「パウダータイプの日焼け止め」の成分や効果。おすすめはどれ?


最近のUVケアは「パウダータイプの日焼け止め」を推す化粧品メーカーが続々と登場。
これまで主流だったクリームタイプの日焼け止めから乗り換えている人も急増しています。
「パウダータイプの日焼け止め」の人気の秘密は一体どこにあるのでしょうか?
成分や効果などからじっくり探ってみたいと思います。

「パウダータイプの日焼け止め」とは?

見た目はパウダーファンデーションやフェイスパウダーのような「パウダータイプの日焼け止め」。
でも、使う目的はメイクのためではなくて、紫外線を防ぐことに特化したアイテムです。
毎日のUVケアに便利な「パウダータイプの日焼け止め」というのはどのようなものなのか、様々な角度から特徴をまとめてみました。

「パウダータイプの日焼け止め」の成分

「パウダータイプの日焼け止め」の成分として挙げられるものはあまり種類が多くありません。

具体的には、
・酸化チタン
・酸化亜鉛
・カオリン
・タルク
・酸化セリウム

などです。

日焼け止めパウダー成分

これらは天然の鉱物や鉱石から精製されるもので、紫外線を反射させる性質を持っています。
紫外線に含まれるUVAにもUVBにも広く対応できて、合成化合物ではないので肌への負担が少ないという魅力があります。

「パウダータイプの日焼け止め」の効果

「パウダータイプの日焼け止め」はお肌にやさしいというイメージが強いせいか、ちゃんと紫外線対策ができるのか不安に思っている人もいらっしゃるようです。
でも、お肌にやさしいだけじゃないんです。
具体的な効果を知れば、『毎日のUVケアはバッチリ!』と納得できるのではないでしょうか?

パウダータイプの日焼け止めは紫外線散乱剤と同様に、粒子が紫外線を反射させて紫外線を肌に侵入させない仕組になっています。
UVAにもUVBにも対応でき、エネルギー反応による皮膚への刺激が起こらないというメリットがあります。

日焼け止めパウダー効果

パウダータイプの日焼け止めは成分自体が化学変化を起こすわけではないので、効果が弱まりにくく長持ちします。
一度に塗るだけでも3時間以上は効果が続きますが、こまめに重ね塗りすれば紫外線カット効果の持続力がアップします。
パタパタと叩けば何度でも塗り直しやすいので、長時間紫外線を浴びる状況でも安心です。

パウダー状の日焼け止めはメイクの上からでも塗れるので、ファンデーションと日焼け止めを一緒に使うとSPFが相乗効果によって倍増します。

日焼け止めパウダーは汗や皮脂を吸着する特性があり、メイク崩れを防止する効果が期待できます。

メイク崩れ防止

塗った時にファンデーションの上に密着するため、化粧下地に比べるとテカリやヨレを招きにくいと言われています。

「日焼け止めクリーム」との違い

「日焼け止めクリーム」と「日焼け止めパウダー」は一体どこが違うのか?と思っている人も多いはずです。
そこで、比較のためにそれぞれの特徴をまとめてみました。

【日焼け止めクリーム】

日焼け止めクリーム

・水分と一緒に油分が使用されている。
液状にするために必要な加工。
・乳化剤が使われている。
水分と油分を均一に混ぜるために必要な加工。
・防腐剤などの添加物が使用されている。
何種類もの成分が使われているので、品質保持のために必要な加工。

「日焼け止めクリーム」には、悪い言い方をすれば、お肌にあまり良くないものがたくさん使われています。
油分が原因となって肌荒れやニキビを起こすこともあり、トラブルにつながるリスクが高いと言えます。

でも、使いやすさの面では良いところもあります。
まず、スーッと伸びるので塗った時の肌馴染みが非常に良いです。
そして、密着力が強く肌にフィットしますので、汗や水に触れても落ちにくく、夏場の紫外線対策にもってこいと言えます。

【パウダータイプの日焼け止め】

日焼け止めパウダー

・水分も油分も使用していない。
・乳化剤を使用していない。
・防腐剤を使用していない。

「パウダータイプの日焼け止め」は粉末なので特別な加工をする必要がありません。
原料がそのままの状態で日焼け止めになっています。
つまり、不純物を肌に触れさせることなく紫外線対策ができるということです。
女性に人気のミネラルファンデーションも成分はミネラルだけでUV機能があるため、「パウダータイプの日焼け止め」の仲間と言えます。

