布ナプキンの効果や使い方・生理痛が軽くなる上にかゆみもナシ!


はじめて生理になった時から今までずっと、『紙ナプキンを使うのが当たり前!』と思っていたけど、
今では布ナプキンが手放せません!体調は良くなるし『イイコトずくめ』ですよ~。

布ナプキンは意外と楽チン

布ナプキンにはどんな種類があるの?
手軽に試せるスターターセットは⇒布ナプキン 口コミをご覧下さい!

気になってはみたものの、『もれないの?』とか『洗うのが大変そう。』とか、マイナスイメージがやっぱり先行してしまって・・・、なかなか使い始める勇気が出ませんでした。

布ナプキンのお試しセット

でも、思い切って実際に使ってみると、“お肌にやさしい”とか“体にいい”ということを実感できますし、案外使いやすくてお手入れもそれほど面倒ではないんです。

布ナプキンの存在自体は女性だったらけっこう知っている人も多いと思いますが、実際に使ってみようと思うと私のようにためらいを感じてしまうかもしれません。

そこで、布ナプキンに関する基本的な知識をまとめてみました。

もし、気になっている人がいらっしゃいましたら、快適に使えるようにするためにちょっと勉強してみませんか?
種類や使い方・私が感じた効果についてつらつらと書いてみました。

布ナプキンにはこんなに種類があります

形状

・プレーン型

「プレーン」というのはハンカチのような四角い布地のこと。
布ナプキンプレーン
プレーン自体が吸収体の役割をするので、折り返してそのままショーツにのせて使うことができます。

折り返す面を変えれば取り換えなくても数回使えるので便利です。

また、ショーツに取り付けるナプキンの形をした「ホルダー」とセットで使うこともできます。
ホルダーをショーツに取り付けて、その上にプレーンをのせるだけでOKです。

出典 すいーとこっとん

ホルダーと組み合わせ使うと吸収力が高まるので多い日用に適していると言えるでしょう。

コツをつかんでいる布ナプキン上級者はプレーン単体で使うのもいいでしょうし、ズレないように安心して使いたいならプレーンとホルダーを一緒に使うのがおすすめです。

☆プレーン型のメリット
・ハンカチのようにシンプルな形なので、洗濯をした時に一番乾きやすい。

★プレーン型のデメリット
ズレやすいので慣れるのにコツがいる。

・パッド型(交換型)
「パッド」というのは吸収体の役割をする楕円形の布地のこと。

ショーツに取り付けるナプキンの形をした「ホルダー」とセットで使います。

布ナプキンパッド型
ホルダーをショーツに取り付けて、その上にパッドをのせるだけでOKです。

プレーンと使い方が似ていますが、ショーツに付いているスナップで留めたり、ゴムでズレないようはさんだりするところに違いがあります。

メーカーによっては、パッドを「ライナー」と呼んでいることもあります。

出典 メイド・イン・アース

☆パッド型のメリット
パッドの枚数で吸収力を調整できるので、少ない日から多い日まで対応できる。

★パッド型のデメリット
たくさん使うと持ち帰りや洗濯が少し大変。

・一体型

「一体型」というのは、ショーツに取り付けるホルダー本体に吸収体が内蔵された布地のこと。
布ナプキン一体型

あれこれ用意する必要がなく、使い捨てナプキンと同じ要領で使えます。

☆一体型のメリット
これ一つをショーツに取り付けるだけなので初心者にも使いやすい。

★一体型のデメリット
洗濯をした時に乾くのに若干時間がかかる。

出典 ジェランジェ

サイズ

◎ おりもの用

約15センチ~
生理の日以外でもおりものの時に使いたい人用に、小さめのサイズがあります。

◎ ふつうの日用

約20センチ~
長さがちょうど良く、吸収体の部分が薄いサイズです。

◎ 多い日用/夜用

約25センチ~約40センチ

お尻まですっぽり包んでくれるくらいのロングサイズ。
吸収体の部分は何層にもなっていて、吸収力や防水力が高いのが特徴的です。

素材

◎ オーガニックコットン

生地はオーガニックコットン100%のものが一番人気。
上質なコットン素材の布ナプキンは、生地の丈夫さと汚れ落ちの良さが特徴的です。

◎ ネル(フランネル)

