赤ら顔や肌の赤味の原因と対策。治し方やおすすめ化粧品


人間の顔は、暑さや寒さなどの気温変化による影響や、人前に出て緊張したり怒ったりした時に、一時的に肌の色が赤くなってしまうことがあります。
みなさんも何度か経験があるのではないでしょうか。

しかし、一時的に顔が赤くなるのとは対照的に、慢性的な肌の赤味が目立ってしまう症状があります。
これはいわゆる「赤ら顔」と呼ばれていますが、常に顔が赤いと見た目が気になるものですし、なんとか治せないものかとお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そこで、赤ら顔の原因や治し方、普段のスキンケアに効果的な化粧品についてまとめてみました。

赤ら顔や肌の赤味の原因

「顔が赤くなっている」という見た目はほとんど同じでも、人それぞれで原因や症状には違いがあります。
そこで、赤ら顔や肌の赤味をもたらす原因について詳しく調べてみました。

これといって皮膚の疾患が要因でない場合は、遺伝的な要素が関係しているのではないかと考えられます。
人間の皮膚の薄さは遺伝子によって決まります。
親から受け継いだ遺伝子によって皮膚が薄い体質に生まれてしまうと、血管の赤みがもろに皮膚に表面化してしまっているために顔が赤く見えてしまうのです。

赤ら顔の原因

また、遺伝的な要因が関係している赤ら顔の原因として、顔の皮脂腺が発達し過ぎていることが挙げられます。
生まれつき皮脂腺が発達していると皮脂分泌が必要以上に盛んなので、皮脂を好む細菌が顔の皮膚に繁殖することで他の人よりも炎症を起こしやすいのです。
一般的にこの炎症はニキビと呼ばれる症状ですが、皮脂分泌が多いと細菌が常に繁殖しやすい状態にあるので何度もニキビを繰り返してしまい、皮膚の赤みが強くなっていくというパターンが出来上がってしまうのです。

酒さというのは、皮膚の内側にある血管に炎症が起こることが原因で顔が真っ赤になってしまう皮膚の病気のことです。
鼻や眉間、頬、あごといった部位に部分的に皮膚の赤みが目立つ症状が特徴的です。

肌の赤みの原因

酒さによる肌の赤みは30歳を過ぎてから症状を訴える人が増えてくるようです。
特に敏感肌の人がなりやすいと言われていて、皮膚の乾燥が主な原因として考えられています。
皮膚の乾燥がひどくなると、ちょっとした刺激でも血管が過敏に反応してすぐに炎症を起こしてしまい、皮膚に赤みが出ることはもちろん、ヒリヒリしたりほてったりするので、日常的に非常にツライ思いをしなくてはなりません。

ただし、皮膚の乾燥の他にも、紫外線・ストレス・寒暖の差なども影響している可能性があるとも言われていて、実際のところはっきりと原因が特定されていません。
酒さは慢性的な皮膚疾患なので、症状が一度出てしまうと良くなったり悪化したり、数ヶ月~数年は肌の赤みと痛みに付き合わされることになります。

脂漏性皮膚炎というのは、皮脂を分泌する皮脂腺の出口にマラセチアと呼ばれる真菌(カビ)が異常繁殖する皮膚の病気のことです。
一般的には、背中、胸、腕などの体の部分に多く発生しますが、おでこのTゾーン(眉間も含む)、小鼻の脇、髪の毛の生え際など、皮脂腺が発達していて皮脂分泌の多い顔の部分にもできることがあります。

赤ら顔

顔面の脂漏性皮膚炎は赤みを帯びたブツブツができるのが特徴で、見た目はニキビによく似ています。
炎症が起きている部分にかゆみをほとんど感じない人もいますし、ひどいかゆみに悩まされる人もおり、人によって症状に差があります。
また、赤みだけではなく、脂っぽいかさぶたを伴うケースもよく見られ、症状が出ている間は見た目を気にせざるを得ない状況になります。

赤ら顔の効果的な治し方

赤ら顔の症状が起こる原因について見てきましたが、実に様々な理由が皮膚の赤みを引き起こしていることがわかったかと思います。
とは言え、赤ら顔は原因も症状もこれだと決定づける基準がないので、皮膚科を受診してもなかなか良くならなかったり、本当に適切な治療なのか不安になったりしている方が少なくないようです。

赤ら顔の対策

しかしながら、健康な肌の人と比較してみた時に共通しているのが、赤ら顔の人は肌のバリア機能が低下しているという点です。
バリア機能が十分に働いていない肌では、ちょっとした刺激やダメージに対して過剰に反応し、しかも、すぐに症状が悪化して治りにくいのです。

赤ら顔の人が効果的に皮膚の赤みを治そうと思った場合には、毎日のスキンケアにコツがあります。
普通の人と同じようにお肌をケアしていたのでは、いつまでたっても赤ら顔から脱出できません。
炎症を伴わない顔の赤みであれば、毎日のスキンケアによって大幅に改善できる可能性があります。

