冬に猛威を振るう「ノロウィルス」の原因と対策


冬になると風邪を引いたり、冷えによってお腹を壊したりする方が増えてきて、体調を崩しやすくなります。
寒さが厳しくなってくると体調管理には十分に気を付けなければなりませんが、学校や会社などで集団感染する恐れがある「ノロウィルス」には特に注意が必要です。

ノロウィルスとは?

「ノロウィルス」というのは、食中毒や感染性胃腸炎を引き起こす原因となる細菌のことです。
直径30~40nm(ナノメートル)前後の球形状をしており、冬に流行するインフルエンザウィルスと比較しても非常に小さいので、体内に侵入しやすいという性質を持っています。

ノロウィルス

ノロウィルスは何らかの経路を経て口から体内に侵入してきますが、なんと、たったの10個程度でもほぼ100%の確率で感染すると言われているほど強力な力を持っています。
そして、24~48時間程度潜伏したのちに様々な症状を発症します。

ノロウィルスは多種類の遺伝子を持ち、流行する型を変えながらひっそりと私たちに近づいてくる厄介なものなのです。
ですから、毎年いくら対策をしてもノロウィルス感染の発生数が減ることはないのです。

ノロウィルスの原因

ノロウィルスは一年を通して発生していますが、特に11月~3月頃の冬場にピークを迎えます。
冬に急増するノロウィルスに感染してしまう経路はいくつか挙げられますので、原因となっている感染源についてまとめてみました。

食品からの感染

貝類の中でも二枚貝はノロウィルスに汚染されやすく、汚染された貝類を食べることによって感染します。

ノロウィルス牡蠣

冬の味覚としてお馴染みの牡蠣(カキ)をはじめ、シジミ、アサリ、ハマグリ、ホタテなどが原因となることが多いようです。
特に非加熱の状態で食べた時の感染率が高くなっています。

生の刺身や寿司に使われているような生鮮魚介類は、貝類同様にノロウィルスに汚染されやすい性質を持っています。
そこで、汚染された生鮮魚介類を食べることによって感染します。
特に外国から輸入された生鮮魚介類はノロウィルスに汚染されている確率が高いと言われています。

ノロウィルスに感染した人が調理をすると、調理中に食品が汚染される可能性があります。
そこで、調理中に汚染された食品を食べることによって感染します。
これまでに、サラダ、弁当、菓子、サンドイッチ、パン、もちなど、流通している多くの食品からの感染が報告されています。

人から人への感染

ノロウィルスに感染した人が触れた物を介して他の人に感染してしまうことがあります。
例えば、ノロウィルスに感染した人が触れたドアノブやスイッチなどにノロウィルスが付着してしまっていると、それを次に触った人が感染する可能性は非常に高いです。

また、感染者の嘔吐物や排泄物などを処理するために接触した人や、空気中に飛び散ったノロウィルスを吸い込むことによって次々に感染していくこともあります。

ノロウィルス感染

嘔吐物や排泄物など1g当たりにつき、ノロウィルスが1億個以上も混ざっていると言います。
汚れた場所は誰かが片付けなければなりませんが、くれぐれも体内に侵入しないように細心の注意を払う必要があります。

保育園、幼稚園、小学校、福祉施設などでノロウィルスに感染した人が一人でもいる場合は、集団感染につながることがありますので注意しましょう。

【ノロウィルスの発生源は「水」!?】

そもそも、ノロウィルスはどこで発生している細菌なのでしょうか?
ノロウィルスは主に汚染された水から発生していると考えられています。

通常、下水処理によって塩素消毒されているため、ほとんどの細菌類は死滅しますので、これまで水道水からノロウィルスが検出された事例はありません。
ですから、水道水の場合は安全性が高く、ノロウィルスを気にせずに安心して飲んでも大丈夫です。

ただし、ノロウィルスは非常に生命力が強く、生き残ってしまうものもいるので、ノロウィルスに汚染された水を飲んでしまうと感染する可能性は否定できません。
先ほど、水道水は安全と言いましたが、殺菌処理されていない井戸水などは注意が必要です。
生き残ったノロウィルスがウヨウヨ潜む井戸水を飲んだことが原因で食中毒になってしまうなんてことも十分にあり得るのです。

水に潜むノロウィルスが目に見えたらいいのですが、なにせ、1mmの100万分の1ほどの極小サイズですから、到底肉眼で見えるはずがありません。
できるだけノロウィルスが潜んでいて感染するリスクの高い井戸水などを飲むことは避けるのが賢明と言えます。

また、普段から口にする飲み水の他、海水にノロウィルスが潜んでいることもあります。
海水の場合は直接飲むような機会はありませんが、問題となるのは海水中に棲息する生き物がノロウィルスに汚染され、それを人間が食べてしまうと感染してしまうということです。

前述した「ノロウィルスの原因」の部分でも触れましたが、特に牡蠣(カキ)などの二枚貝は注意が必要です。
貝類は海水中のプランクトンをエサにしているので、汚染された水を介して貝の内臓にノロウィルスが蓄積してしまうのです。
そして、それを食べることによって人間がノロウィルスに感染してしまうという悪循環が生まれるわけです。

