アロマテラピー検定・資格にはどんな種類がある?まとめてみました。


アロマ・アロマテラピーの資格や検定の種類・一覧です。
私自身がアロマテラピーが好きという事、周りでもアロマの資格取得者が多いのでまとめてみました。

植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)の芳香を用いて、お肌のトリートメントやメンタル面のヒーリングができる「アロマテラピー」。
自宅で楽しめるものからアロマケアを行う専用サロンまで様々あり、アロマテラピーは癒しや美容に欠かせない存在となっています。

アロマテラピー資格

アロマは花や木などの植物由来のナチュラルなものですので、心身のトラブルに対するやさしい効き目が魅力です。
香りのもたらすアロマテラピーに魅了され、趣味レベルから一歩進んだアロマの資格を目指す方は多いと言います。
みなさんもリラクゼーションサービスを提供できるプロとして役立つ知識や技術を身に付けられるアロマテラピーの資格を目指してみませんか?

アロマテラピー資格はどうやって選ぶ?

自己流のアロマでも十分に楽しむことはできますが、本当に使い方は合っているのか不安に思っている方は意外と多いようです。
そこで、『ちゃんとアロマテラピーの勉強したい!』ということで資格を目指すのです。

アロマの勉強

ただし、いざ資格を取ろうと思っても、アロマテラピーって協会が色々あるし、スクールはたくさんあってどこで勉強すればいいのかわからない・・・、なんて最初から悩んでしまうことがあるはずです。
アロマテラピー資格はどのようにして選べば良いのか、ポイントとなることをいくつかまとめてみました。

アロマテラピーの協会の種類

アロマに関連する資格はたくさんあり、その資格を認定している協会はそれぞれ異なります。
基本的にはアロマテラピーの普及を目的としているところは共通していますが、取得できる資格の名称、身に付く知識とスキルが協会ごとに違ってきます。

アロマテラピーを初めて本格的に学ぼうと思っている方はよくわからないと思いますので、アロマセラピストの主な協会についてまとめてみました。

初心者から学びやすい、実践的なアロマテラピーの資格を認定している協会。
自分で楽しむためのアロマテラピーの基本的な知識と周囲の人にアロマテラピーを施せる技術の普及を目指しています。

【認定している資格の種類】
■アロマテラピー2級  左矢印初心者でも取得可能
■アロマテラピー1級  左矢印初心者でも取得可能
■アロマテラピーアドバイザー
■アロマテラピーインストラクター
■アロマセラピスト

日本アロマ環境協会(AEAJ)の資格は、協会の定める標準カリキュラムを採用し、施設や講師についての条件をクリアした認定スクールで目指すことができます。
また、一部の資格は民間の通信講座での取得も可能です。

アロマ業界で幅広く通用するアロマセラピーの資格を認定している協会。
アロマを生活で役立てることから、アロマセラピーを扱うサロンでの勤務や開業まで、アロマをフルに活用できる知識と技術の普及を目指しています。

【認定している資格の種類】
■アロマコーディネーター  左矢印初心者でも取得可能
■アロマインストラクター
■アロマハンドリラックス
■アロマフェイシャルリラックス
■介護アロマコーディネーター

日本アロマコーディネーター協会(JAA)の資格は、認定加盟校(協会指定の指導体系を習得したJAA会員が主宰するスクール)で目指すことができます。
また、一部の資格は民間の通信講座での取得も可能です。

メディカルアロマテラピー(医療アロマ)を基礎としたアロマ資格を認定している協会。
もともとはベルギーの医療機関で使われているフランス式のアロマテラピーを基準としています。
ホームケアから医療・福祉業界まで通用するアロマテラピーの知識と技術の普及を目指しています。

【認定している資格の種類】
■アロマテラピーベイシック  左矢印初心者でも取得可能
■アロマ・アドバイザー  左矢印初心者でも取得可能
■アロマ・インストラクター
■アロマ・トレーナー
■アロマ・セラピスト
■アロマセラピスト・トレーナー

ナード アロマテラピー協会(NARD JAPAN)の資格は、全国各地にある認定校で目指すことができます。

アロマ資格の協会

難易度の高い国際水準のアロマセラピスト資格を認定している協会。
アメリカ、イギリス、ヨーロッパ諸国やアジアなど、世界中に会員を持ち、世界各国で通用するアロマ資格を普及しています。
病院やホスピス、看護専門職といった医療分野で活躍できる高度なアロマテラピストの育成を目指しています。

