毛穴落ちを防ごう!ファンデーションや下地で対策を。


毛穴落ちとは?
誰でも一度くらいはファンデーションの毛穴落ちを経験した事があるのではないでしょうか?
鼻や頬のあたりに塗ったファンデーションが毛穴が伸びた形のように跡になっているアレの事を毛穴落ちといいます。

ファンデーションの毛穴落ち

「ファンデーションを塗るとスッピンよりも毛穴が気になる」
「塗り立てはキレイだけど、時間がたつと毛穴にファンデーションが落ちる」

など、お悩みの方は多いのではないでしょうか?

しっかりメイクは毛穴落ちの原因?

毛穴が気になるからと言って、隠そうと更にファンデーションを厚く重ねてしまうと、ファンデーションの毛穴落ちもひどくなり、そもそものお肌の毛穴が詰まって、黒ずみや角栓、ニキビなどお肌のトラブルへ発展してしまう可能性もあるんです。

一番大事なのはスキンケア

毛穴落ちはなぜ起こるの?

ファンデーションの毛穴落ちをしている頬
ファンデーションの毛穴落ちが起こる、一番の原因は皮脂です!
どんなに良いファンデーションを使っても、お化粧のテクニックがあっても、皮脂が過剰に分泌されていては化粧は崩れてきてしまいます。

皮脂はお肌を守り、うるおいを保つために必要なものですが、どうして過剰に分泌されてしまうのでしょう?

それは夏だから、オイリー肌になってしまっている・・・!?のではなく、夏だからこそ、「インナードライ肌」が進み、お肌が『乾燥』しているのが原因かもしれません。

ちなみに上記の画像が頬の毛穴落ちをしている画像です。
誰でも一回はこの状態になった事あるのではないでしょうか・・・?

インナードライ肌にご用心

当サイトでもいつもお伝えしている【インナードライ肌】
パッと見た目はツヤツヤキレイに見えても、肌の内部に水分が全く足りていない状態の事を指します。

10代の若いお肌はホルモンバランスの崩れでオイリー肌になってしまいがち。
でも20代以降の肌での皮脂の過剰分泌は、乾燥からくるものが多いのです。

乾燥し肌の水分量が減ってしまうと、肌を守るため皮脂を余計に多く出そうとします。
大人の女性の8割もの人がこのインナードライの状態にあるとも言われているんですよ。

夏こそ保湿

冬は乾燥を実感しやすいので保湿ケアに意識が向きますが、夏はつい油断してしまいがち。
でも夏の肌は気を付けていても紫外線にさらされたり、室内のエアコンで空気が乾燥して、お肌に乾燥のダメージが多く起こりやすいものです。

夏こそスキンケアで「保湿」を心掛けることで、皮脂の過剰分泌を防ぎ化粧崩れが起きにくい状態を作っておくことが、ファンデーションの毛穴落ちの一番の解決方法になります。

オススメは、ローションパック

夏の肌は、皮脂も汗も多く分泌しています。
洗顔をしまずは汚れをきれいに落としてから、化粧水を浸したパックをすることで水分補給。
お肌の状態を整えておくことで毛穴もふっくらとして目立たなくなり、化粧崩れを根本から防ぎます。

化粧前、朝の時間は忙しいかもしれませんが、寝ている間の皮脂をやさしく落とし少しの時間だけでもパックをするとメイクのノリも違ってきますよ。

夏メイクのコツはミルフィーユ

ファンデーションの厚塗りはNGです

保湿でお肌のベースを整えたら、次はメイクのコツですね。
「毛穴が目立つから」「時間がたつと毛穴落ちしてしまうから」と、ファンデーションを厚く重ね、隠したい気持ちはとってもわかります。

でもだからと言って、毛穴を埋めるような効果のある化粧品を使用したり、ファンデーションを塗りこんで毛穴を厚く塞いでしまうと、見た目もくどくなりますし、毛穴のデコボコが逆に目立ちスッピンより汚い肌に見えてしまうことも。

さらに肌に負担がかかり、皮脂の分泌を過剰にしたり分厚く重ねると汗をかきやすくなるため、化粧崩れも起こりやすくなってしまいます。

思い切って極薄メイクへ

ファンデーション

毛穴を目立たたせず毛穴落ちをしにくくするためには、分厚く重ねて隠すのではなく、思いきって薄く塗るメイクの方が効果的です。

しっかりと保湿ケアで整えたお肌に下地、ファンデーション、お粉など、いつも使っているものをそれぞれミルフィールのように薄く均等にのばすことを心掛けてみて下さい。

とにかく隠そうとしないことがポイント!
勇気を出して、薄く薄く塗ってみましょう。

また、毛穴落ちが悩みの方は、ファンデーションではなく、少しカバー力のあるBBクリームとお粉だけのメイクもおすすめです。
皮脂と比較的なじみやすいBBクリームは、落ちる時も溶けて残るのではなく‘消えるように’落ちるものが多いので時間がたった時の化粧崩れで、鏡を見てがっかりする感じは少なくなるかもしれません。

夏は汗もかきやすく、メイクは「崩れやすいもの」。と思って
思い切って極薄メイクにした方が、汗や皮脂のツヤも味方につけ、美肌に見えることもありますよ。

そもそもメイク自体も、肌へは負担になってしまうもの。
汗と反応してしまうと刺激にもなりがちで、夏の肌トラブルは意外と多いものです。
夏のメイクは紫外線対策を優先に、隠すのではなく薄くカバーするメイクが毛穴落ちも防いでくれるテクニックです。

【まとめ】

夏は特に気になるファンデーションの毛穴落ち。
一番の解決方法は「保湿」のスキンケアです。

メイクは、コンプレックスを隠し、見た目をきれいに整えてくれる、私たち女性の強い味方。
でも、メイクでお肌そのものがきれいになるという事は残念ながら無く、メイク自体はお肌へは負担になってしまうものなんですね。

夏は皮脂+化粧に「汗」が加わって、毛穴汚れも気になってきます。
やっぱり一番大切なのはベースケア。
お肌自体が整えば、その上に乗るメイクはさらに美しさを増します。

年齢を重ねるにつれ、肌の悩みも増え、隠したいところも増えてくるものですが、こってり塗り重ねたメイクこそ「おばちゃん」ぽく見えてしまう可能性も・・・!

夕方に鏡を見て、化粧が崩れた顔にがっかりした事がある方も多いはず。
思い切って薄付きメイクにして毛穴落ちや化粧崩れを防ぎ、夏の肌と上手につきあっていきましょう!


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。