腸内フローラとは?腸内環境の改善法も。


【腸内フローラ】
初めて耳にした方も多いかもしれません。

今回は最近話題の腸内環境についてです。

私たちの腸内事情

私たちの腸内には、腸内菌と呼ばれるたくさんの細菌がいます。
人間の腸内
菌の種類は100種類以上、その数はなんと約100兆個。
重さにすると1.5キロから2キロにもなります。

腸内フローラとは

私たちの腸は長さ約10メートルです。
それを広げると、テニスコート1面分に相当します。
100兆個の腸内細菌は種類ごとにまとまりをつくって、びっしりとその腸内に壁面をつくって生息しているのです。
腸内フローラ

それを「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」といい、この様相は、植物が種類ごとにきれいに植えられた花畑の様子にも例えられ「腸内フローラ」とも言われています。

フローラ(Flora)は分類学の用語で植物群集をさしますが、かつては細菌が植物の中に分類されていたことからそう呼ばれるとも言われています。

腸内フローラの様相と内訳

「腸内フローラ」の様相、つまり、「どんな種類の菌が、どのくらいの個数ずつ、どのような配置で生息しているか」は、人がそれぞれ顔も性格も個性として異なるように、その人その人でまったく違う様相をしていると言われています。
また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどでも変化をします。

「腸内フローラ」を形成する腸内細菌は大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに大別できます。

○善玉菌(有用菌) 
人の体に有用な働きをする菌 健康維持・老化防止・免疫力を高める

■主な菌 
・ビフィズス菌
・乳酸菌

○悪玉菌(腐敗菌) 
腸内を腐らせたり有毒物質を作る菌 健康阻害・病気の引き金・老化促進

■主な菌 
・クロストリジウム(ウェルシュ菌など)
・ブドウ球菌
・ベーヨネラ

○日和見菌 
善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れた時悪玉菌として働く菌

■主な菌 
・大腸菌
・バクテロイデス

これらの腸内細菌はフローラを形成しながらお互いに縄張り争いをしており、新たに侵入してきた菌に対しては、腸内細菌が攻撃をし、緊密な連携によって縄張りを守ることで、新たな菌を排除します。
それが免疫システムです。

健康な人の腸内は、善玉菌が悪玉菌より優勢で、腸内フローラの縄張り争いが一定のバランスを維持できています。
これを、「菌叢バランス」と呼びます。

逆に何らかの要因でバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど、人に有害な物質が増えてしまいます。
これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、有害物質が腸管から吸収されてしまうと、内臓に負担を与えたり、老化を促進させたり、ガンをはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になる事もあります。

最も理想的な菌叢バランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割と言われています。

腸内細菌の働きと腸内フローラのバランス

そもそも腸内細菌にはどんな働きがあるのでしょうか。
1、 腸内細菌は病原体の侵入に際して、それを排除するように働きます。
2、 ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンKなどのビタミン類を作ります
3、 幸せ物質であるドーパミンやセロトニンを合成し、その前駆体を脳に送っています。
4、 免疫力の約70%が腸内細菌と腸粘膜細胞との共同作業で作られています。

腸が元気であれば、体も元気になる。
腸内の不調は体全体の病気に発展する。
と言われているのは、腸内細菌のこのような働きがあるからです。

善玉菌の割合が増え、腸内環境が整うと腸管免疫が活性化します。
人間の腸管には免疫細胞であるリンパ球の7割以上が集中しています。
そして、ガンに特異的に働く腫瘍免疫も、なんと8割近くが腸管に集中しているため、これらの腸管免疫が活性化すれば、体全体の免疫システムが高まるという事になります。
「腸が元気になれば、ガンも治る」と言われるのはこのためです。

「腸内フローラ」のバランスを整え、腸を元気にすれば病気を予防し、健康になり、寿命を延ばすことができるのです。

日本人の腸内細菌は減ってきている

日本人の腸内細菌は戦前に比べて減ってきており、腸内フローラのバランスも崩れてきていると言われています。
それは、食生活が変わり、腸内細菌のエサである野菜や豆類、食物繊維の摂取量が減ってきているからです。

特に食物繊維の摂取量は戦前の約3分の1にまで減少しています。
腸内細菌が減少した要因はほかにも考えられ、加工品や添加物の多い食品を摂取する機会が増えるなど、食生活の乱れや、ストレスの多い社会環境も影響していると思われます。

腸内フローラのバランスが崩れると

腸内細菌が減り、腸内フローラのバランスが崩れると、たくさんの病気が起こると言われています。
免疫力が低下することから、花粉症やアトピー、喘息などアレルギー性の疾患。
ガンや、自己免疫疾患なども発生しやすくなります。

ドーパミンやセロトニンなどの幸せホルモンの前駆体を脳に送れなくなり、うつ病をはじめとする、心の病気も起こりやすくなります。
最近の研究では肥満や肌のシワ、糖尿病、認知症や自閉症までこの「腸内フローラ」が関係していることが分かっています。

腸内細菌の研究は戦後に始まり、まだ新しい分野で発展途上ですが、腸内細菌の全貌がわかれば、医療に大きな革命をもたらすと言われており、腸内フローラを治療に生かす臨床研究も次々に始まっています。

腸内フローラを改善する方法

では普段の生活では腸内フローラをどのように改善すればよいのでしょうか。
腸内では日々善玉菌と悪玉菌が縄張り争いをしているため、単純に考えれば、その争いで善玉菌が優勢になり、そのバランスを保つことが大切になってきます。

その為には肉食多色の食生活をやめ、加工品やジャンクフード、添加物の多い食事を控え、バランスのとれた食事を摂り、睡眠を十分にとり、ストレスを溜めないようにするなど、ごく普通の健康に良い生活を送ることが一番です。

日常生活に取り入れたい腸内フローラのバランスを改善する主な食材は、「食物繊維」「発酵食品」「オリゴ糖」の3つです。

○食物繊維
善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす働きをします。
食物繊維を含む食品
野菜・果物・海藻類・豆類・イモ類などに多く含まれます。

○発酵食品
腸に元々棲む善玉菌を活性化する働きをします。
納豆・味噌・漬物・チーズなど
日本に昔からある食材や調味料には発酵食品が多いと言われています。

○オリゴ糖
胃や小腸で吸収されることなく大腸まで達してビフィズス菌のエサになってくれます。
大豆・ごぼう・バナナ・たまねぎなど

ごく普通の健康的な生活が理想ですが、それがなかなか難しいからこそ、生活習慣病や心の病、慢性疾患に悩む方が増えているわけですね。
日々の食生活で上手に善玉菌を増やしたり、活性化させるものを取り入れていくことで腸内フローラを調整していきましょう。

善玉菌は未精製の穀物、野菜、海藻、発酵食品など、ミネラルや微量元素を多く含んだ自然の物が大好きだと言われています。

「腸内フローラ」と言う言葉はまだ聞きなれないものですが、腸内の環境が、体や心の健康全体を支えているということが最近の研究で明らかになってきており、肥満の人の腸内細菌をマウスに移植すると、そのマウスはどんどん太った。と言う結果も発表されています。

健康だけでなく、その人の体つきや性格、女性にはさらに興味深いお肌のコンディションなど美容の分野までも左右するという腸内フローラ。
人々の生活に深くかかわる分野として、今後ますますの研究が期待されています。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。