ノンシリコンシャンプーのおすすめや選び方 「界面活性剤」を詳しく知ろう!


最近、シャンプーに含まれる「シリコン」が髪や頭皮に与えるダメージが広く知られるようになってきて、「ノンシリコン」のシャンプーが多く出回っていますね。

多くの方は、ノンシリコンシャンプーは「自然派の髪に優しいシャンプー」だと思っていらっしゃいますが、実はシリコンよりも注意しなければいけない事が他にあるって知っていますか?

シャンプーの成分で大事なのは「洗浄成分」

シャンプーはそもそも髪を洗うための「洗剤」で、さまざまな製品がありますが、その成分の90%以上は「水」と「界面活性剤」で構成されています。
ノンシリコンシャンプーの選び方
界面活性剤とは「洗浄成分(洗浄剤)」の事で、有効成分%がありますので、例外はほぼありません。

シャンプーの中身はこの「水」と「洗浄成分」が90%を占めていますので、シャンプーの品質はこの「界面活性剤」の質が決めると言っても過言ではないと言えるでしょう。

シャンプーが髪や頭皮の状態を決める

シャンプーボトルの裏面をチェックしてみましょう。
全成分表示があり、配合量の多い順番に成分が並んでいます。

成分表示を見るといろいろ入っているように見えますが、9割を水と洗浄剤が占めていますので、その「洗浄剤」の質を見極めることでいいシャンプーかどうかが分かります。

そして、良い洗浄成分を使っているシャンプーは、そのまま髪の仕上がりの良さに繋がります。
逆に、質の悪い洗浄成分のシャンプーを使えば、いくらトリートメントでその後のケアをしても、髪の毛や頭皮はいい状態にはならないのです。

ここが大事なところで、コンディショナーやトリートメントではなく、シャンプーの時点で髪の仕上がりはほぼ決まっているのです。

シャンプー選びで最も大切なのは「どんな洗浄剤=界面活性剤が使われているか」です。
実は「シリコン」よりも大切だった「洗浄剤=界面活性剤」についてみてみましょう。

界面活性剤の種類

シャンプーに配合されている界面活性剤は大きく分けて5つに分類することができます。

1、 高級アルコール系界面活性剤
2、 アミノ酸系界面活性剤
3、 ペタイン系界面活性剤(両イオン性界面活性剤)
4、 ノニオン界面活性剤(非イオン性界面活性剤)
5、 天然界面活性剤

界面活性剤の中には洗浄力の強いものと弱いものがありますが、洗浄力の強い界面活性剤に問題があります。
頭皮や髪への刺激が強すぎたり、洗浄力が強く、皮脂の脂を取りすぎてしまうので、不足した脂を補うため皮脂の分泌が盛んになり、結果、表面は脂ぎっているのに頭皮は乾燥している状態になってしまいます。
それが、薄毛や頭皮の荒れの原因になるのです。

注意すべきは硫酸系の界面活性剤

先に上げた5つの代表的な界面活性剤のうち、避けた方がいいのは1番の「高級アルコール系の界面活性剤」です。
‘高級’という言葉に騙されちゃいけません。
原価が安く、大量生産に向いているため一番広く使われており、テレビCMをやっているような有名なシャンプーにはこれらの成分が配合されている場合が多いのです。

表記には

○ラウリル硫酸Na
○ラウリル硫酸カリウム
○ラウレス硫酸Na
○ラウレス硫酸TEA

と書かれており、この成分はそれぞれ石油系合成界面活性剤のひとつで旧表示指定成分です。
旧表示指定成分とは、旧厚生省が定めたアレルギーや湿疹等の皮膚刺激を起こす恐れのある成分の事です。

これらの界面活性剤は
・洗浄力が強く、頭皮や髪の脂質を取りすぎてしまう。
・結果、頭皮を守るため過剰な皮脂分泌につながって表面だけ脂ぎってしまう原因になる。
・皮膚に残留しやすく、毛根などに悪影響を与え、かゆみやフケ、薄毛の原因になる。
・高い洗浄力から、カラーリングの退色を促進してしまう。
・髪の乾燥やゴワゴワ、パサパサの原因になる。

など、洗うほどに髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

今までの多くのシャンプーはこのパサパサを修復するため・・・と言うよりもごまかすために、髪の補修成分としてシリコンが配合されていたのですが、ノンシリコンシャンプーが流行ってきたため、「硫酸系の界面活性剤はそのままに、シリコンだけ抜いた」というシャンプーが多く出回っていると言います。

しかしこれでは、洗浄力の強い硫酸系の界面活性剤で髪がダメージを受けっぱなしという、恐ろしい状態になってしまうのです。

あなたがお使いのシャンプーは大丈夫でしょうか?
まず、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分を避けましょう。
そして、「ラウレス」系の成分が表示の上の方にあるものも避けた方が無難です。

そのほかの界面活性剤

アミノ酸系界面活性剤
表示名は
・ココイルグルタミン酸
・ココイルアラニン
など、成分名の中にアミノ酸の名前が含まれている界面活性剤は、アミノ酸を原料として作られています。

髪の毛は9割を「ケラチン」というたんぱく質から出来ていますが、グルタミン酸はケラチンの約13%、アラニンは約3%を占めるアミノ酸です。

グルタミン酸には、髪のダメージ部分に吸着し、コンディショニング効果を高める働きがあり、アラニンには、キューティクルが開かないようにする働きや、頭皮のバリア機能を高める働きがあります。

