膝下・脚・すねの乾燥の原因や対策とは?


空気が乾燥してお肌がカサついてくる冬の季節。
特に膝下や足やすねがカサカサして、ひどいかゆみに悩まされている方が少なくありません。
冬を快適に乗り切るためにも、正しい足のお手入れを心がけてみましょう。

乾燥足・すねの症状

冬の季節になると急増する「乾燥足・乾燥すね」の症状は、見た目や皮膚内部に感じる不快な感覚と伴に表れます。
多くの方が悩まされているのは、一体どのような症状なのでしょうか?

冬になり空気が乾燥し始めると、ヒザ下の皮膚の表面にフケのような白い粉が出てくることがあります。
この白いフケのような粉は衛生上決して汚いものではなく、新しい皮膚を作る際に要らなくなった古い角質で、実は普段から剥がれ落ちているものです。

冬の足乾燥

ただ、特に皮脂の分泌が少ない膝下・すねの部分は冬の乾燥した時期になると古い角質が剥がれやすくなるため、普段よりも剥がれる角質が増えて粉を吹いてしまう状態になってしまいます。

皮膚が粉を吹く状態がしばらく続くと、皮膚表面だけではなく内側の水分まで大量に失われ、ドライスキンの状態に陥ります。
ドライスキンの状態まで進むと、ちょっとした刺激でも神経が危険サインとして感じてしまうため、かゆみとして表れます。

寒さや空気の乾燥は皮膚の弾力を失わせ、皮膚の細胞間に小さな隙間を作ります。
この小さな隙間こそがヒビ割れの原因です。
ひどくなると皮膚がパックリと割れて、出血を伴うこともあります。
特に膝下にひび割れが起こる事が多いですよね~。

かゆみやヒビ割れを経てさらに皮膚の乾燥が進行すると、湿疹や皮膚炎を発症することがあります。

乾燥性皮膚炎

湿疹としては水ぶくれになることが多く、悪化すると治りが遅くなるので注意が必要です。
また、赤みの強い皮膚炎の症状が見られる場合は乾燥性皮膚炎の可能性があります。

冬の乾燥する膝下・すねを招く原因

空気が乾燥する季節の「乾燥足・乾燥膝下」はなかなか治りにくく、冬の間ずっと悩みを抱えたままの方が多いようです。
冬に起こりやすい「乾燥足」の原因となっているのは、一体どんなことなのでしょうか?

冬は寒さ対策として厚めのタイツや靴下を着用する機会が増えます。
冬用のタイツや靴下は圧力が強いため履いた時に起こる摩擦力が大きく、摩擦によって膝下が乾燥しやすくなると言われています。

すね乾燥原因

また、ひざ下まで長さのあるブーツを履くような方は、こちらもタイツなどと同様に摩擦によって足が乾燥しやすくなると考えられます。
防寒対策や冬限定のファッションとして履く必要性があるものですが、足の乾燥に影響してくるとなると厄介なものですね。

冬は冷えた体を温めるためにいつもよりも長く入浴したり、熱めのお風呂に入ったりしますよね。
シャワーの温度も高温に設定する方が多いと思います。
40℃を超える熱いお湯は皮脂を奪うので、お肌の乾燥を促進する原因となります。

通常、お肌は約28日のターンオーバーのサイクルで新しい細胞に生まれ変わっています。
しかし、空気の乾燥による外的な刺激によってターンオーバーのサイクルが早くなることがあります。

足乾燥対策

ターンオーバーのサイクルが早くなることでお肌の細胞の成長が追いつかず、未熟なままの肌細胞は水分を十分に蓄えることができません。
このようなメカニズムによって、お肌が乾燥に傾いてしまうことがあるのです。

足・すねを冬の乾燥から守るには?

空気が乾燥することで皮膚の水分が蒸発しやすくなるため、冬のお肌のお手入れは「保湿+修復」を意識してみましょう。
足全体や膝下を冬の乾燥から守り、しっとりスベスベに保つコツをご紹介してみたいと思います。

足・すねを冬の乾燥から守る成分

脚の皮膚の乾燥はそのままにしておくときちんと治らず、乾燥肌を繰り返すことがあります。
冬の乾燥肌の悪循環に陥った足の皮膚を救うのは、肌が本来もつバリア機能を修復して乾燥状態を根本から治す成分です。
乾燥している足の皮膚に対して効果的な成分の特性を理解して使用し、冬のお手入れに役立ててみましょう。

・ワセリン
皮膚表面に油脂性の膜を作り、お肌の水分の蒸発を防いでくれます。
ややベタつく感触はありますが、乾燥したお肌にも刺激は少なく、しっとりとした状態を保つのに最適です。
保湿クリームなどの製品に含まれています。
・グリセリン
皮膚の角質層の水分を保持し、やわらかい状態のお肌を保ってくれます。
保湿クリームなどの製品に含まれています。
・ヘパリン類似物質
皮膚の角質層の水分量を増やしてくれます。
保湿クリームや乾燥肌治療薬などの製品に含まれています。
・尿素
全身から角質層へと水分を集め、カサつきにくい状態に保ってくれます。
保湿クリームなどの製品に含まれています。

冬の空気は湿度が50%以下になることが多く、それに伴って皮膚の水分量も減ってくる傾向にあると言われています。
たとえ自分自身の皮膚が乾燥しやすいわけではなくても、空気の状態に影響を受けて皮膚が正常な水分量を保てなくなってしまう可能性があります。

脚乾燥お手入れ

カサつきを感じた時にはすでに水分量が減ってきていますから、上記で挙げた保湿成分を使ってすみやかに乾燥を進行させないお肌のお手入れをする必要があります。
お肌に潤いをもたらす保湿成分にはそれぞれ異なる性質がありますから、お手入れしても皮膚の乾燥が良くならない場合は、一度、違うタイプの保湿成分が含まれるアイテムを試してみましょう。

■ 靴下は化学繊維よりも綿・絹製品を

アクリルやナイロンなどの化学繊維で作られた靴下は、皮膚の水分を奪い、かゆみを誘発する可能性があります。
脚や膝下の乾燥対策には保湿性のある綿素材や絹(シルク)で作られている靴下がおすすめです。

■ 加湿器によるお肌の保湿

11月~2月頃の冬の期間中は暖房によって室内を暖める方が多いと思いますが、暖房によってお肌の乾燥は進んでしまいます。

加湿器

加湿器を使用すると室内の湿度を保てるので、乾燥による足の皮膚への負担を減らすことができます。

■入浴方法と入浴後のスキンケア

お風呂やシャワーの温度は40℃以下のぬるめにするのが良いでしょう。
また、お風呂に浸かる時間は15分程度を目安にすると良いでしょう。
入浴後すぐは水気が残っているため気が付きにくいですが、しばらくすると水分が蒸発するのでお肌が過乾燥の状態になります。
お風呂から上がったらすばやくクリームなどを塗って、足を乾燥から守るお手入れすることを心がけましょう。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!