コンビニ食でダイエットが出来る!?商品の選び方


毎日の食事に欠かせない存在となった「コンビニごはん」。
朝食やランチ、夕食、どのシーンにもピッタリなメニューが揃っていますよね。

主食となるおにぎりやパンをはじめ、惣菜やお弁当に至るまで、とにかく商品の種類が豊富なのが魅力で、毎日食べても飽きません。
でも、ダイエット中の方はやっぱり気になるのがカロリーの高さではないかと思います。

ダイエット

そこで、ダイエット中でも安心して食べられるコンビニごはんのおすすめメニューをいくつかご紹介したいと思います。

「コンビニごはん」でダイエットに成功するコツ

「コンビニごはん」のメニューは、カロリー表示や栄養表示が商品パッケージに記載されているので、ポイントさえ抑えればダイエットに利用しやすいんです。

食事の量を減らすのではなくて、食事の質を変化させることが健康的なダイエットにつながってきます。
そこで、「コンビニごはん」でダイエットに成功するコツをまとめてみました。

商品を買う前に「カロリー表示&栄養成分表」をしっかりチェック!

ダイエット中の1食当たりの摂取カロリーは、400~500キロカロリーを目安にするのが理想的です。
ですから、商品のカロリー表示をしっかりとチェックして、1食分の合計カロリーを把握できればカロリーコントロールが上手にできます。

カロリー

主食と惣菜を購入する方はそれぞれの合計を計算するように心がけましょう。
お弁当であればすでに合計でカロリー表示がされていますので、比較的選びやすいかもしれませんね。

また、ダイエット中はたんぱく質を多めに食べると代謝がアップしますし、体重が落ちた時に筋肉量が減ってしまうのを防ぐことができます。
栄養表示をしっかりと確認して、たんぱく質を多く含むメニューを選ぶのもおすすめです。

健康志向のメニューを選ぶ

最近では、コンビニでも健康志向のメニューが増えてきています。
低カロリーの和食総菜が充実していますし、管理栄養士さんが考えたお弁当などもあります。

また、パンやスイーツなども、「低カロリー」・「糖質オフ」・「コレステロールゼロ」などを謳った商品が続々と登場しています。

低カロリーのパン 

ダイエット中はNGと言われ続けていたジャンルの食べ物でも、賢く選ぶことでおいしく楽しみながらダイエットができるのです。

ダイエットにおすすめの「コンビニごはん」メニュー

コンビニならではのメニューを上手に活用すれば、我慢をしなくてもおいしく食事をしながらダイエットができます。
そこで、カロリーコントロールするのにおすすめのメニューをピックアップしてみました。

ごはん編

最近、コンビニに増えているのがフリーズドライのリゾットです。
お湯を注ぐだけであっという間にリゾットが出来上がるのですが、とにかくレベルの高さに驚きます。
トマト系、クリーム系、チーズ系などなど、レストランでも人気の味が再現されています。

コンビニのリゾット

しかも、100キロカロリー前後のミニサイズの商品が揃っているので、カロリーも量もダイエット中にはちょうどいいんです。
ごはんを我慢しなくてもいいですし、夜遅いごはんでもカロリー控えめなのはうれしいですよね。

パン編

以前から全粒粉などを使った低GI系(血糖値が上がりにくい)のパンはよく見かけましたが、さらに進化した「低糖質系のパン」が登場しています。
ロールパン、クロワッサン、メロンパンなど、商品のラインナップも豊富。

低糖質のパン

一般的に主原料となっている小麦粉の代わりに、ふすま、大豆粉、米ブランなどを使用して糖質を大幅にカットしているので、1個当たりの糖質がなんと10g以下というものもあります。
普通のパンの1/3まで糖質を減らすことができるので、ダイエットを中の方でも我慢をしなくてOKなんです。

低糖質のパンというと味気ないような気がしますが、素材本来の甘さがしっかりと味わえるおいしいパンがあるのでおすすめですよ。

惣菜編

ダイエッターの間で神惣菜と呼ばれているのが、鶏のムネ肉を蒸して味付けした「サラダチキン」です。
塩やこしょうで味付けしたシンプルなものから、ブイヨン、ハーブ、レモン、ガーリックなどの味に変化をつけたものまで、種類が豊富に揃っています。

カロリーは100キロカロリー前後ですし、低脂肪・高タンパクなので、ダイエット中のメインディッシュとしては非常に優秀です。
あと、ほぐしてサラダやスープに入れてもおいしくいただくことができますよ。

サラダチキン

コンビニ各社ではオリジナルブランドの商品が販売されていますが、カロリーや栄養素にそれほど差はないようです。
毎日利用するコンビニで探してみてはいかがでしょうか。

鮭、さんま、あじ、いわし、ほっけなどなど、コンビニではメジャーな焼き魚も販売しています。
湯煎やレンジで温めるだけで手軽に食べられるタイプの商品が揃っていて、脂肪燃焼を助けてくれるDHAやEPAをたっぷり含んだダイエットの強い味方なんです。

