洋服についた静電気対策-除去方法


洋服を着た時、脱いだ時に静電気がパチパチっと起こりますよね?
特に冬になると洋服だけでなく何気なく物に触れた時や車のドアに触れた時に、一瞬ですが指先がピリッとしびれたように感じる経験が一度はあるのではないでしょうか?

できることならばなんとか除去したいものですよね。
冬に着用する洋服が静電気の原因とも言われていますので、簡単にできる静電気の予防方法・除去方法について調べてみました。

静電気はどうして起こる?

この世に存在している物体のすべてには、目には見えないもののプラスかマイナス、どちらかの性質を持つ電気が蓄えられています。
静電気というのは、「電気が一定の場所に留まっている状態」ということを意味しています。

それでは、私たちが物に触れた時にパチパチッとした静電気を感じてしまうのはどうしてなのでしょうか?
例えば、ドアノブに触れた時に起こる静電気の場合についてです。

冬の静電気

ドアノブにはマイナスの性質を持つ電気が蓄えられていますが、私たち人間の体にはプラスの性質を持つ電気が蓄えられています。
正反対の性質を持つ電気が触れ合うと、マイナスからプラスの方に電気が放電されるという現象が起こります。
つまり、ドアノブから人間の体に電気が放電されるということです。
放電される際には微力ですが電気が流れるために、ドアノブに触れた瞬間にパチパッとした軽い痛みを指先に感じてしまうのです。

冬の静電気は衣類・洋服が原因?

静電気というのは一年を通していつでも起こり得る現象ですが、特に冬になると起こりやすいと感じている方は少なくないでしょう。
冬は静電気が起こる条件が揃っているため、他の季節よりも静電気を感じることが多いのです。

洋服の静電気

冬の静電気の引き金になる原因の一つとして、衣類や洋服同士の摩擦が挙げられます。

冬は重ね着をする機会が増えますが、人間が動く度に衣類同士がこすれて、溜まっている電気がお互いに移動します。
この時に洋服同士の間ではすでに静電気が発生しており、さらに物に触れた時に手から一気に放電されることで静電気が起こります。

静電気が起こりやすい服の素材や種類

特に静電気が起こりやすい服の素材や種類は限定されてきます。

【プラスの性質に帯電しやすい素材】
・ナイロン
・ウール
・レーヨン
・シルク
【マイナスの性質に帯電しやすい素材】
・アクリル
・ポリエステル
・アセテート
・塩化ビニール
・ポリウレタン

基本的には、プラスとマイナス、正反対の性質に帯電しやすい素材同士は静電気を起こしやすいです。
例えば、プラスの性質に帯電しやすい素材の「ナイロン」とマイナスの性質に帯電しやすい素材の「アクリル」の洋服を重ね着した場合には、お互いがこすれることで摩擦によって静電気が溜まってしまいます。

静電気起こす素材

動いているうちに衣類の間に溜まった静電気が、何かに触れた拍子に放電されるとバチバチッと指先がしびれてしまいます。

あと、足元は動きが大きいため摩擦力も大きくなり、帯電しやすい素材を組み合わせてしまうと静電気が発生しやすくなります。
冬に活躍するウールのスカートやパンツに、足元を温めるポリエステルやナイロン系のストッキング・レギンスなどを組み合わせて着用することがありますが、非常に静電気が起こりやすくなります。

歩くとスカートがまとわりついたり、パンツを脱ぐ時にパチパチッとなったりする経験がある方も多いのではないでしょうか?

また、冬は保温性の高い起毛の衣類やフリース素材の衣類、体温を利用して温熱効果を生み出す独特の化学繊維製の衣類(ヒートテックとか)などを着用することが増えますが、これらの衣類は摩擦が起こりやすく、まさに静電気を作り出す原因となってしまうのです。

静電気が起こるかどうかは服の素材の組み合わせ次第なんですね!

洋服の静電気を防ぐには?

