思春期ニキビと大人ニキビの違い。治し方や成分も。


思春期ニキビと大人ニキビ。その違いはと聞かれると、良く聞くのが【「20歳を過ぎたら」大人ニキビだよ】と言うもの。

確かにニキビの症状自体に違いはないのですが、年齢によって呼び方を変えてるわけではないのです。
実はそのもともとの発生原因に違いがあり、治し方も違うのですよ。

思春期ニキビとは

思春期ニキビの原因

第二次成長期を迎えた10代頃に、男子の場合はアンドロゲンと言う男性ホルモンが、女子の場合は黄体ホルモンという女性ホルモンが分泌されますが、その過程でホルモンバランスを崩し皮脂が増えることでまだ小さい毛穴が目詰まりを起こし、その皮脂をエサとしてアクネ菌が増殖。

これが思春期ニキビの発生原因です。

大人ニキビのように、生理前にだけできるなど、時期的な偏りがないのが特徴で、思春期ニキビはこの時期のホルモンバランスの乱れが収まれば自然と治ることが多いです。

主な発生部位

皮脂が多く分泌されやすいTゾーンである額から鼻先にかけての箇所を中心に出来やすいと言われています。
顔以外では、胸の中央部など皮脂腺が多い部分に出来るのも特徴です。

治し方

思春期ニキビの治し方
この思春期ニキビのケアは、とにかく皮脂の分泌が過剰になるため、その皮脂の汚れをしっかりと落とし、アクネ菌のエサを増やさないようにすることが重要です。

洗顔せっけんや洗顔料などを使い、過剰な皮脂やその皮脂についた汚れもしっかりと落とすようにしましょう。
ニキビ専用の洗顔料には、そのアクネ菌を抑える成分や、炎症を抑える成分が入ったものもありますので試してみるのも良いでしょう。

ただ、しっかり落とすからと言って、「ゴシゴシ」とこすってしまうのはNG。
刺激や摩擦の力が加わると、ニキビが悪化したり、炎症を起こしてしまう恐れもありますので、洗顔はあくまでもやさしく丁寧に、肌をこすらないように行いましょう。

ニキビが赤く炎症を起こしてしまった場合は早めに対処をしないと色素沈着やクレーター状のニキビ跡になってしまう可能性もありますので優しい洗顔に加えて、炎症を抑えるための手当てもして下さい。

消炎、殺菌作用のあるローションや治療薬もありますので、併用もオススメです。
あまりにひどい場合は、医師の診断を仰ぐのもよいでしょう。

大人ニキビとは

大人ニキビの原因

お肌のターンオーバーは、一般的に28日周期と言われています。
その周期をかけて肌表面の古い角質が剥がれ落ち、真皮から新たな細胞が現れることで肌が生まれ変わる肌の再生機能です。

この再生機能が何らかの原因で乱れることにより、古い角質が肌表面に残り毛穴を詰まらせることが大人ニキビの発生につながります。

ターンオーバーの乱れは、生活習慣やストレスなど様々な要因が絡み合っている事が多いため、改善するためには自分自身の生活としっかり向き合う必要があります。

原因として考えられるのは

○睡眠不足
○ストレス
○偏った食生活
○喫煙や飲酒
○メイクや間違ったスキンケアなど肌への刺激
○紫外線
○生活習慣の乱れ
○PMSなど生理周期の関係

など様々な要因が挙げられ、これらがさらに複雑に絡み合ってホルモンバランスが乱れることによって起こります。

思春期のニキビが年齢とともに落ち着くのに比べ大人ニキビは原因をなかなかひとつに絞れることが少ないため、そのすべてをクリアにするのが難しく、繰り返しニキビが発生したり、改善に時間がかかることも考えられます。

また、例えば思春期の人でもこれらのストレスや偏った食生活が原因でニキビができたら、思春期ニキビではなく、いわゆる大人ニキビという事になります。

主な発生部位

大人ニキビは、Uゾーンと言われる頬から顎のラインにかけてのフェイスラインを中心にできやすいと言われています。
男性でいうと髭の生える部分ですね。

顔以外では、肩などの通常は皮脂が少なく体毛のある部分に出来やすいのも特徴です。
20歳を超えて仕事をし始めてから出来ることが多く、ストレスによる男性ホルモンの分泌増加が原因と言われているのもそのためです。

大人ニキビの治し方

大人ニキビは発生原因が複雑なため、まずは生活習慣の見直しが必要になってきます。
睡眠や食生活、心の休養が何よりの回復材料になる事もあります。

それから、正しいスキンケアを心掛け、お肌のターンオーバーを正常に機能させることで少しずつ回復を目指しましょう。

そして、ターンオーバーが乱れ、大人ニキビが発生しやすいお肌の状態が「乾燥」です。
ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こりますが、その皮脂の過剰分泌は、肌が乾燥しているためその肌を守ろうと分泌されていることが多いのです。
いわゆるお肌が内側で乾燥してしまっている「インナードライ肌」ですね。

当サイトでも、乾燥やインナードライ肌によってニキビが出来やすい!というお話をさせていただきました。

⇒ 大人ニキビの原因はインナードライ肌

⇒ アゴや口元のニキビ対策

思春期ニキビのケアのように、ひたすら洗顔をしっかり!をやってしまうと、更なる乾燥を招くとともに刺激になってしまいます。
もちろん肌の余分な汚れやメイクをきれいに落とすことは大切。

ただ大人の肌には「やさしい洗顔」と「しっかり保湿」が何よりも重要なポイントです。
しっかり泡立てた洗顔料で指が肌に当たらないようにやさしく洗顔し、化粧水や美容液を使ってしっかりと保湿。

