よく耳にする?【ワセリン】の効果と使い方・ヘアケアや乾燥肌対策まで!


子どもからお年寄りまでスキンケアに使える便利なアイテムがこんなにも身近にあったんです!

それが「ワセリン」です。

ワセリンの画像

ワセリンってどんなもの?

ワセリンは皮膚表面に油分の膜を張って乾燥や外的刺激から守る化粧クリームのようなものです。

石油からできていますが、日本で販売されている「白色ワセリン」は石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製した副作用症状が少ないもので、安全性が高いので安心して使えます。

どんな効果があるの?

・高い保湿効果

・修復作用

・新陳代謝を高める

・皮膚の保護効果

・消炎・鎮静作用

・皮脂の分泌を抑える作用

クリームの代わりに

化粧クリームの基材にもなっているものですので、ワセリンそのものをクリーム代わりとして使うのも◎。

シンプルなコスメとして一つ持っていると便利ですよ。

ハンドクリームとして

あかぎれやひび割れ部分に軟膏として塗ることができて、皮膚を保護してくれます。

ワセリンをハンドクリーム代わりに使う

荒れがちな手のケアにハンドクリーム代わりにも使えますよ。

乾燥肌対策に

ワセリンは肌から水分が蒸発するのを防ぐ効果が抜群!

ひどい乾燥に悩む方は基礎化粧品にプラスしてワセリンを塗ってカバーすると、より高い保湿効果が期待できます。

ワセリンで乾燥肌対策

乾燥肌でもしっとりお肌にしてくれますよ。

あと、唇にも塗っても大丈夫ですので、リップクリーム代わりとしても使えますよ。

アトピーの肌荒れ対策に

肌に刺激のほとんどないワセリンはアトピーの人のスキンケア用品としてもおすすめ。

消炎・鎮静作用がありますので、アトピーによるかゆみや湿疹といった肌トラブルを軽減するのに役立ちます。

赤ちゃんのスキンケア

おむつかぶれやおしりなどにできるあせもなどに効果があると言われています。

不純物の入っていないワセリンならば赤ちゃんが舐めても体に害はありませんから、赤ちゃん用のスキンケアアイテムとしてもピッタリです。

ワセリンで赤ちゃんのスキンケア

ちなみに、「ベビーワセリン」っていう赤ちゃん専用の製品もあるんですよ~♪

ニキビケア

ワセリンには皮脂の分泌を抑える作用がありますから、過剰な皮脂によって繰り返すニキビ予防に役立ちます。

さらに、皮膚の代謝を良くして毛穴の詰まりを排出するサポートをしてくれますから、ニキビのできにくい肌質に改善できます。

ヘアケア

高い保湿効果がありますので、乾燥した頭皮に起こるフケ予防に役立ちます。

適度な量のワセリンを頭皮に塗るだけでOKです。

ワセリンでヘアケア

また、油からできているので十分に油分があり、パサつく髪の毛に塗ることで枝毛や切れ毛が防止できます

適量ならばベタつくこともありませんよ。

みんなの口コミ

・『かさつき感が出始めたらすぐにワセリンが役立ちます。軽いものだとすぐに治ります。』

・『夜、手足など気になるところに伸ばして使うと、翌朝には手足がしっとりと潤っています。』

ワセリンの口コミ

・『リップクリームは私に合う製品がなく何を使っても痒くなりひどい時は唇が腫れ上がることもありましたが、ワセリンは全く問題なく使えたので小分けして一年中持ち歩いています。』

・『ワセリンは刺激なく保湿できるので好きです。』

ワセリンを活用したケアの口コミ

・『お風呂上りに塗るとしっとりとした肌になります。全身に使えるのでカサカサ肌の方にとても良い思います。』

・『ワセリンを塗ってあげたら子どものおむつかぶれがすぐによくなりました。』

今まで、よく見かけるけど実際に購入したことがなかったという方も多いと思います。

用途が幅広くて意外と役立つアイテムですので是非使ってみてくださいね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。

3 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です