KOSE コーセー米肌【14日間トライアル】潤い体感セットの口コミ・レビュー


乾燥による肌のかさつきやたるみ毛穴をケアできるKOSEコーセーの基礎化粧品シリーズを試してみました。
今回試してみたのは、お米を発酵させてできる“ライスパワーNo.11”という美容素材を使っている「米肌」というスキンケアシリーズです。

KOSE米肌

商品紹介 米肌【14日間トライアル】潤い体感セット

■セット内容
・固形石けん 15g
・化粧水 30mL
・美容液 12mL
・クリーム 10g
・化粧水マスク 1枚

■価格:1,500円(税込)

■送料:無料

米肌【14日間トライアル】潤い体感セットを使ってみました!

「肌潤化粧水」でお肌に潤いを取り込む

潤い体感セットのスキンケアで最初に使うのが「肌潤化粧水」です。

14日間たっぷり使える30mLの化粧水がボトルに入っています。

潤い体感セット

他のメーカーのお試しセットと比べてみると容量が多いサイズじゃないかなぁと思います。

ボトルのキャップを外してみました。

米肌化粧水

ボトルを振るとシャバシャバ出てくるタイプの容器になっています。

化粧水を手に乗せてみました。

化粧水テクスチャー

化粧水は無色透明で、画像だとわかりにくいかもしれませんが、少しだけトロトロした感触です。
いかにも水分という感じではなくて、発酵してできるエキスならではのとろみのあるテクスチャーなんですよ。

手の甲に塗ってみました。

化粧水仕上がり

指で軽く馴染ませているとグングン浸透します。
何もしない状態であれば、触った時にカサカサと音を立てるほど乾燥している私の肌でも、化粧水が完全に吸収されてしまうと、ペタペタと吸い付くような皮膚の触り心地になります。
『コレがもっちりする感じなんだなぁ~。』という肌質の変化がわかります。

顔にも塗ってみました。
おでこは乾燥しにくい部分のような気がしますが、私の場合はややかさつきがちなので、化粧水はわりと多めに使います。

化粧水の保湿力

【ピンクの○で囲んだ部分】
化粧水を乗せたままだと、とろみがあるのがはっきりわかると思います。

【右側の画像】
しっかりと吸収させてしまうとツヤツヤになってハリ感がアップします。

化粧水を使う前と後を比較してみます。

化粧水の使い心地

【左側の画像】
化粧水を使う前は、乾燥と目を凝らすクセのせいでできた横のシワが目立っています。
特に矢印の部分はかなりクッキリしたシワになっているのがわかると思います。

【右側の画像】
そして、化粧水を使ってみると、シワの溝が水分で満たされてシワが目立たなくなっています。

目を凝らしたり、顔をしかめたりする表情のクセは無意識ですので、知らず知らずのうちに細かいシワが増えていることがよくあります。
しかも、私の場合は乾燥しやすい肌質ということが追い打ちをかけてしまっています。
ですから、できるだけしっかりと水分を補ってシワが深くならないように気を付ける必要があるんです。

米肌の化粧水は浸透力が高くて持続するので、普段から表情クセによるシワの予防に最適だと思います。

あと、たるみ毛穴にも効き目があるのがこの化粧水の魅力です。
ゆるんでしまって毛穴がポツポツ見えている鼻に化粧水を使ってみました。

鼻の毛穴引締め

米肌の化粧水には収れん作用のある成分が入っていますので、しばらくするとキュッと引き締まった感じになります。

【右側の画像】
化粧水を塗った後の30分後に撮影したものですが、明らかに毛穴レスに見えていますよね。
塗ってすぐにということではないのですが、収れん作用が働くことによって毛穴引き締め効果があることを実感できました。
ファンデーションなどが詰まりやすくて、年を取ると皮膚がたるんでくる毛穴の目立ちやすい頬のケアにも良さそうですよね。

「肌潤クリーム」の濃密保湿効果でお肌のもっちり感アップ!

米肌のスキンケアで化粧水の次に使っていたのが、「肌潤クリーム」という保湿用のクリームです。
14日分たっぷりと使える10gがミニケースに入っています。

米肌クリーム

米肌のクリームは色が真っ白で、ゆるめのなめらかさが特徴的なテクスチャーです。

米肌クリームのテクスチャー

皮膚の温度で溶けてしまうので、指ですくってもなかなか十分な量を取れないくらいのゆるゆるな感じです。

手の甲に塗ってみました。
エモリエントオイルがたっぷりと入っているので、かなり伸びが良いです。

クリームの使い心地

スル~ッと皮膚表面を滑るように伸びますので、乾燥しているカサカサ肌にも使いやすいですよ!
完全に浸透させてしまうと、ピーンと張ったようにハリが出ます。
シワシワだったのがツルツルの感触になって手触りも良くなります。

化粧水を塗った後に、クリームを頬の部分に塗ってみました。
伸びが良いので少量塗れば十分です。

クリームでスキンケア

クリームを使う前と後の状態を比較しています。

スキンケアクリーム

【左側の画像】
化粧水を塗っただけだと凸凹しているのがわかると思います。
毛穴も目立っていますね・・・。

【右側の画像】
そして、クリームを塗って30分後の状態です。
毛穴のポツポツ感が消えて、肌もなめらかに見えていますよね。
米肌のクリームは包み込むようなラップ効果というか、塗ってしばらくしてからの方が肌のもっちり感がアップしてくる気がしました。

