる原因を生み出します!
とくに皮脂が引き起こす、毛穴トラブルが多発する傾向にあるので注意しましょう。

インナードライ肌を作る原因

インナードライ肌は、乾燥肌の一種です。

しかし、肌表面は皮脂で潤っているように見えるためオイリー肌と勘違いする人も多いようです。
例えば、テカったりニキビができやすいからという理由で、オイリー肌と決めつけ、洗顔をこまめにしたり脂取り紙で皮脂を過剰に取り去る方が多く見られます。

これがインナードライ肌を作る大きな原因なのです。

間違ったスキンケアをすることで、肌の内側の乾燥がひどくなるだけでなく、それを防ごうとより皮脂の過剰分泌が止まらくなるため、肌のコンディションがどんどん悪くなってしまうのです。

インナードライ肌をひどくする一番の原因は、気がつかないこと。

そのため、定期的な肌チェックをおすすめします。

あなたは大丈夫? インナードライ肌チェック!

では実際に、あなたの肌がインナードライ肌なのか、チェックしてみましょう。

【お肌の状態 篇】

⬜︎ 目元や口元は、いつも乾燥している
⬜︎ おでこや頬には、皮脂が目立つ
⬜︎ 肌の弾力が、少なくなってきた
⬜︎ 肌がごわつき、透明感がない
⬜︎ 頬や鼻の毛穴が目立つ
⬜︎ 保湿しても、潤いが足りない感じがする
⬜︎ 肌のキメが全体的に粗い
⬜︎ 朝晩、洗顔料を使って顔を洗っている

こちらが、3つ以上当てはまると「インナードライ肌」の可能性があります。

さらに、下記の項目をチェック!

【生活習慣 篇】

⬜︎ 洗顔後、しばらすると肌がつっぱる
⬜︎ 日々ストレスを感じている
⬜︎ いつも空調やエアコンを使っている
⬜︎ メイクが崩れやすい
⬜︎ 食生活が乱れている

こちらはいかがでしたか? 2つ以上当てはまったら疑ってみてください。

【お肌の状態】【生活習慣】ともに該当した方は、インナードライ肌!
今すぐ、スキンケアの見直しが必要です!

オイリー肌だと思っている人は、要注意!

自分が、オイリー肌だと決めつけている人ほど、インナードライを引き起こしている可能性があります。
女性の肌は、年齢を重ねるにつれどんどん乾燥がひどくなるもの。

なのに、若い頃のまま、ずっとオイリー肌の用のお手入れをしていると、
必然的にインナードライ肌を生み出してしまうことになります。肌質は、年々変化するので、オイリー肌の人こそお手入れを定期的に見直しましょう。

インナードライ肌の改善法

一番大切なのは、肌質に合ったお手入れをすること。
乾燥が原因なのでまずは保湿から徹底的に行いましょう!

【ローションでたっぷり保湿】

コットン
肌の内側がかなり乾燥しているため、朝晩、ローションをコットンにたっぷり含ませ、やさしくパッティングしながら水分を肌内部に浸透させましょう。
時間があるなら、コットンパックもオススメです。

また、保湿に優れている美容液を使うのも良いでしょう。
最後に乳液で肌にフタをしますが、そのとき油分の多いクリームは避けてください。

過剰な油分は、皮脂と同様、肌内部の乾燥を引き起こす恐れがあります。

【皮脂を残すお手入れを】

洗顔は優しく丁寧に
ニキビ用やオイリー肌用の洗顔料は、皮脂を取り過ぎてしまうので使用するのは止めましょう。

特に朝は、ぬるま湯(30~35℃)洗顔で十分。
夜も、肌はゴシゴシと擦らずホイップ状の泡を肌の上で転がすようにすると皮脂を落とし過ぎません。

夜は、お風呂で洗顔をする人も多いと思いますが、使用する水の温度には注意しましょう。
せっかく丁寧に洗顔しても高温の湯ですすぐだけで、皮脂が過剰に失われてしまいます。

特に冬場の寒い時はシャワーも高温で使用しますよね?
その際に高温のまま顔にシャワーを当てたりする事で
肌の内側からの乾燥が一気に進んでしまいます。

必ず、ぬるま湯もしくは、水で洗い流しましょう。

【脂取り紙は使わない】

肌表面のテカリが気になるからといって、脂取り紙などで皮脂を取るのは止めましょう。
皮脂は、取ればとるほど過剰に分泌してしまうので少しの間は我慢して。

ローションでしっかり保湿ができれば、自然に皮脂の分泌も治まってきます。

脂取り紙

【紫外線対策をしっかりと】

インナードライ肌の人は、肌のバリア機能が低下しているので、紫外線ダメージを受けやすい状態です。
紫外線は、肌の乾燥を引き起こすので、できるだけ日焼けをしないように注意しましょう。