焼き魚

しかも、骨までまるごと食べられるように開発された商品も登場していますので、食べやすい上にダイエット中に必要なカルシウムもバッチリ補給できます。

自分で焼いて食べるのは面倒だけど、コンビニを利用すればお魚のおいしさを楽々味わいながらダイエットができますね♪

ハムというと高カロリーなイメージがありますが、コンビニで販売されている生ハムはカロリー控えめなので、ダイエット中でも安心して食べられます。
1人分としてはちょうど良い50g前後のサイズで、カロリーは80キロカロリー程度しかありません。

生ハム

塩分がありますので、サラダのトッピングにしてもいいですし、ごはんのお供としても便利なお惣菜だと思います。

蒸した鶏肉やしゃぶしゃぶの豚肉など、低カロリーで高タンパクのお肉の入っているサラダは、代謝アップと筋肉量維持に最適のニューです。
しかも、食物繊維までバランス良く摂取できますので、お通じを良くするのにもおすすめです。

お弁当編

コンビニでは、管理栄養士監修のもとに作られている栄養バランスを考えたお弁当が販売されています。
このようなお弁当は、タンパク質・脂質・炭水化物の栄養バランスを評価する「PFCバランス」が抜群に良いのです。

コンビニ弁当

「PFCバランス」が良いということは、栄養の偏りがないですし、代謝アップや脂肪の燃焼促進に有効ですから、ダイエット中には理想的と言えるでしょう。

また、必ずしも管理栄養士が考えたものでなくても、「○○品目のバランス弁当」というように、豊富な食材を使った「PFCバランス」の良い商品もあります。
お弁当を選ぶ時には、「PFCバランス」に注目してみましょう。

麺類の商品はお弁当に並ぶ陳列棚で販売されているので、定番のメニューの中からおすすめの蕎麦を選んでみました。

そば

蕎麦には糖質の代謝を良くするビタミンB群がたっぷり含まれていますし、1食当たりは300キロカロリー程度。
代謝アップとカロリーコントロールにはピッタリのメニューです。

しかも、アンチエイジングや美肌効果のあるルチンも含まれていますから、ダイエット中に気になる肌荒れや疲労対策にもおすすめですね。

お菓子・スイーツ編

コンビニ各社では、天然素材のミックスナッツやむき甘栗などを販売しています。
ほぼ食材そのものなので、砂糖や調味料などの添加物が使われていない分カロリーをカットできますし、体にやさしいダイエットおやつとしては理想的ですよね。

ミックスナッツ

ダイエットしていても、チップス系のおやつが無性に食べたくなるってありますよね。
コンビニでは、油で揚げずに焼いてパリパリにするノンフライのチップスが販売されています。

ノンフライチップス

特に、じゃがいもを使ったポテトチップスは一番人気ですが、さつまいも、にんじん、かぼちゃなどの野菜や、いちご、パイン、バナナなどのフルーツをそのまま乾燥させたチップスも好評です。

従来のチップスと比べると30%以上もカロリーが控えられていて、1商品当たり150キロカロリー以下のものがほとんど。
ダイエット中に食べても罪悪感がないのが魅力です。

他には、こんにゃくチップスもおすすめです。
1商品当たり60キロカロリー程度なので、とにかく低カロリーのお菓子を探している方はこちらをお召し上がりください。

ダイエット中にスイーツを食べたい時には、カロリーだけを気にするのではなくて、糖質と脂質をチェックする必要があります。
食べても太りにくいのは糖質と脂質が少ないスイーツです。

コンビニには太りやすいスイーツしかないような気がしますが、意外にもダイエット向きの商品はたくさんあります。

例えば、「焼きドーナツ」は低糖質・低脂質スイーツの最先端と言えるのではないでしょうか。

焼きドーナツ

本来揚げるはずのものを焼いていますのでかなり脂質が抑えられていますし、小麦粉や砂糖を減らして糖質も抑えられています。

また、意外と優秀でユーザーが多いのがアイスクリームやジェラートなどのひんやりスイーツです。

ひんやりスイーツ

コンビニオリジナルの商品としては、フルーツ果実や果汁たっぷりのジェラートが人気です。
生クリームではなくて乳脂肪分を使っているので脂質がかなりオフされていますし、フルーツの甘みを活かしているので糖質も少な目です。

私が最近見つけた商品では、ファミリーマートのロッテが共同開発したジェラートがおすすめです。
ストロベリー味を購入してみましたが、エネルギーはたったの108カロリーしかなくて、脂質はなんとゼロ。
炭水化物は26グラムだけど、苺の素材からの糖質なので許容範囲と言ってもいいんじゃないかと思います。
低糖質・低脂質を実現しているのに、本格的で贅沢な味わいを堪能できるはうれしいですよね。

また、大手メーカーのカロリーコントロール向けの商品も揃っているので、サッパリ系のスイーツがお好みであれば、ひんやりスイーツは満足度が高いと思いますよ。

我慢することが苦手な方でも、上手に選ぶことができればダイエット中でもストレスなくおやつを食べることができちゃいますね。
ダイエット中のおやつは200キロカロリーくらいが理想的だとされていますから、スイーツやお菓子を賢く選んでダイエットを成功させましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。