【認定している資格の種類】
■IFA国際アロマセラピスト資格

国際アロマセラピスト連盟(IFA)の資格は、協会の認定校でコースを受講した人のみ試験が受けられます。
難易度が高く、受講料が高額なので、趣味の範囲ではなく、アロマテラピーを専門的な仕事にしたい方に向いている資格ではないでしょうか。

イギリス発祥のアロマセラピスト資格を認定している協会。
健康、美容、医療の現場で自然療法の専門家として幅広く活動するために必要なアロマテラピーの知識と技術の普及を目指しています。
日本には認定校がまだ7つしかなく、アロマテラピーを極めたい人のための協会と言えます。

【認定している資格の種類】
■IFPA認定アロマセラピー ディプロマ  左矢印初心者でも取得可能
■IFPA認定アロマセラピスト
■IFPA認定メディカルアロマセラピスト

国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟(IFPA JAPAN)の資格は、協会の認定校でコースを受講した人のみ試験が受けられます。
資格の合格率は約60%と難易度はやや高めですが、取得すればアロマセラピストとしての職業基準となる能力を証明できます。
他の人と差を付けたいという方におすすめの協会の資格と言えるでしょう。

アロマテラピー資格はどこで取る?

独学でもアロマ資格を目指すことはできますが、きちんと勉強して基礎から知識や技術を身に付けるためには、認定スクールや通信講座を利用するのが良いと思います。

アロマスクール

専門性の高いアロマテラピー資格の中には、協会指定の認定のコースを受講しないと受験できないものがあります。
目指す資格が決まったら、まずは認定コースの受講義務の有無を確認してみましょう。
認定コースの受講が必要な場合は、各協会が実施しているコースを受講して資格を取得するのが一般的です。
実際に認定スクールに通いながら指導を受けることになりますので、本格的なアロマのノウハウがしっかりと身に付きます。

また、初心者からでも目指すことができるアロマ資格の場合、民間の通信講座でコースを開講しているものがあります。
通信講座の場合は知識を身に付けるだけではなくて、楽しみながらアロマを学べるのが特徴的です。
コスメや石けんなどのアロマを使ったクラフト作りや、アロマポットで毎日の生活にアロマを実践しながら精油の使い方や効果を知ることができます。

添削での指導となりますので、学習ペースは自分のライフスタイルに合わせることができ、基礎的な知識を学ぶことから始めたいという方には最適の取得方法と言えるでしょう。
お仕事などで忙しい方や主婦の方にもおすすめです。

アロマのスキル

身に付くスキル、難易度、資格取得までにかかる日数や費用などが資格取得方法を決定する基準になります。
スクールや通信講座の資料を取り寄せるなどして、「アロマの何を学んで、どのくらいで資格を取れるのか」ということを比較してみましょう。
そうすれば、自分に合った資格取得方法がおのずと見つかるでしょう。

アロマテラピーの資格一覧

アロマに関する資格は何種類かありますので、まずは自分が修得したい分野のスキルを身に付けられるものを探してみましょう。
認知度の高いアロマ資格をピックアップしてみましたので参考にしてみてくださいね。

AEAJ認定 アロマテラピー検定1・2級

知識ゼロからのスタートでも目指せるアロマテラピーの入門とも言える資格です。
アロマの安全な使い方や効果に対する知識を修得できます。
自分が今どんなアロマを必要としているのかが分かり、健康や美容、メンタル管理に役立てられます。

AEAJ認定 アロマテラピー検定のデータ
認定している協会 公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)
資格取得費用の相場 5万円前後
取得期間の目安 3ヵ月~
難易度 ★★★☆☆
身に付くスキル ■アロマテラピーのメカニズムや使い方
■精油のプロフィール(2級は10種類、1級は30種類)
■精油の香りを判別できる。
イランイラン/フランキンセンス/オレンジ・スイート/ペパーミント/カモミール・ローマン
ベルガモット/クラリセージ/ユーカリ/グレープフルーツ/ラベンダー/ジュニパーベリー
レモン/スイートマージョラム/レモングラス/ゼラニウム/ローズマリー/ティートリー
(2級は上記の内10種類、1級は17種類)