また、使用する日焼け止めはSPF30程度で日常生活は十分。
SPFが高すぎると、肌への負担も大きくなるだけでなく、クレンジングで皮脂を取り過ぎてしまう恐れがあるます。

そのため、日焼け止めだけに頼るのではなく日傘や長袖の服など肌への負担がかからない方法も積極的に取り入れましょう。

【エアコンの使用を控えましょう】

エアコンによる肌の乾燥は、じつは冬場よりも夏場に多く引き起こされます。

なぜなら、エアコンにより室温を下げると同時に部屋の湿度も下がっているから。
そのため、エアコンの効きすぎた部屋にいると、どうしても肌が乾燥してしまうのです。

職場など、どうしても避けられない場合はこまめに水分補給をしたり化粧水スプレーを持参するなど、こまめに乾燥対策をしてください。
自宅の場合なら、保湿計や加湿器を利用するのも良いでしょう。
乾燥しすぎているな、と思ったらエアコンを止めて乾燥を防ぎましょう。

【さらに、水分補給も忘れずに!】

スキンケアだけでなく、水分補給による保湿も積極的に行いましょう。
しかし、冷たい飲み物は体を冷やすためあまりおすすめできません。

水は常温や白湯で。(夏はなかなか難しいですけどね・・・!)
また、糖分の入っていないお茶やハーブティーなどもおすすめです。

ただし、カフェインの入っているコーヒーなどは、利尿作用があるためかえって水分を失ってしまうことがあるので注意しましょう。

筆者のインナードライ肌体験談

最後に筆者のインナードライ肌が引き起こした肌トラブル体験談です。

私の場合は、脂性肌ではないのですがもともと「少し乾燥があるな~」と思っていました。
それが、3年前くらいから夏になると顎や鼻のあたりにニキビが出来始めるようになり、最初は夏場だけだったもの一年中ニキビが出るようになりました。

このニキビは赤く膿を持ったタイプではなく、白っぽくてあまり大きくもならないタイプでした。

あまりに気になって、普段行かない化粧品屋さんのBAさんに
「アゴのニキビがとっても気になるんです・・」
と相談したら、彼女にこう言われました。

『恐らく、肌が乾燥しきっているんだと思います。鼻のあたりもそうですよね?
しかも、頬のあたりも乾燥が進んでいるように見えます。思い当たる事ありませんか?』

私は正直何も思い当たる事がなかったのです。
いつも高い化粧品を使っていたし、美顔器もしていました。
一応その美顔器も口コミ評価のとても高いもので、そのコスメメーカーも評価が高いものでした。

なので
「こんなにいい化粧品を使っているのに、乾燥なんてあり得ない!」
と思ってしまったのです。

ただ、BAさんに
『こちらインナードライタイプの方の肌改善にとても定評がある化粧水です。是非使ってみて下さい。
ただし、毎日しっかりとコットンパックして下さいね。このコットンをこのように使用して下さい。。。』

とやり方も懇切丁寧に教えてもらって、その日の夜から普段やったこともなかったコットンパックをし始めたのです。

たった2日やっただけで、ニキビが落ち着いて来たのです。。。!

これには本当に驚き、すぐその化粧品屋さんに行き、その化粧水を購入しました。(コットンも)

毎日せっせとコットンパックを行った結果、ニキビは3週間後にはすっかりなくなり、毛穴も小さくなり、
BAさんに指摘された頬のあたりの乾燥もなくなってきました。

それから半年以上経過していますが、ちょくちょくそのお店に通っては肌の水分量と油分量を計測してもらっています。

最初は壊滅状態だった肌の水分量も、今では許容範囲のギリギリ下に入ってきました。

ちなみに、80~120が適度な範囲だとすると、最初は30くらいでした。
それが40・50とだんだんと増えてきて、油分に至っては最初はゼロという目を疑う数字だったものが、
今では10くらいになりました。
油分は20~40が適度な範囲です。

数字だけ見ると「まだまだ」に思えるかもしれませんが、毎日のコットンパック、要は保水ケアを行う事により
お肌のトラブルが一切なくなり、快適に過ごしております。

コットンパックなんて古典的な方法だし・・・なんて思わずにまずはやってみる事を勧めます!


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!