たまにはコットンパックやフェイスマスクを上手に利用して、保湿を強化するのもいいでしょう。
ただ、油分の多い化粧品はやはりニキビには向かないですので、油分が少なめの化粧品や大人ニキビ専用の化粧品を使うのもオススメです。

ニキビ専用化粧品の主な成分

思春期ニキビや大人ニキビ専用のスキンケア化粧品も多くありますね。
自分の肌の状態に合わせてそれらの化粧品を使ってみるのもいいでしょう。

ここでは、ニキビケア専用の化粧品に良く配合されている成分の効果を少し紹介いたします。
参考にして、自分に合ったものを見つけてみてください。

ビタミンC誘導体

ビタミンCのニキビへの効果は大きく2つです。
まずひとつは、ニキビによる炎症を促進してしまう活性酸素を除去する抗酸化作用
ニキビの炎症を抑えてくれる効果が期待できます。

もうひとつは、炎症が発生すると、外部刺激から保護しようとメラニン色素が生成されてしまうのですが、ビタミンCはこのメラニン色素の過剰生産や沈着を抑える効果があります。

ニキビ跡にメラニン色素が残りシミになってしまうのを防いでくれるのです。

ビタミンCのままだと非常に不安定で水にも弱いのですが、それを安定させたビタミンC誘導体は浸透力もあり、低刺激でコラーゲンの合成も助けてくれます。
傷ついた肌細胞を修復し、キレイな肌に戻す作用があります。

イソフラボン

大人ニキビの根本原因のひとつはホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰に分泌されてしまう事。
回復のために女性ホルモンを増加させるというのは医師の指導がないとなかなか難しい事ですが、イソフラボンは分子構造も働きも、女性ホルモンであるエストロゲンに良く似ており注目されるようになりました。

ニキビにイソフラボン配合の化粧品を使うと、女性ホルモン優位の状態になり毛穴の収縮による角栓詰りが起こりにくくなる効果が期待できます。

その他、肌のターンオーバーを促進して、肌細胞の生まれ変わりを助けてくれます。
保水作用もあるため、ニキビをはじめとする肌トラブル全般に高い効果を期待できると言えるでしょう。

フラーレン

炭素分子から構成された物質で、ダイヤモンドの同素体にあたる物質です。
ナノテクノロジーによって生成され、化粧品に用いられるようになってきました。

抗酸化力がとても強く、老化の原因となる活性酸素を無害化してくれます。
ニキビケアとしては、肌バリアの回復や、抗酸化作用で炎症を抑制するほか、ニキビ跡の色素沈着を防ぐ効果も認められています。
ニキビケアにはうれしい効果が期待できますので、配合されている化粧品を試してみるのもいいでしょう。

トコフェロール

食品に含まれる栄養素としてはビタミンE。化粧品に含まれる成分名ではトコフェロールというビタミンEの別名で用いられます。

炎症が悪化する原因である活性酸素の除去と抗炎症作用でニキビケアを助けてくれます。
ニキビに限らずあらゆる炎症を抑える効果がありますので、紫外線からのダメージやちょっとした肌荒れの炎症にも効果が期待できます。

パントテン酸・ナイアシンアミド

ビタミンB群の一種で、特にニキビ予防として肌につけることで効果が期待できるのがパントテン酸(ビタミンB5)と、ナイアシンアミド(ビタミンB3)の2種類です。

肌のターンオーバーの正常化を促進し、メラニン色素の排泄を促してくれるため、ニキビ跡の色素沈着の予防に向いています。
もちろん肌荒れ全般の予防や緩和にも効果が期待できますので、普段のスキンケアにもおすすめです。

イソプロメチルフェノール

殺菌作用のある成分で、一部の化粧品に含まれていますが、多くの場合は防カビ剤、殺菌剤、防腐剤と言った役割をもつ添加物として配合されることが多く、厳密には美容成分ではありません。

この殺菌作用によって、ニキビの原因となるアクネ菌を抑えたり、背中ニキビの原因であるマラセチア菌まで殺傷することが出来ます。

ただ、化粧品に配合されている濃度は濃くないので大丈夫だと言われていますが、アレルギーを引き起こす恐れがある成分でもあるため、念のためお肌の弱い方は注意してお使いください。

グリチルリチン酸

もともとは漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれている成分で、抗炎症作用があります。
赤ニキビの炎症を静める効果が期待されており、医薬品にも用いられることがある成分です。

サリチル酸

フルーツ酸と並んでケミカルピーリングに用いられる薬品として有名です。
思春期ニキビの専用化粧品に用いられることが多く角質を溶かす働きがあり、ニキビケアでは古い角質を柔らかくし角栓の除去を助ける効果が期待できます。

また、防腐作用がある事から、アクネ菌の繁殖を防止する力もあります。

ただ、ピーリング後の肌は一時的に肌本来のバリア機能が非常に弱い状態になってしまうので、敏感肌の方は注意が必要です。
そして、大人ニキビはこの肌のバリア機能が乱れることで起こり、回復させることが何よりも大事なケアになります。
その為、大人ニキビのケアには向かない成分と言えるでしょう。

まとめ

思春期ニキビと大人ニキビでは、発生原因が全く違いケアも異なります。

そのため、ニキビケア専用化粧品も、そのニキビのタイプに合わせて慎重に選ぶことが必要ですね。
また、専用化粧品は効果も期待できる分、刺激の強いものもありますので、自分の肌のタイプに合っているかどうか、確認しながら使いましょう。

ニキビが悪化した場合、良くならない場合は早めに使用を中止し、医師の診断を受けることも大切です。
そして、大人ニキビは特にスキンケアに加えて内側からの改善が回復の重要なポイントとなりますので、
リラックスしてゆったり過ごし、自分の生活習慣と向き合ってあげる時間をつくりましょう。

生活習慣を見直す


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。