生理前のイライラが始まる時期や原因は?PMSの対処法について


女性であれば誰でも一度は経験したことがあると思いますが、生理前になると理由もなく無性にイライラしてしまう時期があるのではないでしょうか?
いつもは気にならない些細なことに神経質になったり、人が変ったように怒りっぽくなったり、自分自身をコントロールできない症状を訴える女性は少なくありません。

そんな生理前のイライラは、女性ならではの体の変化によって引き起こされています。
そこで、みなさんを悩ませている生理前特有の症状について詳しく調べてみました。

生理前のイライラが始まる時期

生理前のイライラは、排卵後から月経開始までの期間に現れます。
月経や排卵の周期には個人差がありますので、イライラの症状が出始める時期にもズレがありますが、およそ3~10日前あたりから普段とは違った精神状態になると考えると良いでしょう。

生理前にイライラする原因

女性の精神状態と生理周期、そして女性ホルモンには深い関係があります。
生理前になると女性ホルモンのバランスが変化するため、人によっては交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできない場合があります。

生理前イライラ

緊張状態にさせる交感神経が優位な状態となってしまい、リラックス効果や精神安定効果をもたらす副交感神経が働きにくくなるため、一時的にイライラしてしまうのです。

また、生理前になると女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増えます。
プロゲステロンは妊娠に備える体づくりを促す女性ホルモンであるため、普段よりも体内に栄養や水分を溜め込みます。
その結果、体がむくみやすいと感じることがあります。
そして、子宮の体温を上げるために血管を拡張して血液を集める作用があるのですが、子宮へ運ばれる血液が優先されるため、脳や手足に十分な血液が行き渡らなくなります。
ですから、頭痛や冷えを強く感じることがあります。
このように、身体的な不調が現れるため、『生理前になると体調が悪くなるから嫌だな・・・。』という不安感を伴うイライラも起こりやすくなるのです。

あと、生理前には精神を落ち着けてくれるセロトニンという脳内物質の分泌量が減ることがわかっています。
セロトニンが減少することで精神状態が不安定になってしまうので、普段よりもイライラしてしまうのではないかと考えられています。

PMSとは

そもそも、生理前のイライラを引き起こすことは、「PMS」と呼ばれる女性の体特有の変化の一つです。
それでは、PMSとは一体どのようなものなのでしょうか?

pms

PMSというのは「月経前症候群」のことで、生理前に生じる精神的・身体的な不調症状全体を指しています。

精神的な不調症状としては、
・イライラする
・落ち着かない
・不安になる
・やる気が出ない
などが挙げられます。

pms症状

身体的な不調症状としては、
・だるい
・むくみ
・肌荒れ
・腹痛
・頭痛
・腰痛
・胸の張り
・食欲不振
などが挙げられます。

これらの症状は生理が始まると落ち着いてくるのが特徴的です。
とは言え、生理前になると日常生活に支障を来すほどひどい症状にお悩みの方もいらっしゃるので、つらい思いを抱えている場合も多いのです。

PMSになりやすい人

20代〜40代の女性においては2人に1人がPMSに悩まされていると言われており、その中でも特に30代ではPMSの症状が強く出る傾向が見られます。
はっきりとした原因は特定できませんが、30代の女性の生活環境が影響しているのではないかと考えられています。
仕事では中堅的な立場になる年代なので、残業や責任感によってストレスを強く感じる機会が増えます。
ストレスは女性ホルモンのバランスを乱す原因の一つですから、より一層PMSの症状を重くしているのかもしれません。

また、PMSの症状がなかった人が出産をきっかけに体質が変わってPMSが悪化したという人も多いのです。
原因ははっきりしませんが、出産後に生理が再開した時の女性ホルモンの分泌バランスが以前と違っているとか、育児のストレスが関わっているのではないかと考えられています。
そして、出産後のPMSの症状は出産経験のない人と顕著な違いがあります。
出産経験のない人では、頭痛や腹痛といった身体的な症状の訴えが強いのですが、出産を経験したことがある人は、イライラする、怒りやすいなど、精神的な症状が目立つという傾向が見られます。
つまり、出産後の方が生理前のイライラが起こりやすいと言えるのです。

生理前のイライラを上手く乗り切る対処法

生理前の体調や心の変化は女性らしさを保つ一つのバロメーターになっていますが、あまりにも症状がつらい人はPMSの可能性があります。
そこで、PMSを上手に乗り切る方法についてまとめてみました。

生理前にイライラするというだけで病院を受診することに踏み切れない人も多いかもしれませんが、放っておくと精神的な症状をさらに悪化させる恐れもあります。
イライラ感が強かったり、何日も続いたりするようであれば、生理に関するお悩みに答えてもらいやすい婦人科を早めに受診してみましょう。

pms治療

PMSによる生理前のイライラを抑えるために、脳内のセロトニンの分泌量を増やす抗不安剤や精神安定剤を処方してもらうことができます。
また、血液検査の結果でホルモンバランスが正常でない場合には、低用量ピルを服用してホルモンバランスを整えることも有効です。

症状が辛いのに我慢をしてしまう人が少なくありませんが、より一層PMSがひどくなってしまうという結果を招いてしまうかもしれません。
薬物を使うことによって体内で分泌される物質に直接働きかけることができるので、PMSの症状が重い人ほど効き目が表れやすいと言えます。
時には医療機関を頼って症状を緩和させながら、PMSと上手に付き合っていけるようにしましょう。

PMSの症状の中でも、特にイライラする精神的な症状には漢方薬を服用して様子を見てみるのも良いでしょう。
漢方薬は症状や体質にあった薬を処方してもらえますし、体に負担が少ないというメリットがあります。
自分では抑えられないようなイライラ感に襲われてしまうのは困るけど、薬を服用することには抵抗がある人も多いので、体にやさしく自然な効き目を持つ漢方薬であれば生理前の時期を切り抜けるにはとても効果的です。

カフェインやアルコールを控えるだけでもイライラ症状が和らぐことがあります。
カフェインやアルコールは体を冷やしてしまうので、血行不良からホルモンの分泌が乱れ、それがイライラを引き起こす原因となっている場合があります。
体の冷えを自覚している方はしばらく摂取を控えてみて、生理前の変化を試してみてはいかがでしょうか。

生理前のイライラに悩んでいる女性にとって、生理まで症状が続くのは大変つらいものですよね。
そこで、PMS対策としてサプリメントを選ぶ方が増えています。
サプリメントは健康食品であるため、毎日安心して飲めるように成分にこだわっているのが特徴的です。
PMSの悩みに焦点をあてて作られたサプリメントであれば、デリケートな変化が起こる時期でも安心して飲むことができます。

PMS対策のサプリメントは栄養成分が様々となりますから、もちろんその効果も違ってきます。
自分の症状に合わせて、生理前特有のイライラに効く成分が含有されているかどうかチェックしてみましょう。

pmsサプリメント

人気があるのは女性ホルモンに似た働きをする植物由来成分を配合しているサプリメントです。
植物由来成分は女性ホルモンの変化に穏やかに対応するので、飲み続けているとしっかり効き目を感じることができます。
ドラッグストアなどで気軽に購入できますから、気兼ねなく試せるところが魅力です。
今までずっとPMSの症状を我慢していた人は、体質改善の一環としてサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。

ストレスをためこむと生理前の精神的症状が顕著に表れやすいため、自分に合ったリラックス方法を見つけるのが良いでしょう。
精神的なイライラにはアロマテラピーや入浴でリラックスするのがおすすめです。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。