プラスにもマイナスにも帯電しにくい素材があります。
それは、「綿」と「麻」です。
もともと帯電しにくい素材同士であればこすれ合っても静電気は起こりません。

また、先ほど静電気が起こりやすい服の素材として挙げたものでも、プラスとプラス、マイナスとマイナスというように、同じ性質に帯電しやすい素材同士であれば重ね着しても静電気は起こりにくいのです。

例えば、プラスの性質に帯電しやすい素材のナイロンとウール、マイナスの性質に帯電しやすい素材のアクリルとポリエステルならば重ね着OKということになります。

絶対に静電気が起こらないということではありませんが、組み合わせを意識することで幾分かは静電気の発生を抑えることができると思います。

洋服の静電気の除去対策

衣類の組み合わせに十分注意しても、空気の乾燥や体との摩擦などの影響によってどうしても静電気が起こってしまうこともあるでしょう。
そこで、洋服の静電気の除去方法や対策についてご紹介してみたいと思います。

着用している衣類に直接シューッとスプレーするだけで静電気が起こりにくくなるというのが「静電気防止スプレー」です。

衣類に帯電するのを防ぐほか、スカートが静電気のせいでまとわりつくことや、衣類を脱ぐ時の嫌なバチバチも起こりにくくしてくれて非常に便利です。

柔軟剤に含まれる陽イオン系界面活性剤が衣類の繊維の表面を覆ってくれるため、摩擦が減って静電気自体が起きにくくなります。

静電気防止方法

さらに、陽イオン系界面活性剤は空気中の水分子と結合して電気を流す性質を持っており、静電気が発生した時に空気中に上手く放電してくれます。

ドアノブや車のドアなど、静電気が起きやすい物に触るまえに、静電気除去キーホルダーの先を目的の物に当てます。
そうすると、体に溜まっている静電気がキーホルダーを通して放電されるので、手で触ってもバチッとなりません。

冬になると静電気を感じやすい方はもともと電気を帯電しやすい体質ということも考えられ、衣類の摩擦が加わると強力な静電気が発生します。

静電気除去キーホルダーは間接的に体から放電してくれるため、確実に静電気除去できると言われています。
何を試してもダメだったという方は、とりあえず静電気除去キーホルダーを試してみてはいかがでしょうか。

筆者も冬になると絶対に使用しているのがこれです。

普通のヘアゴムなのですが静電気を除去しやすい素材を使用しているので、私の場合は毎日こちらを手首につけておくか髪の毛をまとめる時に使用しております。
出来れば2本以上つけたり持っておくと、静電気対策してくれていると効果がが分かりやすいんですよ!

髪の毛の静電気対策については、「髪の毛の静電気対策や除去方法」をご覧下さい。

冬は手の保湿ケアにハンドクリームを塗っている方もいらっしゃると思いますが、ついでに静電気対策としても活用してみてはいかがでしょうか。
手に塗ったハンドクリームが少し手に残っている状態で、着用しているストッキングやタイツを2~3回撫でてみましょう。

ハンドクリーム

ハンドクリームに含まれる油分がストッキングやタイツに帯電している静電気を空気中に逃がしてくれて、スカートにまとわりついたり、脱ぐ時にバチバチッとなったりするのを防ぐことができます。

また、同じような原理で、ボディクリームも静電気対策としても活用できます。
全身はもちろん、静電気を帯びやすい腕や脚だけでもボディクリームを塗っておくと、皮膚と衣類の摩擦が減ります。
もともと電気を溜め込みやすい体質の方は、特に冬場に着用する衣類との間に静電気を帯電しやすくなりますので、少しでも静電気が起こらないようにするためにも是非試してみましょう。

意外と効果があるな~と思うのが、お肌全体を保湿する事。
乾燥肌の方は特に静電気が起きやすいという自覚があるかと思いますが、そんな時にボディクリームなどでお肌全体を保湿してあげると、静電気が起きにくいと思います(筆者の経験上です)

多分、上記のハンドクリームをストッキングやタイツに塗ると同じ原理だと思うのですが、多少の油分がお肌にある事により静電気がいつもよりも少なく感じます。

身体全部の保湿は難しいかもしれませんが、腕や手、脚、腰回りなどを保湿してみて下さい。結構効果が感じられるかと思います。

静電気除去対策まとめ

冬になると洋服だけでなくお布団や髪の毛も静電気でパチッっとなる事が多いですよね。

女性の場合はいざお出かけをした時にスカートがまとわりつくのを防ぐために、静電気防止スプレーを持ち歩いたり、髪の毛からの静電気を防止するために静電気防止ヘアゴムを使用したり。
タイツにはハンドクリームをうす~く塗っておいたりするだけでも、本当に違いますよ!
是非お試しください♪




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。