肌に負担が少ない点は格別なメリットがありますが、デメリットがあることもお忘れなく。
例えば、パウダーで紫外線を防ごうとする時には主成分が金属由来のものである場合があります。
金属由来の成分自体に問題があるわけではありませんが、使用する人に金属アレルギーがあると、赤みや湿疹などのアレルギー症状が出る可能性があります。
自分が金属に対してアレルギーがないことを確認してから使うのが望ましいでしょう。

「日焼け止めパウダー」の選び方

紫外線対策をする時には、1日を過ごす環境や肌質に適している日焼け止めを使うのがベスト。
そこで、「日焼け止めパウダー」を選ぶ時のポイントについてまとめてみました。

「SPF」と「PA」のレベル

パウダータイプの日焼け止めは全般的に見ると「SPF」と「PA」のレベルが低い傾向が見られます。
そこで、パウダータイプの日焼け止めを単体で使用したいと考える場合、「SPF」と「PA」が最高レベルのものを選ぶ人が多いようです。

UV機能

日本の日焼け止めでは「SPF50+・PA++++」が最高レベルですが、日焼け止めパウダーでもこのレベルを実現している商品がいくつかあります。

また、日焼け止めパウダー自体の「SPF」と「PA」のレベルがそれほど高くなくても、ファンデーションと一緒に使えるというメリットを活かすことで十分なUVカット効果を得ることができます。
ファンデーションが「SPF25・PA++」程度のレベルであれば、それと同等のレベルの日焼け止めパウダーを選べば、日常の紫外線対策としては申し分ないと思います。

肌にやさしい「ノンケミカル処方」であること

「ノンケミカル処方」の日焼け止めパウダーを選ぶと、お肌の弱い人や敏感肌にも安心です。

「ノンケミカル処方」というのはどういうことかと言うと、
・石油系界面活性剤
・鉱物油
・合成香料
・色素
・パラベン
・シリコン
・タルク
・紫外線吸収剤
・ナノ粒子
などを含んでいないということを意味しています。

上記のような成分は、化粧品に関する法律の中で「表示指定成分」として扱われているものです。
毒性や皮膚に悪影響を及ぼす可能性があることが懸念されているため、使用者にわかりやすいように表示義務が定められています。
ですから、『お肌にできるだけ余計なものを触れさせたくない!』という人は、「ノンケミカル処方」であることをしっかりと見極めるのが良いと思います。

「クレンジング不要」で肌に負担がないこと

お肌がデリケートだと、日焼け止めを落す時のクレンジングによる皮膚への負担に頭を悩ませる人が少なくありません。
クレンジングの問題点は洗浄成分の刺激が強いところです。

クレンジング不要

クレンジング剤の主成分の合成界面活性剤が継続して皮膚に触れることで、アレルギー、アトピー性皮膚炎、乾燥肌などを引き起こす毒性が指摘されています。

油分の入っている日焼け止めを使ったらクレンジング剤でないと落とすことができません。
健康な肌を保ちたい人は、クレンジング不要の油分の入っていない日焼け止めがおすすめ。
その点、「パウダータイプの日焼け止め」はお湯や石鹸で落せるというのが定番となっていますから、アレルギーを気にする人や敏感肌でも安心して使えるのではないでしょうか。

おすすめの「日焼け止めパウダー」(SPF50タイプ)

日焼け止めパウダーの中でも特に高いUVカット機能を持っていて、バッチリ紫外線対策ができる頼もしい商品があります。
そこで、毎日のお肌のお手入れにおすすめの日焼け止めパウダーをご紹介してみたいと思います。

オルビス 「サンスクリーン(R)パウダー」

オルビス

素肌みたいな軽い付け心地のSPF50のUVカットパウダーです。
UVカット成分「シアーフィットプロテクター」が隙間なく肌の上を覆って、強力なロングUVAをしっかりと跳ね返します。
紫外線散乱剤を使ったノンケミカル処方の日焼け止めなので、お肌のデリケートな方にも向いています。
白浮きせずに透明感のある肌色に仕上がるところも◎

■内容量:専用レフィルで販売しています。
■価格:1,749円(税込)
■UV機能:SPF50・PA++++

・サラッとした軽い付け心地。
・UVA防止効果が最高水準。
・お肌にやさしいノンケミカル処方。
・テカリ、くずれ、くすみに強い。
・植物性保湿成分配合(ローズマリーエキス)。

トゥヴェール 「ミネラルサンスクリーン」(ツヤタイプ・セミマットタイプ)

