ぽっこりお腹の原因は便秘だけじゃない!腸のむくみを取る方法


お腹がぽっこり出ている人は便秘のせいだと思ってしまいがちですが、実は腸のむくみが原因かもしれません。
腸のむくみは簡単な方法で解消することができますので、効果的にスッキリできる方法をご紹介してみたいと思います。

腸がむくんでしまうメカニズム

腸の血管が狭くて血流が悪い人は血液中の水分を上手く全身に運ぶことができないため、過剰な水分が腸に溜まってしまいます。
その結果、腸の粘膜が水分によってパンパンに膨らんでしまいます。
手や足がむくむのは血管が水分によって軽い水ぶくれを起こしているような状態ですが、腸内でも同様のことが起きていると考えて良いでしょう。

腸がむくむとどうしてお腹がぽっこりするの?

人間には大腸と小腸の2種類の腸がありますが、むくんでしまうのは大腸の方です。

大腸

大腸は4箇所で支えられている内臓なのですが、正常な状態であればお腹の中でスッキリと納まっています。
でも、水分をたっぷり含んでむくんでしまうと重さに耐えられなくなり、本来あるべき場所から垂れ下がってしまいます。
そのため、お腹がぽっこりと前に突き出たような状態になってしまうのです。

腸がむくむ原因

・もともとむくみやすい体質である

水太りしやすい体質で顔や手足がむくみやすい人は、全身の血流が悪く水分が滞りがちなので腸もむくみやすい傾向が見られます。

・過剰な飲酒

アルコールを摂取し過ぎると水分代謝の機能が低下し、腸内に水分が停滞しやすくなります。

・便秘薬の使用

便秘薬には体内の余分な水分を排出するカリウムまで取り除いてしまう作用があります。
便秘がちで便秘薬を常用している人は要注意です。

便秘

・冷たい飲み物ばかり飲んでいる

冷たい飲み物を摂取すると腸の血管を収縮させてしまい、水分が腸に溜まりやすくなってしまいます。

むくみ腸が引き起こす症状

腸がむくむとぜん動運動が妨げられるため、便秘になりやすくなります。
便秘になることによって尚更お腹のぽっこりが目立ってしまうという悪循環に陥ります。

腸のむくみ

また、気になるのは見た目の問題だけではありません。
腸がむくむことで栄養を運ぶ血流が悪くなり、代謝の低下に繋がります。
全身にだるさを感じるなど健康上の問題も出てきます。

そして、腸の働きが鈍ることによって消化や吸収が妨げられ、糖や脂質の分解障害を引き起こしてしまいます。
これは、糖や脂質を皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えやすくなることにつながり、肥満の原因になってしまいます。

腸の病気

さらに、長期間腸のむくみを放置していると、免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。
ウィルスなどの病原菌が体内に侵入してきても撃退する機能が弱くなってしまいますので、感染症や下痢をはじめ、ガンなどのリスクも高くなります。

腸のむくみを取る方法

腸のむくみを取るためには、水溶性の食物繊維や発酵食品を摂取するのが効果的だと言われています。
ただし、水溶性食物繊維たっぷりのお野菜や発酵食品でお馴染みのヨーグルトなどは場合によっては体を冷やす作用があるそうです。
そこで、今回はもっとおすすめの腸のむくみ取りの方法をご紹介してみたいと思います。

「生姜+ココア」が最強の組み合わせ!

冷え性対策として定番食品となっている生姜ですが、ココアをプラスすると腸の温め効果が高まり、腸のむくみを取るのに有効であるとテレビで放送されていました。
腸のむくみを取るのに効くという理由は、生姜に含まれる「ショウガオール」とココアに含まれる「ココアフラバノール」の相乗効果の驚きのパワーにありました。

どちらも、体を温める作用に優れているのですが、一緒に摂取することで大腸の血流を促進する効果が高まります。
そもそも大腸の血流の悪化がむくみを引き起こしているわけですから、根本的に体質から改善する効果が期待できるということなのです。
きちんとした根拠があるからこそ結果が伴っているというわけなんですね!

生姜ココア

【「生姜ココア」の作り方】
・純ココア(砂糖なしのココア) 5g
・生姜 5g

まず、お湯に純ココアをよく溶かし、その後で生姜を加えます。
生姜はすりおろしたものが一番良いとのことです。
たったのこれだけで腸のむくみを解消するスーパードリンクの出来上がりです。

私も実際に作って飲んでみましたが、正直言って苦味が強いので、飲みにくかったらお好みで甘みを加えるのが良いと思います。
ハチミツを加えてみましたが、苦味が消えてまろやかになって美味しかったですよ。
ちなみに、甘みを加えても効果が落ちてしまうことはありません。

また、1杯ずつココアの分量を量ったり、生姜をすりおろしたりして作るのが面倒であれば、最初から生姜とココアがブレンドされている市販の商品を飲むのも良いと思います。
通販で探してみると、色々なメーカーから販売されている生姜ココアはけっこうたくさん種類があります。
毎日手軽に飲みたいならば市販のものがおすすめです。

生姜ココアは朝食と夕食の前に200mlずつ飲むと効果的だそうです。
テレビの実験で紹介された人は、わずか3週間生姜ココアを飲んだだけで腸のむくみが取れて、ウエスト-10センチという驚きの効果を得ていました。
生姜ココアと体質の相性が良い方には効き目が絶大なんですね~。
これからの寒い季節にココアは最適の飲み物ですから、生姜をプラスしてぽっこりお腹をスッキリさせてみてはいかがでしょうか。

「メリロート」を摂取する

サプリメント派の人には「メリロート」の摂取をおすすめします。
メリロートというのはハーブの一種で、血管を膨張させ血液の循環をスムーズにする効果を持つクマリンという成分を含んでいます。
メリロートのクマリンは、腸の血流を改善し、溜まっている余分な水分を排出してむくみを取ってくれます。

メリロート

また、メリロートを長期間飲み続けることによって、血行不良によって起こる腸の冷えも改善されます。
冷えが取れると腸の働きが活発になるので便秘にもなりにくく、ぽっこりお腹解消効果を最大限に引き出せます。

メリロートのサプリメントは、薬局やドラッグストア、通販サイトで市販されています。
ぽっこりお腹を含めて下半身痩せに効くと言われていますので、特に慢性的なむくみにお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。
体内に吸収された頃に効果が出始めてくるでしょう。

岩盤浴

温めた石の上に横になって汗をかく「岩盤浴」も腸のむくみ取りに効果があると言われています。
岩盤浴に使われる天然鉱石から放射される遠赤外線やマイナスイオンが、腸の中に溜まってしまっている毒素や余分な水分を排出する効果をもたらしてくれます。

岩盤浴

特に女性は冷えに悩んでいる方が多いので、根本的に腸のむくみを治すのが難しいかもしれません。
でも、岩盤浴は体の内側から温める効果があるので、冷えによって腸の水分代謝が低下している人にもおすすめなんです。

うつ伏せになったり、仰向けになったり、体勢を変えながら1時間程度寝転がっているだけで、じんわりと体が温まって気持ち良く血流を促進することができます。
冷え性を改善しつつ、腸のむくみを解消するために岩盤浴に通ってみるのも良いかもしれませんね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。