ココイルとは、ヤシ油から抽出した脂肪酸を原料にした界面活性剤と言う意味です。
アミノ酸系の界面活性剤は、髪を構成するアミノ酸由来の成分なので、比較的マイルドに洗い上げる事ができます。

ペタイン系界面活性剤

表示名は
・ラウラミドプロピルペタイン
・コカミドプロピルペタイン

で、別名、両イオン性界面活性剤とも呼ばれていて、その名の通り、水に溶けると陰イオンにも陽イオンにもなる性質を持っています。

水中の酸やアルカリを中和するため、ほかの界面活性剤の洗浄力を低下させないようにする働きが期待できます。
単独で配合されるよりは、補助剤として使用されることが多い界面活性剤です。

アミノ酸系界面活性剤よりも洗浄力が弱く、その分刺激も弱いため、皮膚の弱い方にもおすすめできる成分です。

ノニオン界面活性剤

これも、補助剤として配合される界面活性剤で、成分表示では見分けにくいのですが
・コカミドDEA
などのように名前の最後に「EA」が付きます。
洗浄力はおだやかで、水の硬度による影響を受けにくいという特徴があります。

天然界面活性剤

天然由来の界面活性剤には
・レシチン
・サポニン
などがあります。
レシチンは卵黄に、サポニンはお茶や、ニンジン、ヘチマなどに含まれている成分です。
天然由来の成分なので比較的頭皮への刺激も弱く、マイルドな洗い心地となっています。

おすすめのノンシリコンシャンプー

値段の安さや泡立ちがいいだけでシャンプーを選ばず、成分をしっかりチェックして良いものを選びたいですね。
そこで、おすすめのノンシリコンシャンプーを少しご紹介します。

リマーユ シャンプー&トリートメントセット
シャンプー 250ml
トリートメント 200g
価格 4,968円(税込)
送料 無料
リマーユ

アミノ酸系の界面活性剤使用。
天然馬油を配合しています。
精製度の高い馬油を使っているため、サラサラと伸びやすく、臭いも気になりません。
天然の成分で無香料、無着色、パラベンも不使用のため、赤ちゃんから敏感肌の方も安心して使えます。
アミノ酸で洗って馬油でコーティング。
絶妙なバランスでツヤ髪をつくります。

ラフィ シャンプー&トリートメントセット

シャンプー・トリートメント各1,000ml(3か月分)
価格 特別価格7,200円(税込)
送料 全国一律500円 10,000円以上で無料
ラフィ

アミノ酸系の界面活性剤使用。
海藻に含まれる「フコイダン」配合で、髪や頭皮の乾燥から水分を閉じ込め、しっかりと保湿します。

ミネラルを多く含んだ久米島の海洋深層水、その他沖縄由来の自然素材にこだわって、多数の天然成分を配合し、髪の毛1本1本をしっかりダメージケア。
健康な髪を育てるスカルプケアシャンプーです。

The MILLS エイジングケアセット
シャンプー 250ml
コンディショナー 250g
価格 特別価格5,400円(税込)
送料 無料
MILLS

アミノ酸洗浄成分のみ、紫外線吸着剤不使用、合成着色料不使用、パラベンフリー、鉱物油不使用で、余計なものを一切省きつつ、従来のノンシリコンシャンプーで不評だった洗い上がりの岸既視感を改善。
自然派成分で豊富な泡立ち、乾かした後のさらさらした指通りを実現しました。
その他、シャンプー45種類、コンディショナー46種類の豊富な成分で頭皮環境を正常に整え、エイジングケアをサポートします。

 ローズ&ツバキ 
rinrenローズ&ツバキ
乾燥・ダメージ髪に。輝くつやと潤い、乾かすだけで毛先まとまる

ユズ&ジンジャー 
rinrenユズ&ジンジャー
根元がペタンとする方に ハリコシ・ボリュームアップ

シャンプー&トリートメント各520ml
価格 初回限定3,996円(税込)
送料 無料

「コカミドプロピルペタイン」というペタイン系界面活性剤使用。
低刺激で、髪にハリコシをもたらすと言われています。
その他、たくさんの国産植物天然成分を配合。

髪や頭皮に浸透し、ダメージをやさしくコーティングします。
合成香料を一切使用せず、天然の香りをブレンド。
島根県産ローズや、高知県産ユズなど国産植物から香りを厳選し、香りによるリラックス効果も期待できます。
鉱物油、シリコン、パラベン、合成着色料、合成香料、動物性原料、石油系界面活性剤不使用。

ハーブガーデン さくらの森 シャンプー&コンディショナーセット
シャンプー&コンディショナー各300ml(約2か月分)
価格 モニター価格で半額4,000円(税抜)
送料 無料
ハーブガーデン

アミノ酸系界面活性剤使用。
阿蘇のオーガニックハーブと、厳選された20種類の天然由来成分をふんだんに配合。
石油系界面活性剤、合成香料、着色料、防腐剤一切不使用。

敏感肌の方や、赤ちゃんでも安心して使用できます。
排水溝から流れる泡も、環境に害を与えず、自然に還ります。

まとめ

「ノンシリコン」だったら安心。と言うわけではなく、大切なのは洗浄成分。
シャンプーは毎日肌に使うものだから、どんな界面活性剤を使っているのか?に注目して、安全で、なおかつ肌にも、地球にも優しいものを選びたいですね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。