トゥヴェール

ミネラルと美容液成分でできた日焼け止めパウダーです。
シミを防ぐUV効果とパールの様に上品な美肌効果を両立していることころが高評価されています。
素肌に直接塗ってもOKですし、化粧下地やファンデーションの仕上げとしても使える便利さです。

■内容量:4g
■価格:2,448円(税込)
■UV機能:SPF50・PA++++

・ロングUVA防御値が最高レベル。
・紫外線吸収剤不使用。
・ノンケミカル処方。
・保湿成分が豊富。
(アミノ酸、ヒアルロン酸、セラミド、スクワランなど)
・石鹸で落せる。

エトヴォス 「ミネラルUVパウダー」

エトヴォス

ロングUVAを80%以上カットできるほど高いUV機能を持つ日焼け止めパウダーです。
強い日差しが降り注ぐ過酷な状況でも肌に紫外線を通さず跳ね返してくれます。
シミ予備軍を作りたくない人に最適です。
そして、仕上がりも魅力の一つ。
皮脂吸着効果とほのかなピンクに色付くメイク効果によって、サラサラで血色の良い肌色を作り上げてくれます。

■内容量:5g
■価格:2,800円(税別)
■UV機能:SPF50・PA++++

・ロングUVA防御値が最高レベル。
・紫外線吸収剤不使用。
・お肌にやさしい低刺激処方。
・高保湿、バリア機能アップの美容成分配合。
(ヒアルロン酸、ヒト型セラミド など)
・毛穴をカバーできる。
・クレンジング不要、石鹸で落せる。
・コスパが良い。

ドクターシーラボ 「エンリッチリフトUVパウダー50+」

ドクターシーラボ

UVA波からお肌を防御する天然の保護成分を配合した日焼け止めパウダーです。
皮膚の深部まで届く紫外線ダメージを効果的にブロックし、光老化からお肌を守ります。
テカリを防いでくれるのでメイク直しにも重宝します。
さらに、リフトアップケアまで同時にできるという優れものです。

■内容量:3.5g
■価格:2,700円(税込)
■UV機能:SPF50+・PA++++

・UV機能が国内最高レベル。
・紫外線吸収剤不使用。
・独自の美容成分「金のコラーゲンEX」配合。
・スキンケア効果(リフトアップ)有り。
・全身に使える。(首、手、肩、足など)

オンリーミネラル 「フェイスパウダー サンプロテクト」

オンリーミネラル

メイクの上から重ね付けするタイプの日焼け止めパウダーです。
たった6種類の高品質ミネラルしか使われていないので、お肌の負担を気にすることなく紫外線対策ができます。
ノンケミカルなのにUVカットレベルが高いことで評価されています。
健康的で自然なツヤ感が出るので、仕上がりにも満足できるのではないでしょうか。

■内容量:2.5g
■価格:3,000円(税別)
■UV機能:SPF50+・PA+++

・ミネラル100%でお肌に負担がかからない。
・つけたまま眠れるほど肌にやさしい。
・ノンケミカルで低刺激。
・くすみをカバーできる。
・クレンジング不要で、洗顔料で簡単に落とせる。

江原道 「UVフェイスパウダー」

江原道

プロのヘアメイクアーティストも愛用する、紫外線カット効果最高レベルの日焼け止めパウダーです。
サラサラのパウダーなので、UVケアにもメイク直しにも使いやすさは抜群。
透き通るような印象の肌に仕上がるため、美肌効果を求める人にも人気があります。

■内容量:4g
■価格:1,998円(税込)
■UV機能:SPF50+・PA++++

・国内最高レベルの紫外線防止効果。
・紫外線吸収剤不使用。
・ノンケミカルでお肌に負担がない。
・しっとりサラサラのつけ心地。
・白浮きしない。

ミューノアージュ 「UVスキンケアパウダー」

ミューノアージュ

皮膚科形成外科共同開発(ドクターズコスメ)の日焼け止めパウダーです。
微粒子パウダーが素肌に密着し、紫外線カット効果を倍増してくれます。
無添加処方でふんわり軽い付け心地なので、デリケートな敏感肌やメイクをしたくない日の紫外線対策に役立ちます。
ひと塗りするだけで顔色がパッと明るくなり、素肌がきれいな美白肌に仕上がると評判も上々です。

■内容量:6g
■価格:3,207円(税込)
■UV機能:SPF50+・PA+++

・皮膚の専門家が作った信頼のコスメ。
・無添加処方でお肌にやさしい。
・紫外線吸収剤不使用。
・くすみ、毛穴をカバーできる。
・保湿力が高く、スキンケア効果有り。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。