私はもともと肌に水分も油分も少な目だということを自覚していましたが、そんな状態でも米肌のクリームで与える植物性のオイルはお肌のしっとり感をキープしてくれます。
同じ油分を与えるにしても、良質な米肌の植物オイルは格段に持続力が違います。

あと、アレルギーテスト済みという安心感もありますので、クリームが苦手な方でも使いやすいのではないでしょうか。
私もクリームはどちらかというと苦手で、相性の悪い油分が入っているとかゆみが出ることがあるのですが、米肌のクリームは肌トラブルゼロでした。
今まではクリームを使いたくても肌荒れが心配でしたが、米肌のクリームはお肌との相性が抜群でした。

ノート 【米肌の基礎化粧品の効果】

私が米肌の基礎化粧品を使ってみて感じた効果をまとめてみました。

・肌の弾力【ハリのあるプルプルの素肌に!】
説明矢印 目元や頬の皮膚のたるみがやわらぎました。
リフトアップ効果を実感できました。

・皮膚のキメ【キュッと引き締しめて毛穴レス】
説明矢印 鼻やあごの毛穴が目立たなくなりました。
毛穴の引き締め効果を実感できました。

・皮膚の水分量を増やす【乾燥小じわをなくす】
説明矢印 顔全体がしっとりしますが、目元やおでこにできた小じわが目立たなくなりました。
保湿効果とシワ改善効果を実感できました。 

化粧水とクリームをメインに使って毎日のスキンケアを行いましたが、米肌の基礎化粧品はお肌をしっとりさせて毛穴を引き締めてくれる効果を与えてくれました。
乾燥肌でもスキンケア次第でこんなに素肌に自信が持てるんだと実感しています。
かさつきや毛穴のたるみが気になっている方には、素肌から肌質が変わっていく効果を味わってもらいたいコスメシリーズだとおすすめできます!

そして、どうしてこんなに肌の調子が良くなったのかをもっと詳しく知りたくて、米肌の化粧水とクリームに使われている成分について調べてみました。

クローバー 米肌の厳選された美容素材

・ライスパワーNo.11
角層でセラミドをどんどん作り出して、肌の水分保持力をアップ!

・大豆発酵エキス
お肌を保湿・保護してくれるやさしい効き目の植物発酵エキスです。

・ビフィズス菌発酵エキス
乾燥肌にもオイリー肌にも使えて、皮脂のバランスを整えます。

・グルコシルトレハロース
植物由来の糖質で、お肌を保護したり、保湿したり、多機能な働きを持っています。
低刺激なので敏感肌にも使いやすく、ナチュラルコスメによく使われています。

・乳酸Na
保湿効果と収れん効果が高く、かさつきを抑えて毛穴を引き締めてくれます。
肌の一番外側の角質層でパワーを発揮しますので、乾燥やたるみ毛穴に対して効果を実感しやすいと言えるでしょう。

・グリセリン
水分を吸湿する性質を持っていて、体温では蒸発しにくい特徴があります。
水分がすぐに逃げてしまう乾燥肌のかさつきを防ぎながら、長時間潤いを保つ効果を得ることができます。

私自身、今まで保湿系のコスメは色々と試してきましたが、米肌の基礎化粧品に使われているのはこれまでお肌に与えたことがなかった成分ばかりだということに気がつきました。
『だから、肌質の変化がハッキリと感じられたんだ~。』と納得です。

肌にやさしい低刺激であることはもちろん、デリケートな肌質でも効果を出せる優れた成分がたっぷり使われていて、とても贅沢なコスメなんだということを改めて実感しています。
肌が敏感だと似たような成分の入った化粧品を選びがちになってしまうものですが、新しい美容成分を使ってみるのもなかなかいいものですね♪

米肌ならではの美容成分の美肌効果

米肌の基礎化粧品にはすべて「ライスパワーNo.11」が配合されています。
お米を発酵させてできたエキスのパワーが存分に発揮されている米肌の美肌効果についてご紹介してみたいと思います。

・肌の水分量を増やす
乾燥しやすくなった肌のセラミドを増加させて、水分量が減らないようにサポートします。
かさつくお肌をしっとりお肌にしてくれます。

・肌荒れを防いで皮膚をなめらかにする
肌細胞の生まれ変わりを一定のサイクルに保つことで、水分と油分のバランスの良いコンディションに整えます。
紫外線や乾燥による肌荒れを防いで、ツルツル・モチモチのなめらか肌をキープしてくれます。

・成熟した角質細胞を作り出す
加齢や乾燥のせいで育ちにくくなっている角質細胞の成熟度を高めて、水分をたっぷりと蓄えられる肌環境に整えます。

「ライスパワーNo.11」は、かさつく肌や年齢肌をレスキューするのには最適の成分だということがよくわかりますね。

米肌の潤い体感セットでは、先ほど紹介した化粧水やクリームの他にも、洗顔石けんや美容液までしっかりとお試しできます。

美容液と石けん

毛穴の汚れや古い角質をすっきりと取り除いてからの保湿ケアや、必要な潤いと油分をプラスできる美容液を使うことでスキンケア効果もアップします。

まとめ

KOSEさんは化粧品分野ではトップクラスのメーカーですが、通販限定で展開している「米肌」は今回初めて知ったブランドです。
効果が裏付けされた美容成分を使って行うスキンケアは素肌に確かな手応えがありました。

シワやたるみのリスクが最も高いと言われている敏感肌や乾燥肌の場合、時には肌にやさしいだけじゃない攻めのスキンケアが必要です。
他のメーカーにはない独自の植物発酵エキスを使った米肌の基礎化粧品で、デリケートなお肌を積極的にケアしていきましょう。




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。