食べる・飲む美容オイルの効果や選び方-オレイン酸 ・α-リノレン酸 ・リノール酸


体の老化防止や美肌に効き目があるということで注目を集めている「飲む(食べる)美容オイル」。
美容に気を遣う女性の間でブームになっていますが、どのようなメリットがあるものなのでしょうか?

「飲む美容オイル」とは?

「飲む美容オイル」というのは、体内では作り出すことができない必須脂肪酸を含む植物由来の油のこと。
難しいことは抜きにしてとにかくわかりやすく言うと、食用の植物性オイルをそのまま飲むだけというシンプルなものです。

飲む美容オイル

「飲む美容オイル」の効果

「飲む美容オイル」は、スプーン1杯程度を目安に毎日飲み続けることで、体の内側からキレイになれる様々な効果が期待できます。

皮膚や粘膜を丈夫に保つ作用に優れています。
また、細胞を新しく生まれ変わらせてくれるので、ターンオーバーが安定します。
いつもベストコンディションをキープできるツルツルのお肌を作りたい人に最適です。

乾燥肌の人はお肌に含まれるオレイン酸が不足しています。
「飲む美容オイル」の中にはオレイン酸が豊富に含まれているものがあるので、積極的に摂取することで不足分を補うことができます。
オレイン酸が増えてくると皮脂の分泌量も増えますので、お肌のかさつきを感じなくなります。

飲む美容オイル効果

「飲む美容オイル」に含まれる脂肪酸は女性ホルモンを作るための栄養源となります。
女性ホルモンはお肌のハリを維持するのに欠かせないものなので、たくさん作られている方がプリプリしたお肌を保つことができるのです。
お肌の若返りを目指している人にはうれしい効果ですね。

ホルモンバランスを安定させて代謝を促進し、脂肪燃焼に貢献してくれます。
また、便秘解消にも効くので、ぽっこりお腹にお悩みの方にもおすすめです。

ダイエット効果

『オイルはデブの素!』なんて思っている人は大間違いで、むしろ痩せやすい体をキープしてくれます。
摂り方次第ではダイエットの強い味方になってくれるんですね。

食べ物から摂取するビタミンA、D、E、Kといった脂溶性のビタミン類を体内に吸収しやすくなります。
十分なビタミン類は細胞を若々しく保ってくれますので、老化予防につながります。

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、血液をサラサラにしてくれます。
生活習慣病が気になる人にもおすすめ。

「飲む美容オイル」に含まれている脂肪酸の中には、小腸を刺激する働きを持つものがあります。
さらに、便をやわらかくする作用もあるので、腸の動きが鈍っていて排便がスムーズでない人でも、相乗効果で便秘が治りやすくなります。

便秘解消効果

「飲む美容オイル」の選び方

健康や美容に良い作用をもたらしてくれるイメージの強い「飲む美容オイル」ですが、選び方を間違えると体やお肌にダメージを与える可能性があるので要注意。
きちんと目的に合った働きをしてくれるものを見極めて選ぶようにしましょう。

主成分を見極める

「飲む美容オイル」の効果を最大限に発揮させるためには、主成分となっている脂肪酸の種類をチェックしてみましょう。

飲む美容オイル主成分

脂肪酸の中でも、
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

が含まれているものがおすすめです。

製造方法をチェックする

どのような方法で製造されたかによって品質の良し悪しが左右されます。
添加物が加えられていたり、漂白や脱臭が行われたりするオイルは選ぶべきではありません。
また、化学物質の力で精製されているものは、トランス脂肪や活性酸素といった有害物質を発生させる危険性があります。

美容オイル選び方

本来の有効成分がそのまま自然の状態で入っている「無添加・無加工」であることが、良質な飲む美容オイルの条件です。
品質の良い美容オイルの見分け方としては、原料を圧搾製法で搾っているものというのがポイント!
ただ搾って良いところだけを凝縮しているものが正真正銘の良い美容オイルなのです。
特に人気があるのは「低温圧搾法」で作られている美容オイルです。

「飲む美容オイル」の種類

オリーブオイル

オリーブオイル

【主成分】
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・お肌にハリを与える
・お肌の老化予防
・髪に栄養を与え、ツヤツヤにしてくれる

【健康効果】
・血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす
・血液がサラサラになる

亜麻仁油

【主成分】
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・デトックス効果
・新陳代謝アップ
・お肌の保湿効果
・ダイエット効果
・便秘解消効果

【健康効果】
・悪玉コレステロールと中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする
・アレルギー症状の緩和
・生活習慣病(高血圧、動脈硬化など)の予防
・記憶力、学習能力アップ

えごま油

【主成分】
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・ボディラインを美しく変えることを目的としたダイエットにおすすめ。
(体内で脂肪が固くなりにくくなるらしいです。)
・美肌効果

【健康効果】
・アレルギー症状(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症など)の軽減
・心筋梗塞、脳卒中の予防
・血行促進
・血管の若返り効果
・認知症予防

アボカドオイル

アボカドオイル

【主成分】
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・お肌や頭皮の保湿
・シワ、シミを防ぐ(抗酸化作用)
・痩身効果(中性脂肪が減る)

【健康効果】
・生活習慣病(動脈硬化、糖尿病など)の予防
・便秘解消効果(腸の活性化)

アルガンオイル

【主成分】
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・お肌の保湿作用
・シミ、シワ、くすみの予防や改善
・美白効果
・むくみ改善

【健康効果】
・悪玉コレステロールを減らす
・血管の弾力を維持する
・生活習慣病(動脈硬化、心疾患など)の予防

ヘンプシードオイル(麻の実油)

【主成分】
・α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・お肌の保湿作用
・ダイエット効果(脂肪の分解)

【健康効果】
・アレルギー症状(アトピー、花粉症など)の緩和
・免疫力アップ
・脳機能の向上(脳内の血流促進)
・血液サラサラ

ココナッツオイル

ココナッツオイル

【主成分】
・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
・リノール酸(オメガ6脂肪酸)

【美容効果】
・シワ予防
・美白効果
・ダイエット効果(体脂肪の分解)

【健康効果】
・免疫力アップ
・便秘解消効果
・コレステロール値を下げる
・糖尿病の予防
・アトピーに効果的
・認知症予防

正しい食べ方・飲み方

美容オイルはデリケートなので、加熱せずに摂取するのがおすすめです。
朝食に召し上がる人が多いので、サラダ、シリアル、ヨーグルトにかけたり、牛乳、豆乳、野菜ジュースに入れてそのまま飲んだりするのが最適の摂取方法です。

摂取方法

また、オイル自体を加熱することは望ましくありませんが、調理後の料理にかけるのはOK。
トーストしたパンにかけたり、お味噌汁などに入れて食べたりすると、毎日無理なく続けられると思います。

「飲む美容オイル」はたくさん摂取する必要はありません。
摂り過ぎはカロリーオーバーや体を冷やしてしまうというデメリットがあります。
「毎日スプーン1杯のオイルを飲む」というのが基本となります。

そして、コツコツ飲み続けることが大切なポイント。
日頃から健康と美容に気を配っている方も、生活習慣に自信がない方も、「毎日欠かさず飲む」ということを意識して、上手に美容オイルとお付き合いしてくださいね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。