「ネル」とは綿を毛羽立たせた布素材のこと。
ネル素材の布ナプキンは起毛してあるので、ふんわりとした肌触りなのが特徴的。

通気性も良く、かゆみやかぶれに悩む人におすすめです。

◎オーガニックリネン

「リネン」とは麻のこと。
リネン素材の布ナプキンは速乾性と耐久性が特徴的。

洗ってもすぐに乾くし、ゴシゴシ洗っても丈夫なので長持ちします。

柄の種類

布ナプキンの柄
今の布ナプキンは柄が豊富でとにかく可愛いので選ぶのが楽しくなります♪

自分の好きな柄のナプキンを揃えておくと、憂うつな気分も吹き飛んでしまいますよ。

出典 ジェランジェ

布ナプキン生活の必需品

外出する時に必要なアイテム

◎ 脱臭袋

使用済みのナプキンを持ち帰る時に必要です。
ナイロンやビニール製でチャックが付いているので、ニオイや水分をシャットアウトできます。

◎ 外出用のポーチ

取り換え用のナプキンやパッドを入れるために必要です。
また、脱臭袋をそのままカバンに入れるのに抵抗がある人は、ポーチに入れて持ち帰ると便利です。

洗濯に必要なアイテム

◎ アルカリウォッシュなどの洗剤

アルカリウォッシュ洗剤
布ナプキンについた血液(タンパク汚れ)を浮き上がらせてくれる、炭酸ソーダや炭酸ナトリウムを使ったアルカリ洗剤が一般的です。

粉状なので水やお湯に溶かし、もみ洗いせず布ナプキンを浸け置く方法で使います。
2時間くらい経ったら洗濯機でよくすすいでから脱水すればOKです。

その他にも、布地にもお肌にもやさしい無添加の液体洗剤などがあります。

◎ 浸けおき洗い用のバケツ

バケツ
布を傷めずにナプキンの寿命を長くするためには浸けおき洗いするのが一番です。

ナプキンを清潔にするためにも、布ナプキン専用の浸けおき洗い用のバケツを一つ用意しておくのが良いでしょう。
ミニサイズのものだと手軽に使えていいですよ。

普通に百均の物でも良いですし、布ナプキンを販売しているショップにもナプキンとともに販売されています。
そっちの方が可愛らしさがあります♪

◎ スポンジブラシ

スポンジブラシ
布ナプキンの洗濯は浸けおき洗いが基本ですが、どうしても落ち切らない汚れが残ってしまうこともあります。
そんな時に便利なのがスポンジブラシです。

サッとこすり洗いすると生地を傷めずに汚れを取ることができるので洗濯もより楽になります。

出典 サニーデイズ

ビギナーの人でもこのくらいのことを知っていると布ナプキンをはじめる準備を整えられると思います。

布ナプキンの使い方

◎ 基本的な使い方

基本的には、ショーツの上に取り付けるだけ。

一体型やパッド型の場合は、ホルダーにスナップボタンが付いているので、ズレないようにショーツにしっかりと留めることができます。

あと、吸収力をパワーアップさせてしっかりとモレをガードしたい場合にはパッドを重ねて使うのがおすすめです。

◎ いつ取り換えるの?

布と言っても吸収力は驚くほど優秀ですから、取り換えるタイミングは紙ナプキンと同じと考えて大丈夫です。
でも、長時間つけっぱなしにしておくのは衛生上よくありませんので、早めの交換をおすすめします。

◎ 1回の生理で何枚必要?

最初から全て布ナプキンで過ごそうと考えたら、枚数に余裕があった方が安心していられますよ。

目安としては、
・少ない日 スリムサイズ3枚くらい
・普通の日 昼用やレギュラーサイズ3枚くらい
・多い日 夜用やロングサイズ1~2枚

それと、交換用のパッドを3~4枚くらい用意しておくといいと思います。

私の場合、初めて使う人用のお試しセットから始めました。

布ナプキンのお試しセット
色々なサイズを2~3枚ずつ揃えられたので、洗濯をすれば数日間ローテーションして使えました。
そのうち慣れてきたら徐々に買い足していってもいいと思います。

出典 Linten

布ナプキンの効果

布ナプキンを使い始めると体にうれしい変化があります。

デリケートゾーンが快適

布ナプキンは通気性の良い素材で作られているので、非常に蒸れにくい性質があります。
だから、デリケートゾーンのかゆみやかぶれを感じにくくなります。

私も以前はかゆみ止めの塗り薬が必要なくらいヒリヒリして困っていましたが、今ではほとんどかゆみがなくて快適です。

体温が安定する・上がる

体温計
経血や汗を吸収しても布自体が冷えることはありませんから、紙ナプキンのように体を冷やす心配がありません。
それに、布素材は子宮に近い部分を包み込んでくれ、体温の安定につながります。

冷え症が改善しているケースもあるくらいの効果があるんですよ。
冷えは不妊や子宮の病気にもつながる問題ですから、布ナプキンで体温を安定させておくのが健康にはいいと思います。

妊娠を希望する方・妊活中の方も布ナプキンを使用している方が多いのですよ。

生理痛が軽くなる

人によっては紙ナプキンの化学物質が毒素となって、経皮毒によって皮膚を刺激することで生理痛を引き起こしているケースもあります。

1ヶ月のうちの数日ではありますが、体に害のあるものをなるべく使用しないことが生理痛緩和につながります。

あと、紙ナプキンだと独特のニオイがしたり、摩擦によって皮膚が擦れたりすることがストレスになることもあって、気分的なものから痛みを誘発することもあるのです。

その点、布ナプキンはニオイも少なくやわらかい肌触りのおかげで皮膚の擦れもありませんから、メンタル面から見ても生理痛の軽減につながっているというわけなのです。

私も元々は痛み止め薬を飲んだだけじゃ全然ダメで、ひどい日には一日中横になっているような時もありました。

でも、痛み自体も軽くなってきて、薬を飲まなくても平気で過ごせるようになりました。
だるさまでなくなったし、ホントに体が楽になりましたよ~。

まずは布ナプキンの感触の気持ちよさを味わってみてください。
きっと、体も心も軽くなれるはずですよ!

まとめ

布ナプキンは面倒臭そうに思えますが、意外と手入れは楽。
生理痛が重い人・ケミカルナプキンだと肌にかゆみが起こりやすい人にオススメ。

初めての布ナプキンは色々なメーカーが販売しているものを調べてみる事が良いと思います。
特に『お試しセット』を用意しているメーカーのものが始めやすいので◎。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。