ノロウィルスの症状

ノロウィルスは人間の体内に侵入すると小腸の粘膜で増殖し、様々な症状を引き起こします。
ノロウィルスに感染した時に表れる主な症状は以下の通りです。

お腹のみぞおち辺りにチクチクした痛みが表れるという症状が出ることがあります。
また、なんとなくお腹がモヤモヤした不快な感じがすることがあります。

いずれもそれほど重症になるケースは少なく、1日~3日程度症状が続くと自然と治まります。
まずは腹痛から症状が始まる人が多いため、ノロウィルスは「お腹の風邪」とも呼ばれています。

ノロウィルスは腸内で増殖しているため、突然激しい下痢を起こすことがあります。

ノロウィルス症状

特に大人の場合は急激に症状が悪化するので、ひどい人はトイレから出られないほど何度も下痢を起こすこともあり、脱水症状を伴った非常に重症なケースも見られます。
しかしながら、比較的短期間で症状が回復する傾向が見られます。

ノロウィルスを発症すると吐き気を催すことがあります。
そして、吐き気が次第に強くなり、嘔吐することもあります。
吐き気と嘔吐は3時間くらいの間隔を置いて周期的に繰り返すことが多く、嘔吐が始まると食べた物を大量に吐き、全部吐き出してしまうと胃液が込み上げてくるような症状が出るケースもあります。

ノロウィルスによる吐き気は吐き気止めの薬を飲んでも効きにくく、何度も突然の吐き気に襲われるので非常につらいものです。
それでも、嘔吐はだいたい6時間程度で落ち着いてくると言われています。

感染しても全員がノロウィルスらしい症状を発症するわけではなく、発症しても風邪のような症状で済む人もいます。
主に、発熱や頭痛といった形で症状が表れますが、このようなタイプは軽度のケースが多い傾向が見られます。
発熱しても38℃くらいの微熱で治まる方がほとんどなので、『風邪かな?』と思っているうちに症状が消えてしまいます。

食品を介してノロウィルスに感染した場合、下痢や嘔吐などの症状が出ます。
これはノロウィルスによる「食中毒」の症状となります。

ノロウィルス食中毒

食中毒というと夏場に多いイメージがありますが、原因となっている細菌が異なります。
夏場は腸炎ビブリオやカンピロバクターなどの細菌による食中毒が目立ちます。

一方、冬場の食中毒の定番と言えば牡蠣(カキ)を思い浮かべる方が多いと思いますが、その内の約7割はノロウィルスに汚染された牡蠣を食べたことによる食中毒と特定されています。

ノロウィルスに汚染された食品を食べること以外で感染した場合にも、下痢や嘔吐などの症状が出ます。
これはノロウィルスによる「感染性胃腸炎」の症状となります。

症状自体は食中毒と同じなのですが、感染経路の違いによって区別されています。
飲食物以外で、人から人への感染、空気感染、汚物と接触したことによる二次感染などの場合は、感染性胃腸炎として使われます。
感染性胃腸炎は、毎年10月~12月の中旬頃に流行のピークを迎えます。

【ノロウィルスを甘く見てはいけません!】

ノロウィルスに感染してから早い人では10時間くらいで発症し、症状が長期化することはなく、1日~3日程度の短期間で治癒することがほとんどです。
ただし、抑えることができないほど強い症状が突然起こるため、感染してから発症する際の体への負担が大きいと言えます。
また、幼児や高齢者などの免疫力が低下しやすい方の場合は重症化することも少なくなく、死亡に至るケースも報告されています。

ノロウィルスに感染した時の対処方法

まず、ノロウィルスの感染が疑われる場合には、適切な処置をするために病院に行って検査をしてもらいましょう。

現在のところ、ノロウィルスに有効な治療薬やワクチンはありません。
基本的には自然治癒するのを待つしかないので、症状が消えるまでできるだけ安静にして体を休ませてあげましょう。

感染すると激しい嘔吐や下痢の症状が数日から1週間程度続きます。
嘔吐や下痢によってノロウィルスを体外に排出していますので、吐き気止めや下痢止めの服用は避けた方が良いでしょう。
自己判断で市販薬を服用して無理に症状を止めると、体内でノロウィルスの増殖が進み、回復するどころか悪化してしまいます。

ノロウィルス対処方法

症状は我慢できないほどつらいものですが、ウィルスを排出する大切な過程だということを覚えておくようにしましょう。
嘔吐や下痢によってウィルスが体内に排出されると、その度に少しずつ症状が緩和されていくはずです。
ただ、病院に行くと、整腸剤などを必要に応じて処方されることもあります。