赤ら顔の治し方

まず、「ビタミンK」を配合している化粧品は赤ら顔に最適です。
ビタミンKは血流の流れをスムーズにすることで血管の拡張を防ぐはたらきがあります。
遺伝のせいで皮膚が薄いとか、寒暖の差などで血管が広がりやすい人の皮膚の赤みを改善するのに有効です。

また、「セラミド」を配合している化粧品も赤ら顔のスキンケアに高い効果を発揮します。
セラミドは赤ら顔の原因の一つとして考えられる皮膚のバリア機能の低下を改善するはたらきがあります。
セラミド入りの化粧品をお肌に浸透させることで皮膚内部に十分な水分を蓄えられるようになり、刺激物質が侵入してきた時にしっかりとブロックしてくれます。
乾燥肌の人に欠かせない保湿ケアと同様に、赤ら顔の人も保湿ケアに重点を置くことが皮膚への刺激を減らすことにつながってきます。
セラミドが配合されている化粧品を使った入念な保湿ケアを心がけてみましょう。

あと、赤ら顔の人は肌質的に皮膚が非常にデリケートで敏感です。
ですから、鉱物油、アルコール、保存料、合成着色料といった刺激となり得る成分を一切使用していない無添加の化粧品を選ぶことも鉄則と言えます。

赤ら顔スキンケア

乾燥肌や敏感肌などの専用化粧品はドラッグストアなどでも手に入りやすいですが、赤ら顔専用の商品となるとあまり見かけることがありません。
ただ、やはり赤ら顔に悩んでいる人は大勢いらっしゃいますので、通販などでは専用化粧品の取扱いがたくさんあります。
スキンケアを見直すことで顔の赤みが引いて、肌がきれいになっている人は多くいらっしゃいます。
自分の肌に合うものを見つけることはなかなか大変だと思いますが、時間をかけてじっくりと毎日のスキンケアに取り組んでみましょう。

赤ら顔の対策におすすめの化粧品

赤ら顔は症状が出ている人自身は非常に悩んでいても、周囲からはなかなか理解してもらいにくい厄介な皮膚の病気です。
人によっては年齢を重ねると症状が軽くなってくるケースもありますが、皮膚の赤みはできるだけ早く治したいものですよね。
そこで、赤ら顔の対策として毎日のスキンケアにおすすめの化粧品をご紹介したいと思います。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

ULUシェイクモイストミルク

■内容量:110mL(約1ヶ月分)

■価格
・通常購入:4,500円(税別)
・お試しコース:3,600円(税別)
※お試しコースは30日に1回商品をお届けする定期購入プランです。

■送料
・通常購入:648円
・お試しコース:無料

■全成分
水/スクワラン/トレハロース/セラミド2/セラミド6Ⅱ/セラミド3/セラミド5/セラミド1/ヒアルロン酸Na/タンブリッサトリコフィラ葉エキス/ホホバ種子油/ノバラ油/ダイズステロール/水添レシチン
※合成化学成分無添加

「ULUシェイクモイストミルク」は、赤ら顔の原因となっているバリア機能の低下や皮膚の乾燥をケアするための完全無添加のスキンケア化粧品です。

主成分となっているのは「特殊浸透水」という医療向けに開発された大変希少な水です。
大量のマイナスイオンが閉じ込められた特殊浸透水は肌内部のプラスイオンに引き寄せられる性質を持っているため、デリケートになっている赤ら顔の人の肌の角質層深部までやさしく、それでいてパワフルに潤いを浸透させることができます。
抜群の浸透力が発揮されると、皮膚に赤みを引き起こしている乾燥状態をスムーズに改善できます。

また、バリア機能の低下している状態から正常にバリア機能がはたらく状態へとサポートしてくれます。
保護成分として配合されているセラミドやスクワランが皮膚表面にバリアを作って、刺激やダメージの侵入を効果的に防ぎます。
赤ら顔は圧倒的にバリア機能が弱っていますので、セラミドやスクワランを補うことで炎症や赤みの悪化を防ぐことに大きく反映してきます。

そして、オールインワンタイプの保湿液ですので、デリケートなお肌のスキンケアはできるだけ少ないアイテムで済ませたいという人にもおすすめです。
導入液・化粧水・美容液・乳液などの毎日のスキンケアに欠かせない機能がありますので、あれこれと化粧品を使わなくても十分にお肌のトリートメントができます。

洗顔の後にパシャパシャと馴染ませるだけのシンプルケアですが、肌質改善効果を実感して満足できるスキンケア習慣を手に入れている方がたくさんいらっしゃいます。
赤ら顔対策のスキンケア化粧品をお探しの方は、是非一度「ULUシェイクモイストミルク」を試してみてはいかがでしょうか。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

人気記事

ミネラルファンデーション各メーカーの口コミランキング(商品画像つき)

記事カテゴリー

Google+始めました!