鉛筆 【対象の通信講座】

・ユーキャン アロマテラピー検定1・2級対策講座

ユーキャンのアロマ講座

■費用:55,000円

■取得期間の目安:3ヶ月

■学習内容
・アロマの基礎
・精油の特長やブレンド方法
・精油の香りを判別する香りテスト
・電気式アロマポットやアロマ石けん作りが楽しめる


・ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」 アロマテラピー検定1・2級対策講座

ヒューマンアカデミーのアロマ資格

■費用:49,000円

■取得期間の目安:6ヶ月

■学習内容
・アロマの基礎知識
・マッサージ方法
・精油の香りを判別する香りテスト
・アロマを楽しむクラフトづくり
(マッサージオイル、バスソルト、アロマクレンザーなどを作る練習)
・ハーブとアロマテラピー


・通信講座のキャリアカレッジジャパン アロマ検定&アロマトリートメントアドバイザー資格取得講座

キャリアカレッジジャパンのアロマ資格

■費用:46,000円

■取得期間の目安:3ヶ月

■学習内容
・精油の種類や効能
・健康面や暮らしの中での生かし方
・アロマトリートメントテクニック(セルフケアやベビーマッサージ)
・自家製オーガニックコスメ手づくり体験
(石けんやスキンローションなど)

JAA認定アロマコーディネーターライセンス

香りが心身にもたらす効果についての総合的な知識を修得できる、アロマショップやサロンでの勤務や開業に役立つ最もベーシックなアロマ資格です。
アロマセラピーの概論、精油に含まれる成分といった基礎知識から、香りの心理作用、ブレンドの比率と香りの相性などのアロマを安全に生活に取り入れる実践的な知識までを幅広く身に付けることができます。

JAA認定アロマコーディネーターライセンスのデータ
認定している協会 日本アロマコーディネーター協会(JAA)
資格取得費用の相場 15万円~18万円
取得期間の目安 ~3ヶ月
※認定校により異なります。
難易度 ★★☆☆☆
身に付くスキル ■アロマセラピーの基本
(拡散、吸入、湿布、手浴・足浴、アロマバス)
■精油の働きかけ
(ボディシャンプー)
■精油のブレンド法
(ルームフレグランス)
■皮膚の構造とスキンケア
(ローション、クリーム、パック)
■アロマオイルトリートメントについて
(ボディトリートメント、フェイストリートメント、ヘッドトリートメント)
■アロマセラピーにかかわる法律



鉛筆 【対象の通信講座】

・JAA日本アロマコーディネータースクール「アロマコーディネーター養成ホームスタディーコース」

アロマコーディネーターライセンス

■費用 180,000円

■受講期間 随時~3ヶ月(目安)

■学習内容
・アロマセラピー概論
・精油の作用
・精油の抽出方法
・精油に含まれる成分
・キャリアオイルの役割と種類
・精油のブレンド方法
・香りを感じる仕組み
・アロマセラピーに関する法律
・フェイストリートメント理論
・ボディトリートメント理論

NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー

精油を薬理学的に捉えたメディカルアロマテラピー(医療アロマ) の資格です。
香りの精神薬理学、植物療法の中のアロマテラピーの位置づけ、体質診断による精油の用い方など、精油が身体や精神にもたらす療法的な作用についての知識を修得できます。

ホームケア目的の方から専門分野の方まで対応したアロマ資格ですので、アロマを自在に使いこなせるより実践的な実力が身に付きます。
スキンケア、トリートメント、風邪やインフルエンザの予防、体質改善など、毎日の生活における健康や美容のためのケアに役立ちます。

NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザーのデータ
認定している協会 ナード(NARD)アロマテラピー協会
資格取得費用の相場 18万円程度
取得期間の目安 3ヵ月~
難易度 ★★★☆☆
身に付くスキル ■アロマテラピーと精油の基礎
(ルームコロン、軟膏)
■アロマでスキンケアとトリートメント
(美容オイル、ハーブウォーターの化粧水、アロマバスオイル、オードトワレ、トリートメントオイル)
■風邪やインフルエンザの予防
(石けん、抗菌スプレー)
■体質改善のための精油
(体質改善に役立てるブレンドオイル)
■スムーズに動けるからだになろう
(痛み・炎症緩和クリーム)

NARD JAPAN認定 アロマテラピーベイシック

世界各国のアロマテラピー研究機関と提携している協会が認定している初心者向けの資格です。
ハーブウォーターローションやリラックスのためのトリートメントクリーム、ヘアパックや感染症予防ジェルなど、日常生活で使えるアロマクラフトを実際に作りながらアロマテラピーの知識を身に付けることができます。

フェイシャルスキンケアコース、ボディケアコース、ハウスケアコース、バスリラックスコース、ヘルスケアコースの5つに分かれていますが、興味のあるコースのみの受講が可能ですし、自由な順番で受講することもできます。
「アロマってどんなふうに生活に取り入れられるの?」という気軽な気持ちで誰でも目指すことができますから、楽しくアロマテラピーを始めてみたいという方にはピッタリではないでしょうか。