また、嘔吐の症状が落ち着くまでは絶食するのが良いでしょう。
食事を無理に摂ると症状が長引く場合もあります。

そして、ひどい下痢を繰り返すことで脱水症状になるケースも少なくありません。
下痢の症状が持続する期間は短いですが、脱水にならないように、できる限り水分補給をすることを心がけてください。
脱水症状になると体から水分と塩分(ナトリウムなど)が失われた状態になります。
ですから、特に水分とナトリウムをバランス良く含んだスポーツ飲料を飲むのが良いとされています。
また、胃腸への負担を抑えたい方は、経口補水液を摂取するのがおすすめです。
飲んでも吐いてしまうなど、自力で水分補給が出来ない場合には、早めに病院を受診して点滴をしてもらうのも一つの方法です。
抵抗力が弱く、体内水分量が少ない乳幼児や高齢者は脱水症状も強く見られ、重度の脱水症状を引き起こすと死亡するケースもありますので、軽く考えてはいけません。

抵抗力が弱く、体内水分量が少ない乳幼児や高齢者は脱水症状も強く見られますので、早めに病院を受診して点滴をしてもらうのも一つの方法です。
重度の脱水症状を引き起こすと死亡するケースもありますので、軽く考えてはいけません。

ノロウィルスの症状をなるべく早く治すには?

ノロウィルスの感染力は発症から1週間程度続くことがありますが、特に発症後3日間は感染力が非常に強く残っているため症状が強く表れます。
一度感染してしまうと、体内でノロウィルスを死滅させる抗ウィルス薬やワクチンはないため、自己免疫力で体内から排泄するのを促進させることが、ノロウィルスの症状を早く治すことにつながってきます。

ヨーグルト

そこで、嘔吐や下痢などの症状が治まって飲食が可能な状態になったら、ヨーグルトなどの乳酸菌飲料を摂取するのがおすすめです。
ヨーグルトなどの乳酸菌飲料を摂取することで腸内からノロウィルスを早く追い出すことができます。
さらに、腸内細菌の働きが活発になり、ノロウィルスの増殖を抑えられるというメリットもありますので、比較的軽い症状で留めることができるかもしれません。

万が一ノロウィルスに感染してしまっても、体内にノロウィルスを保有している期間を短縮することは十分に可能です。
つらい思いをしたくない方は、この方法でなんとか対処してみてはいかがでしょうか。

感染したら学校や職場に行ってもいいの?

ノロウィルスに感染した場合は、インフルエンザとは違って感染したとしても絶対に学校や職場に休まなければいけないということではありません。
ただし、ノロウィルスは人から人へと感染するので、他の人に迷惑をかけないためには自宅で待機いていることが望ましいと言えます。

出勤停止

症状が軽い人もいらっしゃるかもしれませんが、ノロウィルスは感染してから5日~1週間程度は体内に潜伏し続けると言われています。
ですから、万全を期すためにも約1週間は学校や職場に行かないのが良いと思われます。

ノロウィルスは感染力が非常に強いだけに、他の人に感染させないように気を付ける必要があります。
自分が原因となって集団感染するようなことになっては大変ですから、感染が疑われる場合にはできるだけ早く病院を受診し、検査をしてノロウィルスであることが認められたら、通学や出勤を控えるようにしてください。

ノロウィルスの予防方法

ノロウィルスは感染してしまう前の予防が肝心です。
日頃の心がけ次第で大幅に感染のリスクを減らすことができるので、毎日の生活で気を付けてみましょう。

■「手洗い」と「消毒」をしっかり習慣づける
ノロウィルスの最も効果的な予防方法は手洗いです。
帰宅した時やトイレに行った後、調理をする前や食事をする前には、しっかりと石けんを使って手洗いを行うようにしましょう。

ノロウィルス予防

また、手洗いと一緒に消毒まで行うと殺菌作用がアップします。
ノロウィルスを殺菌できる市販の消毒液が販売されていますから、ご家庭に一つ常備しておくと良いでしょう。
スーパーやドラッグストアで購入できますよ。

■ノロウィルスによる食中毒を防ぐ
汚染された食品に潜むノロウィルスは熱に強く、少しの加熱では死滅しません。
特に貝類や生鮮食品などは90℃で90秒間以上中心部までしっかり加熱しましょう。

さらに、調理器具や調理台などを清潔に保つことも心がけてください。
食器、包丁、まな板、ふきんなどは使用後すぐに洗浄し、定期的に消毒するのが理想的です。

ノロウィルス消毒

ノロウィルスはアルコールでは殺菌できないので、次亜塩素酸ナトリウムを使って消毒するのが効果的です。
各家庭で簡単にできることですので、毎日の習慣として取り入れてみましょう。

また、魚や肉などの食品を扱う職業の方は手袋を着用して加工作業をする機会が多いと思います。
ノロウィルスに汚染された食品を手袋で触ると、作業を繰り返しているうちに他の食品にも次々にノロウィルスが移って、食中毒が発生するリスクが高くなります。
手袋を着用した際には消毒液を使って感染を予防し、手袋は使い捨てるようにするのが良いでしょう。
手袋を外す時に手にノロウィルスが付着する可能性がありますので、作業後の手洗いと消毒を徹底しましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。