EMSの仕組みや効果。ダイエットマシン・美顔器の定番EMS。


腹筋マシーンや美顔器に搭載されている話題の機能「EMS」
筋肉を鍛えられるとか小顔に効果があるとか、男性からも女性からも注目されています。

ボディメンテナンスやスキンケアに役立ちそうなイメージがありますが、EMSの仕組みや効果は一体どのようなものなのでしょうか。

EMSの仕組みと効果

腹筋を鍛えるための筋トレマシーンや顔のリフトアップのための美顔器に搭載されているEMS。
その仕組みと効果について詳しく調べてみました。

EMSの仕組み

EMSというのは、電気刺激によって筋肉を動かすことで周りの脂肪のエネルギーを使うという仕組みになっています。
腹筋を鍛えるための筋トレマシーンを例にしてみると、電気が筋肉に流れるとピクピク動くのがわかります。
これが、EMSによって筋肉運動が起こっている証拠なのです。

EMSの仕組み

エステティックサロンの痩身メニューで使われているようなマシーンも同じような原理になっています。
理屈としては、身体に電気を通す事で運動した事と同じになるということです。
電気が流れる度に筋肉が動いてエネルギーが消費されるので、痩身効果を得られるということなのです。

それでは、『運動しなくても痩せられるのではないか?』と思う人もいるかもしれませんが、それは少し話が違ってきます。
全身が痩せるのは、消費カロリーが総摂取カロリーよりも上回った時だけです。

EMSというのは、簡単に言ってしまえば部分痩せ効果が期待できるというレベルのものと考えると良いと思います。

EMSの効果

EMSは外部からの電気的な刺激によって筋肉を刺激させて収縮運動を起こすのですが、運動した時に自分の脳からの刺激で起こる筋肉運動と同じようにエネルギーを消費します。

EMSの効果

ですから、EMSを装着した部分の消費カロリー量は増え、次第に脂肪が消費されて体重減少も見込めます。

そして、いわゆる筋トレ効果も確認されています。
10~20代の若い女性を被験者として行ったEMSの実験では、腹部の筋肉増加効果が認められたという例があります。
健康状態に問題がなく、普段から運動習慣を持つ女性がEMS機能を1日80分間腹部に使用したところ、30日間でウエストのサイズが減少したという実験結果が出ています。

特に、腹直筋が鍛えられている人が多く、その効果も相まって体幹部の脂肪量と体脂肪率も減少しています。

EMSでダイエット

ただし、EMSの刺激が弱いと効果はほとんど出ません。
EMSでダイエットや筋トレをしたいと思ったら、それなりの刺激の強さのあるものを使う必要があるのです。

美顔器に搭載されているEMS機能はどんな効果があるの?

家庭用の美顔器にEMS機能が搭載されている商品が増えていますが、どのような効果があるのでしょうか?

美顔器に搭載されているEMS機能は、身体用のものとは少し効果が異なります。
美顔器に搭載されているEMS機能としては、次のような効果を見込むことができます。

★皮下組織や細胞間の水分(むくみ)除去

年を取って皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸が減少してくると、細胞と細胞のすき間に水分が溜まってむくみが生じます。
そこで、EMSで微弱な電流を流すと、筋線維が収縮して血液やリンパの流れが良くなるので、余分な水分が排除されてむくみが取れてスッキリします。

★たるみ取り・リフトアップ

年齢重ねると新陳代謝が衰えて表情筋が伸縮性に乏しくなるので、顔が全体的にたるみやすくなります。

美顔器のEMS

そこで、EMSで微弱な電流を流すと、顔の筋肉の凝りがほぐれ、負担をかけることなくリフトアップ効果を発揮してくれます。
顔のたるみ取りはもちろん、小顔対策にも使えるすぐれものなのです。

顔に使うEMSは安全性を十分に考慮する必要がありますので、身体用のものと比較すると流れる電流が弱いものがほとんどです。
しかしながら、毎日行うことで効果を発揮しますので、根気を持って継続する必要があります。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。