NARD JAPAN認定 アロマテラピーベイシックのデータ
認定している協会 ナード(NARD)アロマテラピー協会
資格取得費用の相場 1コース2万円くらい~
取得期間の目安 1コース6時間くらい~
※認定校により異なります。
難易度 ★☆☆☆☆
身に付くスキル 毎日の生活の中で役立つアロマクラフト作りの技術。
・クレンジングクリーム
・フェイシャルソープ
・リラックストリートメントクリーム
・ダイエットトリートメントクリーム
・お掃除パウダー
・蚊よけキャンドル
・ヘアパック
・シャンプー&コンディショナー
・感染症予防ジェル
・ストレスケアのアロマボール など

アロマトリートメントアドバイザー

アロマトリートメントについての専門的知識と技術力を審査する資格です。
アロマに関する基礎知識と、精油とキャリアオイルを使った心身のケアを行うアロマトリートメントの専門技術を習得できます。

顔、手足のむくみを取るなどのボディケアや、リラックス効果をもたらすメンタルケアに役立てられますので、癒し関係のお仕事、医療・福祉・心理業界で活躍するためのプラスαの資格と言えます。

アロマトリートメントアドバイザーのデータ
認定している協会 一般財団法人 日本能力開発推進協会
資格取得費用の相場 5万円程度
取得期間の目安 3ヶ月
難易度 ★☆☆☆☆
身に付くスキル ・アロマトリートメントの基本
・トリートメントとマッサージ技術
・コンサルテーションと記録
(アロマトリートメントに必要な精油選びやブレンドなどの組み立て)
・カルテの作成



鉛筆 【対象の通信講座】

・通信講座のキャリアカレッジジャパン

アロマトリートメントアドバイザー

■費用 46,000円

■取得期間の目安 3ヶ月

■学習内容
・精油や植物油を使ったアロマトリートメントの手技
・体質や体調に適したセルフトリートメント
・ベビーアロママッサージ

メディカルアロマテラピスト

アロマセラピーと基本的な医学知識を組み合わせた統合医療という新しい形の資格です。
精油を使った代替療法的なトリートメントテクニックによって、病気・ケガの緩和や心の悩みをリフレッシュできる知識と技術を修得できます。

初心者からスタートしても、医療機関で通用するアロマトリートメントの手技まで本格的に身に付けることができます。
資格取得後はアロマセラピストとして、外科・内科・整形外科・産婦人科・心療内科クリニックなどの医療機関の他、リラクゼーションサロンやエステティックサロンなどで活躍することができます。

メディカルアロマテラピストのデータ
認定している協会 日本アロマセラピー統合医学協会
資格取得費用の相場 15万円くらい~
取得期間の目安 2ヶ月~4ヶ月
※認定校により異なります。
難易度 ★★★★☆
身に付くスキル 心や身体の不調をケアする精油を選んでアロマトリートメントの施術ができる。

アロマテラピー資格で就職や転職は?

もし、みなさんがアロマセラピストとして専門的に仕事をしたいのであれば、就職や転職に資格が役立つかどうかが気になるところだと思います。
現代のストレス社会において癒しを求める人は増え続ける一方なので、民間企業によるアロマセラピストの求人については多数の紹介が行われています。

植物性の精油は種類が非常に多く、それぞれの香りの持つ効能やブレンド方法など、アロマセラピストに求められる知識とスキルは多岐に渡ります。
ですから、知識や技術の証明としてアロマ資格は必要不可欠と言えるでしょう。

ただし、資格を持ってさえいれば良いと言うことではありません。
アロマセラピストとしてサロンに就職するのであれば、お客様に満足してもらえるようなマッサージやトリートメント術などを習得しなければなりません。

アロマテラピスト

つまり、知識があっても実践できるテクニックがなければ意味がないということです。
将来的にプロとして活躍したいと思っている方は、アロマ資格を取得する時に、仕事に活かせる実践的なスキルを身に付けられるのかどうかということをしっかりと確認する必要がありそうです。

民間企業の他、病院や福祉施設からもニーズがありますので、アロマの資格を取ることで幅広い活躍の場が生まれます。
魅力的なアロマ資格は数多くあるので、取りやすさや人気度などに惑わされてしまいがちですが、資格を取った後に自分が何をしたいのか、どうなりたいのかをよく考えて選ぶことが大切です。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。